• 締切済み
  • 困ってます

行政書士 行政法職権探知主義について

こんばんは、いつも勉強にご協力ありがとうございます。 行政書士試験にむけ、頑張っています。 行政法 職権探知主義について質問です。 テキストに、 職権探知主義とは、裁断機関が、当事者の主張及び証拠の申し出に拘束されることなく、職権でこれらを探知して審理の資料とすることができます。 とあります。 この中の、裁断機関という言葉ですが、どんな機関なんでしょうか? 調べてみましたが、わかりませんでした。 ご協力お願いしたいです! ヨロシクお願いいたします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数54
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

こんばんは! 僕が行政から処分を受けた、とします。 fullさん、こんなところでカフェやっちゃダメ! いくら屋台のカフェだからって、ここは、市の土地ですよ。 営業許可を取り消します。 だいたい、市の土地で勝手にカフェ するって言ってなかったじゃないよね! でも、この処分違法じゃないの? 法律に反する処分、と僕は考えるので裁判所に訴えます。 の場合は、裁判所が裁断機関です。 ※法律に反する処分、と僕が思うから裁判所に訴える。 不当処分の場合は、処分を下した行政に不服申し立て をします。 行政不服審査制度を利用して不服申し立てをする。 ※不当な処分は、裁判所は扱ってない  なので、行政に訴える。 それぞれの裁量であって、三権分立の良いところ。 この、僕の不服申し立てを受け付けるところが 裁断機関、です。 例えば、とある市の総務課から僕が不当な処分を受けた。 そうすっと 総務課に対する不服申し立ての場合は、総務課長が審査員となる のように決まってます。 総務課長が、受け付けるのだから 総務課長の所属する総務課が裁断機関です。 建設課に対する申し立ては、管理課長ですよ! なんて、決まってる。 またの名を 審査庁 と言います。 総務課が審査するんだから、総務課が審査庁ね。 ※総務課が審査する場合は、総務課が審査庁。 そうなんです、裁断機関は状況により違うので 一言では言えない。 お金ないからATM行こう、そうだ銀行に行こう!! 車のガソリンがないから、ガソリンスタンド行こう! のように、スッキリとした話じゃなくて 行政って言っても、企画財政課もあれば保健所もあり そんな様々なところが処分するので 受けつけるところも様々。 なので、ざくりと 裁断機関 と表現してる。 職権探知主義とは、裁断機関が 当事者の主張及び証拠の申し出に拘束されることなく 職権でこれらを探知して審理の資料とすることができます これは 職権で、証拠を、探知・自ら探してもいいですよ! な主義です。 その処分に対して、正しかったのか? 間違ったやりすぎた処分だったのか? 証拠になるものは、自ら裁断機関が集めていいよ! 遠足は、家に帰るまでが遠足です。 それと同じで 不服を受け付けたのならば、不当な処分か? 違法な処分か?、妥当な処分か? それの結論を導き出すまでが、裁断機関の仕事です! なにやら くどい 回答になっちゃったけれど そんなの気にしてたら、僕の勉強にならないから 先に進みますね。 最後に、僕の考える裁判とは? 裁判は 所詮証拠 です。 自分に有利な証拠があれば、それが真実です。 なので 自分に有利な証拠や判例があるならば アピールしないとダメです。 そう、自分に有利な証拠があっても黙ってたら それは、ないことになちゃう。 行政事件訴訟法第24条 https://ja.wikibooks.org/wiki/%E8%A1%8C%E6%94%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E6%B3%95%E7%AC%AC24%E6%9D%A1 これは 職権証拠調べ です。 悪いことした僕が自ら集めた証拠を 職権で裁判所が調べる、こと。 対して 人事訴訟法20条(職権探知主義)は 人事訴訟においては、裁判所は 当事者が主張しない事実をしん酌し、かつ 職権で証拠調べをすることができる。 この場合においては、裁判所は その事実及び証拠調べの結果について 当事者の意見を聴かなければならない。   ↓ 裁判所が証拠を探してくることまで認める。   ↓ 具体例としては 証人やぶつ(証拠物)を裁判官が自ら探して、連れてきたり ぶつを持ってきたりすることを認める。 自分で探してきた証人やぶつは、当然に否定されません。 強い強制力を持つので、法律にしっかと書いてないとダメ。 すみません、長い回答で、、、 欲張って勉強されてください。 1つの言葉でつまずいたら、関係ありそうな言葉を探し セットで覚えるようにする。 そうすれば イメージしやすくなるような気がします。 僕は、そんな方法でやってました。 今回の場合は 行政事件訴訟法第24条 と 人事訴訟法20条 かな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。 わかりやすい文面にいつも私の頭はなぁるほど!!!ってなってます♪ ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 行政法を学んだ行政書士はなぜ訴訟できないのか?

    行政書士の試験は6割が行政法がでるとききます。 しかし国民が行政を相手に訴訟をする場合、これだけ知識を得た行政書士なぜ訴訟を頼めないのでしょうか? (訴訟までの権限がないのはわかっていますが、理屈としてきいてください)。 ならば行政書士にとって行政法が仕事上で役に立つときってあるのでしょうか? もしあるという方や実際、書士である方のナマの意見をもらえたら嬉しいです。

  • 行政書士 行政法勉強法…どうかお助け下さい!

    行政書士を勉強していますが、いわゆる行政法で 行き詰まっています。いい勉強法や参考図書などが ありましたら教えて下さい。 予備校に通っていますので、勉強方法は以下の 通りです。 講義を聴く→問題集、過去問を解く →答え合わせをしながら解説と一肢一肢を テキスト(教科書)と照らし合わせる (正誤の理由を考えていく) →必要な箇所は紙に書き出して覚える これを繰り返しています。 民法、憲法はこの方法で合格基準に達していると 思います。ですが、行政法は、いくら照らし合わせても 頭に入って来ません。 例えば、条文ごとの「ねばならない」と「できる」との 違いや、「但し、~の場合を除く」が、どの条文には あってどの条文にはないかなどが混乱してしまいます。 用語と意味もなかなか一致しません。覚えられません。 ちなみに予備知識は、憲法は小、中、高で、 民法は数年前に取得した宅建で少し勉強した ことがあります。行政法は今回が初めてです。 どうぞよきアドバイスをお願い致します (参考図書はこのスレッドからリンクしてあった 『はじめて学ぶプロゼミ行政法』を買ってみました。)。

  • 行政書士ってなんのために存在するの?

    行政書士に存在理由や存在価値はありますか。弁護士がいれば十分だし、弁護士のような実力もない中途半端な法知識の行政書士に利用価値はあるのでしょうか。行政法や行政手続き法に詳しいといっても、所詮、役所がいなければ何もできない子犬みたいな感じ、という認識でよいですか。

  • 行政法にある「事実行為」とは、大ざっぱで極めて簡単にいうと、どういうものでしょうか

    行政書士試験における初学者の受験生です。 行政法にある「事実行為」とは、大ざっぱで極めて簡単にいうと、どういうものでしょうか。 なかなか、イメージがつかめません。 よろしくお願いします。

  • 行政書士の勉強法

    こんにちは。行政書士の独学の勉強法について初歩的なことをお聞きしたいと思います。 現在行政書士の勉強をしているのですがどのように学習すればいいのか分かりません笑 一通り憲法、民法を終らせたのですがこのように一分野ずつ おわせていくほうがいいのか、それとも一日民法ばかりせず行政法もするし憲法もこなしていくほうがいいのかこんな些細なことで悩んでいます笑 知恵をお貸しください、

  • 行政法にある「事実行為」

    行政書士試験における初学者の受験生です。 行政法にある「事実行為」とは、極めて簡単にいうと、どういうものでしょうか。 なかなか、イメージがつかめず、よろしくお願いします。

  • 行政書士の古い教材

    行政書士の10年位前のビデオ、カセットの教材資料は役に立ちますか?といいますか、現在と内容が大きく変わっていますか? 憲法、民法、行政法、行政書士法、その他法律等あると思うのですが、現在の最新版でないと合格は難しいでしょうか? もちろん、最新版のテキストも別途で必要だとは思っています。 宜しくお願いします。

  • 法律家:行政書士について

    行政書士の専門学校に行ってますが、変な人ばかりです。特に高齢者が多く、40代以上で資格をとっても意味があるのでしょうか。それともただの遊びなのでしょうか。 また、この資格って全く役に立ちませんよね。行政法とか現実では使わないし、コンサルとかほざいてる輩がいるけど、これ無意味だよね。金になりませんよね。なのに、いい年した老人や馬鹿そうな学生が一発逆転みたいに必死こいて勉強してるけど、合格した後、ハローワークか生活保護になるのが落ちだよね?? そもそも行政書士の分際で法律家とかおかしーでしょ。法学部もでてない、大学出てるかも怪しい奴がわんさかにて、人生の一発逆転みたいになってるけど、こんな資格とっても就職先もなければ、仕事もないよね? そもそも司法試験に失敗したやつが講師になってもりあがってるけど、実際に行政書士って需要あるの?必要な職業なの?弁護士は司法書士はまだわかるけど、行政書士ってなにwwwリタイアした官僚の老後の仕事くらいのつもりで作ったんでしょ? なのに、某専門学校で、おっさんとじーさんが必死こいてやってるけど、意味あるんですか。彼らは合格もできない上、合格しても全く意味がないことに気付いてないんですか? あまりにも行政法のくだらなさについ真実を書いてしまったが、よろしくお願いします。

  • 行政書士の実務の学び方

    親戚に医者が多く、行政書士になるなら、人脈を使って医療法人設立認可申請の仕事を紹介してあげるよ、と言ってくれています。その辺の顧客の獲得については恵まれているかもしれません。もちろん行政書士としての仕事ができることが前提ですが。 ただたとえ行政書士試験に合格したからといっても、ご存知の通り実務については全く分りません。そこでいくつか質問をさせて頂きたいです。 1 医療法人設立認可申請について、行政書士としての実務をどうやって学べばよろしいのでしょうか?教えてくださる方をどうやって探せばよいのでしょうか? 2 すべて一人で行うことは不可能であり、税理士、司法書士や他の行政書士の方と協力する必要がある場合も多いと思いますが、そのような協力体制はどのように作り上げていくのでしょうか? 3 行政書士として法律上できる範囲、禁止されている範囲はいまいちわからないのですが、どうやって確認するのでしょうか? 4 青色申告にして節税などの事務所経営のことも考える必要があるのですが、どこで学ぶのでしょうか? 入会金なども高額なので、行政書士会に入会したらこのような指導が受けられると安心なのですが。このような事情に詳しい方ご回答よろしくお願いします。

  • 行政書士の相談について(ちょっと複雑です)

    ちょっと複雑なので、先にざっと経由を書きます。 夫婦仲が悪いので(DV等)、母が離婚を申し出たところ、少し時間は掛かりましたが、親父は離婚届にサインをしてくれました。 これから、離婚協議書を作るために、家族で話し合うというのに…親父は「当事者同士では話し合う気は無い」として、何故か行政書士の事務所に出向いて仲裁に入ってもらい、親父の主張「また元通りに皆で生活したい」と言い始めたことを、行政書士に依頼したそうです。 ここで、お伺いしたいことはいくつかあります。 ・行政書士が離婚の仲裁に入れるのか?(ただの第三者ではなく、法的処置を取る者) ・親父は、完全に鬱の状態でパニック状態です、その為正常な判断が出来なくなっています。 ・依頼料について、行政書士には数十万で依頼したそうです(内訳は、親父と母の各2~3回の相談料、書類作成、代行) ・行政書士の方に「キャンセル出来ないのか?」と聞いたら、出来ないと断られた。依頼してまだ2日しか経っていません。 ・親父が離婚届にサインをしたのに、また元に戻すなんて法的に可能なのか?