• ベストアンサー
  • 困ってます

強姦罪を犯した後、強姦罪について懲役刑の変更はなく

強姦罪を犯した後、強姦罪について懲役刑の変更はなく【罰金刑も選択できる法改正が行われ】て施行もされた場合、常に新法が適用される。 答えは◯です。 【】の部分は、刑が軽くなったから、新法が適用されるということで◯ということですか?私は【】の部分は重くなったと思ってしまい、×だと思ってしまったのですが、【】は軽くなったという解釈なのでしょうか? 解説: 刑の軽重は基本的に最も重い形種により決せられるが、それが全く同じ場合、より軽い刑種が選択できる場合は刑が軽くなったことになり、併科される場合は刑が重くなったことになる。本記述は前者の場合であるから、法改正により刑が軽くなったことになり、刑法6条により、常に新法が適用されることになる。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数162
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#235638

法の不遡及の原則とその例外。 犯罪後に法改正が行われた場合 事後法で裁くことは許されないのが原則。 しかし その改正が罪を軽くするものであった場合は 例外的に事後法で裁くことができる。 懲役刑に罰金刑が常に併科される改正が行われた場合は 罪が重くなることになるから、事後法では裁けない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございますm(_ _)m 難しいですね。

関連するQ&A

  • 刑の軽重が変更された場合、遡及は可能か

    刑法10条で、刑の軽重が規定されていますが、法改正によりこの順序が変更された場合、遡及適用は可能ですか? まず有り得ない話ですが、 「犯罪者にとって、刑務所に一生いるよりは、ひと思いに死んだ方が楽だろう」 という理由で、死刑を無期刑よりも軽くする改正がなされたとします。 この法改正前に、最高刑が無期懲役となる罪を犯した被告人の場合、新法を適用して死刑に処す事は出来るのでしょうか。 できれば、罪刑法定主義の考え方や、刑法6条を絡めて説明して頂きたいです。

  • 男性に強姦罪適用はあり得るのですか?

    性差解消するために、政府は「強姦罪」を「強制性交等罪」に変更するそうです。 強姦罪って、膣にチンポを入れた時に適用するものですよね? チンポを咥えるのは「強制猥褻罪」。(被害者男女の)お尻の穴にチンポを挿入するのも「強制猥褻罪」のはず。 膣のない男性に強姦罪(強制性交等罪)を適用させるって、どう言うことなのでしょうか? 刑法理論にお詳しい方、ご教示お願いいたします 参照記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000013-mai-soci <刑法改正>「強姦」を「強制性交等罪」に変更へ 性差解消  法務省は性犯罪を厳罰化する刑法改正に伴い、強姦(ごうかん)罪の名称を「強制性交等罪」に変更する方針を固めた。刑法改正案は20日に開会した通常国会に提出する予定で、3月上旬の閣議で正式決定される見通し。強姦罪の「加害者は男性、被害者は女性」という性差をなくすなどとした改正案の内容を踏まえた名称変更だ。成立すれば、明治時代以来から続いた罪名はなくなる。  改正案は、強姦(強制性交等)罪や強制わいせつ罪などについて被害者の告訴がなくても加害者を起訴できる「非親告罪」化する。また、強姦罪と強姦致死傷罪の法定刑の下限を懲役5年と懲役6年にそれぞれ引き上げ、加害者と被害者の性別も問わなくする。強制わいせつ罪で処罰される行為のうち、悪質性の高い一部の行為は強姦罪として処罰できるようにもする。 18歳未満の子供を監督・保護している父母らが影響力を利用してわいせつな行為や性交などをした場合、強制わいせつ罪や強姦罪と同様に処罰できる規定も新設される予定で、罪名はそれぞれ「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」となる見込み。【鈴木一生】

  • 強姦罪の非親告罪化と強姦殺人について

    この度、強姦罪の厳罰化の刑法改正案が答申されました。 非親告罪化が盛り込まれるそうですが、そこで二、三質問があります。 法定刑の引き上げについては、犯罪抑止効果に繋がるとしても、非親告罪化は被害者のプライバシーを侵害する恐れがないでしょうか? つまり、強姦罪が親告罪であるのは事件として明るみにするか、しないかの選択の機会を被害者に与える被害者のプライバシーへの配慮の一環であると思うのですが、非親告罪化でその機会が不当に侵奪される事へ繋がります、事件になっても最終的に被害者が望まない場合は起訴しないということですが、被害者の意に反する事件化によって侵害されたプライバシー権についてはどのように保護するのでしょう?刑事補償とか? また、強姦罪の保護法益は女性の性的自由でありますが、これについて被害者以外の男性でも告発権を持つとなると、女性の自由そのものへの男性の再解釈に繋がらないか。 民法では個人主義が原則ですが、自由恋愛も個人的な生活の一環であるとして、ここに強姦罪の非親告罪化が与える影響は、自由恋愛ににいて、当事者以外の他者の意見があれこれ強制力を持って介在する事にならないだろうか? 例えば、子の結婚に親が反対していた場合、民法での結婚という身分行為は「両者の合意」で成立するはずですが、親が破局させるために婚約相手を強姦罪等で無理矢理告発したりするケースです、極端な例ですが無いとも言い切れません。 または、痴漢冤罪の様に金目当ての冤罪事件が多発する事にならないか、美人局などに照らし合わせて、恐喝役の男にも告発権を与えかねません。 また、ある種の政変を目的として特定人物を失脚させる為のハニートラップ等に政治利用される可能性も出てきます。 とはいえ、強姦と言えば記憶に新しいのが沖縄うるま市の米兵による女性強姦殺人事件です。 法律初学者なので良く分からないのですが、殺人は非親告罪なので証拠で立証出来るでしょう、しかし強姦されて殺された事を立証するには、強姦罪が親告罪である為に、正しく死人に口無しで、被害者の供述を得られない為に殺人しか立証出来ない風に思えるのですが、やはり被害者死後の強姦については不可能なのでしょうか? 非親告罪化が個人のプライバシーや冤罪として社会に与える影響を懸念する一方で、ああいう犯罪を強く憎む気持ちも併せ持っております。 詳しい方いらっしゃいましたら、どうかご教授くださいませ。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

懲役刑と罰金刑では懲役刑の方が重い刑罰とされているのは、お分かりだと思われます ならば、今まで懲役刑しかなかったのに、より軽い罰金刑も選択できるようになったというのは罪が軽くなったということです 窃盗罪がそうでしたよね そもそも金がないから泥棒をするのだから、罰金を支払えないだろうといった理由で、当初は懲役刑だけでしたが、少額の万引きでも、有罪になれば懲役にするしかないという状態が罪刑のバランスがとれていないとのことで、罰金刑も制定されました これが、懲役刑に罰金刑も併せて科せられる(懲役にも行くし、罰金もとられる)ということであれば、刑が重くなったということになります しかし、現在の法律では懲役と罰金が併せて科せられることはなかったはずです 併せて科せられるのは没収とかですかね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 六法の法改正について(2003年以降の改正について)

    六法(憲・民・刑・商・民訴・刑訴)の2003年以降の法改正について聞きたいのですが。 2003年以降、六法で法改正のあった科目はありますか? また、その法改正の内容はどういったものでしょうか?条文と詳細を教えていただきたいのですが。 色々と事情があり、できるだけ詳細を知りたいのですが。 あまりに多いようでしたら、条文・判例名・論点の変更だけでけっこうです。 どうかよろしくお願いいたします。

  • ご存知でしたらご教授願います。

    特許法は、毎年と言っていいほど改正されますが、 その過去の法改正が記載され、さらにその法改正に基づいて適用される補正の要件について記載された書籍の名前を教えていただけないでしょうか? お忙しいところ済みませんが宜しくお願い致します。

  • 法改正

    最近、いろんな事故や事件で法律の解釈が該当しないだけで 犯罪被害者の保険金が払われないとか 無免許で子供を何人も死傷させても危険運転には問えないとか 特に最近、病気がらみでも刑が軽いなど言われますよね こう言う法改正は時代の流れで必要だと思うんですが 行政、国が行う場合、どれほど時間が掛かるんでしょうか? お役所仕事だとそう簡単に法改正はできないのでしょうか?

  • 社会保険労務士 社労士試験の法改正のない部分とは?

    こんにちは、今月社労士試験があるということで、来年向けのテキストなどは10月~11月ごろから出回るそうですね。法改正の多い試験と聞いていますが、ほとんど法改正のない範囲から先に勉強したいのですが、どの部分か教えてください。よろしくお願いします。

  • 法務省「中学生で女子に手を出す男は今のうち強姦罪

    法務省「中学生で女子に手を出すような男は将来女子中学生を食うロリコンになるから今のうちに強姦罪にしておけ」 ■中学生が強姦罪で捕まる? 一例として、現在の法律では性交同意年齢(同意の上で性交をしても良い年齢)が、13歳とされています。 今回の罰則強化では、この性交同意年齢を引き上げることを論点としてあげています。 性交同意年齢以下の年齢の者と性交をした場合、暴行や脅迫などが無くても、それは強姦として扱われます。 罰則の強化により、仮に性交同意年齢が16歳に引き上げられた場合、中学生同士で性交をすると、 それは男性側が強姦したことと同じになる可能性があるということです。性交に及ばずとも、 キスをしただけでも強制わいせつ罪となる可能性があるのです。(大丈夫か中学生…) http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423931574/ 特に問題なのが、「強姦罪として立件できる被害者の年齢を13歳未満から引き上げることも盛り込んだ。」という部分。 ところが記事では「13歳から19歳までの被害者を保護するため」とあるから、性交同意年齢が18~20歳まで引き上げられる可能性が高い。 もしこれが実現化すれば、中高生はお互いが恋愛関係であろうが当人同士が合意しようが、性交渉に及んだ場合は強姦罪として起訴、逮捕されるという展開になる。 しかも強姦罪の問題点は起訴されるのは男性(男子)のみで、女性(女子)が行った場合は何ら罪に問われない。 すなわち中高生が恋愛の末に性交渉に及んだ場合、ボーイフレンドは逮捕され、重犯罪者として刑務所に入れられるという展開になるわけだ。 http://d.hatena.ne.jp/taka_take/20120727/1343356592 『未成年女子に手を出してはいけない理由』 繰り返しになりますが、男子が未成年の女性に手を出さないことは賛成です。 悪い男が未成年女子を惑わし、 いいように利用することを予防するためにも必要な措置だと思いますし。 そして男子って力が強いですし、それなりの都合のいいように言いくるめる能力や知識があります。 そりゃそうです。 発展途上の時期は終わったのですから。 アラサークラスでも、まだ外見の魅力や様々な能力はそれほど衰えていませんし。 そういったあらゆる点で未成年女子の上を行く男子が、恋愛市場に乗り込むなんて反則でしょう。 スポーツなどでも男女別に参加枠が決められているじゃないですか。 極端な例えになりますが、スポーツで男と女が戦うなんてあってはならないことです。ドラゴンボールじゃあるまいし。 恋愛をしたい男子は、ちゃんと大人の女性と恋愛すべきです。 未成年の女子は先ほど述べた通り、まだ発展途上です。 適切な判断ができない場合が多々あるのだから、セックスはまだ早すぎます。 若さ故の性欲があるのは仕方ないことですが、 ちゃんとエロ本やDVDやエロゲーなどがあるので、それで乗り切って欲しいものです。 ここの人であれば 「恋は盲目」「恋愛は異常な精神状態のひとつ」「もてる男は辛い」 ということは理解できているでしょう。 しかし未成年であれば、恋愛が永久に続くかのように錯覚している場合もややあります。 で、錯覚を事実と誤解し、結婚して子供を作った場合は、 不幸な結末になる例もややあります。 そもそも育児にリセットボタンは存在しませんし。 自分の能力や状態に応じて、この選択はよくよく考えねばなりません。 だからこの時期に恋愛をすることは、僕は推奨しません。 『未成年がすべきこと』 恋愛だけが楽しいことではないです。 趣味や勉強やスポーツや読書にはまるのも、有意義なことです。 サトリ世代と呼ばれている人々はそういったことが結構わかっているようで、 僕は嬉しく思っています。 少なくとも焦って恋愛しなくてもいいとは思います。 努力や良き習慣の結果質の高い人間になれれば、 焦らなくても、チャンスは来るものですし。 皆さんどう思いますか?

  • 控訴審で罪名変更になった場合

    たとえば、公然わいせつ罪と常習賭博罪で、一審では懲役2ヶ月執行猶予2年で控訴して単純賭博罪を主張して、一審破棄で懲役2ヶ月罰金20万円懲役刑について執行猶予2年ということは可能ですか。 単純賭博罪には懲役刑がなく罰金刑しかありません。常習賭博罪には懲役があります。 懲役は吸収もしくは併合になるのに対し、罰金は併科されます。 たとえば、万引きと単純賭博で起訴された場合、最低でも懲役1か月+罰金となります。賭博に斟酌すべき事情がある場合、常習賭博罪を適用し、懲役1か月を言い渡すことは可能なんでしょうか。

  • 時効延長と遡及処罰の禁止との関係

    「時効見直し」について、前回の法改正(時効延長)では、遡及処罰を禁じる憲法の規定に抵触する可能性があることから、既に発生していた未解決事件には延長後の時効は適用していないそうですね。 ただ、一般論として教えていただきたいのですが、次のような場合はどうなるのでしょうか? 1.既に時効が完成している事件について、法改正(時効延長)前に真犯人が見付かったが、法改正(時効延長)により、その真犯人を処罰することはできますか? 2.既に時効が完成している事件について、法改正(時効延長)後、真犯人が見付かった場合、その真犯人を処罰することはできますか? 2.現行でも時効が完成していない事件について、法改正(時効延長)後、真犯人が見付かった場合、その真犯人を処罰することはできますか?

  • 社労士の法改正・白書などの講座

    今年の社労士試験を受けるものです。 法改正と白書の部分が不安なので、 専門学校や通信講座を探しています。 法改正と白書の解説などの講座を行ってる 専門学校やサイトがありましたらお教えください。 横浜在住です。 できればお安い方がいいです。 よろしくお願いします。

  • 時効廃止

    新政権は公訴時効の廃止に前向きのようですが、これが実現した場合、法改正前に行われた犯罪にも遡及して適用出来るのでしょうか。

  • 過去下された懲役刑で一番長いもの

    タイトルどおりです。 無期懲役や死刑を除く、有期刑において過去最も長いものは何年でしょうか? 日本においては30年が上限だと伺ったのですが、アメリカなどでは 人間の寿命を遥かに超える刑期を言い渡されたりしてるので 500年などの刑期を言い渡された人はいるのでしょうか? また、その場合服役中に獄死してしまうと思われるのですが、 死んでしまった場合は残り刑期は免除という扱いなのでしょうか? それともあくまでその刑期が終了するまでは法的に囚人としての扱いなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。