• ベストアンサー
  • 困ってます

行政書士について

現在大学生で行政書士の仕事に魅力を感じたので資格を取ろうと思っているのですが少し不安があります。行政書士の資格だけで生活ができるほど稼ぐ事ができるのでしょうか。行政書士に関して詳しい知識をお持ちの方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数104
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#4720
noname#4720

 私は、たまに公務員・行政書士・宅建などの受験指導をしています。もちろん自分でもそれらの資格は持っています。  現在discographyさんが大学の何年生なのかは存じませんが、現役の学生の方で、行政書士を受験してみようかとお考えでしたら、公務員試験の方をお考えになることをお勧めします。  公務員試験と行政書士試験は、受験科目の大半が重なっています。  行政書士特有の試験科目というものもありますが、それらの分野の出題はごく限られたほとんどパターン化したものばかりなので、公務員試験の受験勉強をしっかりとした方ならば、行政書士受験対策用に過去5年分くらいが掲載されている問題集を一冊購入して勉強すれば、十分に合格圏内に入ることができます。  勉強に要する期間は、公務員の法律職用の受験勉強をしていた人ならば2~3週間、行政職用の受験勉強をしていた人ならば3~4週間です。  公務員試験は6月から7月頃にかけて試験が実施されますが、行政書士試験は毎年10月末頃です。公務員試験終了後に受験準備を始めても、公務員試験受験用の勉強の基礎ができている人ならば十分に間に合う計算です。  そして、公務員試験に受かっても、どうしても独立開業したいのであればそうなされば宜しいと思います。ただ、行政書士になる場合にも、公務員または民間で働いていた実務経験があれば何かと役に立つものです。  行政書士で年収1000万円以上の人もいます。ほかの方もおっしゃっておられるように、どのような資格を持とうと要は使いようです。  どの道をお選びに成られるにしろ、がんばって下さいね。陰ながら応援しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 行政書士という仕事について

    将来の独立を目指し、行政書士の勉強をしていますが、 2ちゃんねる等を見たりしてると、 「行政書士はクソ資格」とか「行政書士は独立開業したフリーター」 などと書かれています。 行政書士という職業に魅力を感じたのですが、実態は開業しても まともな収入を得るのは極めて困難なようです。 勉強に対する意欲も、行政書士になりたいという気持ちも薄れてきました。 行政書士って生活できない職業なんでしょうか?

  • 行政書士だけでは食べていけないのでしょうか?

    こんばんは。 現在、主人が将来の事を考えて行政書士の資格を勉強したいと言い出し、色々と調べていますが、大体どの質問を見ても行政書士だけでは生活するのは難しく、何かプラスαの資格があるといいと書いてあります。 主人は現在三交代の工場勤務で、子供もまだ1歳と小さく、将来的に安定した職に就くために今のうちに勉強しておきたいと考えているようです。 そこで、行政書士と相性の良い資格、行政書士と組み合わせると良い資格とはどのようなものがあるのでしょうか。 どなたか教えていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 行政書士について

    何か資格をと思い、行政書士を考えてこの間 予備校へ行って説明を聞いてきました。 1回で合格できるとか年収1000万とかいい事しか言いませんでした。実際のところどうなんでしょう? 社会保険労務士、考えてたんですが、行政書士が仕事を兼ねていてそんなに使えない資格と聞いたので行政書士を考えたんです。 行政書士の良さ、悪さなども合わせて教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

行政書士に限りませんが、資格だけでは1円を得るのも難しいです。 大切なのは営業力です。一般の仕事で開業して収入を得ようと思ったら、営業して仕事を取ってこなければなりません。それとまったく同じです。営業力のある人であれば、いくらでも稼げますし、営業に自信がない人は難航します。 「行政書士の仕事をしようとしたら、少なくとも資格取得は必要」程度のものと思ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ikeryu
  • ベストアンサー率57% (55/96)

私も行政書士に魅力を感じ受験した者です。しかし結果的に不合格となりました。 不合格の原因は、勉強不足が一番ですが2番目に貴殿と同じ悩みがあった為です。 結論から申し上げますと、生活ができる=ゴハンが食べれる仕事か?どうか・・ 「貴殿のやる気」次第だと思います。中途半端な気持ちでは、どんな仕事も手に つかず転職を繰り返し(今では転職すら困難な時期かも?)何が自分にとって 天職なのか?自分に向いているのか?貴殿も解らなければ、就職課や進路指導の 先生方も誰も解りません。(全て他人ごとかのようですが、それが現実です。) ただし、これだけは言えますので参考にしてください。 「収入を得られる魅力ある資格(仕事)」なんてあり得ません。全て個人の努力 次第です。資格をとった=あぐらをかいてゴハンを食べれるなんてあり得ません。 私は不動産業でゴハンを食べています。学生時代、行政書士と宅地建物取引主任者 の二つの資格に魅力を感じ受験をし「宅建」に合格しました。何故か?世の中には 「衣食住」という人間が生活するに切っても切れないものがあると思いました。 「衣と食」は貧しい場合でも、我慢すればそれなりの生活ができますが、「住」は 橋の下で暮らす訳にもいかず、借りるなり買うなり何らかの必要性が人間であれば どうしても必要になると思ったのです。人が生まれ死んでいく中で必ず「誰しもが お客様になる」=「商売になりゴハンが食べれる」と思ったからです。 しかし、行政書士はどうでしょう。どんな人がお客様になるのでしょう?資格その ものが他の資格より安易に取れ(私は不合格でしたが^^;)「役所」勤務をした 人間が一定の条件を満たせば「無試験」で資格を得られるという行政書士資格では 将来性はどうでしょう?行政書士に依頼しなければ、生活できないというぐらいの 「需要」があれば、ゴハンが食べられるとは思いますが、まず困難ではないか?と 思われます。 よく目にする資格専門学校のコマーシャルなどでは、年収1000万以上の先生も おられるとのことですが、それだけの収入を得るには「その先生自身、他の行政書 士の先生には無い知識と技術を持ち」すごい努力をしているんだろうと思います。 「資格を取った」=「ゴハンが食べれる」時代では無いと思います。 「資格を取った」=「ゴハンが食べれる」切符を手にいれた!!ぐらいが妥当ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kanten
  • ベストアンサー率27% (479/1747)

下記サイトによると、 行政書士の学習範囲は、他の資格試験の学習をするための 基礎となる科目を多く含んでいます。そのため、 行政書士の資格取得からさらにステップアップする際、 大変有利となります。 とあるので、行政書士だけでなく、そこさらさらに幅を広げていくのが よいかと思います。

参考URL:
http://www.crear-ac.co.jp/gyousei/guide/work.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 行政書士になる前に

    はじめまして。 現在、行政書士の勉強をし始めた者ですが、将来は、資格を取得し、行政書士事務所で勤務しようと思います。ですがその前に勉強期間中、違う仕事をしようと考えています。私の周りは「それだったら行政書士事務所で働けば」といいますが、その前に違った会社で色々経験したいと思うのですが、やはり”将来”行政書士に役立つような仕事にしたいと思います。どういった仕事が役に立つのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 行政書士について

    行政書士について つきあって5年目の彼が、行政書士の資格を受けて今年で4回目になります。 合格率は低く難しいとのことですが、そんなに需要がある資格なのですか? 彼は今31歳で私は27歳です。このまま彼を応援していいのか不安です。 取得して食べていけますか? 行政書士の前は税理士試験を2回受けています。 そちらも残念ながら取れていません。 彼は独立心が高く、資格がどうしても必要みたいです。 私は資格に頼らずに、まずは実務を積んで人脈を広げて欲しい と思うのですが未経験は雇ってくれないんだと言われました。 (彼は予備校に通いながら飲食店でアルバイトをしています) 試験に受かったとして行政書士で生活していけるのか疑問です。 どなたか詳しい方がいましたら解答お願いします

  • 行政書士について

    始めまして。自分は、兵庫県姫路市に住む27歳の男性です。 質問は、いまテレビのドラマでやっています「日曜日のカバチ」のドラマで、行政書士の資格を自分も取ろうかと考えているのですが。 実際に行政書士の事務所で働きながら、資格を取りたいと思っているのですが、そういった事務所は有るんでしょうか? ようするに行政書士の事務所で働きながら資格をとる勉強をさせてもらいながら働ける場所を探しています。 あるのなら教えて頂きたいのですが。 実際に行政書士の資格を持ってて、行政書士の事務所で働いている方は居ませんか?

  • 行政書士の資格の他に・・?

    行政書士について、過去の質問を色々見たのですが、行政書士の資格を取っても、すぐ仕事に繋がると言う訳ではないと言う事が書いてありました。 それと同時に、行政書士の資格だけでは仕事がこないとも書いてあった気がします。 他に、簿記とか・・・ 行政書士として働くには、他にどんな資格を持っていた方が有利・・と言うか必要なんでしょうか。 それと、資格を取った後、なかなか雇ってくれる事務所は少ないとも書いてあったんですが、では資格を得た方々はどんな所で働いているんでしょうか。

  • 行政書士について

    今年初の受験生ですが、2点ほど質問があります。 1つは、行政書士法に2年間業務を行なっていないものは、行政書士の資格を行政書士会連合会で取り消すことが出来るということが、書いてありますが、 私は現在、働いており、 行政書士の仕事をするかどうかはまだ決めておりません。 この場合、2年以上、現在の仕事を続けていれば、 取り消されてしまうのでしょうか。 もう1つは、試験問題を持ち帰ることができ、 自己採点(解答がWEB公開等されるのか)が可能かということです。 よろしくお願いします。

  • 行政書士

    行政書士の資格を目指そうかと検討しています。 実際に行政書士に合格されている方の意見を頂きたいです。 ◯法律の知識が全く無い状態ですが、これから勉強を始めるとしたら、勉強期間は1年で可能でしょうか? ◯独学では難しいでしょうか? 通信教育を受けた方がいいでしょうか? ◯行政書士に合格した方は、何回ぐらい受けて合格出来ましたか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 行政書士について

    行政書士について 私は来月から行政書士の資格を取る為に勉強を始める者です。仕事をしながら通うのですが、ずっと取りたかった資格なので一発で合格したいと思っています。 ですが、私は語学にもとても興味があり以前オーストラリアへ1週間、イギリスへ1ヶ月間ホームステイに行ったのですがオーストラリアでの思い出が忘れられず、行政書士の資格を取り今の会社を辞めて行政書士として就職し資金が貯まったら語学留学の為にオーストラリアへ 行きたいとも思っています。 そこで質問なのですが、ただ語学留学するだけではなくオーストラリアでも行政書士のような法律関係の資格を勉強したいと思っているのですが、オーストラリアにもそのような資格は存在するのでしょうか? 質問内容はざっと以下の通りです。 ?オーストラリアに行政書士に値する資格が存在するのか。 ?2年程度を予定しているのですが寮、もしくはルームシェアなどで留学生を受け入れてくれる専門学校のようなものはあるのか。 ?予算は大体どれくらい必要か。 ?私のような者を斡旋してくれる何か良い会社などはあるのか。 何年かかっても構わないのでどうしても夢を叶えたくて…。 お詳しい方や経験者の方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願い致します!

  • 行政書士になるために…

    行政書士になるために… 私は行政書士になりたいです。 でも、近くに良い大学などありません。 それに、早く行政書士の資格を取って働きたいです。 インターネット、もしくは本などで勉強する方法はありませんか。 教えてください。

  • 行政書士と行政書士有資格者の違い

    とある者が言っていた事なのですが。 「行政書士=行政書士有資格者 行政書士登録していない者=行政書士試験合格者 」 であり、行政書士登録していない者が「行政書士有資格者」又は「行政書士の有資格者」を標榜した場合、行政書士法の標榜規制に反し、違法であるとその者は言っておりました。 これは、「行政書士という資格」と、「行政書士になるための資格」が別々のものだという解釈だと思います。 行政書士会連合会に電話をかけると、電話対応の事務員が同じ事を話していました。 かくいう私も、行政書士試験の合格者ですが、早稲田セミナーから出版されている「success」という雑誌で行政書士と行政書士有資格者の名称が使い分けられている点や、登録していない者がインターネット上で「行政書士有資格者」と名乗っている事から、「行政書士有資格者」=「行政書士になるための資格を有している者」(行政書士法2条各号の者)を指しているのだと認識しています。 しかし、他の行政書士に聞けば以下の見解でした。私は、こちらの行政書士の論理展開が正しい帰結であり、説得力があるように思えます。 行政書士法2条の規定を見れば、行政書士有資格者=行政書士試験合格者でも構わない。一号~六号までは全て有資格者です。 法上は「行政書士」はその「登録者」を指します。つまり行政書士業務を現に行えるものをさします。 ちなみに19条の2はいわゆる名称独占規定で、その禁止するのはその名称を使用すること全般に及ぶので、「19条の2」の守備範囲は「2条」にある内容と必ずしも一致するものではないということです。 この条文の趣旨は「行政書士」業務ができない状態の者が「行政書士」等紛らわしい名称を使用することによる混乱を防ぐというものです。 ここで本件における事例を振り返ってみますが、有資格者という表現そのものは法上も別に誤りというわけでもないので使えないというわけではないかと思います。 「なる資格=試験合格者等」と「働ける資格=行政書士」は別ですがこういう「資格」という単語を使った区別自体、法令にもありませんし、処罰されるかどうかは個々具体的にその悪質性等を判断して決定されることなので、2条による有資格者を名乗っても直ちに違法とは言えないということでした。 ちなみに行政書士法コンメンタールでも試験合格者を有資格者と表現しているのだそうです。 別に、標榜など個人的にはどちらでもいいと思うのですが、気になってしまったので。お分かりの方いらっしゃいましたら、是非ともご識見をお伺いしたいのです。私は前者二人が解釈を誤っており、後者行政書士が正しい事を申していると考えます。

  • 行政書士と測量士

    よく、街を歩いていると行政書士の先生の事務所が目に付きます。その方の一人とこの間お話しする機会があり、名刺を頂きました。そこには、『行政書士 測量士 ○●★■』とありました。そこで疑問に思ったのですが、行政書士の資格と測量士の資格を同時に持つ人はどういう仕事をする人なのでしょうか。行政書士と測量士の資格を同時に持つ人を初めて知ったので少し気になります。行政書士という資格と測量士という資格のつながりが分かりません。どなたか分かる方はいらっしゃいますか。よろしくお願いします。