• 締切済み
  • すぐに回答を!

リーマの写加工の時にノックが硬い場合

金型などで ダイプレートだけにマシニングでリーマ加工をして 抱き板には加工をせず ダイプレートを焼入れ後 パンチダイの刃合わせをして 刃の位置が決まってから 抱き板とダイプレートをボルト止めして ボール盤で ボルト止めされた ダイプレートのリーマ穴から 下穴ドリルを入れて抱き板に 下穴 加工 その後同じようにリーマ工具を ダイプレートのリーマ穴に入れてそのまま抱き板にリーマ加工をする写し加工において ダイプレートをマシニングでリーマ加工したあとに ノックピンの入りが 硬いと感じる時に そのまま焼入れに出すと、 共加工の場合は リーマ工具が写加工の 工程上焼入れされたリーマ穴と擦れるので、 ノックの入りが硬いと感じるときに ボール盤でもう一度リーマ加工 さらえ加工をして ノックピンの入りが 軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? あとあと 写加工時のリーマ工具の擦れによる工具の痛みの事を考えると。 またボール盤でリーマ加工するとマシニングよりも入りが軽くなるのは ボール盤のフレがマシニングよりも大きいからですよね? また上のようなさらえなおすという判断をする場合に ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 文章で表現するのが大変かもしれませんが、 写加工の場合の焼入れに出す場合の ノックの入り具合について アドバイスいただけないでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数3
  • 閲覧数463
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ピンの大きさがわからんが ボール盤だと曲がって入って行ってしまう可能性もあり 辞めたほうがいい ハンドリーマーでさらうのが一般的では? ピン径が10以上なら リューターにつぶれた軸をつけて それに耐水ペーパーを巻きつけ うーーーーーんと 回せばいいです 昔MC使ってた頃 段取りの合間にワイヤーの後処理で 上記の方法で磨いてました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 Φ8のノックピンです。 ハンドリーマ はワークを固定して手でタップ加工する時みたいに 手で回していれて行くだけなのですね。 使った事なかったので、今度つかいます。 もうボール盤でさらってしまいました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

> ノックの入りが固いと判断する 感覚的な基準はありますか? の前に、要因分析が必要です。 ? 穴が幾何学公差が悪く、変形してノックの入りが固い   (焼入れ時の残留応力で、傾向が拡大する) ? 穴間のピッチが微妙に異なって、ノックの入りが固い   (焼入れ時の残留応力や膨張で、傾向が拡大する) ? そのまま焼き入れに出すの記載があるので、書きます   焼入れすると、素材は膨張するので、穴は小さくなり、焼き入れに出したあとは、   ノックの入りが固くなる筈   それ以外でも、穴径がマイナスである場合に、ノックの入りが固い ? ノックを斜めに入れて、穴を痛めてノックの入りが固いは、論外とします があります。 以上を踏まえて、焼入れ前の判断をする場合は、初心者さんには困難だと思います。 ノックピンの強度(せん断強度と円筒面圧強度)を考えて、不要な長さのノックピンや ノック穴長さを用いない。 穴は、逃がし穴部を用いれば、適正に対処でき、ノックの入りが固くなる要因は軽減できる。 ねじも同材質なら、ねじ径=ねじ長さあれば、ねじ山のせん断強度>ねじ谷径ねじり強度 なので、不要な長さのねじを用いない、ねじ穴加工をしないを参考にして、質問者さんの 規格を決定して運用してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

焼入れ材のリーマ加工、どのリーマで? 出来ると称するのはあるけど 普通は焼入後のワイヤー加工でしょう。さらに上位は冶具研。並級はミガキ修正。 >ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 感覚的を文章にするのはノーベル賞飴渇望症に罹った森□ナントカぐらい。読むと何~んとなくわかった気分にさせるが、お仕事は進まない。。。測ってください。 実践が足りません。 本物の川口教授も10回試し9回失敗しても諦めるなと仰った。 それを人頼みすると森□ナントカ↑ 川口教授 → 山中教授 また森□ナントカが登場 回答(3)   リューターにつぶれた軸をつけて   それに耐水ペーパーを巻きつけ   うーーーーーんと   回せばいいです   ・・ワイヤーの後処理で上記の方法で磨いてました = (1)焼入後のワイヤー加工、、、並級はミガキ修正 >ボール盤でもう一度リーマ加工  さらえ加工をして ノックピンの入りが  軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? 焼入れでどう変わるか読み切れないから焼入後のワイヤー加工またはミガキ修正をする。 回答(2) >・・・質問者さんの規格を決定して運用してください。 ワロタ・・・これでアドバイス???? 逆に質問者でもコンコンと教えてあげる資格がありそう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 焼入れ材のリーマ加工、どのリーマで? 日研のブローチリーマを使っています。 Φ8です。 DC53は ダメだったでしょうか?  Dc53焼入れ前の生材ですが、 >普通は焼入後のワイヤー加工でしょう。さらに上位は冶具研。並級はミガキ>修正。 治具研も 磨き修正も ワイヤー加工したものに対して行うのですね? >測ってください。 測定はピンゲージになりますか? ありがとうございます。 >なので焼入側を甘めにする必要あり、シビアな位置決めにはなりにくい。 安心しました。 今回はボール盤でさらえて甘めにしましたが、 本当は上で書かれている様に ハンドリーマでやるのが いいのですね? >芯出しは辛うじてできても垂直度は研削してナマとは違ってるからマシニング>には乗せられない。 最初マシニングでリーマした穴の側面は リーマ工具で研削されており 生よりも固くなっているのでしょうか? それで またその穴を マシニングで さらえるというのは 危険だということですか? >  http://www.eiko-sha.co.jp/products/shosai.php?id=1180943964-417365&cate=1&ns=0 このチャッキングリーマを使えばシャンクが長く細く柔軟性あって、かなり穴に倣ってくれるのでボール盤でも出来なくはないが、焼入材をスンナリ通過するか確かておかないと傷めてしまう。 >ナマとナマでもボール盤でやるならコレ。 生と生なら そのリンクのリーマ工具がいいのですね。焼き入れ材の場合は すんなり入るかを確認ということで。

関連するQ&A

  • 同じ下穴同じリーマ工具 同じ回転送りなのに違いが…

    同じ下穴同じリーマ工具 同じ回転送りなのに違いがでるのは 下穴ファイ7.7 のドリルで加工 下穴加工終了時に ファイ8のノックピンが入らない亊を確認済み その後ニッケンのブローチリーマ ファイ8で 同じ送り 同じ回転で マシニングセンターで加工  しかし 穴によってファイ8のノックピンがすっと入るのと かなずちで叩いて圧入する感じ(これが正常ですよね?) の違いがでる場合があります。この差は何によるのでしょうか? 同じ工具 を使い 同じ 回転数 送り 同じ油の当たり方をしているのですが 何が考えられますか? またノックピンが位置決めの役割を果たせるのはノックピンがどのような 入り方をするところまでOKでしょうか?手で押してすっと入ってしまうのは OKですか?

  • 焼入れ後のノック穴加工について

    始めまして太陽です。 現在独自で思考錯誤しながら金型プレスを製作しております。 そこで一つお聞きしたいのですが(初歩的質問かもしれません) 例 材質SK4 40*60*200 (単位mm) 現在マシニングセンターにて穴あけ後(ノック穴含む)、型を組立完了後(ノック組み付後)バーナーにて一辺60の片側200Lのみをを水をかけながら焼入れしております。 総焼入をしますとノック位置が狂ってきます。 バーナー等の焼入れを省く何か良い方法は無いでしょうか 例えば総焼入後ノック加工をマシニングセンター等で加工できるリーマードリル等.... 宜しくお願いいたします。

  • ボール盤でのリーマ加工

    はじめまして。ボール盤でφ10?の穴をφ10?のマシンリーマで加工したのですが入口は10.03、出口は10.04から10.06くらいになってしまいました。上も下も10.03に抑えたいと思っているのですがどうすればよろしいでしょうか? 被削材FC、穴深さ25?(貫通)、ドリル下穴9.5?(リーマ同様、ドリルチャックで掴んでいます) ボール盤での切削条件、回転数135rpm。 皆様からのアドバイスお待ちしています。

  • s45c リーマー

    かなり初歩的ですいませんがS45Cに10.58mmの穴をボール盤にてあけたいのですが、下穴を何mmであけてからリーマーを通したらよいかわかりません!ちなみに焼き入れも行うのですが! 

  • φ8のリーマ加工

    こんにちわ。SKD11焼入れ後φ8のリーマで仕上げをしようとしたら、途中で折れてしまいました。リーマは岡崎の超硬(ノンコート)、穴は貫通で加工の長さは8ミリ、固定サイクルG81で300RPM、送り30ミリ/min、下穴φ7.9、ドライカット、材料の硬度はHRC56、このような条件で加工したのですが、7ミリぐらいのところで折れました。折れずにできるのでしょうか?リーマ加工は無理なのでしょうか?リーマが折れてなくなったので、エンドミルで回ったのですが、できればリーマで加工したいです。よろしくお願いします。

  • 貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で…

    貫通していない穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは有効+いくらに下穴が必要か 貫通していない下穴で 止まり用ではないリーマ工具で リーマ可能なのは 指示されているリーマ有効距離に+いくら位の下穴があいていたら 可能でしょうか? つまり 下に落ちていく キリコがその下穴の中にたまるけど 支持されたリーマ有効部の加工に影響することなく 加工が行える 下穴の深さということですが。

  • ハイスのリーマ工具で銅にリーマ加工

    クロム銅ですが、 ハイスのリーマ工具の場合 銅はやらかいから  食らいついて 上手くリーマ穴があかない可能性が あると聞いた事があります。食らいついて5角形みたいになるとか 本当にそうなのでしょうか? 私はハイスリーマ工具でも十分加工できるのではないかと思っているのですが、 実際加工された方の体験をお聞きしたいです。 Φ8のマイナス0からプラス0.1の 穴を 開けるのですが。 ハイスリーマでも問題ないと思われますか? よろしくおねがいします。

  • ボール盤でのリーマー加工

    フライスで5ミリエンドミル加工した後、ボール盤で、5.00に仕上げようとすると、主軸の振れのため、大きくなることがあります。  みなさんは、どのように、仕上げられていますでしょうか? 何か、いい工具ありますでしょうか?フローティングリーマーホルダも、13ミリ用の小さなボール盤には、取り付かないので、困ってます。

  • HRC60近くの焼入れ材料に対して使えるリーマ工具

    HRC60近くの焼入れ材料に対して使える リーマ工具はありますか? ノックピンを入れる穴を加工するためです

  • リーマ加工を行う時について教えて下さい。

    現在、リーマ加工を行う時には、G85を使用して加工を行っています。 深穴に対してリーマ加工を行う時には、G83やG73の深穴サイクルを使用して、ステップ送りにした方が仕上がりの精度と加工時間のバランスがとれるのでしょうか? 初心者的な質問で申し訳ありませんが、御教授下さい。