その他(機械加工)

全1588件中1~20件表示
  • アイアンワーカーとビームワーカーの違い

    タイトルのとおりです。 アイアンワーカーとビームワーカーの違いを教えて下さい。 加工の幅の違いもあれば教えて下さい。

  • エンジンについて

    脱穀機などの農作機械でよく見る高速で回転させてエンジンを起動させる動作がありますが、あれは何をしているのでしょうか。すみません。教えてください。

  • 木工機械について

    木工機械の名称が分かりません。調べ方が分からないです。どういう機械かというと木材の表面を真っ直ぐにする機械です。また、その真っ直ぐにした面をその機械についている直角の部分にあて削っていく機械なのです。説明が、分かりにくくてすみません。教えてください。ちなみにその機械の特徴は木を削っているとジリジリと音がなります

  • 配管から排気されることについてお世話になります

    図にような状態で各区間で排気される流量を知りたいですが、 まず、 1.ブロワが図の状態ではHzを用いて大略957.95m3/hrだと思いますが、 これはすべての排気量なので圧力損失ような複雑な問題は除いて 957/排気管の数16 をすれば59.8m3/hrですがこんなに計算することは正しいですか? 2.炉の中に雰囲気ガスようなものとか何も入れなくて加熱だけしていれば、 炉は結局に真空の状態になりますか? 3.それでは炉の一つの体積が3.5m3なので 3.5*9は31.5m3になり 略31分後には炉は真空の状態になることが正しいですか? ちろん炉に排気口の数が一つづつあるの炉もあって二つづつの ものもあるので 雰囲気ガスとか入口と出口が密閉状態なら格炉には大気だけあって この大気の空気が各の炉から排気されて真空の状態になる時間は 排気口の数に決まると考えますが、正しいですか? ぜひお助けくださいいつも皆様にお世話になっております。 加熱反応炉には経験がなくて私のうえには上司の空席なので 自分で解決することがつらしです。 よろしくお願いいたします。

  • ドリルで穴明

    ドリルで穴明した後、製品を全体に塗装した後に同じ所に穴明したら穴が小さくなるのは、なぜですか?

  • サーボモータ トルク不足 原因

    https://okwave.jp/qa/q10003171.html#answersにて質問した内容からの続きですが、上記の質問した状態でサーボモータがオーバーヒートする原因がサーボモータのトルク不足が原因では無いかと考えております。 そこで知識のある方にお伺いしたいのですが、以下の状態のときにサーボモータのトルク不足の可能性もしくは別の可能性は考えられるでしょうか? 機械本体に必要な電流値が160Aに対して75Aのブレーカーから電気配線で機械本体に電気供給している状態 理由は機械をフル稼働させる目的では無く、あくまで各軸を試験的に個別で動かすため、サーボモータを個別で1個づつ動かすために必要な電流値は確保できるため。 サーボモータを切り離すとボールねじは軸を手で掴んで回す事が出来ます。 サーボモータとボールねじを接続しサーボモータが通電している状態でボールねじの軸を手で掴んで回そうとすると負荷率が70まで上昇します。 またテパハンドルでサーボモータを回すと止めた時に負荷率が下がらず負荷が掛かっている状態です。 これはテパハンドルで5/100mm動かす指示を出しているが、実際には4/100mmしか動いておらず残りの1/100mmを動かそうとボールねじを回そうとしているので負荷が掛かり続けている状態だと推測します。 上記の状態でボールねじの軸を手で掴んで進行方向に残りの1/100mmを回そうとすると回って負荷が0~2程に下がります。 以上の状態からサーボモータのトルクが不足しているので、手で回そうとする力を加えると有り得ないくらい負荷率が上昇したり、指示した位置までボールねじを回しきれないのではないかと考えていますが、どうでしょうか? 何か原因として思い当たる方はいらっしゃいますでしょうか?

  • SUS304のねじ転造について

    ご教授ください サプライヤーで製作した並目のM5の転造したところ、 通りゲージがNGでした。 再製作をお願いした結果、またNGで、サプライヤー結論としては、 ”もうやりたくない”との事でした。 約10数年の流れ品で、当社検査方法も変わっていないのですが、 SUS304の転造は、そんなに技術のいるものなのでしょうか? 数量は約1000本です。 ねじゲージNGだとユーザーでNGとなる可能性があり、 是正させてたいのですが、サプライヤーが”職人気質”で 是正にするくらいならやめる、となって困っております。 ご見解をいただけるとありがたいです。

  • ステンレス六角ボルトの機械的性質について

    ご教授ください。 ステンボルトのJISの機械的性質で、 A2-70とか50とかがありますが、国内のステンレスボルトメーカー では、旧規格の”A-2”(材料規格?)までしか、保証も記載もされて 以内場合が多いです。 ヒアリングすると、短いと伸びない為、A2-50の規格を満たせない為、全サイズまとめて旧規格を採用しているとの事。 ということは、新JISは達成不可能な要求を記載しているのになぜ書いてもなにもしないのでしょうか? また、海外のボルトメーカーでは普通にA2-50のボルトを販売しているとことが多いです。技術的に劣っているとは思えないので、適用除外でのあるのでしょうか。 この材料規格に限らず、JISのボルト類、ネジ類は旧規格と新規格が入り乱れており、最初は戸惑う事や検索が非常にしにくい部分が目立ちます。改定する立場の人はいないでしょうか? このへんの事情や、その他のJIS規格もこのように新旧いりみだれているのでしょうか。 ご意見いただるとうれしいです。

  • 板金レーザー加工機の環境について

    レーザ加工機の光学系は、湿度や粉じんの影響を受けると反射率が低下したりして、加工点出力低下の原因となるのでしょうか? この辺りのことを記述したサイトのご紹介でも大丈夫です。

  • moriseiki 直立ボール盤

    機種 YD5-65N 主軸正面にある深さを調整するメモリ(正式名称がわかりません) ネジを緩めて調整するのにメモリの動きが渋くて、力を込めても素直に動きません メモリの軸は錆、傷はありません。 メモリ部分に潤滑油を添付したり、分解して掃除しても変わらず。 もっとスムーズに力が必要なく動くようにするには何か方法はありますか? 同じ症状の方いたら解決方法を教えてください

  • マイクロビッカーズ、ロックウエルの互換性について

    ご教授ください。 材料はSK5のプレスで抜いている丸座金の硬度についてです。 厚みは3ミリ程度です。 前処理として抜きバリや曲がり等の影響を受けないよう、 1500番くらいまで研磨し、平行出しはしております。 焼入れ焼き戻しでHRC48程度に仕上げているのですが、 上記の2通りで同一サンプルを硬度試験をした結果、 HRC 48程度 HV 400程度(荷重は0.3、0.5)。 上記、硬さ基準片での精度確認はしております。 熱処理のメカニズム的に表面から硬くなると思うので、 ビッカーズの方が硬くでるのであれば、理解できるのですが、 今回、逆の現象となってしまいました。 製造元の検査ではHRCでの測定とほぼ同等の為、 マイクロビッカーズでの値が間違っているとは思うのですが、 原因不明です。 ここまで値に差が出る原因や確認ポイントについて、アドバイスをいただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 表面粗さの16%ルールについて

    よく読んだのですが、いまいち理解できない部分があり、教えてください。 天下のキーエンス様の https://www.keyence.co.jp/ss/products/microscope/roughness/line/procedure.jsp を読み、基準長さx6個で測定し、その内1個が基準を超えていてもOK! という意味であっていると思うのですが(あっている?) 要求値がパラメータの下限値の場合、というのがよくわかりません。 例えば、(記号は省略)Ra1.6の場合、上限値評価の場合、超えてはいけないという事だと思うのですが、下限値ルールの場合は、ある程度荒い表面を求めている?という事でしょうか。 そもそも16%ルールの認識あってますか? ご教授ください。 よろしくお願いします。

  • 長崎県の企業の労災事故について

    初めて質問させて頂きます。 長崎県佐世保市にある相浦機械という会社について教えて下さい。 2020年6月以前に労災事故が発生しているかと思うのですが どなたかご存じの方いらっしゃいませんか? 詳細は不明なのですが恐らく回転物への軍手なり衣服の巻き込み事故だと思います。 個人情報の事もありますので個人名等は教えて頂かなくても大丈夫なのですが、発生した時期もしくは日付が知りたいです。 宜しくお願い致します。

  • 金属加工について

    板厚16ミリにポンチを打つとして 断面がきれいに 90度出てる板と 90度出ていない板を同じように加工した場合 必ず支障が出て来ると私は思いますが (金属加工経験約7年) 上司はズレないと言います (金属加工経験10数年) 90度出ていない板にポンチを打った場合 孔加工する上でズレは生じませんか? (下孔5Φ→6.8Φ M8タップ) 簡単な絵を書いてます。 丸印にポンチを打つとしてボール盤で開ける場合 支障は出ませんか? ちなみに恥ずかしながら中卒です。 でも金属加工について自分なりに勉強はしてきたつもりですが 教えて下さい(´;ω;`) 宜しくおねがいします(TдT)

  • レーザーでの切断について

    スチール 200×115 t16 200×65 t16 レーザーで切断した場合 切断面を90度を出すのは 難しいのでしょうか? 板を立てて置くと 90度出て来てないため 3㍉の隙間が出来ます。 板のことは良く判りません 宜しくお願いします

  • アルマイト処理された材料にレーザー加工

    アルマイト処理(t0.5・アルミ材)された材料にレーザー加工が可能なレーザー加工機はありますでしょうか? 何件か問い合わせをしましたが断られてしまいました。 本来は不可のようですが、強引にやってもらったところレーザー跡がついたりつかなかったりで不安定で歩留まりが悪く苦慮しております。金型を作ればいいのですが、量産ではないのでコストの面で難しいです。 外観部品のためどうしても、加工後のアルマイト処理は他の製品と色味が変わるとのことで不可とのことです。 このレーザー加工機を持っているところなら可能かもしれない。とか、業者さんの検索方法とかありますでしょうか? 自力で検索すると、彫刻がひっかかってしまい思うように探せません。よろしくお願いいたします。

  • めっき後のスパロール(バニシング)について

    ご教授ください。 シャフト形状の製品で、母材はSCM435の上にニッケルメッキをつけている製品です(φ3~8程度)。めっきごは熱処理(ベーキング)を行うことで、めっきの硬度はHV800程度を狙って加工しております。膜厚は約10μmていどです。 上記の製品に対し、表面粗さ向上させる為、めっき後にスパロール加工(めっきの影響を考え低圧力で3回)行っております(圧力はどれくらいかは不明)。試作品を観察した結果、めっきがあまり良い仕上がりではなく、酸化物?がぼつぼつとついており、それをスパロールで潰している?ような仕上がりでした。 参考として教えていただきたいのは、 ①表面が硬いめっき品に対し、スパロール加工をするのは、 スパロールの常識としてありなのでしょうか(素人考えては、硬い表面処理の上から圧をかけたら、めっきにクラックができてしまうのでは?と思っております)。 ②上記の製品を断面カット(輪切り)して、電子顕微鏡(SEM)で観察したところ、全周ではありませんが、めっきと母材との間に界面(密着していない)が確認できました。めっきの常識として、母材とめっきとの間に界面があるのは、(仮に一部だとしても)即NGだと思うのですが、どうでしょうか。 上記、サプライヤーからスパロールの提案があった為、参考意見をお聞きしたく、ご質問させていただいております。 よろしくお願い致します。

  • コの字型の形状を鋳鉄以外で制作方法

    こちらで、いろいろ勉強させて頂いてます。 初歩的なことで大変申し訳ありません。 添付図面のような形状の加工方法を鋳物以外で 製作方法がわかりません。 材質は、SS材またはS45Cです。 以前違う業種で働いていたので工業系のことがよくわかりません。 ご教授の程お願い致します。

  • アクリル板加工時の切屑について

    工場内でNCルーターでエンドミルを使用してアクリル板の加工を行なっています。 加工時にかなりの量の切屑が出て、加工後は製品表面や機械周辺が大量の切屑が撒き散っています。さらに製品表面の切屑はエアブローで落とすためさらに飛び散ります。 NCでの加工はもちろんアクリル板の加工自体が会社としてもはじめてらしく手探りでやっているのですが、アクリル板の加工時は粉塵用の使い捨てマスクやフィルター交換式の簡易的なマスクなど着用するものなのでしょうか?それとも普通の不織布マスクでも問題ないのでしょうか? 現状集塵機もアクリルの切屑は重くて吸い込まないということで設置されていません。木材の切屑であれば吸い込むそうですが。 アクリル加工の経験がある方などご存知であればご教授お願いします。よろしくお願いします。

  • 金属製品 反転作業時の打痕対策

    金属加工品反転用の木材を探しています。 最大5トン程の金属加工を行っています。(角物・丸物両方) 製品を反転する際、弊社では木材の上で行っていますが、写真のように木材がすぐに壊れていきます。 壊れにくいおすすめの木材はありますか? その他の方法があれば知りたいです。 よろしくお願いします。