• 締切済み
  • すぐに回答を!

材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にす…

材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にするか 材料ガイドのピン 例えば4φですが、 ダイプレートの厚みが30ミリだとしてφ4 のリーマー工具の不完全部が5ミリだとした場合に リーマ加工のZ指令でマイナス 材料板厚30プラス5以上とし 完全に板を貫通させるか それとも Z指令材料板厚分とか 材料板厚+2ミリとか 不完全部を わずかに残すのか どちらが一般的なのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

何を一般的かというのは、会社ごと、また作業者ごとの考え方の違いがあると思うのでなんともいえません。 弊社では金型を調整、分解する時にピンを外すことを考慮して貫通させてます。下に打ち抜くのが楽との判断から。 一般的かどうかは知りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 材料ガイドピンを入れるリーマ加工のZ指定

    φ4のピンを材料ガイドに使っています。 そのためそのピンを入れる穴を φ3.8の下穴貫通のあと φ4のリーマで 加工するのですが、この場合 材料の板厚が30だとすると リーマ工具の不完全部が5場合 Zの指令を 板厚ぷらす5ミリにして 25で指定して 完全にφ4の穴が貫通した状態にするのか それとも Z指令20で 不完全部が5ミリあるから ガイドピンが抜けおちない ようにするか 皆様の場合どちらにしますか? それともZ指令をもっと浅く しますか?  前浅くして リーマピンを入れたのはいいのですが、今度ぬけなくなって はずすのに大変だった事があります。 そのため、 完全にφ4で貫通するのかそれとも不完全部だけで落下防止するのか 考えています。 まあ不完全部位の残りであれば 裏からたたいてとれなくなることはないのかもしれませんが。 以前取れなかった時は もっとリーマのZ指令を浅くしていましたので。 アドバイスお願いします。

  • スライドピンに対するガイドの長さ

    スライドピンに対するガイドの長さについて質問です。 ここに板厚10mmの板があるとします。 この板にφ10の穴とφ50の貫通穴を開けます。 これらの穴にそれぞれφ10とφ50のピンをスライドさせます。 そのときのピンの「ガタ」を検証すると φ50のピンよりもφ10のピンの方が「ガタ」が少なく感じています。 これはあくまでも経験上の判断ですが ピンを太くするときはそれに伴ってスライド部の長さ(板厚)も大きくしないと動きが悪く、ガタも大きいと思っています。 このことについての理論的な証明が知りたいです。 どなたかお分かりにならないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 手でタップしても 工具先端がかける

    材料 DC53  板厚40ミリ 下穴Φ6.9 でマシニングセンターでワーク上面を0として Z-5 まで 食いつきだけ マシンでM8タップ加工をして のこり はタップハンドルを使い手で タップを40ミリ貫通させようとしました。最初にヤマワのpointタップ HSSEとかかれた ものでやって行きました。 板厚40付近まで到達すると 急に固くなり そこから 行っては戻り 行っては戻りと慎重にしたのですが、パリッと音がしたので、工具を見ると不完全ネジ部 付近の刃が少しかけていました。 それでOSGのHSSE TIN同じく ポイントタップで 慎重に行ってはもどり 行ってはもどりしたのですが、また パリっと音がしたので、工具刃をみると やはり同じく 不完全ネジ部付近の 刃がすこしかけていました。 この現象について 解説をいただけないでしょうか?  またなぜ タップ工具が35ミリを超えたあたりから急に動きにくくなるのでしょうか? また 板厚40ミリを加工するには 普通の刃長のタップ工具ではだめで ロングタイプみたいなやつを使わないとこうなってしまうのでしょうか? 今回の現象と関連がありそうですが、メカニズムを解説していただけない でしょうか? あとタップ工具は 不完全ブが多少かけても 完全部の刃で修正されるという ことで この工具を使っていくのは 問題はないでしょうか? 不完全部に一部かけがあっても タップ加工する事においては。

  • 抜けどめボルトが届かない対策

    ミスミの位置決めピン FPYTM6-p12.0ーL12ーB7 の様に 穴に入れるところの径がφ6 でガイド部がφ12のもので 抜けど目のタップが切られているもので 入れ込み長さの最大は12です。 ボルトはM2.6を使うしかないのですが、 そのボルトで一番長い長さが 座を含めて17.6です。 φ6の入れ穴が ダイプレート30ミリその下のプレート20ミリその下のだき板が25ミリと そこまで 貫通してしまっています。 このような状態で タップ付きのこの位置決めピンを 抜けどめをする方法は ボンド以外になにか方法はありますか?  ボルトでは届かないのですが、何かボルトでもとめられる方法が あったら教えていただけないでしょうか? だき板までφ6で貫通していることが さらに 頭を悩ませています。 よろしくお願いします。

  • リーマの写加工の時にノックが硬い場合

    金型などで ダイプレートだけにマシニングでリーマ加工をして 抱き板には加工をせず ダイプレートを焼入れ後 パンチダイの刃合わせをして 刃の位置が決まってから 抱き板とダイプレートをボルト止めして ボール盤で ボルト止めされた ダイプレートのリーマ穴から 下穴ドリルを入れて抱き板に 下穴 加工 その後同じようにリーマ工具を ダイプレートのリーマ穴に入れてそのまま抱き板にリーマ加工をする写し加工において ダイプレートをマシニングでリーマ加工したあとに ノックピンの入りが 硬いと感じる時に そのまま焼入れに出すと、 共加工の場合は リーマ工具が写加工の 工程上焼入れされたリーマ穴と擦れるので、 ノックの入りが硬いと感じるときに ボール盤でもう一度リーマ加工 さらえ加工をして ノックピンの入りが 軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? あとあと 写加工時のリーマ工具の擦れによる工具の痛みの事を考えると。 またボール盤でリーマ加工するとマシニングよりも入りが軽くなるのは ボール盤のフレがマシニングよりも大きいからですよね? また上のようなさらえなおすという判断をする場合に ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 文章で表現するのが大変かもしれませんが、 写加工の場合の焼入れに出す場合の ノックの入り具合について アドバイスいただけないでしょうか。

  • リーマの位置がどれ位違うと ポストユニットがスム…

    リーマの位置がどれ位違うと ポストユニットがスムーズに入らないか ガイドポストに双葉のMGD25 を使っています。 上だき 板と 下だき板に マシニングで リーマ加工し このユニットを組み付けて 上だき板と 下だき板の うごきをみると すごく硬いです。 リーマの位置が 上型 下型で どれくらい以上の誤差があると もう スムーズには動かないと思われますか? あと心もみにはOSGの NCーLDS130度を使っていますが、 この工具の場合 Z指令どれ位で心もみをされていますか? リーマの手順は 心もみ Φ6.9 Φ7.7 リーマ8と 行なっています。

  • 止まり穴用のリ-マで貫通加工をしたら

    日研のハイスの止まり穴用のφ5のリーマ工具RSS5.0Fがあります。 板厚6ミリのSS400に対してこの工具で貫通加工をするのは どれほど無理があるのでしょうか? メーカーに電話したら 貫通用でないので 暴れる可能性もあるといいますが、メーカーは立場上ちょっとしたことでも 言ってくると思います。 実際に現場にいる皆様にお聞きしてかなり無理があるというなら 貫通用の工具を買おうと思います。それなりにいけるよということなのであればこの工具でいこうかと思いますが、どんな感じでしょうか? 抜け際の部分の寸法だけちょっと保障できないよという程度なのであれば これで行ってもいいのではないかと思いますし、暴れて 工具やワークがお釈迦になるレベルの話なのであれば 購入します。 意見を聞かせていただけないでしょうか?

  • φ0.8リーマ加工

    0.83リーマ加工で困っています  板厚11ミリ貫通したいのですが 下記加工工程です ?0.5ハイスドリル深さ4ミリ程度 ?0.7超硬ドリル貫通  ?0.83超硬リーマ こんな感じで大丈夫でしょうか 回転 送りなどもお願いします 何度か試作加工をしてみましたが、穴曲がりかなのかリーマが破損してしまいました 細い加工がはじめてな物で何か良いアドバイスありましたら宜しくお願いいたします 

  • 馬鹿穴の上限

    底がU テーパ形状のパンチ の曲げ型においてダイ の位置を決める為に パンチとダイが接触した状態で、 右 左の隙間にブランクの板厚0.8を入れて(公差により0.74ほどだった) しっくりくるところで、クランプしてからダイプレートのM8のタップ穴 に6.8のドリルを入れて下型のダイセットにポンチして  そこに8.5のドリルで馬鹿穴を貫通し座繰りした後 ボルトでダイセットとダイを固定したのですが、右の隙間の方が少ないので、もう少し寄せるため 馬鹿穴を9.1であけなおし、再度板厚みのプレートを入れてしっくり くると感じたところで、ボルトを締め上げたのですが、締め上げると また右の方が隙間が大きい感じです。もう少し馬鹿穴を大きく広げようと思うのですが、M8の馬鹿穴としてはどれくらいまでOKでしょうか? いくつを超えるとなにか問題がありますか? 決定後はリーマを二箇所で止めるのですが。 あとパンチにテーパがあるために左右入れた板を抑えるのは Uの終わりの点 左右2点 で板を抑えるので、パンチとダイが接触してから 板を入れるのではしたの方がので、そこに当たるようにいたを左右共に 入れるのがやりにくいのですが、このような場合はパンチを上げておいて ダイの左右に板を置いた状態で、パンチを落とすようにしてしっくりした 位置のかくにんをしたらいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 穴の中が汚くなり径が広がる

    加工材質SKS3の生材 厚み30ミリ 使用工具OSG EXGDR ファイ7.7 回転数450 送り45 G83を使いQは1.5 心もみだけしている所に貫通穴をあけたのですが、 出来上がった穴の中をみると、とても汚くカッターマークがついており 棒で触るとそのカッターマークが、がたがたがたと段差がわかるほどです、 さらに この穴はリーマ8の下穴としてあけたのですが、上の方は 径が広がり ファイ8の直径のものがすでに簡単に入ってしまう状態です。下半分は広がってないようで、ファイ8のものはそこで止まります。 このような下穴になるとリーマを入れても上半分はがばがばになってしまいます。 このような現象になるのはどのような原因が考えられますか? またどのようにするとこうならないでしょうか? アドバイスをいただけないでしょうか。