• ベストアンサー
  • 困ってます

深穴加工時の切削油

初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数3
  • 閲覧数303
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

水溶性でやられてみて、超硬ドリルは5,000個くらいの刃持ちをしていますでしょうか。 油性でSCM435で普通の超硬ドリルで、4-5,000の刃持ちのところで、30,000個までの実績ができてきましたので、お問い合わせをURLにしてみてください。

参考URL:
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fuyo/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 一度、教えていただいたURL先に問い合わせしてみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

BlaserSwissLube社において、植物油ベースでの水溶性クーラントですが、前の投稿者様においてVasco1000との事ですが、同社において昨年のJIMTOF2006でNewバージョン品 Vasco5000を紹介してました。

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳けありませんでした。 その切削油は新製品とのことですので、よりいい結果が出ると良いなと 少々期待しております。 情報有難うございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

7Mpあればどちらでも十分だと思いますが(所詮φ3のオイルホールですから) 吐出量でみれば水溶性のほうが有利でしょうね 水溶性でも重切削用でガンドリルokと謳っているものであれば油性に近い切削製を示す物もありますよ 切削製・・・・X 切削性・・・・○ ウチではガンドリルで良い結果を出しています ブラザー バスコ1000

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 お勧めのメーカーなどありましたら助かるのですが・・・。 ちなみに現在は、ユシロンカット1700を使用してます。 お礼が遅くなり申し訳けありませんでした。 上記の切削油も参考にさせて頂きます。 情報有難うございました。

関連するQ&A

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • 深穴加工時のガイド穴角度について

    何時も諸先輩方の回答を参考にさせてもらってます。今回もお知恵を拝借させてください。 今回、被切削材SCR415でφ3.0 70Lの止まり穴加工を行なうのですが、 加工時間の短縮を図るために、ガンドリル加工ではなく、三菱WSTARスーパー ロングドリルの内部給油タイプを考えてます。(穴の曲がり0.2以内) ちなみにクーラント圧は5Mp、不水溶性切削油を使用します。 そこで、入口部のガイド穴なのですが、径は色々調べましたが、 ドリル径+0.02~0が多くの資料・文献にありました。 しかし、ガイド穴先端角度はドリル先端角度より鋭角が良いという意見と 鈍角が良いとの意見があり、どちらが良いか迷ってます。 実作業では諸先輩方はどうされてますか? 使用設備は立て型M/Cです。

  • 樹脂の小径穴加工について

    ポリペンコ製のPET300ESDにφ0.4とφ0.07の穴を数千穴あけているのですが、穴の入口付近が溶けて盛り上がった状態になり製品にならず困っています。 問題なく加工できる条件をどなたか教えてください。 ちなみに現在までに試みた加工条件は φ0.4(超硬ドリル) S6000 F100 ステップ0.1? 水溶性切削液使用 φ0.4(超硬ドリル) S35000 F100 ステップ0.05? 水溶性切削液使用 φ0.4(超硬ドリル) S25000 F100 ステップ0.05? 水溶性切削液使用 φ0.07(超硬ドリル) S6000 F50 ステップ0.01? 水溶性切削液使用 φ0.07(超硬ドリル) S25000 F50 ステップ0.01? 水溶性切削液使用 です。 いずれの場合もはじめに書いたように穴の入口付近が溶けて盛り上がった状態になってしまいます。 よろしくお願いいたします。 使用しているドリルはサイトウ製作所(ATOM)の超硬ソリッドドリルです。 もちろん新品を使用しています。 今までの経験ではこのメーカのドリルの切れ味がよかったので主にこのメーカーの物を使用しています。 他に推奨されるメーカはありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 深穴加工Φ10、深さ250mm程度、条件+環境の件

    閲覧ありがとうございます。 内容ですが、切削中のドリルトラブルの件です。 内容 Φ10深さ270mm冷却回路加工です。 穴径精度、面粗さは求めておらず 問題無く切削できれば良い状態です。 どうしても残り50mm位で切子を挟んだような 異音、ドリル欠けなどトラブルが起きます。 深穴加工のしかた等アドバイス 頂けたら幸いです。 +全長が長いオイルホール付きが無く困っています… 条件 ワーク材質:NAK80 (HRC40前後) 横型マシニング、BT40、スプリングコレットシャンク Φ10ハイスドリル刃溝250mm全長400mm 回転数300、送り30、Zピッチ0.5(ステップ) ワーク上面5mm R点復帰 加工液水溶性、圧3Mpa(ノズル先端狙い)

  • 深穴加工について

    野村精機のNC自動旋盤でφ2.8mm、長さ17.0mmの貫通穴を加工していますがステップ加工の為加工時間がかかってしまいます。ドリルはハイスでステップでの切削深さは8.8mm、3.2mm、2.6mm、2.1mm、2.0mmの5回入れています。回転数は4600です。もっと早く加工できる方法があれば教えて下さい。また市販のドリルをそのまま使うと穴ガバが出る為に手研ぎをして使っています。いいドリルがあれば教えて下さい。超硬ドリルは使ったことがないので教えていただければ幸いです。 初心者なので出来れば条件等を詳しくお願いします。 材料はASK2600、M3タップ深さ10.0mm転造タップを使用しています。機械はNN-10SB?です。

  • センター穴ドリルの切削条件

    NC旋盤に詳しい方是非ご教授ください。 材質SCMのワークに3mmのセンター穴ドリルを加工する際の、切削条件を教えてください。

  • SUS303のドリル加工(M2の下穴)

    材質 SUS303 材寸 t7.0mmの150mm角 設備 立方マシニングセンター BT40 オイルホールの対応はしていません。 ワークは治具を用いてしっかりと固定しています。クーラントは水溶性でドリルは超硬を考えています(今まではハイスで効率が悪くて嫌になってきたので) 穴径は1.82で貫通、36箇所あけます。生産数は40枚ほど予定しております。 M2の下穴なので拡大は避けたいです。 折れずに、拡大せず加工できませんか?? ドリルの交換は5枚毎くらいで収まればすごく嬉しいです。 知恵を貸してください!

  • 超硬ドリルの条件について

    お世話になります はじめて超硬ドリル、クーラントスルー使用で加工しています 被削材:SCM      23mm ノンステップ ドリル:OSG 2.8-8D オイルホール付き カタログ値だと3.0で8000回転 周速0.08~0.12となっています 1回目 7000回転 周速0.08 加工数20m程度 その他 6000 0.08~0.11や7000の0.11など試しましたが どれも切りくずが20mm以上つながってしまったり、ドリルの肩がすぐに摩耗してしまいます。 やはり回転数をおとして、できる限り周速を上げるしかないのでしょうか?もしくはそもそもSCM材は向いてないのでしょうか? 教えていただけたら幸いです

  • SUS304 深穴加工 L/D40

    SUS304に、直径5mm 深さ200mm の深穴を加工しなければなりませんが うまくいきません。 加工手順は 1.ガイド穴を100mm(OSG EX-GDXL 溝長100mm)あけました。真っ直ぐに開いています。 2.NACHI Gロングドリル 直径5mm x 溝長200mm を使用し深さ200mmまでトライ。S=315/min F=0.05mm/回転 ステップ切込み量1mm 切り込む時に振動してゴリゴリ音がします。 切削条件おかしいでしょうか? NACHIに電話すると、今日はお休みみたいで… どなたかアドバイス頂けないでしょうか。お願いします。 皆様、色々なアドバイスを有難う御座いました。 結果をご報告します。 まず最初にNACHIの技術センターに問合せた時の回答をご報告します。 1.SUS304という被削材から想像すると、加工硬化を起こしている可能性が高いということ。 2.そのため刃先が食いつかず、滑っている。 3.溝長が長く剛性がないため、ドリル自体がバネ現象を起こし、振動を起こしている可能性が高い 4.加工硬化層(想定0.1mm)をさけて切り込む為に送りを0.1mm/回転まで上げてみる 以上のような回答をもらいました。 しかし、NACHIのドリルに苦手意識を持ってしまったため試さず終いです。 結局OSGの溝長130mmのドリルを205mm突き出し加工しました。 S=382/min,F=0.07/回転,ステップ切込み量1.5mmです。 しかし、1つ問題が出て、クーラントを掛けながらドリルをワーク上面まで 引き上げるとドリルに残った切りくずがクーラントの勢いで穴底に落ちてしまい、その切りくずが次のステップで悪さをしてしまいました。 そのため 1.穴底にアプローチするときはクーラントON 2.切込後、ドリルをワーク上面に戻す時にクーラントOFF 3.ドリルを穴位置とは別の場所にXY軸移動 4.3の位置でクーラントONし、刃先に残っている切りくずを除去 5.5秒間その位置のままクーラントを掛け続け、刃先を冷却(溝長が短く加工中に刃先が冷却できないため) 6.穴位置までXY軸移動し、1からを繰り返す 以上の様なプログラムを作成し加工しました。 結果は良好で、無事直径5mm、深さ200mmの穴を4つ開けることができました。 皆様、本当に有難う御座いました。

  • バニシングドリル加工時のキズについて

    鋳物(FC200)に径16.0、L35.0の孔加工をバニシングドリル(日本超硬) にておこなっていますが、孔の内側にひっかき傷のような跡が残ってしま います。製品の試用上問題は無いのですが、なんかとても気分が悪いので、 このキズを出さないようにしたいのです。 工具の振れは刃先で10ミクロン、回転650 送り600 日石三菱の水溶性切削油 (白いやつ)を使用しています。切削油は外部給油で3方向からかなり勢 いよく、回転方向に逆らわないようにかけています。 個人的には刃先の振れが原因かと思っていますが、切削条件等、甘いところ がありましたらアドバイスいただければ幸いです。 それではよろしくお願いいたします。