• ベストアンサー
  • 困ってます

支払督促から裁判へ

原告側が敗訴同然の条件で和解を持ち掛けてきました。もし被告の弁護士ならどうしますか?原告側としては裁判を早く終わらせたい魂胆のようです。 (1)一応争うの場合、可能性はありますが敗訴したら烙印が付きます。 (2)和解する場合、それでことが終わります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数144
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>和解条件は原告の勝訴同様ですが、争いますか? 争いません。 原告に花を持たせてやってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。そのように伝えます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

質問者の質問目的がわかりません。 原告が和解を申し出ている目的、背景もわかりません。 和解の内容も不明です。金額はいくらですか。 質問者さんの意思と違うかもしれませんが私なら以下の態度をとります。 原告が裁判を早く終結したいというのなら被告が損をしない(訴えに納得できる範囲プラス迷惑料?)で応じます。 金額によりますが受任する弁護士がいるでしょうか。 受任したとしても和解を勧めると思います。 原告の嫌がらせ行為と思えるなら判決をもらい、裁判費用(少額ですが出廷料、交通費など法律で定める額)を請求します。勿論、質問者が全面勝訴が前提です。 さらに、名誉毀損、精神的損害、弁護士費用という不要な出費も検討し損害賠償請求を考えます。 烙印を恐れると言うことは質問者さん側に落ち度があるとも考えられますが。 烙印の意味も不明ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

原告が和解を申し出る背景に(できるなら)裁判せずに終結させたいという意図があり、今後に課題を残したくないのではないでしょうか? 和解条件は原告の勝訴同様ですが、争いますか?

  • 回答No.2
  • kknow
  • ベストアンサー率18% (16/88)

烙印って何? 法律的にそんなものは存在しないよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もし被告の弁護士ならどうしますか? これが私の質問ですので"烙印"の法律的な意味や解釈は聞いてません。 原告側が裁判を早く終わらせるため和解を持ち掛けました。 もし被告の弁護士ならどうしますか?

  • 回答No.1
  • hue2011
  • ベストアンサー率38% (2798/7235)

原告側、が支払督促をしてるんですよね。 なぜ和解を持ちかける必要があるのですか。そして原告側が敗訴したら烙印がつくというのはなぜ?クレーマーとしての烙印? 普通は訴えらえて金払えと言われている被告側が和解を持ちかけて裁判を解消させようとするのですね。それはこの裁判が公衆に見られていますからそれ自体が汚点だからです。払えと言われている金額ではなく、最大限の額を提示し、誠意をもって和解したとなれば支払も少なく済みますし、評判はぎりぎりですが落ちなくて済むのです。 原告側は、訴えておきながら和解しようというなら、言いがかりをつけて金を払わせるやくざ仕事ということになります。だからその和解が実現したら、ことが終わる、ではなくこいつは暴力団だと認識されるという結果になります。 被告側は大火事にならなくてすんでめでたいというとらえ方だと思います。株価なんかも回復していきますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

分かりにくいですね。 敗訴したら烙印が付くのは被告の話です。

関連するQ&A

  • 裁判の戦い方

    たとえば、原告が「遺言書無効」の裁判で勝訴となり、次に原告が被告に「遺産引渡」の提訴をした場合、被告の弁護士は「遺言書無効」の裁判資料(控訴も含み、いわゆる敗訴になったもの)を次の「遺産引渡」の裁判で提出しなかったら、不利になるものですか? こういうやり方もありですか?へんちくりんな質問ですみません。教えてください。

  • 裁判の費用について

    以前このカテゴリで質問・回答を頂いた者です。 結局訴状が来て、色々準備することになったのですが、 ふと費用の事が気になりました。 裁判(民事裁判)行う際、原告が払う裁判の費用は大体いくらくらいなのでしょうか? 原告が弁護士を複数人雇った場合、被告が敗訴した時はその弁護士費用も 負担するのでしょうか。

  • 裁判上の和解

    今まで長いこと訴えていた裁判が、相手が請求金額の7割を支払をすることで、和解になりそうです。ところで、和解すると当然弁護士さんには成功報酬を払いますよね。裁判にかかった費用はどうするんですか?原告被告折半ですか?判決なら負けた方がはらうんですよね。和解の場合はどうなるんでしょう?教えてください。

  • 民事裁判で被告で未成年です。

    裁判で被告です。 私は、和解をしたいと考えています。 勝てるような内容ではありません。 私以外他にも被告はいるのですが、他の人は徹底抗戦をするらしいです。 しかし、私は原告側と和解をしようと考えています。 お金をかけるのもアレなので 弁護士なしで裁判をしても大丈夫でしょうか? また、裁判までに何を準備しないといけないでしょうか? あと、相談所とかは利用しても大丈夫でしょうか? すごく心配です。

  • 裁判における和解

    求償権をめぐる裁判において裁判官は和解を原告、被告に和解を勧めるようです。 そのとき被告の月々の返済金額が余りに低いとき「給与を差し押さえます」と和解を拒否することは可能でしょうか?被告の職場はわかっております。 現実的には余りに私に返済する金額が少なく長期にわたっても和解を受け入れたほうがよいのでしょうか? なお、この被告は近い将来自己破産をする可能性が高いと思われます。 お詳しい方教えて下さい。

  • 裁判手続きについて

    現在、私の車の修理代金請求事件184万円の被告として、大阪地裁で1審の裁判をしています。 現在迄、5回の口頭弁論があり、原告は顧問弁護士、私は本人訴訟で行っています。 第1回は、原告訴状と私の答弁書の陳述 第2回は、原告準備書面の陳述(この時裁判官は原告準備書面は後に回す、修理契約成立についてのみ陳述する準備書面2を作成するように原告へ指示しました。) 第3回は、原告準備書面2を陳述(この時裁判官は原告準備書面2について次回までに被告準備書面を作成するように指示されます。) 第4回は、被告準備書面を陳述、合わせて被告の文書送付嘱託4件の申立を行います。(この時裁判官は4件全てについて申立てを預かりにすると言われます。その上で被告の敗訴の判決を出すので、原告の請求通り支払う和解をするように求められ、次回まで考えるように言われます。) 第5回は、原告準備書面3を陳述(被告の敗訴の判決を出すので、原告の請求通り支払う和解をするように求められ、拒否して、被告の和解案を口頭で提案して原告はこれを拒否、裁判官は、頑張ってもそれだけの利益は無いからと、証人尋問でもしては無く済ませようと言われます。) 私は、現在最終になるであろう反論の準備書面を作成しています。 このような状況で、原告の最初の準備書面は、どの様な扱いになっているのでしょうか? また、申し立てを預かるとは、どういった意味合いがるのでしょうか? また、双方の全ての陳述や証拠について、書記官に採用させれているかなど確認する必要があるのでしょうか? 必要があれば、どの様にして確認すればよいのでしょうか? アドバイスをお願い致します。

  • 民事裁判 和解について

    民事裁判の原告です。 準備書面は5回提出し、被告の嘘、主張に一貫性のない事を立証してきました。 すると弁護士から、 『今まで出した書面等を裁判官は十二分に理解してくれたようで,被告の原告に対する説明せ金が不十分であったことを指摘してくれていました。  それに対し,相手方は,特に今回の反論で激昂したようで,反訴するつもりがあることを言っていました。  裁判官は,被告はもう少し大人になった対応で和解できないのか,と諭していました。  ですので,無意味且つむやみに紛争が拡散且つ長期化せぬよう裁判も配慮したいようで,和解による終結を提案してきました。』 との返答を戴いた次第です。 原告の主張は認めてられていると思っているところなのですが、ここに至り和解をすることが最善になるのでしょうか、納得出来ないのです。和解はしたくありません。 もし宜しければ、助言をを下さいますか? よろしくお願いします。

  • 裁判の和解日に出頭しなくても成立しますか?

    色々、悩んだ末に和解することにしました。 本人審問日に和解日が予定され(裁判所で予め決められ設定された)、 調書を作る次第でした。 主人(原告)がその日は都合がつかず出頭出来ないと弁護士を介して 伝えられ、原告の意向を裁判所が電話で確認し、 その日は私(被告)のみ出頭になると伝えられました。 不本意ながらの離婚裁判で、和解金は私が受け入れることになっています。 最後くらいけじめをつけれないのかと。呆れるばかりなのですが 和解を受け入れるのを止めようと思っています。 和解日に原告が出頭しなければ和解しないというのはありですか? 和解日に本人が出頭しないというのもありなんでしょうか?

  • 裁判中の和解。取下げまでの流れをお聞きします?

    例えば、少額訴訟で第1回期日までに被告から裁判上ではない和解の打診があり、原告が受け入れる場合でお聞きします。 この場合は、原告と被告が書面等で和解の契約書を締結し、その後に裁判の取り下げをするのでしょうか? 取り下げまでのプロセスが良く解りません。 宜しくお願いします。

  • 私の勤め先の社長が元請に対して支払督促の申立てをして現在裁判中です。

    私の勤め先の社長が元請に対して支払督促の申立てをして現在裁判中です。 まず前提として、こちらは本人訴訟であり、弁護士はついていません。 被告側には二人の弁護士がついています。 私自身も裁判の経験もなく、法律に詳しくはありません。 まず、被告の答弁書に対する準備書面を作る時、私は”答弁書に沿って反論するように”書かなくてはならないと社長に言ったのですが、 社長は全然聞いてくれず、答弁書の流れには沿っていない準備書面、証拠書類、証拠説明書などを作りそれを提出しました。 そして今日、口頭弁論がありました。 裁判官から『この書類ではダメ』という趣旨の事を言われ、社長はへこんでいましたが、 裁判が終わり事務所に戻ってから『ちゃんと答弁書に沿った準備書面をまた出そう』と言い出しました。 社長の言い分だと、相手が読もうが読むまいが構わないから、取り合えず今回提出すべきだった”答弁書に沿った準備書面”を出すだけ出そうというものです。 私が思うに、そういった書類のやり取りにはルールがあって、それに沿って裁判を進行していかなければならなず、勝手にこちらが準備書面を出し直すなんてしていいものなのでしょうか? 今日の裁判では裁判官もイラツキを隠せず、”弁護士をつけたほうがいい”と言われていました。 社長は絶対に弁護士をつけるつもりはない!と言い切っています。 そして役人に屈してはならない!!とまで言っています。 私は社長の自分の思い通りにやろうとする姿勢についていけないのですが、 準備書面を出し直すから書類を作るように言われていて悩んでいます。 こちらが勝手に準備書面を作り直し、勝手に被告と裁判所に提出する事が法的に問題がなければいいのですが、 こういう行為に問題があるとするなら社長をなんとか説得したいと思っています。 もし、社長を説得する事になった場合、どういう説明をするべきかも教えて頂けると助かります。 回答宜しくお願いします。