• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

写像の単射と全単射

写像の定義に関して本で 単射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的 全射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが存在 全単射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的に存在 という説明がありました。 単射であって全単射でない場合はあるのでしょうか?具体例を教えて いただければと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数297
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • nag0720
  • ベストアンサー率58% (1093/1860)

f:R→Rで考えると、 (1) y=e^x (2) y=1/(e^x+1) などが、単射ですが全射ではありません。 (1)の値域は、y>0 (2)の値域は、0<y<1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 写像に関する問題で単射、全射、全単射を選ぶ問題についての質問です

    大学の問題で、 関数f,g:N→Nを以下のように定義する。 f(n) = 3n, g(n) = [n/3]+1     ※[ ]は床関数を表す fとgの合成gfが満たす性質を選べ。 (A)単射でも全射でもない(B)単射だが全射ではない (C)全射だが単射ではない(D)全単射である という問題なのですが、gfが1となる元が存在しないので(B)の単射だが全射ではないと思うのですが、回答を見たら(D)の全単射でした。なぜ全射になるのか分らないのですが、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 全単射の数

    f:{1,2,3,4,5}→{1,2}でできる写像のうち、全単射の数を求めよという問題で、 写像の総数2^5=32。そのうち全射にならないものは、全て1に行く写像と全て2に行く写像の2つ。よって32-2=30が全単射の数と本に書かれていました。 自分は集合{1,2,3,4,5}が集合{1,2}に対応させられると、対応先がどうしても被るので単射になる写像が0で、全単射も0だと思いました。 本の正誤表はインターネットで調べても出てこなかったので、本が正解だと思うのですが、どなたかこの問題の解説をしてくださいお願いします。

  • 自身への写像が全単射となることの証明

    (1) 写像f:A→Aとする。Aが有限集合であるとき、写像fが単射ならばfは全単射である事を示せ。 (2) Aが無限集合であるとき、fは全単射か。そうであれば証明せよ。そうでないなら反例を示せ。 上の問題の(1)は以下のように考えました。 f(A) は A の部分集合。 f(A)≠A と仮定すると、A とその真部分集合との間に全単射が存在したことになる。これは、無限集合の定義であるため、有限集合は全単射である。 このような証明で十分なのでしょうか?また、上のように考えたのでAが無限集合であるときはfは全単射ではないと思うのですが、反例が思いつきません。 わかる人がいれば教えてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#221368
noname#221368

 #6さんへ。その通りだと思います。#6さんが、教育関係の方だったらどうしようと、ちょっと冷や汗をかいています。  質問者様へ。自分も#6さんと同じ事を考えました。なので「文脈上」などの言葉で、本の正確な記述に関して、注意を喚起したつもりでしたが、言葉が足りなかった気もします。こういった補足要求が出てしまった以上、良ければですが、#6さんの質問に応えて頂ければ幸いです(皆さんもすっきりすると思います)。以下申し訳ないですが、#6さんへの言い訳です。  自分は長い事、数学を独学して来たので、数学の慣習によるほんの些細な言い回しがわからずに、何日も悩んだおぼえがあります。写像の本で言えば、対の集合と対応とグラフ,始域と終域,定義域と値域,写像の定義と進んで、関係式による写像の定義まで来た時に、次のような表現にぶつかりました。   X,Yを集合として、任意のx∈Xに対して対応するy∈Yが唯一つ存在するとき、それを写像と定義する.  これは∀や∃を含む半論理式で(「∀ε>0に対し・・・」、などの類です)、そのまま読めば、こう読まざる得ない気がします。今ではこれは、   X,Yを集合として、各x∈Xに対して対応するy∈Yが唯一つ存在するとき、それを写像と定義する. と読むべきなのは知っています。しかし「任意のx∈X」と読んだ時、最初に自分に起こった反応は、「全部のxに対してyは必ず一つだけなのか?」というものでした。これって「定値写像の定義では?」という訳です。  知り合いの数学の先生にきいた時に返って応えが、まさに、   「全部のxに対してyは必ず一つだけ、なんて何処に書いてある?」 でした。この先生は、他学部の学生にも親切に教えて下さる方で、こんなに強い語気ではなかったのでしょうが、当時の自分にとっては大変なショックでした。こんな事で何日も悩んでたのか!、と。そして数学の本は、そのまま読むだけでは駄目なのだと思いました。ふつうの感覚を働かせながら、行間を読む必要があると感じました。今回は、このあたりの事情を強調したくて、暴走したようです。  しかし、こんな事で悩むのは、すごくもったいない気がします。それで、自分が無免許状態であるのを良いことに、数学の道交法に抵触する、暴走発言を時々やってしまいます。そんなにひどい事は言ってないと、自分では思っていますが、目に余ったら、いつでもご意見,ご批判をお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • Caper
  • ベストアンサー率33% (81/242)

● まことに恐れ入りますが、ご質問文の中に記述されます「 単射・全射・全単射の定義 」が出典から正確に引用されたものであるか否かを確認なさってはいただけませんでしょうか。 ● 出典の記述が例えば次のようなものであれば、私は ( いくぶん ) 納得できるのですが … 。なまいきを言って、申しわけありません。   f は 集合 X から 集合 Y への写像であるとする。  「 f が単射である 」とは、「 任意の y ∈ f(X) ( ⊆ Y ) に対して、x に関する 方程式 f(x) = y の 解 x が一意的 ( に存在する ) 」ということである。  「 f が全射である 」とは、「 任意の y ∈ Y に対して、x に関する 方程式 f(x) = y の 解 x が存在する 」ということである。  「 f が全単射である 」とは、「 任意の y ∈ Y に対して、x に関する 方程式 f(x) = y の 解 x が一意的に存在する 」ということである。 ● 言いわけ   以上の私の記述は、ddtddtddt さん の No. 5 を私が読む前に、作成したものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様、回答ありがとうございます。 定義の出典ですが、「数学セミナー」の記事からの出典です。 何月号か図書館で見たものなので覚えていないのですが、今年の4-8月のあたりの ものであったと思います。 質問に記載した定義の文言は、その記事の記載から改変しておりません。

  • 回答No.5
noname#221368
noname#221368

 #3です。自分の例は、誤解を招きやすいものだったと思います。単射であるが全射でない例は、他の皆さんの例を参考にして下さい。ここでは補足にあった、 >f(x)=yの解が存在はするけれど、その解はAの範囲には含まれない・・・という事か? について、自分の意見を述べます。まず、   (1)単射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的. の任意のyですが、自分だったらですが、「値域に入っている任意のy」と解釈します。  XとYを集合,f:X→Yとして、y=f(x)となるx∈Xと持つ、y∈Yの全体の事を、fの像とか値域とか言い、y=f(x)にならってf(X)などとふつう書きます(本に載っていたと思います)。ふつうはY≠f(X)であり、Y=f(X)の場合が全射です。つまり、   (2)単射: 任意のy∈f(X)に対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的. です。  (1)の言い方を少しだけ丁寧にした(2)の「任意の y∈f(X)」の「∈f(X)」は、暗黙の仮定として、省略される事はけっこうあります。本だったら「文脈上わかるだろう」という訳です。大学での講義などでこの時、「∈f(X)が必要なのでは?」という質問したとして、「言葉が足りなかったね」という応答がまっとうだと思うのは自分だけではないと思うのですが、「必ず存在するなどと何処に書いてある?」と一括される事さえあります(まさに先生によりますが)。それに対して「でも全射では必ず存在するのに、必ずとは書いてません」と言うと、「必ず存在するのに何故言う必要がある。定義を理解してるのか?」という応えになります。  ひどい話と言えばひどい話ですが、理由は2つある気がします。一つは、(1)のようなものが問題として出たら、少し省略する事で、定義を本当に理解しているかどうかの、かっこうのテストになるからです(再び、先生によります)。  もう一つは、数学は言葉を出来るだけ切り詰めて「スローガン的に物を言う癖がある」からだと思えます。だいたい「任意のy∈f(X)」という言い方自体、日本語としてはおかしいですし、工学部の気難しい教授などは、こんな言い方も認めてくれません。  しかし物は考えようです。大学生の方と思いますが、大学生には、それだけの自由度が与えられている、という事です。もし(1)が問題として出た場合、解答の冒頭に「任意のy∈f(X)と考える」と一言書けば、高校では「誰がそんな事を要求した」と×を食らうかも知れませんが、大学では「very good」の可能性さえあります。  最後に、「f(x)=yの解が存在はするけれど、その解はAの範囲には含まれない」についてですが、その通りです。ただし「Aの範囲に含まれない場合」、すなわち「解がない場合は、解は空集合として空集合が存在するとみなす」と、厳密には定義します。この定義後であれば、(1)においても解は必ず存在しますが、結局、当たり前の事を言ってるだけです。写像の定義なんて、そんなものです。ふつうの感覚を信じましょう。  ただしこの場合、必ず一意には存在しません。なので、(1)は厳密にはやはり不備のある言い方です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 まだ返答内容をきちんと消化できていないので、これからじっくり読んでみます。

  • 回答No.3
noname#221368
noname#221368

 本を読まれたのですから、単射,全射の定義はわかっていますよね?。 >単射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的 >全射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが存在 >全単射: 任意のyに対して、xに関する方程式f(x)=yの解xが一意的に存在 は、ほとんど定義そのものです。それは分かってるんだ!、という事でしょうか?。だとすれば、引っかかっているのは、 >単射であって全単射でない場合・・・ あたりなのかな?、と想像しました。  たぶん単射として、f:R→Rかつy=xなどを考えたと思うのですが、ふつうに考えれば確かにこれは全射にもなりますし、単射ならば必ず全射と思ってもしかたない気はします。  でも「写像の定義」です。AをRの真部分集合として、f:A→Rかつy=xは、単射であって全射でない例になります。  的外れだったら、御免なさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>でも「写像の定義」です。AをRの真部分集合として、f:A→Rかつy=xは、単射であって全射でない例になります。 全射でないということは、f(x)=yの解が「存在しない」ということ でしょうか? そうでしたら、一意的なのに存在しない、という意味がよく理解できていません。 f(x)=yの解が存在はするけれど、その解はAの範囲には含まれない、ということなのでしょうか?

  • 回答No.2

容易に思いつくと思うんですけど、まったく想像もつかないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#108210
noname#108210

具体例をあげれば, 正の実数全体の集合をAとし,実数全体をRとするとき AからRへの写像 f:x→x^2 は単射。(全単射ではない) AからAへの写像 g:x→x^2 は全射。(全単射でもある)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 違いは「AからRへの写像」か「AからAへの写像」ということでしょうか? まだよく理解できていません。 "正の実数全体の集合をAとしている"、ということは、x -> x^2は常に「AからAへの写像」 となってしまわないでしょうか?

関連するQ&A

  • 写像について

    写像について (1)(-1,1)を(-∞,∞)に全単射する写像の例を一つ挙げよ。あげた写像が全単射といえる理由も述べよ。 (2)f:R^2→R^2,f(x,y)=(x+y,xy)とするときf(D)を求め図示せよ。 D={(x,y)|x^2+y^2<1,x>0,y≦0} の二問の解答への方向性が見えません。 全射、単射についての定義はわっかていますが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 単射 全射 全単射 について教えてください

    タイトルの通り、単射 全射 全単射についていまいち納得できないので教えてください。 今、手元に問題が5つあるのですが 自然数、整数、実数全体の集合をそれぞれN,Z,Rとする。 (1)f:Z→N f(x)=x2(二乗) (2)f:R→R f(x)=2x(x乗) (3)f:R→R f(x)=sinx (4)f:Z→R f(x)=x3(三乗) (5)f:R→R f(x)=2x+1 例えば、(1)であれば  Zが1のとき、Nは1、Zが2のとき、Nは4という風にZが決定すればNはただひとつ必ず決まるから単射。 でも、Zが2のときは、Zは1とも-1ともいえるので全射ではない、ということなのでしょうか。 全単射、というのはそうするとどういった状態を言うのでしょうか・・・ それぞれの問題も全くちんぷんかんぷんです。 どうか教えてください。

  • 写像の問題をお教え下さい。

    いくら考えても全くわかりません。 お教えいただければ大変嬉しいです。お願いします。 問題 Aをm×n行列とし、行列とベクトルの積で与えられる線形写像A:R^n →R^m:x ↦ Axを考える。 以下の問いに答えよ。 (1) 写像Aが単射であるならば、n ≤ mであることを示せ。 (2) n ≤ mであって、写像Aが単射でない例をあげよ。 (3) 写像Aが単射であるならば、rankA = nであることが必要十分であることを示せ。 (4) 写像Aが全射であるならば、n ≥ mであることを示せ。 (5) n ≥ mであって、写像Aが全射でない例をあげよ。 (6) 写像Aが全射であるならば、rankA = mであることが必要十分であることを示せ。 (7) もしn = mならば、写像Aが全単射であることとAが正則であることが必要十分であることを示せ。

  • "無理数全体の集合から実数全体への全単射が存在する"の証明の説明をお願いします。

    次の問題の解答で分からないところがあるので説明をしてもらいたいです。 問: 無理数全体の集合からRへの全単射が存在することを証明せよ 解: R-Q から R への全単射の存在を示せばよい R-Q は無限集合であるから、可算部分集合 A が存在する ここで Q は可算集合なので、A∪Q は可算集合 よって全単射 f: A→A∪Q が存在するので 関数 g:R-Q →Rを     g(x)= { x (x∈R-A)         〔 f(x) (x∈A) と定義すると g は全単射である ■ 最後のところで、なぜgを上のように定義すると全単射になるのかがわかりません。 よろしくおねがいします。

  • 写像の問題なのですが、いまいち理解できません…

    写像の問題なのですが、いまいち理解できません… どなたか解説をお願いします。 1.f1~f5をそれぞれ次の式で定義された実数から実数への写像とする。これらの値域を答えなさい。  さらに全単射、単射、全射、単射でも全射でもどちらでもないのいずれであるか答えなさい。 またグラフも描きなさい。 f1(x)=x+1 f2(x)=x^3 f3(x)=x^3-x f4(x)=a^x (a≠1、a>0) f5(x)=x^2 2.f,g,hは実数から実数の写像でf(x)=x-2,g(x)=3x,h(x)=sinxとする。  このとき、f・g・f と h・g・f と g・h・f を求めなさい。 この2問です。解説お願いします。

  • 写像についての問題

    写像についての質問です。 解答できるものだけでよいのでお願いします。 次の集合X,Yについて指定された性質を持つ写像f:X→Yの例を一つ挙げよ。ただし、Rは実数全体の集合、Zは整数全体の集合。 1、X=R、Y={x∈Z│x≧-1}, fは単射でないが、全射である 2、X=R, Y={x∈R| x >0} fは単射であるが、全射ではない。 3、X={x∈R | 1≦x≦3}, Y={x∈R | 2≦x≦5} fは全単射である。

  • 縮小写像について質問です

    フラクタル数学という本を読んでいたら縮小写像が出てきたのですが、縮小写像の性質で逆写像を持つというのがありました。 逆写像が存在するということは写像が全単射であると思ったので、全単射の証明をしようとしたのですが、単射であることは示せても全射であることを証明することができません。 どのようにして証明すればいいのでしょうか? わかる方、ヒントでもいいので教えてください(>_<) よろしくお願いします。

  • 写像が全単射となるための必要条件

    写像f:R^2→R^2,f(x,y)=(ax+by,cx+dy)が全単射となるときの必要十分条件を求めたいです。(ただし、a,b,c,d∈Rとする。) たしか、全単射の必要十分条件は、「逆写像が存在する」だったと思うのですが、それは、R→Rのときだけなのでしょうか、ぜんぜん、関係ないかもしれませんが。 よろしくご教授ください。

  • 線形代数 全射 単射 全単射 

    行列の線形写像について 全射は行基本変形をすれば単位行列になり判別するみたいなのですが、ほかの単射や全単射は どのような判別の仕方をすればいいのでしょうか。

  • 写像について

    問題 写像f:A→Aとする。写像fが単射ならば全射、また全射ならば単射である事を示せ。 <自解> 写像fが単射ならば a_1,a_2∈A、f(a_1)=f(a_2)⇒a_1=a_2(単射の命題の対偶) 写像fはAからAへの写像より ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A 故に、写像fが単射ならば全射。 また、 写像fが全射ならば ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A … ここから単射をどう示したらいいのかわからなくなりました。 単射から全射の証明も、不十分な気がします。 どう示すべきか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。