• 締切済み
  • すぐに回答を!

至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!…

至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!!! リーマ加工と切削油について至急お答え頂きたいと思います! 質問:20mmの穴をあけるとします。次の??の場合。 ?不水溶性 切削油(油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、19.9・・になった。20mmより小さくあいた。 ?水溶性 切削油(水+油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、20.1・・になった。20mmより大きくあいた。 ☆この二種類の切削の穴になるのはどうしてですか?至急、どなたか、ご回答をお願い致します。☆

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数789
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.9
noname#230359
noname#230359

不水溶性切削油で加工した時、穴が細くなるのは、よく切れている証拠です。一般的には、水溶性切削油よりも不水溶性切削油(油性)の方が切削力があるための現象です。水溶性では、これに比べて切れない為、穴は太くあいてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 切削油

    汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

切削油の事なら、専門社に聞いてみたら如何ですか?愛知県の電装メーカー(技能オリンピック・優勝の常連社)の技研センターにて講義してますし、静岡県の国立大学・工学部との連携を保って知識豊富です。近々、愛知・静岡の両県で基礎講座を開くとの事でした。

参考URL:
http://www.yukawa.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 下穴を19.6程度にしてから、エンドミル(ミデアム以下)で突いてみてください。 ロングは大きくなるかもしれません、なるべく2枚刃程度の物で。。 その後リーマをあけるといいと思います。 穴が長い場合1D1.5D程度でどうでしょう? 45Cなら、大きくならないと思います。最悪ボーリングで大丈夫ですが。。 深さによりますが、底が広がっているようなら、工具が振っている可能性やツールの不良も考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当に助かりました。 参考にさせて頂きます・・・!!!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

こんにちは >ビビリがなかった場合の理由はどう考えられますか?  リーマのタイプが不明な為、マシンリーマを前提に経験から推測させていただきました。  所で材料の形状ですが、まさか丸棒(外径φ25位)じゃありませんよね。そのように仮定した場合ですが、切れない下穴用ドリルを使用して、そのまま直ぐ切れないリーマ加工が終わる事になると、材料は膨張したまま加工される事になり、加工後常温になると小さくなります。これは水溶性より油性の切削液の方が熱伝導率が低いために、加工熱を奪いきれず、結果として収縮代が大きくなります。小さくなるのはこれで理解する事が出来ると思います。結果φ0.1大きいのは、油性では 液膜(油膜)が切れ難くすべり易いので、削るという物理的作用が行い難く、単純に押し広げる作用になる場合があり、上記のように結果小さくなる事が多々あります。水溶性の場合は濃度が薄いと材料と刃先の潤滑性が低くなり、すぐ食い込み現象がおき、削るという作用に入る事が考えられます。また水溶性は熱伝導率が良いため、余り膨張せずに加工が終わる事になりますが、食いつき部のバランスが悪いと仮定しても油性と比べた結果φ0.2違うというのは一寸考え難いですが、無いとも言えません。でも私は経験がありません。 もし実際にS45Cで形状が丸、そして切れないφ19.7のドリル・と、切れないφ20.01のマシンリーマ(ハイス)を使用したら、切削液の種類によって、寸法がφ0.2の差異があった。勿論その穴径は複数の方法と作業者が確認しており、信頼性は限りなく高い。という場合は、とりあえず誤差原因の中でも一番の原因と考えられる、切れないドリルを再研し、リーマも切れる物に取り替え様子をみます。 それで申し訳ありません、 >急いでいます!w  という事ですが 巧 さんが言われるように不明箇所のリーマのタイプ等が分からないと、皆さんも予測だけになり、的確な回答が出難いと思いますよ。 psうちの場合ですが、不具合原因が分からない場合、否と判定した測定データを疑い、精度は低いが信頼できる定盤とハイトマスター又は以外の測定具と測定者で再測定する場合があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当に助かりました。 参考にさせて頂きます・・・!!!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

この質問で使用しているのは、ブローチ かハンドか?リーマーのタイプが解らなければ 的確な答えは出せませんよ。 1番肝心なところが抜けてますね。 natuoさんの質問に答えてないし、、、、 的確な答えが得たければ、加工に関する細部にわたるデータを書かないと、「これだ!」 と言う答えがでませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当に助かりました。 参考にさせて頂きます・・・!!!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

再度こんばんはです。 小径と大径の差φ0.2という数字を意識しなければ jackal さんの回答の方が正解だと思います。 失礼しましたm(__)m。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当に助かりました。 参考にさせて頂きます・・・!!!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんばんは 補足ありがとうございます。 まず経験談から、なぜ切削液が関係して穴径する可能性があるのかの前資料を書かせていただきます。  リーマ穴が刃物径より0.1位小さくなる原因のひ一つに穴の多角形形状があります。これはドリル先端が削りはじめる時にビビリを生じる場合がありますが、こういう現象がリーマの加工開始に発生し、その振動がそのまま加工中も続いて、穴形状が偶数のリーマ刃に対して1つ少ない、あるいは多い多角形状になり穴の真円・円筒度に影響を与えます。測定すると小さい、又は径は出ているけど栓ゲージが入らない場合等です。 原因の多くは刃先が切れすぎていたり、回転が速かったりで、刃先をほんのわずかホウニングしたり(2番が擦れるようにします)入り口でビビラない(振動させない)ように回転数と送りを調整したりすると、殆ど収まるかと思います。  穴径が0.1も大きくなるのは、同じく理屈が考えられ、ビビリが穴径拡大するように大きく振動する合があります。この場合は測定してもおそらく大きいと思います。原因的には切削速度がとても速かった事が主だと思います。 ※これはどちらも経験ありますが、ビビリ音と加工面に筋が入るので一目で分かると思います。  本題の切削液の種類によってなぜ0.2ミリも違うかですが、切削液を使用する目的は多々ありますが、案外ビビリ防止というのは知られていないと思います。経験されているかも知れませんが乾式でビビリ振動が発生した時に油を付けると異常なビビリ現象を激減させる事が出来ますね。これは水溶性切削液の濃度が薄いより濃い方が、水溶性より油性の方が効果があるかと思います。  もし加工面にビビリ等がなかったら、私のこの推測は違うと思いますm(__)m。 >切削条件は削り速度5m/分、送り、0.4mm/回転 リーマしろ0.3mm リーマ径20mm  あとリーマの材質が分かりませんが、切削速度が遅すぎる為、水溶性では構成刃先が生成され、穴径が拡大しているかも知れません。食いつき部に変化が無いか確認してもらえますか。 他にも原因が考えられると思いますので、皆さんの回答をまちたいと思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当に助かりました。 参考にさせて頂きます・・・!!!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 再度、質問します。 ビビリがなかった場合の理由はどう考えられますか? 至急 ご返答下さい!!!  急いでいます!w

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんばんわ。 油性のほうが潤滑性に優れています。 そのために、滑りやすいため、小さくなります。一方水溶性のほうは油性よりも滑りにくいために、擦れて大きくなります。 濃度により、水溶性は油の皮膜がなくなったりしますので、注意が必要です。 リーマは、ハンドリーマでは無いですよね? ハンドリーマの場合、MC等で加工した場合、大きくなる場合が有るので注意してください。 ブローチやバニシングもしくはスキルリーマをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

リーマは、ハンドリーマでは無いですよね?  ないです!!! さらに、詳細なご回答をお待ちしております! お願い致します。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんばんは 被削材の材質とリーマの直径とタイプ、それから加工条件(下穴径も)と?のタイプと濃度を教えてもらえますか。出来たら機械も・・・ たとえばのお話のようですね、それでも切削液を代えただけとなると・・・・・・、もう少し条件をくださいm(__)m。もしかしたら回答出来るかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 切削条件は削り速度5m/分、送り、0.4mm/回転 リーマしろ0.3mm リーマ径20mm 炭素鋼S45C加工したい場合である。 ただ、不溶性切削油と水溶性切削油 それぞれが、どーして、少なめに削れるのか、どうして 多く削れるのか。この切削油に対しての理由を教えて頂きたいと思います。

関連するQ&A

  • 深穴加工時の切削油

    初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • ジュラロンという切削油について

    どなたか、ジュラロンという日立精機マシニング専用に作られた 「MLO731H」という油を使用している方はいらっしゃいませんか? なんでも潤滑油と水溶性切削油がひとつの油で兼用できると言う油らしいの ですが、周りに誰も使っている同業者がいないので、真偽のほどが・・。 SS材でもアルミでもSUS304でも材質を問わずに使用できるのでしょうか? SS400のような生材にリーマ加工やネジ立てしてもかじらないで 加工出来ますでしょうか? メーカーの能書きではなく実際のところを知りたいのです。 一般的な水溶性切削油に比べて価格が高いということですが ペール缶一個あたりいくらなのでしょうか? 匂いなどはありませんか?手は荒れませんか?腐りませんか? 使用されている方がいましたらよろしくお願い致します。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

  • アルミ加工用の切削油

    アルミの押出材の加工用の切削油を探しています。 重視項目として ・水溶性のタイプ ・臭いが少ないこと ・交換頻度がなるべく少ない方がいいです ・アルミが変色しないこと コストはあまり気にしません。 お勧めの物がありましたら、 メーカー名、型番、アドレスなどを教えてください。 よろしくお願いします。 もう一つ、アドバイスをお願いします。 被素材に関係なく以下の重点項目でお願いします。 水溶性で、 1.臭いが少ない事 2.製品に付いた油の処理が容易な事 3.切削油の交換頻度が少ない事 価格、コストは気にしません。 よろしくお願いします。

  • 植物性の水溶性切削油って優しいの?

    最近の疑問。 つまらない事ですが判断が付かず困っております。 会社で「地球環境に優しい」をキーワードに水溶性切削油を探そうとしています。が・・・・? 機械メーカーは、植物性の切削油は環境・人体に安全性が高いと言っておられました。 しかし、カタログ上では植物油が45%でした。これって植物油性の水溶性切削油と解釈して良いのでしょうか? その他が55%(半分以上)なので疑問です。植物性油高含有の水溶性切削油でなないのでしょうか? しかも、水で20倍に薄めておりますので。・・・・? 地球規模から植物もバイオ燃料とやらで相場高騰しているし、沢山栽培しようとすると森林伐採にも繋がり Co2が増え温暖化にもなるし。 こう考えると、今の鉱物油水溶性から変える必要がないのではと。 考え過ぎでしょうか。

  • リーマー加工の刃持ち。

    こんにちは、S7です。 穴加工がとても苦手で困っています(特にリーマー)。 リーマー加工のさいリーマーがすぐに摩耗(?) して使えなくなってしまいます。原因をいろいろ 調べてるとこなのですが、なかなかみつからず。。。 どなたかご指摘があればお願いします。 10.01ブローチリーマー使用例 縦型MC、40番 水溶性切削油(エマルジョン5~7%) センター→下穴9.7or9.8→10.01リーマーS250F40 SKD11、フカサ50通し 30穴未満で摩耗大 刃先がギザギザになってきて(特に先端の食いつきのところが)、 ロードメーターが上がりすぎてしまい終了。 リーマー進入時にキュルキュル~っとこすってるような音がします。 また、リーマーが貫通するときも、ロードメーターが少し上がって いました。 超硬リーマーも検討しているのですが、まだ、ハイスも使いこなせて ない状態では、何本無駄にしてしまうか不安で使用してません・・・(ーー;) 自分では穴加工が原因かな~とは思ってますが、 なかなか、改善しません。 ブローチ+水溶性+SKDという組み合わせ的に無理があるのでしょうか。 どなたか、よろしくお願いします(_ _)

  • 切削油の選び方

    これから、鉄・ステンレスを加工したいのですが、切削油はどのようなものが適しているのでしょうか?旋盤加工の本でも調べてのですが、油性のほうが良いのでしょうか。使い勝手的には水溶性のほうが使いやすさ、経済性からいっても良さそうですし、どうなのでしょうか。