• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

布基礎の設計について

ある木造ツーバイフォー構造の基礎伏図を見て不思議なところがあるのですが布基礎のフーチングがドア開口の下で途切れています。 床まである壁の下だけにフーチングがある状態です。 基礎形状が途切れ途切れで非常に複雑です。 途切れているどころか部分的に独立基礎のような部分もあります。 単純に考えてドア開口の下もフーチングがつながっていた方が強固になると思うのですが。形状的にもスッキリするし。 私も構造は専門外ですが、こんな基礎伏図は初めて見たので凄く違和感があります。 コンクリートや鉄筋をケチるためですかね? ツーバイフォーだから壁だけ支えればいいという考え方? こんな布基礎ありですか? わかりにくい文章ですみません。

  • isf
  • お礼率86% (287/332)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2989
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

お礼の中の補足について >内部の方が強固に作らなければならないということですか? >私のところも多雪地帯ですが、やっぱり内部のフーチングが途切れ途切れなのは問題ですかね? 例として下手な下図の基礎荷重分布図を見て下さい。 内部仕切りの荷重負担面積の大きいのが分かるでしょう。 荷重負担面積の大きければ、大きな荷重が掛かりますから、布基礎ベース幅は、大きくしなくてはならない事が分かると思います。 質問文から判断しますと基礎の接地圧不足が予想されます。 先の回答を参考にして、基礎の構造計算書を提出させて、各部の基礎の接地圧が地耐力に対して安全である事の確認が必要です。 安全を確認しないで建築したら、不動沈下によるドアの開閉が悪くなったり、大地震時には、外部は何ともなくても、内部が滅茶滅茶に成る確率が高くなりますよ。 損害補償が大変ですよ。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたび回答有難うございます。 確かに途切れているところのベース幅は大きくはなっているのですが途切れていることによる不同沈下や地震時の基礎の回転などが気になります。 そもそもベース幅が大きくなってるのだから、あまりコンクリート量は変わってないような気もします。 それに形状がいびつになっているので施工のしにくさも気になります。細かい型枠をたくさん使いそうです。 下手にコスト削減をしようとして返ってコスト増になってるような・・・ やはり開口部下もフーチングを通すよう提案しようと思います。

関連するQ&A

  • 1、布基礎とフーチングの違い

    1、布基礎とフーチングの違い 2、べた基礎とスラブの違い がわかりません また、基礎は地盤面から何センチあればよいのでしょうか? 1、建築基準法 2、そのほかの法律 よろしくお願いいたします

  • 布基礎の下部にフーチング部がない+水たまり問題

    自分で自宅リフォーム中です。  床下を点検したところ、 なんと、布基礎にフーチング部がありません。  そこで、自分で補強することにしました。 幸い、車庫をつくるために、床下が1500mm程度あり、作業は半素人でも できそうです。 自分で考えた手順 1)布基礎のしたを掘る 2)掘った部分をつき固める 3)型枠をつくる 4)ビニールシートを敷く(防水のため) 5)グリ石を入れる 6)鉄筋、ワイヤーメッシュを入れる 7)コンクリートを流し込む 8)養生をする 問題は、布基礎の下を掘ったところ、 水が、出てきて、基礎の下端から20cmのところあたりが、 水面になってしまいます。 くみ出しても、10分もするとたまります。  つき固める作業は、水をくみ出しながらの 困難なものになりそうです。 セメントには、防水剤(マノール)を入れようと思います。  河川敷を固めるコンクリートのようなものが いいように思うのですが、、、  アドバイスよろしくお願いします。

  • diy 布基礎のアンカーボルト

    お世話になります。 DIYで3坪のガレージを作ろうと思います。 布基礎とし、下部より 砕石10cm、生コン10cm、重量ブロック(布基礎に2cm埋め込み)、重量ブロック2段目、4×4土台としています。 台風等の対策として、アンカーボルトを布基礎横筋部より土台まで立ち上げた方がいいと思うのですが(550mmのアンカーボルト使用)、ブログ等を散見すると そこまで長いアンカーボルトを使っていないように見受けます。 また、ブロック1段目と2段目の間には、横筋を入れた方がよいのでしょうか? 上記2点、どんなものなのでしょうか? 鉄筋は2ブロックごとに布基礎より重量ブロック2段目上面まで入れます。 宜しくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

一応、布基礎形式として 構造計算上、建物重量に対し地耐力による基礎の接地圧が安全で有れば良いですがね。 >基礎形状が途切れ途切れで非常に複雑です。 外回り及び内部のドアに類する掃き出し部分のペースフーチングのない、ずん胴のろうそく基礎状態で、通気口部は、布基礎の立ち上がりが無いという事ですか? もしそうなら、基礎の接地圧不足の可能性が高いです。 布基礎のペースフーチングの幅は、接地圧により幅を決めます。 私が住む多雪地域においては、基礎の構造計算してみると外回りの基礎より内部の基礎のベース幅は、大きくなる傾向がありますが、積雪のない地方においても同じと思いますよ。 貴方の手元にある基礎図のフーチング巾が全て450mmなら、間取りによって内部仕切りの基礎のフーチング巾の不足が予想されます。 基礎図を作成した業者に基礎部分の構造計算書の提出を求めてみたら如何でしょう。 基礎の接地圧の安全を確かめる為に提出させたら良いですね。 建物の総重量に対して、基礎の接地圧の確認をすると言って提出させましょう。 基礎図を作成した業者が提出を素直に提出してこない場合は、構造計算なんかしていませんよ。 isfさんの考え通り問題ありと思います。 おそらく建築費を安くする為の安易な手法でしょうね。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にご回答有難うございます。 説明不足ですみません。 外部まわりはフーチングは通っているのですが内部壁のドア開口下に無いんです。フーチングも立ち上がりも。 ずん胴のろうそく基礎状態のところはありません。フーチングがないところは立ち上がりもありません。 ちなみに住宅ではありません。福祉施設ですので通気口はありません。土間コンを打ってそのまま床はシート貼り仕上げです。 >私が住む多雪地域においては、基礎の構造計算してみると外回りの基礎より内部の基礎のベース幅は、大きくなる傾向がありますが、積雪のない地方においても同じと思いますよ。 内部の方が強固に作らなければならないということですか? 私のところも多雪地帯ですが、やっぱり内部のフーチングが途切れ途切れなのは問題ですかね?

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

お久しぶりです。 もう少し補足をお願いします。 ある木造ツーバイフォー構造の基礎伏図の基礎形式は? 布基礎形式、ベタ基礎? 下手な下図の布基礎の例とは、違う感じの開口部断面なんですかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが

    何時もお世話になります 補強コンクリートブロック造2F建物のリフォームで 既存の布基礎にベタ基礎を補強追加するときに、地業はどうなるでしょうか? ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが、 基礎立ち上がり際-フーチング上部など問題無いですか? 転圧方法どうしてるのでしょうか? 6畳位です (ハツリ機のランマーは持っているのですが、たこでは) よろしくお願いします

  • 布基礎のクラックについて

    新築一戸建てに住んで約一ヶ月経ちます。 たまたま外回りを見ていたら、一箇所に布基礎の立ち上がりの天端付近から下側にクラックが発生しているのを発見しました(画像参照)。 このクラックはヘアクラック範囲内で構造体には影響ないのでしょうか? ご教示の程、よろしくお願いします。 以上、よろしくお願いします。

  • 布基礎の立ち上がり位置

    基礎の位置についてわからないことがあるので教えて下さい。 ツーバイフォー平屋の木造住宅です。 添付画素のように水回りの平面図ですが、赤い線は耐力壁線です。 黄色い線は耐力壁になるのですが、この黄色い線の形のまま 布基礎の立ち上がりを作るということで合ってますか? それとも四角に囲まなくてはいけないのでしょうか? 床下のチェックのための移動を考えると開けておきたいのですが 立ち上げ部分は連続していなくとも大丈夫なものですか?

  • 布基礎のサイズ、鉄筋の太さについて

    布基礎のサイズは最低限以下を満たす必要があるとありますが 実際はどれぐらいで工事されているのでしょうか。 土台部分の高さは150mm以上 立ち上がり部分の高さはG.Lから300mm以上 土台下端よりG.Lまでは240mm以上 立ち上がり部分の幅は120mm以上 一般的に鉄筋は太い方が良いでしょうか? 立ち上がり中央の主筋が太い(D16以上)方がいいとありますが 実際はどれぐらいの太さが使われているのか知りたいです。

  • 布基礎の施工について

    お世話になります。 DIYでバイク小屋を施工中です。 基礎は布基礎で、現在、穴掘り、砕石、転圧、型枠までが完成しています。 今週末に型枠内に生コンを入れ、硬化前に重量ブロック1段目を2cmほどめり込ませ、鉄筋、アンカーボルトを生コン底部まで差し込む予定でいます。 重量ブロックは2段積む予定なのですが、施工の順番が不安です。 ・重量ブロック1段目→鉄筋、アンカーボルト差し込み。一週間後にブロック2段目→ブロック穴  をモルタルで埋める(モルタルは重量ブロック2段分入れることになります) ・重量ブロック1段目→鉄筋、アンカーボルト差し込み→1段目ブロックの鉄筋、アンカーのあ   る穴のみモルタルを入れる。 一週間後にブロック2段目→2段目のブロック穴にモルタルを入  れる。 分かりづらくて申し訳ありません。要は、ブロック穴に入れるモルタルを、どのタイミングにするかという部分です。 宜しくお願い致します。

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

  • 布基礎のようなのをベタ基礎にする工法

    近所に新築の家が建っているのですが、 やっぱり新しい家が建つとなると他人の家ですがどういった家になるのか気になりますよね。 さて、その近所のお宅なのですが、 この周辺は地盤が弱いので、杭を打っていました。 そして数日後、最近は殆どのお宅がベタ基礎になっていると思うので鉄筋を組んでセメントを流し込むのかと思っていたら、布基礎のような底の無い基礎部分をコンクリートで形成し、 さらに数日後、まだ土である部分(それぞれの部屋になる部分)を掘り返して厚い発泡スチロールの板を埋めていました。 不思議な工法だなぁ、と思っていたら更に数日後、土だった部分にセメントが入りベタ基礎になっていました。 結果的にベタ基礎になった訳ですが、素人が考えるのに・・・ 底は立ち上がっている部分とおそらくですが鉄筋で一体型になっておりません。こういう工法は上に家が乗っかった場合、十分に力を分散するのでしょうか? 何となくベタ基礎で鉄筋を組んだよりも弱い気がしてしまって・・・ こういった工法は、今の標準なのでしょうか、初めて見たもので気になってしまって。

  • 玉石(ピンコロ)基礎の布基礎入れ換え工事

    住宅の設計をやっております。 内装リフォームした家の本体の2階建ての母屋は布基礎ですが、増築部分(下屋)が 玉石(ピンコロ)基礎でピンコロの上に束立てしているだけの手抜き構造でした。 このままでは大きな地震が来ると増築部分が崩壊するので、玉石(ピンコロ)基礎 を撤去してジャッキアップで布基礎に入れ換えたいと思います。 その場合は、土台のアンカーボルト設置や基礎の型枠施工で内部の床を剥がさなけ れば基礎の工事が出来ないかと思います。 しかし、内部の撤去工事を行なうと工事費がかさんで来て予算をかなりオーバー する可能性があります。 内部の床を撤去しないで基礎の入れ換え工事を行なえたらと思っています。そのよ うな方法で行なう良い工事のやり方がありましたら、よろしくお願いいたします。 そして、その他玉石(ピンコロ)基礎での良い方法での基礎の入れ換え(補強)工事 がありましたら、よろしくお願いいたします。

  • 沖縄で家を建てる際、布基礎が一般的ですか?

    沖縄にRCの家を建築中ですが、ボーリングの結果が下記です。   土質名          深度   出現N値 地耐力(t/m2) 盛り土    礫質土    1.15~1.45  7     5 琉球石灰岩・礫混粘性土 2.15~2.45  6     5 風化粘土 琉球石灰岩   礫    3.15~3.45  48    30 (砂礫状)    〃     4.15~4.45  20    25  〃      〃      5.15~5.45   4     3以下  〃      〃      6.15~6.45   8     5  〃      〃      7.15~7.45  16    10  この状況で、建坪37坪、壁構造RC1階建で布基礎にするのは一般的ですか? ベタ基礎や杭打ちは全く必要ないですか? 沖縄の建築にお詳しい方、宜しくお願いいたします