• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

裕福な家庭だとしても現代社会では恋愛貧困階級

  • 質問No.9592074
  • 閲覧数184
  • ありがとう数8
  • 気になる数2
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 5% (8/144)

どんなに努力しても裕福に生まれても、要領悪く生まれた時点で暗黒の青春時代を歩むことは避けられず、そのせいで恋愛スキルも磨かれず、気が付けばいない歴=年齢の陰キャ童貞が出来上がります。
一方、見た目と態度がでかく要領さえ良ければ、後は何不自由なくスクールカーストの勝者となり、その上勉強が得意ならば文武両道高学歴リア充、勉強が苦手なら地元のチャラ男やオラオラマイルドヤンキーとして幸せに生きます。

私は前者でした。何度も底辺どもにいじめられ、不登校になったり不眠症になったりして、何度も人生を諦めたくなりましたが、それでもなんとか生きるための努力を続け、有名大学を卒業までしました。
今となっては低学歴の連中と関わってみても、動物か知的障害者としか思えません。

でも結局、見た目がよくて態度がでかく要領の良い奴らには勝てないんですよ。
高卒でも中卒でも、底辺職やフリーター、無職でも、あるいは動物並みの知能しかなくても、更には未だにいじめっ子根性の抜けないクズみたいな性格でも、あいつらは女には絶対に困りません。

一方、私は奴らが下位のセフレにしているレベルの女にすら手が届きません。
こんな世界が許せません。
もう私がこの世界で生きるための努力をする意味はないですよね。
私たちは生まれながらにして現代の身分制度における被差別階級であるのだと確信しました。
私を侮辱し続けるこの世界を壊すために私が今まで培ってきた知識や経験、精神力を集中させるべきですかね?
そうすれば世の中の理不尽に一矢報いることが出来る気がします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 33% (111/332)

>私を侮辱し続けるこの世界を壊すために私が今まで培ってきた知識や経験、精神力を集中させるべきですかね?

そうは思わない。それだけ裕福で学歴があって若いのならこんなことにエネルギーを使わずに女の子とコミュニケ―ションをとる訓練にエネルギーを使えばいい。要領が悪いと思っているならばそれを改善する方法を必死で捜せばよい。できないなどと最初から考える理由が分からない。

世の中全体を変えることと自分一人を変えることを比較すれば後者の方がよっぽどコストパフォーマンスが良い。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (675/4705)

恋愛相談 カテゴリマスター
冷静に考えて。モテないのは彼らが居るからじゃないでしょ。
学生の時は、それも一因だったのかもしれないけど
今は彼らは関係ないでしょ。あなたの問題だと思いますが。
女性を物のように思ってたら、そりゃ女性は誰も相手にしないでしょう。
人のせいにしてたら何も変わらないと思います。

誰も、そこまで、あなたのことばかり考えてる訳じゃ無いですよ。
ずっと、同じこと書いてらっしゃいますけど
侮辱され続けてるって思われてたら妄想です。そこまで誰も興味は無いと
思います。気のせいです。
補足コメント
mini_mini49man

お礼率 5% (8/144)

女を物のように思っているのは無節操にセフレを増やしたり食い散らかしているチャラ男やオラオラマイルドヤンキーです。
でも口と格好だけのチャラチャラしてオラついてる猿どもです。

高卒でも中卒でも、底辺職やフリーター、無職でも、あるいは動物並みの知能しかなくても、更には未だにいじめっ子根性の抜けないクズみたいな性格でも、あいつらは女には絶対に困りません。

そう書きましたよね?
投稿日時:2019/02/28 09:24
  • 回答No.2

ベストアンサー率 17% (258/1483)

実家が金持ちで有名大学出たのであれば、当然一流企業に務め、そうなるともう、中卒、高卒の人とまともに付き合う必要はありません。別に気しなくてよいと思いますよ。
  • 回答No.1
全てを親のせいにして自分では努力しようとしない考え方を直す、そうしないと一生無理な話。
補足コメント
mini_mini49man

お礼率 5% (8/144)

投稿日時:2019/02/27 22:19
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ