• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

地盤改良工事について

新築の地盤改良工事について質問です。 敷地45坪、建坪18坪、延べ床36坪の木造2階建てを新築予定です。 スウェーデン式サウンディング試験対策工法で建築予定の4箇所の地盤調査をしたところばらつきがありますが、換算N値深度3Mで2.3、深度2M~3.5Mで1.5~2.3、深度2.5M~3Mで1,5~2.3、深度2,5~3.5Mで2.3という結果になりました。3以上あれば良いといわれました。 換算qa、KN/M2は15~22.5です。30以上あれば良いといわれました。 深度2Mくらいまでは粘土層で、それより深いところは砂質土層です。 不同沈下するので柱状改良工事6Mが必要といわれました。費用は91万円なのですが、必要でしょうか? 基礎は布基礎です。 改良したほうがよければするのですが4Mではだめなのでしょうか? 素人目には何も手を加えなくても良いような気もしますが、、、、 アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1479
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

私が所属する住宅会社の基準は 50kN/m2~30kN/m2はベタ基礎 30kN/m2以下は基本的に地盤改良か杭工事をします。 基本的には杭工事をお勧めします。 柱状改良工事は柱状に地盤を改良するという意味で杭ではありません。基本的に直径600の外周と地盤との摩擦力で保持しています。そういう計算から改良の長さが決められます。 余談ですが・・・ 当社の施工管理の部長が昨年自宅を新築しました。地盤は最悪で、当然柱状改良をしました。 杭工事をすると杭工事の施工業者のほうで保証をします。杭業者から見れば安全率を大きくして十分余裕のある設計と計算をします。 その部長は、保証はいらないからくいの本数を検討してくれと言って結果的に半分の数量になりました。 念のために言っておきますが、これは耐震偽造の類の話してはありません。地盤改良云々の話は、法律をクリアーしてプラスアルファーの部分の話ですから。念のため。 部長は、コンクリートと構造体にはかなり気を使う人です。こんなことが出来るのも経験と実績があればなのですが。 予算があれば杭工事をしてください。本数や敷地条件はわかりませんが、もうちょっと安くなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 家を建ててから後悔するより良いかなと考えています。 しなければしないで建てることは可能でも安心料金と考えれば安い感じです。 杭の場合はもっと深い位置まで工事が必要になりそうですが、、、、、

関連するQ&A

  • 地盤改良工事について

     先日、スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査をしました。  結果は、4.5mぐらいまで1~5kN/m2、4.5mを過ぎると50kN/m2を超えるというものでした。(6点試験しましたがすべて同じような結果でした。地質は砂のようです)  工務店は地盤改良をしないといけないということで後で見積を出すということでした。  杭工事、柱状改良等色々あるようですが、価格等を考慮してどのような工事がよろしいのでしょうか?  ちなみに、基礎面積は60m2ぐらいで、総2階建て、木造軸組です。  予定外の出費なのでどの程度の値段になるか心配です。宜しくお願い致します。  

  • 地盤改良が必要なの???

    マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、 表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1 3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土 6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。 杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。 その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

  • 地盤改良方法について

    はじめまして。 新築建売を買おうか悩んでいます。 その土地はもと田んぼだったので、地盤が心配なのですが、 HMの方は「地盤を調べてその土地にあった地盤改良方法を実施しています。」とおっしゃっています。 確かにスウェーデン式サウンディング試験を実施しており、 「振動ローラーなどによる十分な転圧を行うことを条件に~30kN連続布基礎を提案します。」と記載されておりました。 どのような地盤改良を行ったかは、書面なのでは残らないのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#165170

参考までに、私は超大手軽鉄メーカーでスウェーデン式サウンディング調査の結果軟弱地盤で、メーカーの提案どおり柱状改良し、絶対に沈下はしませんと説明され新築しましたが、半年後不同沈下し現在紛争中です。大手でも建て直しはありません。結局は鋼管杭圧入の補修で妥協させられる方向です。このことから言える事は、スウェーデン式サウンディング調査はあまりあてにならない、柱状改良の摩擦杭としての効果はあまり期待できない、施行深度はケチらない方が良い、できれば鋼管杭等の杭の方が信頼性がある。不同沈下すると家はゆがみ、高い買い物も一気に魅力の無いものに変わり果てます。私のようにならないよう、十分すぎるほど検討してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき有難うございます。 そんなこともあるんですね~、大変だ~、というのが今の気持ちです。 何を信用したらよいのやらわかりません。 当然、柱状改良より鋼管杭圧入は金額がかさむでしょうし、、、、、 安く上げたいけど沈下したらそんなこと言ってられないし、、、 2件となりは2ヶ月前に新築したので不具合はないでしょうが、隣近所の敷地をみてみます。

  • 回答No.4

>その他は4~8でした。 それだと布基礎だそうですから、柱状改良は最低必須でしょうね。出来れば杭工事したいところです。 ちなみに支持層と言われる場所のN値は50以上です。それからしてかなりやわらかいというのはお分かりと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 聞けば聞くほど軟弱なんだと思いました。 一生の高い買い物な訳ですから慎重に検討します。

  • 回答No.2

沈下したくなければやった方がよいです。 沈下したら失敗したなぁとあきらめられるのであればやらなくてもよいですが、沈下しても自己責任です。 >素人目には何も手を加えなくても良いような気もしますが どういう根拠なんでしょう....数値的にはやれといっているようなものですが。。。 換算N値で3いかないなんて....軟弱ですよ。 埋め立ててもしっかり埋めれば約1年でN=6程度いきます。。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います。 N値3は軟弱なんですか~・3以上あれば大丈夫という話だったので少し低い程度なら問題ないかと思っていました。 その他は4~8でした。

  • 回答No.1

家と言うのは一生に一度建てるかどうかの大切な財産です。 最終的にはあなたの判断になりますが、周囲の建てられているところの状況はどうでしょうか、川に近いとか、埋め立てたところであるとかによっても違います。 大風の心配、地震の心配、大型自動車による振動等これから生活していく上で少しでもリスクを少なくしておいたが良いように思います。 柱状改良のメーター数は施工する専門家にも相談して見られるのも方法かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います。 もともとはビルが建っており10年ほど前に撤去したらしいです。 分譲で購入し、6分割のひとつです。 それ以前は不明ですが、大昔は田んぼだったと聞いています。 すでに3棟立っていますが改良工事をしたかは未確認です。 近くに人口の後から作った川(分水)があります。 地震のときも施工しているのと、していないのでは違うと思えば安い金額ですね。

関連するQ&A

  • 地盤改良工事

    地盤改良工事 先日、HMより地盤調査結果をいただきました。軟弱地盤ということで一般的には(私が業者で地盤改良を依頼すると)380万ほど地盤改良費がかかるでしょうと言われ、想定外で戸惑っています。 土地27.5坪、建物は在来工法でベタ基礎、木造二階建て予定です。 これって高すぎませんか? <スウェーデン式サウンディング試験データ> 測点:3箇所(以下のデータは最も深さがあった地点のもの) 推定水位 1.60m 貫入量 25cm 荷重 1000 貫入深さ N値  半回転数 推定地質 0.25   4.4    7   粘性土 0.50   4.0    5    〃 0.75   3.0   自沈   〃 1.00   3.0   自沈   〃 1.25   3.0   自沈   〃 1.50   3.0   自沈   〃 1.75   5.4   12    〃 2.00   6.4   17    〃   2.25   7.2   21    〃 2.50   9.0   26   砂質土 2.75   12.0   45    〃 3.00   12.0   56    〃 3.25   12.0   47    〃 3.50   12.0   60    〃 3.75   12.0   63    〃 4.00   12.0   74    〃  4.25   12.0   92    〃 4.50(最終)12.0 137    〃 浅いところで「自沈」が連続しているからダメなんでしょうか? 確かに北側には用水路が通っており、小さい川が近くにあること、地名が「水」関連の文字があったので頑丈な地盤ではないとは思っていましたが・・・

  • 地盤改良の費用は?

    まだ古家があるので空いている庭の部分で3箇所だけですが (残りは解体後) サウンディング方式で地盤調査をしました。 今日3箇所だけの地盤結果が出ました。 そして、改善が必要との事でした。 1mまでは硬い地盤 この地域は 2~3mまでは宙水層があります(庭には井戸があります。) 4m地点でローム層というかなり丈夫な層があるそうです。 なので4m下まで掘り、直径60cmの穴を開けて そこにコンクリートを流し込み固めるとのことでした。 これを70箇所 湿式柱状改良 というやり方で改良予定らしいです。 費用は100万ちょいとの事ですが(まだ全箇所をやったわけでなく 現段階で・・・・) この 70箇所 湿式柱状改良 という方法で 地盤改良すると100万近くも掛かるものなのでしょうか? それとも一箇所だけの地盤検査ではなく 別の業者に依頼した方が良いでしょうか。 地盤改良費の相場なんて全くわかりません。 回答をよろしくお願いします。

  • 地盤改良に詳しい方、教えて下さい!!!

    新築建設のため、スウェーデン式サウディング試験にて4箇所(10m)地盤調査をしたところ、柱状改良(概算費用140万)が必要という結果が出ました。 その結果を基に、セカンドオピニオンとして 別会社に診断を依頼したところ、柱状改良は必要がなく、ベタ基礎で鉄筋のピッチを縮めれば問題ない(保証できる)との判定でした。 考察としては「建物荷重の応力範囲内に地耐力不足の数値が確認されているが、バラツキの少ない同様な傾向のデータが確認されているので、基礎下の砕石地業に対し十分な転圧工を実施し、通常より剛性を高めたベタ基礎(D13@150)で対応可能」とのことでした。 予算もあまりないのでどちらにしたら良いか悩んでます。 アドバイスやお考えを教えて頂ければ幸いです。 また、柱状改良はプラスの保険になるのか?柱状改良に伴うデメリット等あるのか教えてください。 《補足》  ・建物は建築面積約20坪(延床面積約56坪)木造3階建て 土地はこれまでは駐車場  ・西側に交通量の多い道路あり。  ・SS試験の結果は   水位はGL-4.5m     (1)北西側      (0~2mが粘性土でN値3~4)     (2~5mが粘性土でN値「3以下」1.5~2.3)     (5m以砂質土N値4~9)   (2)北東側      (0~2mが粘性土でN値3~5一部「礫層N値7」)     (2~5mが粘性土でN値「3以下」1.5~3)     (5m以降砂質土N値4.5~9)   (3)南東側      (0~1mが礫層でN値6.3~28)     (1~3.5mが粘性土でN値3~4.4)     (3.5~5m粘性土N値「3以下」2.3~3)     (5m砂質土N値4.9~7.6)   (4)南西側      (0~1mが礫層でN値11~17)     (1~2mが粘性土でN値3~3.6)     (2~5m粘性土N値「3以下」1.5~2.3)     (5m砂質土N値4.7~7.9)

  • 地盤改良をするべきなのか悩んでいます・・・

    新築にあたり、地盤調査(スウェ-デン式サウディング試験)を行いました。 5箇所で行われ、その結果、推定N値3以下の自然層が GL-1.25~2.75m付近 GL-1.50~2.25m付近 GL-1.50~2.50m付近 GL-1.50~2.75m付近 で覆われており, 1箇所は、GL-1.75m付近で推定5以下の不安定層となっている。 土質は1m付近までが礫質土でそれ以下は砂質土。 よって、技術者の最終判定結果 柱状改良工法による基礎補強が必要 という事です。。 (数値など説明してもらいましたが、いまいち?です・・) 分譲地となる前は、ある会社の倉庫や体育館、テニスコ-トがあった場所です。 ハウスメ-カ-さん曰く、1.5mまではしっかりしているので、地盤改良までしなくてもよいのでは・・・ みたいな事(あくまでも決めるのは施主の方なので、こちらでは何とも言えないが・・という様な話)でした。。 また、柱状改良工法について、地震が直下型や横揺れ(?か縦揺れ?)にはあまり効果がないという事、 保障について、地盤改良した場合に生じた不同沈下に対しては10年間保障されるが、地震に対しては保障されないという事です。 住まいは、和歌山県で、今後来ると言われている、南海大地震の地域でして、地震には強い家をと考えており、在来軸組工法・木造2階建で耐震パネルを使用します。べた基礎です。 柱状改良工法の費用は65万円だそうです。 私としては、地盤補強をするにこしたことはないとは思うのですが、一番肝心な地震に対して、効果が低いのと保障がない という点に引っかかっているのです。。 直下型の大きな地震がきてしまえば、地盤補強をしてもしなくても同じなのかな・・??それなら、その費用を他の所にまわす方がいいのでは・・と考えたり・・ HMさんの曖昧な説明では、判断しかねています・・このような地質の場合、後々の事を考えれば、65万円は安いと思い、地盤改良すべきでしょうか??

  • 地盤改良工事

    友達が親の家を解体し、新築しました。更地にしていざ家を建てようとした時、地盤が軟らかいので 地盤改良工事が必要だと言われ、予想外の出費になったそうです。 つい、先程まで家が建っていて、普通に住んでいたのに、解体した時に地盤改良が必要だというのは・・・そんなことってあるのですか?昔は気にせずに住んでいた?! 地盤改良せずには建てられなかったということでしょうか? うちも築37年の親の家を解体して新築する予定ですので、心配です。

  • 地盤改良が必要になるでしょうか?

    家を新築する土地の地盤調査が、今 行われています。 調査をしている方に お話を伺って来たのですが、 「表面から2mは良いですが、そこから6mが ちょっと弱いようです。表面から8mで固い地盤に当たります」と話していました。 このような場合、基礎をベタ基礎にすればOKとなるでしょうか?それとも、改良が必要と言われるでしょうか? 少ないデータからですが、おおよそで結構ですので、教えて下さい。

  • 地盤改良工事について

    GW明けに夢のマイホーム着工予定の者です。 地盤調査の結果、柱状地盤改良工事が必要との判定となりました。 我が家の場合土地を造成販売した不動産業者と住宅建築メーカーは別の業者です。住宅メーカーには地盤調査に基づく保証が付いており、この地盤調査により軟弱地盤であることが判明しました。地盤改良工事を行わないと不同沈下の恐れあり、また当然保証も受けられないということになります。 この造成地は元は田んぼであり、住宅メーカーからは最悪ベタ基礎になるかもしれないとの話は聞いていましたが、今回の結果はそれを上回る状況でした。 地盤とは土地という商品の一番重要な品質。この品質に問題が有る以上、不動産業者に責任があると思います。標準の布基礎以上の基礎の構造変更、地盤の改良の費用は造成した不動産業者に負担させることが可能でしょうか? (事前に不動産業者が地盤調査なりを行い、土地の品質を表示した上で商品を売り出すできではないでしょうか?) 業界の常識など、ご教授頂ければ幸いです。

  • 基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか?

    基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか? 気に入った土地(造成地)が古墳調査地域であるため、基礎工事を1m程度で行わなければなりません。盛土部分も含めると2mの基礎工事が可能らしいのですが、購入前に不動産屋で、表面波探査法という方法で調べたところ、「造成経過年数が浅いため、地盤落ち着いていない、また、表層部分付近にやや地耐力が不足している地盤が見受けられるため、現段階では十分な地業を行った後に直接基礎での施工が可能と思われる。」とのこと。データとしては、深度0~1m 53~71kN/m3、1m~2m 45~48kN/m3、2~4m 40~45kN/m3、4~5m 55~60kN/m3のようです。HMの話では、RES-P工法か、MS基礎ならば(地盤保証付く?)建屋を建築可能とのことですが、この地盤であれば通常4m程度まで杭打ちを実施するところ、基礎工事の深度に制限があるため、別の工法を選択しなければならないことに不安を感じています。素人目で杭を打った方がなんだか安心、といった感じなのですが、深度2mまでのところで別法を使って地盤改良をしても、大丈夫でしょうか?不足の情報あれば、補足させて頂きますので、アドバイスお待ちしています。

  • 地盤改良について

    住宅の地盤改良工事で表面改良と注入工事を行った後、その上にに基礎工事をする場合に栗石を敷かなくてもよいのか教えて下さい。また敷いた場合の栗石の役割と地盤改良の弊害を教えてもらえれば嬉しいです。すいませんが宜しくお願い致します。

  • 地盤改良について

    土地を購入し某ハウスメーカーにて建築予定(鉄骨)なのですが、地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)の結果、7箇所測定し、一部3m程下まで硬い地盤がないところがあったものの大部分は1m程下に固い地盤があるという結果で柱状地盤改良が必要とのことでした。 地盤改良計画の話を聞くとどうやら一番地盤の悪かったところに合わせて直径600mm、長さ3mの杭を24本作り、費用は140万円ほどかかるというものでした。 素人的な考えでは固い地盤まで杭を作ればいいのではないか、1m程下に固い地盤があるところに3mの杭を作る必要はないのではないかと思い質問してみてのですが、摩擦力で支えているので全箇所同じ長さが必要と言われ、地盤で支えるのではないかと聞いても、私では詳しい話は分からないと言われるばかりです。 地盤の悪いところに合わせて全箇所、同じ長さの杭を作る必要があるのか教えてください。また、直径600mm、長さ3mの杭を24本作り、費用は140万円はここの掲示板に書かれているほかの人の値段と比べてだいぶ高い気がするのですが、どうなんでしょか? 詳しい方、建築業界の方、よろしくお願いいたします。