• 締切済み
  • 困ってます

リーマ加工前のエンドミル加工について教えてください

例えば φ10のリーマの前に 使用するエンドミルですが φ10しかないとしたら リーマ加工に問題はでてくるのでしょうか? それともφ9.8ぐらいのエンドミルを用意したほうがいいのでしょうか? そのときエンドミルは深さどの程度でいいのでしょうか? 10mm程度でいいのでしょうか? それとも完全に通すのでしょうか?(刃長が足りなくなります)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

私の工場では、φ5~φ12迄は、下穴はリーマ径より-0.3のドリルを使います。φ10なら、Ф9.7です。それで、エンドミルで突くのでは無く、Ф3のエンドミルで、ガイドを作ります。いわゆる入り口です。下記がサブの例です。 GO ZO G1 Z-5 F1200 G91 G41 G1 Y-5 F120 D00 G3 I0 J5 G40 G1 Y5 F300 G42 G1 Y5 F180 D00 G2 I0 J-5 G40 G1 Y-5 F300 G90 G0 Z100 RTS D00は、径補正番号ですので、使用する工具により、任意で代えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

φ9.8のエンドミルを用意したほうがいいです。 もし刃長が足りないのであれば、ロングエンドミルを購入するべきです。 もしくはうちでは刃長が長いものに関しては古くなったドリルをグラインダーで底刃をエンドミルの様に研いでリーマ下穴用として使用しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

φ10よりも小さい穴にφ10のエンドミルを突っ込んでも、穴はφ10にはなりません. エンドミルはドリルみたく、穴をほぼ呼び寸通りに仕上げる様な設計にはなっていませんから、 穴が大きめ上がる事が少なくありません. φ10なら下手すればφ10.2くらいになる事も考えられます. φ10のリーマ前にφ10のエンドミルを入れたら、リーマが空振りになる可能性が高いと言えます. 空振りしなくても、リーマ仕上げに適切な取り代というのは確保できませんから、 リーマが本来の性能を発揮しません. リーマを入れるために穴を拡げるのが目的なら、 深さは、リーマが通るのに必要な量を確保する必要があるでしょう. 何のためにエンドミルを入れるのかが判らないので、確かな事は書けませんが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

問題が出ます。 ?エンドミル加工で既に穴径がオーバ 削りシロが大きいと、振動、発熱膨張、構成刃先などの要因でエンドミル径より穴径が拡大してしまうことがあり得る。 ?穴径が仕上がっている リーマは何もしない → 面粗さ、位置精度、真円度が向上しない。 ?僅かな削りシロが残っている 僅かな削りシロでは正常な切削にならないことがある。 ・(リーマの)刃先の鋭さ=微小な丸まりが削りシロの大きさと接近すると材料をすくい取れない。 ・特に材料がステンなど、削ることにより表面が硬くなる材料は、硬くなった面を超えて削る必要がある。 上記いずれでも結果として、削るよりも擦る状態となり、面が荒れて精度も得られない。 (エンドミル)下穴加工をリーマ深さまで通さないと、途中で加工条件が変わる。これが?と同様な現象になり精度が得られない。 過去質問 No.15576 あたりが参考になります。また?リーマ?で検索すると他にも多数あります。

参考URL:
http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=115005&event=QE0004

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

回答の前にまず、2つの事を考えてください。 1.なぜ、リーマ加工が必要か? 2.なぜ、リーマ加工の前にエンドミルを通すのか? 1.に関しては精度の必要な穴だから・・ 2.に関してはリーマの前にエンドミルを通すと精度が安定するから・・ では、他の方法で高精度の穴が加工できれば 1. 2. は必要ない・・? ドリル加工で高剛性のドリルを使用する事で エンドミルを通す工程は 無くす事も可能(ワークの材質・形状・穴精度 等による) Φ9.9かΦ9.8の超硬ドリルなどで下穴を加工でも良いのでは。 穴加工とリーマ加工を1工程で出来るバニシングリーマやVドリルなども有ります。 質問に対する答え >φ9.8ぐらいのエンドミルを用意したほうがいいのでしょうか?  その通りです。 >エンドミルは深さどの程度でいいのでしょうか? 完全に通すのでしょうか?  その通りです。刃長が足無ければロングタイプを使って下さい。  Φ9.8のリーマを代用しても可能かと。(材質により加工硬化に気を付けて下さい)

参考URL:
http://www.omikogyo.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルミのリーマ加工の精度について

    A5083の長物(15*55*925)のリーマ加工のピッチ間の精度が出ません。 加工方法は、センター・ドリル・エンドミル(リーマと同径)・リーマの 順で加工しています。リーマ自体の精度は出るのですが、ピッチの精度が 100MM進むにつれて、0.01MMぐらい短くなります。合計ピッチ900MMで 最大0.06MM狂います。やはり、熱膨張と関係あるのでしょうか? 機械の精度自体は出てると思います。測定方法としては、列の一番最初の点 を基準とし、そこからの各リーマの距離を測定しています。 原因と対策を教えてください。

  • エンドミル加工について

    おひさしぶりです。 正面のエンドミル溝加工について困っています。 3.1の超硬エンドミルでΦ9.0の形状から12.0mm長手方向に加工するのですが、 エンドミルが欠けやすいのです。 荒加工として2.0のフライスカッターをT3200に付け 半分に分けて12.0ぐらいまで加工しています。 (12.0も溝を入れれないのでカッターの底部で加工。) 加工条件載せます。 機械 SR20 ピーター スイス型    T3200 25径×2.0mmのフライスカッターで荒加工を行う。    T3411に正面ドリルユニットを装着しエンドミルで長手12.0mm進む  (回転工具T3100~T3400でエンドミル加工すると終点が丸くなるから不可)    工具は日進 NX 超硬 エンドミル3.1刃長15.0    回転は少し遅めだと思うんですがM36S2600 F0.01~F0.02    切り込み量は2.0mmずつ後半8.0mmぐらいからカッターの    舟底があるので1.0ずつ進んでいます。    (欠ける前はカッターなし、HSSのフライスで2.0mmF0.02で進ん     でいました。) 現段階では加工上トラブルがなくなったんですが、かなり時間が掛かってしまい、悩んでいます。 こんな加工もしくは、こんなエンドミルがあるなど何でも構いませんので、 時間短縮を目指したいと考えてます。何とぞアドバイス頂けないでしょうか??     

  • マシニングセンタでのリーマ加工

    私はCAD/CAMにてマシニング用プログラムデータを作成しているのですが、リーマ加工の条件がいまいち分かりません。 現在日研のハイスのスキルリーマもしくは、日研のブローチリーマを使っております。どんな穴径のリーマでも工程は小さ目のドリル→仕上げ径より0.3小さなエンドミル→リーマと言う工程です。条件などあればご指導頂けないでしょうか? 材質はSS、S50C、アルミ、SUS、特殊鋼などです。 だいたい使う径は4、6、8、10、12、16後はボーリング加工で行っております。何か良い知恵をお願いします。

  • 完全止まり穴のリーマ加工

    始めて止まりのリーマ加工をやります。 S45C t15mm 500x500 の材料に深さ12mm(有効12mm 貫通不可) 6パイ H7 の穴をあけます。 センター>5パイのドリル>5.5パイのENDMILL>5.8パイのENDMILL>6パイリーマ このような加工方法なのですが、リーマはどのようなものを使えばいいのですか? 回転と送り、下穴は深くしないとだめなのでしょうか?以上よろしくお願いします。

  • リーマ加工

    ステンレス、アルミ、チタン合金へのリーマ加工での寸法が安定しません。 大きくなってしまいます。 下穴はエンドミルにて成形してリーマ加工を行なっています。 皆さんの経験からどのような種類のリーマがどのような材質に適しているか教えていただけないでしょうか?

  • リーマの摩耗について

    お世話になります。 リーマ摩耗についてご教示願います。 φ12下孔→φ13エンドミル中仕上げ→φ13.5の6枚刃リーマを使用しております。 このリーマの摩耗が進むことで面粗さが低すぎる現象が発生します。加工部位はある程度粗くならなければいけない部位です。 この現象に対し、アドバイス頂けると幸いです。 また担当者の認識はリーマはマージン部で潰しながら加工することで、面を粗くさせている。という認識です。 故にマージン部の摩耗により、バニシ作用が行えず、面粗度が低すぎる減少になる。という認識でした。 私の認識はリーマ加工の特徴として切れ刃で削った孔をマージン部で擦り潰しながら加工することで、面粗さが向上するという認識です。 故にドリル通常摩耗により面粗度が粗くなる現象ならば理解できますが、面粗度がひくすぎる現象であれば、リーマが通常摩耗ではないと予想されます。 どちらの認識が正しいのでしょうか。

  • 止り穴リーマの下穴ドリル深さの規定はありますか

    マシニング加工での作業です、図面指示「Φ10H7リーマ深さ12」(下穴深さの指示は無し)の場合ですが、「マシンリーマ又はブローチリーマを使用の予定です」下穴ドリル肩の深さ又は下穴エンドミル深さは、リーマ先端部分より何mm程度余裕を見て深く通すのが一般的なのでしょうか?個人的には2~3mmの余裕は欲しいと考えています。 ワーク厚みは充分あります、位置決めピン用の穴に使用です。「Φ10H7の深さは12mm」は、ピンゲージを入れて深さ確認します。 出来るならば、タップの下穴深さ指定に類似した規定があれば教えて下さい。

  • φ8のリーマ加工

    こんにちわ。SKD11焼入れ後φ8のリーマで仕上げをしようとしたら、途中で折れてしまいました。リーマは岡崎の超硬(ノンコート)、穴は貫通で加工の長さは8ミリ、固定サイクルG81で300RPM、送り30ミリ/min、下穴φ7.9、ドライカット、材料の硬度はHRC56、このような条件で加工したのですが、7ミリぐらいのところで折れました。折れずにできるのでしょうか?リーマ加工は無理なのでしょうか?リーマが折れてなくなったので、エンドミルで回ったのですが、できればリーマで加工したいです。よろしくお願いします。

  • リーマ加工を行う時について教えて下さい。

    現在、リーマ加工を行う時には、G85を使用して加工を行っています。 深穴に対してリーマ加工を行う時には、G83やG73の深穴サイクルを使用して、ステップ送りにした方が仕上がりの精度と加工時間のバランスがとれるのでしょうか? 初心者的な質問で申し訳ありませんが、御教授下さい。

  • リーマ穴径のバラつき

    こんばんわ。最近、マシニングによるリーマ加工を始め、この技術の森を大変参考にさせて頂いているものです。 大変困っていることがあります。是非皆様のお力を貸してください。 現在、S55C 厚み20? に 10.00リーマー を貫通させています 4箇所なのですが、それぞれ径にバラつきがあり、ピンゲージが通ったり通らなかったりです。入り口からまったく通らなかったり、19ミリほど入ったところで止まったりとさまざまです。 面粗度も非常に悪く、リング状の傷がつき明らかに段のようになっているものもあります。 抜きは10mmにしており、周速8~20、毎回転送り0・08~0.2ぐらいでいろいろ試してみました。 また、10mmほど入ったところで必ずキュー!と鳴きます。 手順は、 ?9.5キリ ?10エンドミル(-0.02くらい)* 最初は9.8エンドミルでやっていました ?10.00リーマ(日研ブローチリーマ新品) 切削油は油性のものです。 同時に加工している13.00リーマはなぜかまったく問題ありません。 こちらも手順は、12.5キリ→12.8エンドミル→日研ブローチリーマ、と10リーマと同じです。 これまでS45C、SS400材で日研ブローチリーマ4,5,8のものを何度かやっていますが、まったく問題ありませんでした。 今回、S55C、10リーマをするに関してだけまったく上手くいきません。何が原因か本当に分かりません。よろしくお願いします。 追記です。 新品ではありませんが、別のリーマも使ってみました。 結果は同じ・・・。 どうもリーマそのものではなく、下穴の加工・・・? 皆様、たくさんのレスありがとうございます。今現在ちょっと暇がなく個別に御返事出来ませんで、大変申し訳なく思っております。 とりあえず、自分が知らなかったことがたくさん聞けて大変参考になりました。 これよりまた同じような10リーマ加工がございますので、皆様方からお教え頂いたことを片っ端から試してみようと思います。 一通り試し終わりましたら、また感想等書かせていただきます。 がんばります。 今更ですが、使っているのはマザックのネクサス510Cです。 まだ購入して半年ですので、もし機械精度に問題があるとするなら、正直めっちゃショックです(w 他のリーマは全然問題ないので、大丈夫だと思うのですが・・・。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。