行政書士

全2306件中1~10件表示
  • 会社法について

    すみません、どうしてもこの課題が分からないんで教えて貰えますか? 以下の記述について各文の正誤を答えよ。正しい場合には「正しい」とだけ記載し、 誤っている場合には「誤り」と記載した上で、どの点がどのように誤っているか、正しくはどうか数行で記述せよ。 1. 判例によれば、A が B に対して株式を譲渡した後、B が株主名簿の名義書換をしていな い間に、A が株式分割により新株式を取得し、第三者に当該新株式を売却した場合、A が B に対し売却代金相当額の金員の不当利得返還義務を負うことはない。 2. 2 以上の者に共有に属する株式について、その株式に係る権利を行使する者の指定および 会社に対する通知を欠くときは、会社が株式の共有者に対してする通知または催告は、 そのうちの 1 人に対してすれば足りる。 3. 株主総会において議決権を行使することができる株主の数が 1000 人以上である株式会 社において、株主総会に出席しない株主が電磁的方法による議決権の行使をすることが できる旨を定めたときは、当該株主が書面による議決権の行使をすることができる旨を 定めることを要しない。 4. 取締役 C が会社の代表取締役として D と取引を行った場合において、C を代表取締役に 選定した取締役会決議が無効であったときは、C が代表権を有しないことを D が知らな かったとしても、その取引の効力は、会社には及ばない。 5. 募集株式の引受人が募集株式の払込金額の払込みを仮装した場合には、当該払込みの仮 装に関する職務を行った取締役(当該払込みを仮装したものを除く)は、その職務を行 うについて注意を怠らなかったことを証明したときであっても、株式会社に対し、払込 みを仮装した払込金額の支払をする義務を負う。

  • 届書と届出の意味

    画像の通り、 届書は申請書、届出は申請って理解で宜しいでしょうか 日本語学習者です。 よろしくお願いいたします。

  • 建設業許可 経営管理責任者について

    今までA株式会社の経営管理責任者で常勤の取締役だった者が、新設のB株式会社の経営管理者として取締役に就任したい場合の流れについて質問します。 この場合、まずA株式会社において建設業の廃業届を出すことになると思います。 そして、次にA株式会社において常勤の取締役から非常勤の取締役へ変更する必要があるでしょうか? 若しくは退任の登記をしなければなりませんか? よろしくお願いします。

  • 総会の委任状について

    総会の委任状についての質問です。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で総会の委任状を集めるのも困難な状況です。配布したハガキで郵送していただく分は良いのですが、例年職場等での連記委任状の提出が大多数を占めています。ただ、皆さんテレワークで出勤されていなかったり、連記委任状を回収するために訪問するのもはばかれます。そこで、PDFデータで送付していただく、もしくはホームページに特設サイトを設置し、サイトから記入フォームに記入いただくことはできないかと考えています。 委任状は原本でないといけないのでしょうか。また、押印は必要でしょうか。 ご存知の方がいらっしゃったらご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 就労ビザで株式会社設立条件

    お世話になっております。 以前、就労ビザ(例:「技術」在留資格)で株式会社設立条件は次のようになると聞いたことがありますが、今でも同じでしょうか。 1)資本金500万円 2)日本国籍の2名を正社員として採用する 宜しくお願いいたします。

    • ベストアンサー
    • 暇なときにでも
    • jauto
    • 行政書士
    • 回答数 1
  • 団地総会の委任状と議決権行使書について

    委任状を提出後、議決権行使書を提出した場合、どちらが有効とみなされるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 戸籍(除籍簿)に記載された漢字の「読み」

    先祖の戸籍(除籍簿)に記載された漢字で、何と読む字かわからないものがあるのですが、ご存じの方いらっしゃいますか。

  • 行政書士試験 民法について

    いつもありがとうございます。 行政書士試験にうかるべく、頑張っているものです。民法の勉強も三年間してますが、まだまだわからないところだらけです。 質問です! 行政書士過去問からです。 物上代位に関する記述のうち、誤っているものはどれか?の五択のうち、選択肢の一つです。 対策要件を備えた抵当権者は、物上代位の目的債権が譲渡され、譲受人が第三者に対する対抗要件を備えたあとであっても、第三債務者がその譲受人に対して弁済するまえであれば、自ら目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することができる。 ここですが、登場人物を整理して解こうと考えました。 譲受人、譲渡人、抵当権者??第三債務者、あってますでしょう? このあたりめっちゃ苦手てで、誰がどうしてとうなってるのか。。 過去問といてて、毎回つまづいてます。 時系列もわかりにくいです。債権譲渡されてるんだろうなってことはわかりましたが、そこから進みません。 スミマセンが、わかりやすくスッキリ!!説明くださると助かります。 よろしくお願い致しま!!

  • 合同会社に定款に4万円の印紙は必要でしょうか。

    よろしくお願いいたします。合同会社の定款はもともと認証がいらないと理解しています。(公証人役場に電話で聞きました)。しかし、下記の書評では、 4万円の印紙が必要と記載されています。これは、正しいのでしょうか。 書評 法人を持っているが、合同会社も設立しようと本書を購入しました。 4万円の印紙を節約しようと電子定款で申請をしましたが、 法務局への電子申請は慣れている私でさえも入りいろなプラグインが必要だったりと かなりの時間を費やしました。 合同会社設立はほぼ登録免許税の6万円のみで設立できるのが大きなメリットですが、本書では、電子定款に関わるページはコラムの1ページのみで、 結局、素人には難しいから私たち専門家に頼んでね、という趣旨でした。

  • 行政書士試験 地方自治法について

    いつもありがとうございます! 地方自治法について質問します。 よろしくお願いいたします! 地方公共団体の長は、行政立法である規則を定められるが、それには条例による授権は不要。 なぜ条例による授権は不要なんですか? 検索したけど、ドツボはまりそーで、てか検索しすぎて疲れてしまったのが正直なところなんですが。。答えにたどりつけず。 質問にお答えくださるとありがたいです。 それともうひとつ。 法律による委任が必要ってことばもよくみますが、 これはどういったことをさしているのですか? ここからは私の考え(疑問)です。 法律は抽象的だから個別の条例などで具体的なことを定める。 そして、そこには法律に根拠がないと規則 などを つくってはいけないということですか? まだ不勉強です。 よろしくお願いいたします!!