• 締切済み
  • すぐに回答を!

同じ下穴同じリーマ工具 同じ回転送りなのに違いが…

同じ下穴同じリーマ工具 同じ回転送りなのに違いがでるのは 下穴ファイ7.7 のドリルで加工 下穴加工終了時に ファイ8のノックピンが入らない亊を確認済み その後ニッケンのブローチリーマ ファイ8で 同じ送り 同じ回転で マシニングセンターで加工  しかし 穴によってファイ8のノックピンがすっと入るのと かなずちで叩いて圧入する感じ(これが正常ですよね?) の違いがでる場合があります。この差は何によるのでしょうか? 同じ工具 を使い 同じ 回転数 送り 同じ油の当たり方をしているのですが 何が考えられますか? またノックピンが位置決めの役割を果たせるのはノックピンがどのような 入り方をするところまでOKでしょうか?手で押してすっと入ってしまうのは OKですか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数6
  • 閲覧数322
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

下穴はどうやって加工していますか? 超硬、それともハイス? それと、そのドリルは新品、それとも再研、はたまたそれすら不明? あと、溝長はどれくらいのを使用しています? ノックピンなんで、使用するドリルも3D~5D程度だと思いますが、 その辺りはどうなんですか? また、滅多にない話なのですが、とある鋳物系の特殊材だとその程度の 長さでも穴が曲がります。 どうも、下穴が不安定な気がするのですが?? いっそ、リーマでなくエンドミルで真円加工された方がいいのでは ・・・機械しだいですけど。 たしか、EXGDRは基本ミーリングチャックで掴む仕様だったと思いますが!? 三爪だとやはりフレがでると思います。 滑りますしね。 それと、リーマは基本、下穴に沿って進んでいきますので、φ7.7でフレが でると致命的です。 可能ならφ6.9を無くして、φ7.7の超硬ドリル(3D程度)でノンステップ 加工をした方が良いと思います。 もちろん、ミーリングチャックを使用して下さいね。 素材がステン系や高硬度材でなければ、とくに内部給油も必要ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 下穴は センタードリルで新もみ ファイ6.9の穴を開ける その後ファイ7.7のドリルで穴あけ 最後リーマです。 ドリルは ファイ7.7について、不明です。新品ではありません。 ハイスです。 この7.7のドリルは三爪のチャックにつかんでいます。 OSGのEXGDRです。 それなりにチャックからの突き出し距離があるように思います。 このような状態なので、先にファイ6.9を開けています。 ドリルの長さは5D以上あるように思います。また確認します。 ファイ6.9のドリルはミーリングチャックにつかんでいます。同じOSGの EXGDRです。 穴が多少でも曲げっていると ちょっとガバになりますか? リーマした後の穴が。 ありがとうございます。 滑りの点で  シャンク部がつるつるでない黒色のハイスドリルに変えた方がいいでしょうか? ドリルですが、首下長さが首下で8D程ありました。 これで3つ 爪でつかんでいます。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

回答(2)の者です。 稀な内容で、φ8のノックピンに問題がある場合もありますと記述しています。 その他の稀な内容は、φ8の穴が貫通か貫通でないかで、多少異なります。 貫通穴は、φ8ピンを挿入しても空気が貫通部から逃げますが、 貫通穴でない場合は、φ8ピンを挿入しても空気が逃げませんから、挿入が硬くなる 場合があります。 以上の内容も頭に入れて、各部を確認下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

参考になれば。 確認ですが、ノックピンを圧入されたいのであれば リ-マ加工孔がH7であれば、ノックピンはm6公差になりますが。 如何でしょうか。 設備側はどうですか。下穴の位置決め精度はどうでしょうか。 X軸&Y軸ボ-ルネジのガタツキなどは、確認されたでしょうか。 下穴径安定していますか。リ-マはH7で維持できていますか。 栓ゲ-ジ若しくはピンゲ-ジ等で確認してみてください。 リ-マ加工中の状態はどうでしょうか。 キリ粉つっかえていませんか。工具にキリ粉が付いた状態で 次の加工孔に移動していませんか。 後はリ-マメ-カ-の条件を色々試すしかありませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

切削加工ですから、絶対はありません。 φ8.000のリーマで加工したら絶対にφ8.000の穴になるのか。 答えはノーです。 仮に、ノックピン外径の最小許容寸法がφ8.005だとしたら、 リーマの仕上がりが少なくともφ8.005以上という事になりますが、 φ8のリーマの仕上がりがφ8.005になるというのは 少なくとも有り得ない話ではないでしょう。 とくに、止まり穴用など食い付きの短いリーマは 穴の拡大が起き易いと思います。 リーマの穴の拡大は構成刃先や切屑によるこすれや噛み込み といった不確定要素も絡んでいます。 切削条件が同じであっても、刃先の状況は都度変化します。 条件が同じであれば毎回同じに仕上がるのであれば生産管理なんて要りません。 もし可能であれば、穴寸法のばらつき具合を確認してください。 ノックピン自体にも径のばらつきがあり得ます。 少なくともピンゲージほど厳密には作られていませんから。 もしかしたら、穴自体は安定して例えばφ8.006とかに仕上がっていて、 ノックピンの径のばらつきによって すきまばめになったりしまりばめになったりしている可能性もあります。 寸法が安定しているのであれば、主軸やリーマの振れの可能性もありますが、 そのワークに対してその主軸でその保持具でそのリーマでは その様にしかあかないという事ですから、 それを織り込んでその分小さめのリーマを使えば良いという事になります。 そもそもリーマの多くはプラス公差で製作されていると思いますので、 しまりばめ用の穴を仕上げるには初めから小さめサイズを選ぶのが筋なんじゃないかとも思いますが。 寸法が0.01mmとか大きくばらつくという事になると、 それはまたそれで対処は難しいのですが、 この場合、まずは切屑がうまく流れていない事を考えなければならないでしょう。 これには、切削条件や使用環境が不適切であったり、工具選定が不適切であったりする場合があります。 気になって改めて確認してみましたが、 日研のブローチリーマは呼び寸H7公差狙いの様ですね。 http://www.nikken-kosakusho.co.jp/catalogue_pdf/Reamer_165A_035.pdf http://www.nikken-kosakusho.co.jp/catalogue_pdf/Reamer_165A_036.pdf 実際の製作精度は公表していないみたいなので確かな事は言えませんが、 この場合、呼び寸がφ8だとは言っても、 実寸がφ8.000からはリーマとしてはあからさまに大きく作られている可能性もあります。 φ8H7の許容寸法はφ8.000~φ8.015ですから、 他社製品であれば呼び寸φ8.010に相当している可能性すら有り得ない話じゃないです。 ノックピンがp6精度であれば、穴の拡大無しにはピンのはまりがゆるくなる事はありませんが、 他の一般的な工作精度であれば穴がリーマとぴっちり同寸に仕上がっていたとしても、ゆるゆるになる可能性があります。 少なくともミスミさんのノックピンのラインナップには、 H7用リーマではクリアランスを生じ得るタイプが多い様に見受けられました。 http://jp.misumi-ec.com/pdf/fa/2011/p2_0247.pdf http://jp.misumi-ec.com/pdf/fa/2011/p2_0249.pdf カタログに嘘偽りが無ければ、このカタログのうち、 H7精度の穴ですきまばめになり得ないのはTHS、THSSとMST、MTTだけです。 他の商社・メーカーではそんな事も無いのかも知れませんが、 併せてノックピンの工作精度も確認してはどうかと思います。 p6よりも公差位置の大きいノックピンでなければ、 日研のブローチリーマは標準品では不適切と言えるかと思います。 追記を訂正します: 誤)p6よりも公差位置の大きいノックピンでなければ 正)p6かそれより公差位置の大きいノックピンでなければ そうですね。 まあ、φ8H7とは言ってもリーマをφ8.015に作るという事はまずないと思いますが、 ノックピンの許容寸法範囲が8.005~8.010という事ですから、 穴径もその辺りにある事になります。 φ8H7の公差の中央値が8.0075ですから、リーマがここを狙っていたとしても矛盾しません。 はまり方が安定しないという点ではその方がむしろ自然ですね。 実測値8.007の穴に8.007のピンゲージは、通るとも通らないとも言えません。 穴の真円度や円筒度なども関係して、しっくりはまったり、入らなくなったりします。 ほんのごく僅かの違いで結果が変わってしまう訳です。 当初の書き込みは、様子がわからないので少し極端な例を挙げました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 改めて使っているノックピンの公差を確認しました。 すると+0.005から+0.01という事でした。(φ8ノックピン) これでは 日研のBRSリーマであく穴の最大がHより8.015ですから それに対してノックピン8.01では片側0.0025の隙間が出来 圧入にならない場合が出て当然ですよね? 圧入ぽくなったケースはその時の加工穴が 公差の中でマイナス目に仕上がった 場合なのでしょうね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

高い確率で、回答(1)さんの記述内容が原因でしょう。 稀に、φ8のノックピンに問題がある場合もあります。 それは、公差の異なるが平行ピンが混入している場合です。 さて、質問の後半の、「ノックピンが位置決めの役割云々」に関してですが、 それは図面指示の公差で穴明けができているか否かで決まります。 穴径を測定すれば、原因がより確実になり、手で押してすっと入ってしまうのはNG が感覚的でなく定量的に判る筈です。(はめあい公差関係を要確認)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

要因としてリーマの振れが考えられます。 新品のリーマをツールに取り付けた後に機上で振れを確認 されていると思いますが、ATCを行って何回か振れを調 べてみては如何でしょう。 振れ量が良くなったり悪くなったり変化するようであれば、 機械主軸の振れ、主軸あるいはホルダに起因するテーパ当 たりの劣化などの問題が考えられます。 ご質問の後半の、「ノックピンが位置決めの役割云々」に関して は他の回答者さんにお任せします。 (図面指示精度通りの穴径に加工することが大原則と考えます) 追記) 過去のご質問を拝見しましたが、回答に対するコメントが殆どあり ません。 このサイトを気持ち良く利用するためにも、お礼の機能を用いて意思 疎通されることをお奨めいたします。 例えばツールホルダが主軸テーパに奥アタリになっていると、 加工ごとに穴径が変動する可能性はゼロではないと考えます。 また下穴加工で切り屑が残っていたり(同じ回転や送りでも 残ってしまうことはあり得ると思います)、ワーク上面に堆積 した切り屑が軸移動の際に穴の入り口に引っかかったりして、 リーマ加工の際に噛み込んで悪影響を及ぼすことも考えられます。 なかなか1台の機械に付きっ切ることは難しいと思いますが、 百聞は一見にしかず...じっくり観察することをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 ATCする前に つまり 一回の加工で4つ リーマ加工をしたのですが 穴によって すっと入るところと 入らないところがありました。 この場合はATCしていないので、テーパー当たりの劣化とうのは消去 できるでしょうか?  切子などが 穴によって排出がうまくいったとかいかなかったとか 言う理由は考えられますか? しかし同じ 回転 送りですが。

関連するQ&A

  • 止り穴リーマの下穴ドリル深さの規定はありますか

    マシニング加工での作業です、図面指示「Φ10H7リーマ深さ12」(下穴深さの指示は無し)の場合ですが、「マシンリーマ又はブローチリーマを使用の予定です」下穴ドリル肩の深さ又は下穴エンドミル深さは、リーマ先端部分より何mm程度余裕を見て深く通すのが一般的なのでしょうか?個人的には2~3mmの余裕は欲しいと考えています。 ワーク厚みは充分あります、位置決めピン用の穴に使用です。「Φ10H7の深さは12mm」は、ピンゲージを入れて深さ確認します。 出来るならば、タップの下穴深さ指定に類似した規定があれば教えて下さい。

  • リーマの写加工の時にノックが硬い場合

    金型などで ダイプレートだけにマシニングでリーマ加工をして 抱き板には加工をせず ダイプレートを焼入れ後 パンチダイの刃合わせをして 刃の位置が決まってから 抱き板とダイプレートをボルト止めして ボール盤で ボルト止めされた ダイプレートのリーマ穴から 下穴ドリルを入れて抱き板に 下穴 加工 その後同じようにリーマ工具を ダイプレートのリーマ穴に入れてそのまま抱き板にリーマ加工をする写し加工において ダイプレートをマシニングでリーマ加工したあとに ノックピンの入りが 硬いと感じる時に そのまま焼入れに出すと、 共加工の場合は リーマ工具が写加工の 工程上焼入れされたリーマ穴と擦れるので、 ノックの入りが硬いと感じるときに ボール盤でもう一度リーマ加工 さらえ加工をして ノックピンの入りが 軽い位の 状態にしてから 焼入れに出した方がいいのでしょうか? あとあと 写加工時のリーマ工具の擦れによる工具の痛みの事を考えると。 またボール盤でリーマ加工するとマシニングよりも入りが軽くなるのは ボール盤のフレがマシニングよりも大きいからですよね? また上のようなさらえなおすという判断をする場合に ノックの入りが硬いと判断する 感覚的な基準はありますか? 文章で表現するのが大変かもしれませんが、 写加工の場合の焼入れに出す場合の ノックの入り具合について アドバイスいただけないでしょうか。

  • ボール盤で深さ80のリーマ共加工

    二つのプレートを位置決めする ノックピンを入れるリーマ加工ですが、 二つのプレートの厚みを足すと80ミリになります。 かなり長いですが、 ドリル→ リーマと この厚みでは 特に問題や気になる点はないでしょうか?

  • リーマの工具長基準について

    初歩的な質問ですいません。 マシニングセンターで止まり穴のリーマ加工をしています。 Ф13 H7 深さ14(0~0.5)です。 問題は、工具長基準がどこかということですが、作業者によってバラバラです。 まずリーマをセットしてマシニングセンタの工具長オフセット番号に工具長を入力しなければならないのですが、工具長の基準は工具の先端がいいのでしょうか?リーマの肩までの長さがいいのでしょうか? 工具の先端ですとプログラム上先端にC1の面取りがある前提でプログラムが作られているみたいですが、実際には面取りの大きさにバラツキがあるため、リーマを交換するたびに深さを確認して、プログラムのZ点を変更しています。 肩を基準にしているプログラムもあり、そちらの作業者は、リーマの面取りの大きさに左右されないのでこちらがいいといいますが、下穴に余裕があるかを確認しないと底あたりする危険性があると思います。 どちらにしても、間違い防止の観点から一つに統一する必要があると思うのですが、一般的にはどちらを基準にしたほうがよいのでしょうか?

  • 工具メーカーのデータよりも送りや回転数を落として…

    工具メーカーのデータよりも送りや回転数を落としてやって逆にまずいケース マシニングやフライスで 工具データの材質別の送りや回転数が書いている表の値より 遅い回転数や送りなどにして逆に安全でなくなったり マズイ場合というのはどういう加工なのでしょうか? 教えて頂けないでしょうか?  

  • タップの条件、種類、リーマについて

    初の投稿になります、まだ初心者なので文章がわかりずらい所がありますがご了承ください、アルミ板にM5深さ21貫通、M4深さ12貫通不可、M3深さ10のタップを立てようと思うのですがどの種類のタップを使えばいいかわかりません、MCでの加工なのですが、送り速度、回転速度もわからないので宜しくお願いします、あと8のH7の穴をリーマドリルで開けようと思うのですが、下穴とリーマドリルの回転、送り速度がわからないので宜しくお願いします あいがとうございます、一番初期のオークマの機械なのでタッパーをつかってます、8の下穴はどのぐらいにすればよいのでしょうか?

  • 回転数と送り

    5Φのハイスのリーディングドリルで ss400に対して 心だしするときの Zの切り込み深さ 回転数 送り は だいたいどのくらいのものでしょうか? またそこにΦ17のハイスドリルで ポケット加工の時にエンドミルが進入するための 下穴をあけるけたい場合 回転数 と送りはだいたいどのくらいでやっていますか?

  • どのドリル、リーマがいいですか?

    板厚90mm素材がSS400で、38Φの通しリーマを200ヵ所空けるのですが、どのような工具、送り速度がいいのですか?今、考えているのが37Φの京セラマジックドリルにニッケンNCセンサーリーマを考えています。

  • Ф2H7をリーマで加工したいのですが

    機械加工を始めて4ヶ月位なんですが いつもこのサイトを見て日々勉強させて頂いてます。 Ф2のH7の穴をリーマで加工したいと思うのですが、 アルミ(A5056)の材質に深さ13mm加工するつもりなのですが、 Ф2のH7は(+0.01 -0.00)の公差だと思うのですが 2.000のリーマを使って(FPゴールドリーマという商品名のリーマを使ってます。) 下穴は1.95のドリルで先に加工して 回転S2300 送りF20 で加工してみたのですが、 Ф2H7ゲージの止まりまで入ってしまって加工がうまくいきません。 色々な条件を試し削りしたいのですが、 在庫に余裕がなく失敗出来ない為、こういう場合の対処法を教えて頂きたいと思い投稿させていただきました。 私自身の考えでは2.000のリーマを使って2.01の止まりゲージが入って しまうという事は穴がリーマより大きくなってると言う事なので ブレて大きくなってると思うのですが、 かなり送りの方は条件を落として加工してるつもりなのですが、 何か良い対処法があれば是非教えて頂けたら幸いです。 読みづらい文章になってしまって 申し訳ありませんが、なにとぞよろしくお願いします。

  • リーマの穴径拡大トラブルについて

    初めて質問させていただきます。 加工の仕事をして1年、リーマの加工は2度目の未熟者なので分かりにくい質問になりましたら申し訳有りません。 今回、材質s45Cの深さ35の径12の+0.025を狙って日研の12.02のリーマを使用したところ12.03に穴径が拡大してしまいました。 加工方法は11.6キリのドリルで穴をあけ、その後ハイスの二枚刃11.8で下穴をあけました。この時穴の曲がりはないように感じています。 その後日研のRMSS12.02をマシニングに取り付けフレを確認。0.002~0.003のフレあり。 回転S800送りF120のG86で加工したところ出来上がった穴は12.03の栓ゲージが通ってしまいました。 前回はハイスのブローチリーマを使用してうまくいったのですが今回加工速度を上げるため仕上げだけをRMSSに変更しました。 超硬に変え高い買い物をしてもらったのに結果が出せず申し訳無さを感じています。 なぜダメだったのか原因ははっきりさせたい、もしくはRMSSを条件などを変えて使用したいと思っています。 条件を上げるなど対処法がありましたらご教授していただけないでしょうか。。 原因だけでもわかれば買っていただいた事も無駄ではなかったと思えるので原因もわかればと思っています。 どうかよろしくお願いいたします。