• 締切済み
  • すぐに回答を!

ハイスのリーマ工具で銅にリーマ加工

クロム銅ですが、 ハイスのリーマ工具の場合 銅はやらかいから  食らいついて 上手くリーマ穴があかない可能性が あると聞いた事があります。食らいついて5角形みたいになるとか 本当にそうなのでしょうか? 私はハイスリーマ工具でも十分加工できるのではないかと思っているのですが、 実際加工された方の体験をお聞きしたいです。 Φ8のマイナス0からプラス0.1の 穴を 開けるのですが。 ハイスリーマでも問題ないと思われますか? よろしくおねがいします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • 閲覧数396
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

心配過剰ぎみ。   クローム銅の加工をしたよ(blog)   http://skimaa.blogspot.jp/2009/12/blog-post.html >Φ8のマイナス0からプラス0.1 ドリルでも充分と思います。φ7.5ぐらいの荒加工後φ8を通す。 いずれにしろ初めての材料はこのように(荒加工で)削ってみて様子を伺うのが常道。誰も知らなければどうする? SS400より硬いにしろS45Cの調質かSKS3の軟らかめでは。 >ファイ7.5がなくファイ7ならあるのですが リーマ下穴は? 7からリーマはなしでしょう。7.8、7.9とかならそこからリーマーもドリルも同じです。   リーマー下穴取代寸法   http://www.nikken-kosakusho.co.jp/catalogue_pdf/Reamer_165A_035.pdf ドリルファイ7.5 →ファイ7.7 で寸法と面粗さを確認しておけば、後々のためになります。 余録、硬さだけに気を取られと判断を間違えます。 好例がSUS。粘いことが加工の妨げになる。粘さがあるものは加工中に硬くなる(加工硬化)。 おそらくクロム銅もその傾向ありでしょう。 硬いだけならサクサク削れる。 >ところで普通の銅は SS400よりも 柔らかいですよね? 飛躍しすぎ。材質を詳しく考えなくとも、データを取れば役立ちますよということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 ブログリンク読みましたが、 クロム銅って鉄よりも固いのですか?? >ドリルでも充分と思います。φ7.5ぐらいの荒加工後φ8を通す。 ファイ7.5がなくファイ7ならあるのですが、  ファイ7→ファイ8 もしくは ファイ6.9→ファイ8  では 厳しいでしょうか? リーマの下穴は ファイ7.7です。 >ドリルでも充分と思います。φ7.5ぐらいの荒加工後φ8を通す。 を ドリルだけで やるのかと解釈しましたので、、 ドリルファイ7.5 →ファイ7.7(リーマ下穴)→ファイ8リーマ という意味で書かれていたのですね? 銅ってSS400よりもやらかいと思っていましたが、 銅の種類によっては SS400よりも固いのですね。 >ドリルファイ7.5 →ファイ7.7 >で寸法と面粗さを確認しておけば、後々のためになります。 とりしろ0.2のこした状態からの ドリル加工で どの程度の公差に入るか 確認しておくという事でしょうか? ドリル加工だけで やった時に 7.7 マイナス0からプラス0.1 内に入っているのであれば リーマ加工しなくても ドリル加工だけでやれば という意味で データをとっておくという事ですね? ところで普通の銅は SS400よりも 柔らかいですよね?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

・溶着しないように十分なクーラントを用いる ・摩耗したら直ぐに新品と交換する の2点を注意すれば、加工可能と思われます。 2穴の加工でかつ切削油使用であれば問題ないでしょう。 溶着を剥がすのはかなり難しいです。 職人さんならば可能?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >摩耗したら直ぐに新品と交換する 加工穴数は 2つだけです。 2つだけでも 銅だと 摩耗する可能性を心配した方がいい 感じなのでしょうか? 摩耗の原因は何が考えられるのでしょうか? ちなみに工具は日研のブローチリーマです。 溶着すると もう溶着したものを 工具からとる事は できないですか? ちなみに油性油です。

関連するQ&A

  • リーマの写加工の時にノックが硬い場合

    金型などで ダイプレートだけにマシニングでリーマ加工をして 抱き板には加工をせず ダイプレートを焼入れ後 パンチダイの刃合わせをして 刃の位置が決まってから 抱き板とダイプレートをボルト止めして ボール盤で ボルト止めされた ダイプレートのリーマ穴から 下穴ドリルを入れて抱き板に 下穴 加工 その後同じようにリーマ工具を ダイプレートのリーマ穴に入れてそのまま抱き板にリーマ加工をする写し加工において ダイプレートをマシニングでリーマ加工したあとに ノックピンの入りが 硬いと感じる時に そのまま焼入れに出すと、 共加工の場合は リーマ工具が写加工の 工程上焼入れされたリーマ穴と擦れるので、 ノックの入りが硬いと感じるときに ボール盤でもう一度リーマ加工 さらえ加工をして ノックピンの入りが 軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? あとあと 写加工時のリーマ工具の擦れによる工具の痛みの事を考えると。 またボール盤でリーマ加工するとマシニングよりも入りが軽くなるのは ボール盤のフレがマシニングよりも大きいからですよね? また上のようなさらえなおすという判断をする場合に ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 文章で表現するのが大変かもしれませんが、 写加工の場合の焼入れに出す場合の ノックの入り具合について アドバイスいただけないでしょうか。

  • 貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で…

    貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは有効+いくらに下穴が必要か 貫通していない下穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは 指示されているリーマ有効距離に+いくら位の下穴があいていたら 可能でしょうか? つまり 下に落ちていく キリコがその下穴の中にたまるけど 支持されたリーマ有効部の加工に影響することなく 加工が行える 下穴の深さということですが。

  • φ0.8リーマ加工

    0.83リーマ加工で困っています  板厚11ミリ貫通したいのですが 下記加工工程です ?0.5ハイスドリル深さ4ミリ程度 ?0.7超硬ドリル貫通  ?0.83超硬リーマ こんな感じで大丈夫でしょうか 回転 送りなどもお願いします 何度か試作加工をしてみましたが、穴曲がりかなのかリーマが破損してしまいました 細い加工がはじめてな物で何か良いアドバイスありましたら宜しくお願いいたします 

  • マシニングセンタでのリーマ加工

    私はCAD/CAMにてマシニング用プログラムデータを作成しているのですが、リーマ加工の条件がいまいち分かりません。 現在日研のハイスのスキルリーマもしくは、日研のブローチリーマを使っております。どんな穴径のリーマでも工程は小さ目のドリル→仕上げ径より0.3小さなエンドミル→リーマと言う工程です。条件などあればご指導頂けないでしょうか? 材質はSS、S50C、アルミ、SUS、特殊鋼などです。 だいたい使う径は4、6、8、10、12、16後はボーリング加工で行っております。何か良い知恵をお願いします。

  • 水溶性切削液使用下のリーマ加工で。

    マシニングセンタで油性から水溶性切削液(植物性)に切り替え使い始めたのですが、リーマ加工で困っています。 コーティングハイスリーマでも寸法がマイナスになってしまうんです。 メーカーに問い合わせたのですが、「水溶性の場合は言い方が悪いけど、被削材をこするように送りを遅くすれば多少改善できる」と言われやってみたのですが、改善されません。 改善として水溶性超硬リーマを使用すればいいのですが、 ウチは多品種少量主体で、リーマ加工があっても1つのワークに24個程度と少なく、径も中途半端な径も多いので、それに併せてリーマを買うとなると、加工費よりもリーマの値段の方が高くなってしまうことがよくあります。 やはり、ボーリング加工の方がいいのでしょうか? ちなみに今回困った材質、サイズというのは、S45C,Ф7深さ50です。 今はNI○○EN社のNCセンサリーマをしようしています。 何か他のメーカで水溶性に対応出来、なおかつ安いリーマや、良いボーリングがありましたら教えてください。お願いします。

  • POMのリーマ加工について

    φ12・0のPOM材料にφ8.0のリーマ加工を行っているのですが、加工入り口が大きくなり、終了位置が小さくなります。(入り口と終了位置の誤差は30μくらいです。)また加工深さは45ミリです。 まだ芯ずれなどは確認していませんが、よい知恵がありましたら宜しくお願いします。 工具は超硬を使用したいのですが、高価なのでハイスを選定しました。 切削条件: S600 F0.5 F1.0(戻り) 下穴径 : φ7.9~7.7 工具  : 栄工舎 SCRストレートチャッキングリーマ(ハイス) 切削油 : 油性 工作機械: 自動旋盤

  • マシニング アルミ合金Mg-Si系への穴加工

    マシニングでアルミ合金Mg-Si系へ穴加工で質問です。 BT30番のマシニング 外部給油(オイルホール無し) アルミ用ハイスドリル を使用して ①φ2(0/+0.09)深さ5 ②φ4H10(0/+0.048) 深さ9.5 の穴を一発加工したいのですが、どのドリルを選定したらいいかわかりません。 ナチを例にとると、DLCハイスドリルはマイナス公差で仕上がっている為、Φ2.0だと小 φ2.1だと大(⇦と創造) φ4も同 と思われます。 どんなドリルを選定すればいいでしょうか? それともφ2.0 φ4.0 ドリル(マイナス公差)で穴をあけて、引き続きマシニングにハンドリーマを取り付けてリーマ加工した方がいいのでしょうか? *マシニングでリーマ加工をしたことがないので、リーマ使用を推奨される場合はリーマについても教えてください。

  • リーマ止まり穴加工

    H7の止まり穴加工の方法がわかりません。リーマを使うと穴がテーパーになってしまいます(リーマの先にテーパー部分があるため)。特殊なボーリングバーを購入しないとできないのでしょうか。 また、切くずが詰まりやすかったり、最後の穴底に工具の底が当たった時にもまれて穴が駄目になるという問題にはどういう方法で加工すればよいでしょうか。 初歩な質問ですがお願いします。

  • リーマ加工を行う時について教えて下さい。

    現在、リーマ加工を行う時には、G85を使用して加工を行っています。 深穴に対してリーマ加工を行う時には、G83やG73の深穴サイクルを使用して、ステップ送りにした方が仕上がりの精度と加工時間のバランスがとれるのでしょうか? 初心者的な質問で申し訳ありませんが、御教授下さい。

  • リーマ加工について

    いつもお世話になっております NC旋盤にてブッシュを加工する際に、 内径をリーマで仕上げたいと思います 旋盤は工具固定でワーク回転なのでマシニングとは勝手が違いますよね 旋盤で8mmの丸棒に6mmのリーマを加工する時は、超硬がいいのかハイスがいいのか、エンド刃付きがいいのかと、選定に悩んでおります 加工はバーフィーダーによる連続加工で、止まり穴になるのでスパイラルがいいんですよね? チャックからの突き出しは30mm程度です 古い機械なためセンタースルーはありません このような条件の時に気をつけることなどがあれば教えていただきたいです