-PR-

担任からのプレッシャーで不登校になった。

http://okwave.jp/qa/q9117715.html で質問したものです。その節はありがとうございました。...

eroero4649 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2016-02-25 12:12:38
  • 回答No.3
eroero4649 レベル14

ベストアンサー率 28% (3539/12293)

人生相談 カテゴリマスター
昨日まで、教育テレビ・・・いや最近はEテレっていうんでしたっけ、「100分de名著」という長寿人気番組で「アドラー心理学」を取り上げていてなかなか興味深く拝見しました。
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/51_adler/

この番組で解説として出ていた岸見先生が「自分の人生は、自分で引き受けるしかない」とおっしゃっていたんですね。考えてみれば当たり前のことですが、意外に気づかないことです。
才能があれば、ときにトンチンカンな期待を他人からされてしまうことはままあります。有能な人の宿命かもしれません。「あれができるんだから、きっとこれもできるだろう」と思われるのです。その典型がプロ野球なんかで「現役時代にあれだけの成績を残した人だから、監督になったらきっと強いチームを作ってれるはずだ」ってやつです。選手としての才能と、管理者としての才能は全く別物なのに。
甥っ子さんに対しては、「担任は分かってくれないかもしれないが、人生ではそういうことはままある。担任のいうことを聞くのが自分の人生ではないのだから、自分が思うようにやりなさい。そしてその結果は、最後は自分で責任をとらなければならない」ということではないでしょうかね。

例えば仮にその担任を外してもらったとしてでもですね、就職すれば同じように上司からトンチンカンなプレッシャーをかけられることがまた起きるかもしれないんですよ。甥っ子さんのプレッシャーは、社会人になったら必ずどこかで経験するといってもいいものだと思います。そしたら学生のうちにある程度免疫をつけておいたほうがいいと思うのです。
そしたらプレッシャーから解放されることより、その状況下でいかに自分自身をコントロールするかを学んだほうが自分自身のためになると思うのです。そして親は、自分の人生経験に基づいて自分が学んだノウハウを子供に伝えればいいと思うのです。
お礼コメント
hetaatamawarui

お礼率 73% (123/168)

とても参考になることばかり教えていただいて、大変うれしく思います。
母と読んでしっかり頭に入れて甥と接していきます。
「」の内容は私が甥に言います。
ご丁寧にありがとうございました。
投稿日時 - 2016-02-29 18:11:43
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ