• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:リーマ止まり穴加工)

リーマ止まり穴加工の方法と問題解決法

このQ&Aのポイント
  • H7の止まり穴加工の方法がわからない問題について解説します。
  • リーマを使用すると穴がテーパーになってしまう問題について解決策を提案します。
  • 切くず詰まりや工具の底が当たった時の問題に対する解決方法をご紹介します。

みんなの回答

noname#230359
noname#230359
回答No.4

返事を遅れてすみませんでした。 1)H7長穴のように仕上げ径より小径エンドミルでコンタリングですよ。 汎用機のときはキー溝用のプラス公差のエンドミルを購入して(ハイス)突付いた事もありますが、今では、補正機能で大きくも小さくも自在ですから、汎用機でH7長穴の手間と時間とコストでもです。 只、量産品や穴位置精度や真円度などは、リーマやボーリングの安定性は叶いませんので長穴は別としてリーマ加工を選択します。 2)リードなのですが、止め穴H7穴深さ○○とあるときですが、当社では、ほぼ位置決めピン用穴なので、有効長さ○○なので、H7栓ゲージが○○入ればOKなのでたとえば径6.00H7深さ10ミリだとすると 下穴5.5ショートドリル(肩まで11ミリ)>5.9のエンドミルで突付くか、円弧切削かヘリカル切削(5.96~5.97狙い深さ11ミリ)で>面取り>6.00超硬(0.8食い付き幅)で深さ10.8>完成 で問題ないのですが、深さ方向に余裕が無い場合は、円弧切削で仕上げるか、各メーカーあいますが、日研のミルリーマの止まり穴用(リード無し) ではないでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.3

1)工具でも、止まり穴用のリーマもあります。 2)当社はリード(食い付き幅)の少ない超硬リーマを多用しています。 3)加工製品で止まり穴H7穴とH7長穴がセットのなったのがある為、両方エンドミルにて加工してます。 4)ハンドリーマの先端リードをカットしてもリードがまるっきりないと、穴径精度が安定しませんでした。

noname#230358
質問者

お礼

有難うございます。 <加工製品で止まり穴H7穴とH7長穴がセットのなったのがある為、両方エンドミルにて加工してます。> これは、コンタリング加工で円弧切削をしているということでしょうか それとも、直接エンドミルで突いているのでしょうか <止まり穴用のリーマもあります。> このリーマはリードがまったく付いていないものなのでしょうか。それとも底刃のまわりをわずかにカットして食いつきやすくしているものなのでしょうか。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.2

メーカーじゃなくユーザー側の人間です 加工屋さんに問合せてなるほど・・・と思ったことがあります 例えばハンドリーマは先端が噛み付き良くするためにテーパになっていて あとはストレートですよね? テーパ部分をカットしたものを仕上げ用に用いればいいのです これで自分は設計する際の自由度が広がりました この話に便乗して一本ほど作ってもらったことがあります 解りにくい回答だったかもしれませんが 参考になれば幸いです

noname#230358
質問者

お礼

有難うございます。 一度、試しにやってみたいと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.1

径が分からないので参考ですが、止まり穴の底の壁をキーシートカッタでぬすんで逃がしを設けます。(穴が8?であれば穴底の壁を8.5?にする。幅は3?くらい) 日研のSRS-F形(タフカットスキルリーマ底刃付き)をお試し下さい。 先端の呼び込みが最小です。 

noname#230358
質問者

お礼

有難うございます。 ホームページ参考しました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • ボーリングバー、ボーイングバイトについての質問

    φ8からφ16のH7穴加工をよく行っているものです。 今までは、 例) φ10H7の穴加工の場合    <9.0キリ> → <9.5エンドミル> → <10.0リーマ>     という順でやっているのですが、機械のマガジンポケットの数が少なく多くの種類のリーマを収めることがきません。結果、部品が変わる度に工具を付け替えているので、加工に時間がかかってしまっています。 そこで、     φ10H7の穴加工の場合     <9.0キリ> → <9.5エンドミル> → <10.0ボーリングバー>     と最後のリーマ加工をボーリングバー(径の大きさを調整できるもの)   に切り替えてやろうと考えています。こうすることで、工具抜着時    間も短くできまた、一本の工具で多種類の穴のH7加工ができるので汎用  性が上がると考えます。 こうしたいと思い、雑誌や加工の本で条件にあったボーリングバーを探しているのですが見つかりません。最も加工頻度の高い、φ8~φ18くらいの径にあわせられるものが欲しいのですが、 「あまり小さい径に合わせられるボーリングバーは売っていない」、 「専用のアタッチメントを着ければ小さい穴にもボーリングバーで加工できるようになる」等、どうもよくわかりません。  詳しい方で条件に合う、商品を知っていたら教えていただきたいです。  また突き抜け穴だけでなく、止まり穴のH7加工もよくしています。止まり 穴用のボーリングバイトがあると聞いたのですが、どういった構造のもの なのか、この点についても伺いたいです。お願い致します。    初歩な質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

  • 完全止まり穴のリーマ加工

    始めて止まりのリーマ加工をやります。 S45C t15mm 500x500 の材料に深さ12mm(有効12mm 貫通不可) 6パイ H7 の穴をあけます。 センター>5パイのドリル>5.5パイのENDMILL>5.8パイのENDMILL>6パイリーマ このような加工方法なのですが、リーマはどのようなものを使えばいいのですか? 回転と送り、下穴は深くしないとだめなのでしょうか?以上よろしくお願いします。

  • アルミ深穴(止まり穴)の加工について

    A5052板にφ7.1±0.03深さ63の止まり穴の加工指示があるのですが、 エンドミルだと歯長が足りず、リーマだと底部がテーパになってしまうので困っております。 皆様はこのような場合、どんな加工方法を行っておりますか? アドバイスして頂けると助かります。 宜しくお願い致します。

  • リーマの工具長基準について

    初歩的な質問ですいません。 マシニングセンターで止まり穴のリーマ加工をしています。 Ф13 H7 深さ14(0~0.5)です。 問題は、工具長基準がどこかということですが、作業者によってバラバラです。 まずリーマをセットしてマシニングセンタの工具長オフセット番号に工具長を入力しなければならないのですが、工具長の基準は工具の先端がいいのでしょうか?リーマの肩までの長さがいいのでしょうか? 工具の先端ですとプログラム上先端にC1の面取りがある前提でプログラムが作られているみたいですが、実際には面取りの大きさにバラツキがあるため、リーマを交換するたびに深さを確認して、プログラムのZ点を変更しています。 肩を基準にしているプログラムもあり、そちらの作業者は、リーマの面取りの大きさに左右されないのでこちらがいいといいますが、下穴に余裕があるかを確認しないと底あたりする危険性があると思います。 どちらにしても、間違い防止の観点から一つに統一する必要があると思うのですが、一般的にはどちらを基準にしたほうがよいのでしょうか?

  • リーマ加工

    ブラザーのタッピングセンター使用しています。 φ12H7のリーマ加工をしています。 11.8の座削り工具で下穴を広げてから12のリーマです。 加工面の穴の内側が白くなって斜線が入ってしまいます。 加工するたびにハンドリーマで修正していて 機械で加工している意味がありません。 対処方法などありましたら教えていただきたく思いますよろしくお願いします。

  • リーマ加工について

    いつもお世話になっております NC旋盤にてブッシュを加工する際に、 内径をリーマで仕上げたいと思います 旋盤は工具固定でワーク回転なのでマシニングとは勝手が違いますよね 旋盤で8mmの丸棒に6mmのリーマを加工する時は、超硬がいいのかハイスがいいのか、エンド刃付きがいいのかと、選定に悩んでおります 加工はバーフィーダーによる連続加工で、止まり穴になるのでスパイラルがいいんですよね? チャックからの突き出しは30mm程度です 古い機械なためセンタースルーはありません このような条件の時に気をつけることなどがあれば教えていただきたいです

  • マシンリーマでの加工ノウハウ

    こんにちは。 初めて、質問させていただきます 使用機械は、縦型マシニングセンターにて、 H7精度の穴加工(主に20φ以下)で、精度が出なくて困っています。 披削材はSUS304板材厚み20 穴形状はφ12H7貫通 加工手順は、スポットドリルでφ5程度モミツケ φ11.5ドリルにて貫通穴加工 φ11.8二枚刃にて貫通穴加工(穴位置修正とリーマ代の適正化の為) φ12マシンリーマ(コバルトハイス、MT2、ネジレ刃、S130、F30、 穴底からR点への戻し送りF100、水溶性切削液使用、MTAホルダーにて保持 、振れ精度、口元5ミクロン先端10ミクロンです) 加工後シリンダゲージと栓ゲージにて、穴径測定すると0.025大きくなってしまいます。(ちなみに交差は0+0.018です) 作業方法は間違っていないと思うのですが、 ピン穴加工に、詳しい方が、いらっしゃいましたら、アドバイス頂けましたら 幸いでございます。 宜しくお願いいたします。

  • リーマー選定での疑問

    ? MCでリーマー加工をしたいと思いますが 例えば、同じ形状物2つがあり、同じ径のリーマ加工するとき で鉄用(S45C)と鋳物用(FC20)ではリーマー工具は使い分け 分けなければなりませんか? 私見ですが、別に、硬い鉄用のもので 鋳物のリーマーも兼用していいような気がしますが・・・ よろしいのでしょうか? 兼用のリーマはあるのでしょうか? もし、不具合などで、使い分けたほうが いいのなら、その理由を教えてください ? リーマーの芯出しは、リーマにダイヤルをあて主軸を回せばいいのでしょうか? 日研のリーマ工具には、リーマの刃先部分とテーパーシャンク部分の 間に小さな点みたいな穴が一箇所あるのですが、これは芯出しのために あるのですか? 小さな点は、1mm位の貫通していない穴ですが 上記の質問の回答よろしくお願いします

  • 貫通穴と止まり穴の違い

    ドリル加工やリーマ加工において貫通した穴と止まり穴のケースがありますが止まり穴は何故切屑の排出性が劣るのですか?通常切屑はポケットに沿って排出されると思いますので、穴が貫通していようがいまいが関係ないような気がするのですが。理論を教えてください。

  • テーパ穴加工

    アルミ材に3/5のテーパ穴を加工をしたいのですが、納期が短くテーパリーマの専用工具を製作する時間がありません。なので、ヘリカル切削でテーパ穴を作りたいのですが使用工具とプログラムをどう作ってよいかわかりません。面相度もRz6.3ときびしいです。 ご回答お願いします。 説明不足ですいません。 テーパ穴φ31.8 穴長18mm です。 かなり大きめのボールエンドミルを使用できると思うのですが・・ やはり、皆さんがおしゃる様に専用工具でないときびしですよね。

FMVS75AUV1の対応メモリについて
このQ&Aのポイント
  • FMVS75AUV1の増設メモリについて調べていますが、詳細がわからず困っています。対応するメモリを教えてください。
  • FMVS75AUV1のメモリ増設は12Gまで可能で、現在4Gのメモリを使用しているため8Gを追加したいと考えています。
  • FMVS75AUV1のオンボードメモリの増設について質問です。詳細がわからず、どのメーカーのメモリを使用すればいいかわからない状況です。
回答を見る