• 締切済み
  • すぐに回答を!

写像についての問題

写像についての質問です。 解答できるものだけでよいのでお願いします。 次の集合X,Yについて指定された性質を持つ写像f:X→Yの例を一つ挙げよ。ただし、Rは実数全体の集合、Zは整数全体の集合。 1、X=R、Y={x∈Z│x≧-1}, fは単射でないが、全射である 2、X=R, Y={x∈R| x >0} fは単射であるが、全射ではない。 3、X={x∈R | 1≦x≦3}, Y={x∈R | 2≦x≦5} fは全単射である。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

なるほど、x≦6 じゃなく x≦5 だった。 こんなだから、♯2の回答者には 「ひっこめ、ゲートボールでもしてろ」とか 名指しで言われてしまうんだな。 老眼鏡を買い換えないとね。 3. の解答例は、慎んで訂正: f(x) = (13-3x)/2 とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • OurSQL
  • ベストアンサー率40% (53/131)

おそらく、大学初年度で学ぶ集合論の問題ですね。 集合 X, Y と写像 f : X --> Y を考えるとき、まだ集合論の考え方に慣れていないかもしれませんので、(1) は前提としましょう。 (2) ~ (4) は、たぶんご存知だと思いますが、一応書いておきます。 (1) X と Y は、どちらも空集合ではない(慣れてきたら、この前提は不要として構いません) (2) f(X) = { y ∈ Y | y = f(x) for some x ∈ X } = Y が成り立つとき、f を X から Y への全射という (3) X の任意の元 a, b に対して、f(a) = f(b) --> a = b が成り立つとき、f を X から Y への単射という (4) (2) と (3) がともに成り立つとき、f を X から Y への全単射という 1. に関して、もうすぐ習うと思いますが、X から Y への単射は存在しません。 よって、f が全射になる例を探すだけで構いません。 X = R の部分集合 W を、W = N ∪ { 0 } = { 0, 1, 2, 3, ・・・ } とします。 x ∈ W のとき f(x) = x, x ∈ X \ W のとき f(x) = -1 と定義すると、f は単射でない全射の例となります。 2. は分かりやすいと思います。 f(x) = 1 + e^x と定義すれば f は明らかに単射ですが、f(x) = 0.5 を満たす x ∈ X = R は存在しないので、f は全射になりません。 3. に関して、間違いを教えられるのは迷惑でしょうから、正しい例を挙げておきます。 いろいろな例がありますが、f(x) = (3x + 1)/2 とすれば、f は X から Y への全単射になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

「全射」「単射」の意味は解っているんでしょうね? 値域が終域と一致しているのが全射、 逆写像が存在するのが単射ですよ。 そうなる例を挙げればいいだけですが、例えば… 1. x の整数部分と -1 のうち、小さくない方を f(x) とする。 2. f(x) = Arctan(x) + 2 3. f(x) = 8 - 2x とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 写像の問題です。よろしくお願いします。

    (1)2つの写像f:X→Y、g:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像の証明問題です。よろしくお願いします。

    写像の問題です。よろしくお願いします。 (1)2つの写像f:X→Y、f:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像について

    写像について (1)(-1,1)を(-∞,∞)に全単射する写像の例を一つ挙げよ。あげた写像が全単射といえる理由も述べよ。 (2)f:R^2→R^2,f(x,y)=(x+y,xy)とするときf(D)を求め図示せよ。 D={(x,y)|x^2+y^2<1,x>0,y≦0} の二問の解答への方向性が見えません。 全射、単射についての定義はわっかていますが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 写像の問題なのですが…

    写像の問題なのですが… Rで実数全体の集合を表す。 f1,f2,f3,f4,f5,f6,f7をそれぞれ次の式で定義されたRからRへの写像とする。 f1(x)=x-2 f2(x)=x^2 f3(x)=x^3 -4 f4(x)=x^3 -4x f5(x)=e^x f6(x)=f2?f5 f7(x)=f2?f1?f5 これらの写像が、全単射、単射だが全射でない、全射だが単射でない、 のいずれであるかを判定しなさい。(証明は必要なし) という問題があるのですが、f4,f5,f6,f7の図がうまく描けず、 答えがないためあっているか不安です。 もしよろしければ、教えてほしいです。 お願いします。

  • f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像

    f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像とし、g⚪︎f:X→X、f⚪︎g:Y→Yをそれらの写像の合成写像とする。次の記述1から5について、 1:gが全射ならば、g⚪︎fは全射である。 2:g⚪︎fが全射ならば、fは全射である。 3:g⚪︎fが単射ならば、gは単射である。 4:Yが有限集合で、g⚪︎fとf⚪︎gが全射ならば、fは全単射である。 5:f⚪︎gが全単射ならば、g⚪︎fは全単射である。 常に正しいのは4であるそうですが、その理由がわかりません。どなたか教えて下さいませんか。

  • 写像の問題なのですが、いまいち理解できません…

    写像の問題なのですが、いまいち理解できません… どなたか解説をお願いします。 1.f1~f5をそれぞれ次の式で定義された実数から実数への写像とする。これらの値域を答えなさい。  さらに全単射、単射、全射、単射でも全射でもどちらでもないのいずれであるか答えなさい。 またグラフも描きなさい。 f1(x)=x+1 f2(x)=x^3 f3(x)=x^3-x f4(x)=a^x (a≠1、a>0) f5(x)=x^2 2.f,g,hは実数から実数の写像でf(x)=x-2,g(x)=3x,h(x)=sinxとする。  このとき、f・g・f と h・g・f と g・h・f を求めなさい。 この2問です。解説お願いします。

  • 写像について

    問題 A:有限集合 写像f:A→Aとする。写像fが単射ならば全射、また全射ならば単射である事を示せ。 <自解> 写像fが単射ならば a_1,a_2∈A、f(a_1)=f(a_2)⇒a_1=a_2(単射の命題の対偶) 写像fはAからAへの写像より ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A 故に、写像fが単射ならば全射。 また、 写像fが全射ならば ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A … ここから単射をどう示したらいいのかわからなくなりました。 全体的に証明できていないと思います。 どう示すべきか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

  • 幾何学の問題がわかりません。

    fを集合Xから集合Yへの写像、gを集合Yから集合Zへの写像とする。つぎを証明せよ。 1、fおよびgが単射ならばfとgの合成gfも単射である。 2、fおよびgが全射ならばfとgの合成gfも全射である。 3、|X|<_|Y|で||<_|Z|ならば|X|<_|Z|である。 この問題が分からないのですが教えて頂けないでしょうか。

  •  集合と写像 の問題解説お願いします

    数学の集合と写像について教えてください。 期末試験の過去問なのですが、解説・回答がなくて困っています! 試験直前なので どうぞよろしくお願いします。 X={3,4,5}  Y={5,6,}とする。   (1) XからYへの単射を1つ求めよ。 (2) XからYへの全射を1つ求めよ。 (3) (1)(2)で求めた写像の合成写像を求めよ。 (4) XからYへの写像で全射であるものを全て述べ、その写像 f2 = f. ○ f が恒等写像となるも   のを全て求めよ。 (5) XからYへの写像で単射であるものを全て述べ、その写像 f3 = f ○ f ○ f が恒等写像とな   るものを全て求めよ。 解説も付けていただけるとたすかります。 よろしくお願い致します。

  • 単射 全射 全単射 について教えてください

    タイトルの通り、単射 全射 全単射についていまいち納得できないので教えてください。 今、手元に問題が5つあるのですが 自然数、整数、実数全体の集合をそれぞれN,Z,Rとする。 (1)f:Z→N f(x)=x2(二乗) (2)f:R→R f(x)=2x(x乗) (3)f:R→R f(x)=sinx (4)f:Z→R f(x)=x3(三乗) (5)f:R→R f(x)=2x+1 例えば、(1)であれば  Zが1のとき、Nは1、Zが2のとき、Nは4という風にZが決定すればNはただひとつ必ず決まるから単射。 でも、Zが2のときは、Zは1とも-1ともいえるので全射ではない、ということなのでしょうか。 全単射、というのはそうするとどういった状態を言うのでしょうか・・・ それぞれの問題も全くちんぷんかんぷんです。 どうか教えてください。