-PR-
解決済み

バルブの材質について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.971734
  • 閲覧数1045
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 79% (126/158)

バルブは、黄銅(真ちゅう)か青銅で出来ているそうですが、何故鉄が使われないのですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

一般的に私たちの環境で経験しますバルブは低温、低圧力ですよね。
この黄銅は水の腐食に強いのですよ。
しかしながら低圧力ですね。
先日、関電美浜の配管破裂事故のニュースがありましたがあの配管はエロージョンに因るものでした。
高温、高圧のバルブになりますとステンレスの合金鋼を使います。
温度、圧力、流体の種類によって決められます。
例えばSS材は250度までS45Cは350度とかSUS304は550度SUS316は700度とか許容応力が決まっていますのでおのずと材質もほぼ決まってきます。
詳しくは機械工学便覧等で勉強されてはいかがでしょうか。
お礼コメント
0244

お礼率 79% (126/158)

参考URL,大変役に立ちました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-10-21 09:43:25

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 35% (748/2137)

配管や弁にたしかに 銅、真鍮や青銅を使うことが多いですが、銅配管の方が柔らかく 曲げ加工しやすいのでは?

だけど 私の使う配管は ステンレス製の方が多いです。
精密加工出来るので ガス漏れが少ない気がします。
配管の繋ぎも、特殊な金属継ぎ手で繋ぐので、締め付けさえ間違えないと ガス漏れはゼロです。
配管の曲げは、特殊工具じゃないと曲がらない。

鉄の配管は 錆びるから 使わないと思います。
ステンレスなら 普通に使えば 錆びないので。
お礼コメント
0244

お礼率 79% (126/158)

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-10-21 09:44:48
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ