• 締切済み
  • すぐに回答を!

貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で…

貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは有効+いくらに下穴が必要か 貫通していない下穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは 指示されているリーマ有効距離に+いくら位の下穴があいていたら 可能でしょうか? つまり 下に落ちていく キリコがその下穴の中にたまるけど 支持されたリーマ有効部の加工に影響することなく 加工が行える 下穴の深さということですが。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数7
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

質問者さんが、設計or製造どちらの部門か判りませんが... >貫通していない下穴で止まり用ではないリーマ工具で... と2重苦の前提条件のどちらかを解消した方が望ましいのは他の 回答者さんと同意見です。 また、ワーク材質、リーマ加工代、加工径、仕上げ深さ(有効距離) などの諸条件で得られる下穴深さも異なります。 まあ、有効距離の1.5倍ぐらいの深さがあれば、何とかなりそうな 感があります。 追記) ・下穴深さは設計者がキチンと図面指示するべきで、現場の加工者が  悩んではイケナイと思います ・他の回答者さんが書かれている通り、止まり穴用のリーマの使用を  強くお勧めします ・ステップ加工は、精度劣化や切りくずの噛み込みなどの理由でお薦め  いたしません ・>設計的にリーマ穴は通り穴を原則にすべき  ですが、例えば自動車エンジンのシリンダブロックなどは止まり穴  ばかりですね  穴径、深さがバラバラなのは設計的に頂けませんが、量産加工を考慮  して、下穴深さは十分に確保していたような記憶があります 下穴加工用工具とワークの形状にも依存しますが... L/D3用のドリルであれば深さ15mmまであけたいです。 L/D5用のドリルであれば深さ20mmあければ問題ないでしょう。 ところで、図面に下穴深さの指示は記載されていないのですか? >L/D3用 L/D5用とはどういう意味でしょうか? >長さが直径の3倍と5倍という 意味ですか? その通りです。 実際は、再研磨代があるので、もう少し深く加工できます。 >3Dの方は5*3で15までしか行かないから したかなくZ-15 >までということですか? その通りです。再研磨しないのであれば上記の通り、Z-20. ぐらいまでイケそうです。 >このZ-15というのはZの指令値ですか? 肩の深さでしょうか? 肩の深さとお考えください。 >ところで、図面に下穴深さの指示は記載されていないのですか? >されていません。 これが諸悪の根源ですね。社内図面であれば文句を付け、加工請け 負いであれば、問い合わせすることをお勧めします。 (あとで、下穴が深すぎるとクレームが来ては堪りませんので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >設計or製造どちらの部門 製造です。 >ワーク材質、リーマ加工代、加工径、仕上げ深さ(有効距離) アルミ 0.3 Φ5 有効10です。 下穴加工用工具とワークの形状にも依存しますが... ワーク形状は 普通の長方体の ブロックです。 下穴は115度のハイスドリルです。 >L/D3用のドリルであれば深さ15mmまであけたいです。 >L/D5用のドリルであれば深さ20mmあければ問題ないでしょう。 L/D3用 L/D5用とはどういう意味でしょうか? 長さが直径の3倍と5倍という 意味ですか?  3Dの方は5*3で15までしか行かないから したかなくZ-15までということですか?このZ-15というのはZの指令値ですか? 肩の深さでしょうか? >ところで、図面に下穴深さの指示は記載されていないのですか? されていません。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

>G83の動きなら多少なりとも キリコを逃がす事ができると思うのです。  上に上がった時に止めて手で書き出すことも出来るので、 単品の加工なら「あり」でしょう。 数量があるなら当然「止まり穴用」 難易度は上がるが 底近くまで加工したいならリーマの先端を落として使う。 エアー機器関係のタップ穴では標準のタップでは加工不可能もよくある。 止まりで有効ねじ深さをキープする為に先端を落として使いますよ。 でも、本来は邪道と思って下さい。 理論的に可能なら何でもやる職人さんもいるが この先、日本には そんな職人が育つ環境にはない その人たちが現役を去った時に慌てるだけしょうが・・・ 回答 5)の岩魚内と同じく「ダメダメムダ設計」は無くしてほしい。 >仕事の量がへり 色んな経験をする環境にないという意味でしょうか? 単に仕事量だけの問題でもないと思います。 企業として利益を出す為には効率的に仕事量をこなす必要がある。 試作や一品料理の仕事では職人さんは重宝されるが・・・ 機械や工具 そしてCAD・CAM・CAE などの進歩で「お金」をかければ大抵の事ができる。 職人の多い地区として 大田区や東大阪が有名だが 年配の職人さんの多くが地方からの集団就職でこられた 自分の工場を持つために必死に頑張ったが本当に成功された方は少ない。 「ものつくり」が好きなだけでは会社は経営できない 「自分の子供には自分がしたような苦労はさせたくない」と思うが親の心情 同じ職人でもドイツのマイスター制度との違いは明白 国や世間 そして マスコミ も「職人技」を褒め称えるが・・・・ 私には「絶滅危惧種の希少動物」と同じ感覚で見られている気がする。 私もよく「つくった者勝ち」と言うのだが 職人の世界では理屈(理論)が後追いのケースが多い そもそも 品物が出来たのだから理屈なんてどうでも良い! この感覚も時代に合わないのかも知れないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >日本には そんな職人が育つ環境にはない 仕事の量がへり 色んな経験をする環境にないという意味でしょうか?

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

  No.40143 ろう付け超硬ドリルで貫通穴・・・   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=272903&event=QE0004 おなじような性質の質問。なので正解は他に頼れません。→回答(2) 設計的にリーマ穴は通り穴を原則にすべき。 止まり穴は密封性を要する場合に限定すべきが、合目的な図面は2割あるかどうか、残は加工知らずのダメダメムダ設計。 なんでそんな板厚が要るんじゃ!、加工難、ピン圧入難、交換不能、めっき不良、ゴミ溜め、空気反発、、、良いことが無い。 止まり用に刃が斜めなリーマを使うが   http://www.omi-co.com/products/detail/3   右刃・右ねじれ15° では切粉の排出は直刃と殆ど変わらない(食付きの為とする理由も私は疑問)   http://www.fptools.com/image/products/sh.pdf   右刃・右ねじれ(30度以上) これは有効。 使う場合、概念図のとおり底フラットまで加工せずドリル先▽を半分程残すのが良い。 FPリーマでは?スパイラル?と称するのは、右刃左ねじれ、の貫通穴用で切粉を前に出するものを指し、メーカ間で呼名が異なります。 これは切味も良好でお奨めです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 ニッケンの止まり用リーマが 30度あるのか確認します。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

設計的には、リーマの食付きテーパ部の長さをベースに、下穴は貫通不可の仕様に合わせて 調整し図面を描きます。 ですが、それはリーマ加工途中でも切粉が出せる条件での設定です。 さて、他の回答者さんの記述の如く、 a)下穴とリーマ穴との体積差×1.5以上の下穴長さ分+リーマの食付きテーパ部の長さ   予め計算して、表形式の資料にしていても良いのではないでしょうか? b)あまりお勧めではないですが、過去ログでも記述のリーマを使用する です。 となるでしょう。

参考URL:
http://www.nc-net.or.jp/knowledge/morilog/detail/12350/ http://en.nc-net.com/knowledge/morilog/detail/18046/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

http://www.nc-net.com/knowledge/morilog/detail/18046/ スパイラルリーマ http://www.dialloy.co.jp/products/details/04.html スパイラルリーマ + オイルホール

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

自身で結論が出せるのではないでしょうか? 自分だけのデータベース構築のチャンスだと思うのですが リーマ逃げ部の体積+削り代切粉体積+安全見込み で 良いと思うのだが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

最小限、リーマの食付きテーパ部の長さよりも深い下穴が必要でしょう。 以下のJISを参照してみて下さい。 JIS B 4402 チャッキングリーマ JIS B 4405 ハンドリーマ JIS B 4406 シェルリーマ JIS B 4413 マシンリーマ リーマの種類により、食付きテーパ部の長さは大きく異なります。 ハンドリーマは、テーパの角度が小さいので、直径がφ10の場合、 食付き部の長さは13mmもあります。

参考URL:
http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Φ6のニッケンのBRSリーマの場合 食いつきが8位あります。 食いつきにさらに いくら位+して下穴があいていると  リーマのキリコを収納出来 リーマ加工に問題がでないとおもわれますか? あと リーマ加工はG83のような動きでやったらダメでしょうか? G83の動きなら多少なりとも キリコを逃がす事ができると思うのです。 上に上がった時に止めて手で書き出すことも出来るので、 下穴をそんなに深くしなうてもいいように思うのですが。

関連するQ&A

  • ハイスのリーマ工具で銅にリーマ加工

    クロム銅ですが、 ハイスのリーマ工具の場合 銅はやらかいから  食らいついて 上手くリーマ穴があかない可能性が あると聞いた事があります。食らいついて5角形みたいになるとか 本当にそうなのでしょうか? 私はハイスリーマ工具でも十分加工できるのではないかと思っているのですが、 実際加工された方の体験をお聞きしたいです。 Φ8のマイナス0からプラス0.1の 穴を 開けるのですが。 ハイスリーマでも問題ないと思われますか? よろしくおねがいします。

  • 貫通穴に対するセンタースルーの効果は?

    はじめまして、こんにちは。 A6061-T6材にてΦ8、深さ100ミリの貫通を加工します。 面粗度3.2Z、真円度0.005で穴の途中には何ヶ所か溝があります。 この穴を下穴、中仕上げ加工後にバニシング・リーマにて仕上げを行います。この刃具には先端へまっすぐにセンタースルー用の穴が明いています。穴は刃先端側へ斜めに明いていませんので、油は下穴に沿って空中へ放出されています。 そこで質問なんですが、取り代がほとんど無い貫通穴において、このようなセンタースルー形状は効果はあるのでしょうか? あまり意味がないのなら、先端部へではなく刃具の割れている部分へ穴位置をもってきた方が良いのではないかと考えているのですが、どうでしょうか?

  • 止り穴リーマの下穴ドリル深さの規定はありますか

    マシニング加工での作業です、図面指示「Φ10H7リーマ深さ12」(下穴深さの指示は無し)の場合ですが、「マシンリーマ又はブローチリーマを使用の予定です」下穴ドリル肩の深さ又は下穴エンドミル深さは、リーマ先端部分より何mm程度余裕を見て深く通すのが一般的なのでしょうか?個人的には2~3mmの余裕は欲しいと考えています。 ワーク厚みは充分あります、位置決めピン用の穴に使用です。「Φ10H7の深さは12mm」は、ピンゲージを入れて深さ確認します。 出来るならば、タップの下穴深さ指定に類似した規定があれば教えて下さい。

  • 貫通穴と止まり穴の違い

    ドリル加工やリーマ加工において貫通した穴と止まり穴のケースがありますが止まり穴は何故切屑の排出性が劣るのですか?通常切屑はポケットに沿って排出されると思いますので、穴が貫通していようがいまいが関係ないような気がするのですが。理論を教えてください。

  • 穴の中が汚くなり径が広がる

    加工材質SKS3の生材 厚み30ミリ 使用工具OSG EXGDR ファイ7.7 回転数450 送り45 G83を使いQは1.5 心もみだけしている所に貫通穴をあけたのですが、 出来上がった穴の中をみると、とても汚くカッターマークがついており 棒で触るとそのカッターマークが、がたがたがたと段差がわかるほどです、 さらに この穴はリーマ8の下穴としてあけたのですが、上の方は 径が広がり ファイ8の直径のものがすでに簡単に入ってしまう状態です。下半分は広がってないようで、ファイ8のものはそこで止まります。 このような下穴になるとリーマを入れても上半分はがばがばになってしまいます。 このような現象になるのはどのような原因が考えられますか? またどのようにするとこうならないでしょうか? アドバイスをいただけないでしょうか。

  • アクリル10mm厚に、Φ0.3穴60個貫通をあけ…

    アクリル10mm厚に、Φ0.3穴60個貫通をあける加工 アクリル10mm厚に、工具径がΦ0.3、60個の貫通穴加工をしたいのですが、焼けずにきれいにあく切削条件を教えてください。 かなり悩んだのですが、思うようにあかないので、どなたかわかる方がおられましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

  • リーマの写加工の時にノックが硬い場合

    金型などで ダイプレートだけにマシニングでリーマ加工をして 抱き板には加工をせず ダイプレートを焼入れ後 パンチダイの刃合わせをして 刃の位置が決まってから 抱き板とダイプレートをボルト止めして ボール盤で ボルト止めされた ダイプレートのリーマ穴から 下穴ドリルを入れて抱き板に 下穴 加工 その後同じようにリーマ工具を ダイプレートのリーマ穴に入れてそのまま抱き板にリーマ加工をする写し加工において ダイプレートをマシニングでリーマ加工したあとに ノックピンの入りが 硬いと感じる時に そのまま焼入れに出すと、 共加工の場合は リーマ工具が写加工の 工程上焼入れされたリーマ穴と擦れるので、 ノックの入りが硬いと感じるときに ボール盤でもう一度リーマ加工 さらえ加工をして ノックピンの入りが 軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? あとあと 写加工時のリーマ工具の擦れによる工具の痛みの事を考えると。 またボール盤でリーマ加工するとマシニングよりも入りが軽くなるのは ボール盤のフレがマシニングよりも大きいからですよね? また上のようなさらえなおすという判断をする場合に ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 文章で表現するのが大変かもしれませんが、 写加工の場合の焼入れに出す場合の ノックの入り具合について アドバイスいただけないでしょうか。

  • ねじの下穴とリーマ加工

    とても初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。 リーマー加工とは、ねじの下穴がテーパー穴になっているのをまっすぐの穴にするために行ってるのでしょうか? ねじの下穴をあけた後には、必ず行うものなのでしょうか? テーパー穴のまま、タップを切ってボルトを締めたりタッピンねじをねじこむるだりするようなことはあるのでしょうか?

  • 材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にす…

    材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にするか 材料ガイドのピン 例えば4φですが、 ダイプレートの厚みが30ミリだとしてφ4 のリーマー工具の不完全部が5ミリだとした場合に リーマ加工のZ指令でマイナス 材料板厚30プラス5以上とし 完全に板を貫通させるか それとも Z指令材料板厚分とか 材料板厚+2ミリとか 不完全部を わずかに残すのか どちらが一般的なのでしょうか?

  • 材料ガイドピンを入れるリーマ加工のZ指定

    φ4のピンを材料ガイドに使っています。 そのためそのピンを入れる穴を φ3.8の下穴貫通のあと φ4のリーマで 加工するのですが、この場合 材料の板厚が30だとすると リーマ工具の不完全部が5場合 Zの指令を 板厚ぷらす5ミリにして 25で指定して 完全にφ4の穴が貫通した状態にするのか それとも Z指令20で 不完全部が5ミリあるから ガイドピンが抜けおちない ようにするか 皆様の場合どちらにしますか? それともZ指令をもっと浅く しますか?  前浅くして リーマピンを入れたのはいいのですが、今度ぬけなくなって はずすのに大変だった事があります。 そのため、 完全にφ4で貫通するのかそれとも不完全部だけで落下防止するのか 考えています。 まあ不完全部位の残りであれば 裏からたたいてとれなくなることはないのかもしれませんが。 以前取れなかった時は もっとリーマのZ指令を浅くしていましたので。 アドバイスお願いします。