• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

冠詞、不定詞のto、関係代名詞などの省略

いつも大変お世話になっております。 適切な御回答をいただいたSPS700様をはじめ、どうもありがとうございました。 本日は冠詞、不定詞のto、関係代名詞・名詞節のthatなどの省略についてお伺いします。私自身これまで多数の医学英語原著論文を書いてきておりますが、省略については迷うことがあります。重複するのはきっとnon-nativeらしい長ったらしい文章と思われていると思いつつ、なるべく省略は避けております。一方、nativeに添削してもらうと明らかに文法的に省略しても良いと思われる場合でも省略しなかったり、大胆な省略なども時として見受けます。下記に少し疑問を記述します。 (冠詞) (a) …regardless of race, color, creed, national origin 英国滞在中見かけた文章ですが、この場合creedはロングマンの英英辞典などで調べてもcountable nounです。どうしても冠詞が必要に思えてしまうのですが、概念として捉えていると思われ、公式文章でも冠詞はありません。結構この手の公式文章を見てきました。このように連続して名詞が並列に並ぶ場合、countable nounでも冠詞は入れない方が良いのでしょうか?それともあくまでも概念が大事で、creedという単語は抽象名詞として考えた方が無難なのでしょうか?正直もし後者の場合でしたら辞書にuncountable nounの用法も記載して欲しいと思ってしまいます。 (b) ….the stage as well as grade of cancer 等位接続詞andなどで名詞を並列させる場合誤解のおそれがなければ、2人を指す場合でも後の冠詞は省略可と辞書に書いてあるのを確認しました (a doctor and patient)。ただ私は基本この場合省略はしません ( a doctor and a patient)。迷うのは疑似等位接続詞であるas well asに並列させる場合の冠詞で、上記はある論文からの引用ですが、gradeの前にtheが必要に思えてしまいます。個人的には迷った場合、冠詞は入れておけば文法的に間違いはないと思い入れてしまいます。Nativeから見たらまどろっこしい文章と思われているのかも知れないというジレンマを感じながら文章を書いております。 (不定詞のto、関係代名詞・名詞節のthat) I ask him to go with me, or (to) phone me tomorrow. "to 不定詞(句)" and/or "to 不定詞(句)"といった連結において,2番目(3つ以上の連結についてはそれ以降)の to は共通しているので省略する傾向がありますが、全ての場合にあてはまるか否かに関して迷う場合があります。また、 We confirmed that protein A is cleaved by B, and the protein appears to be… という文章をnativeに見てもらったところand とthe proteinの間にthatを入れられたことがあります。 一方、関係代名詞thatに関しても、目的格の場合・there is などの文章の主語になる場合、be動詞の補語となる場合は省略できると習ったのですが、nativeに入れられたこともあります。 例えば、 He is the greatest surgeon that Japan has ever produced. というように、先行詞に制限的意味の強い形容詞がつく場合who, whichよりthatの方が相応しいと習いました。このような場合関係代名詞は省略しない方が良いのでしょうか? さらに、 Look at the girl who lives here. この場合関係代名詞は主格である為省略できません。挿入句を入れた場合(例えばyou thinkなど) Look at the girl (who) you think lives here. 関係代名詞は主格であるにも関わらず省略されている場合を見かけます。この場合関係代名詞が主格であるか目的格であるかというよりも、関係代名詞の後に名詞句があるかどうかが重要な気がしております(文法で習った覚えはありません)。 小生は英国に長期滞在し、文法も興味を持って学習しておりますが、nativeに添削されると“どうして?”と思う事があり、non-nativeの壁を感じる時があります。 もし省略に関して有用な情報が御座いましたらご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数1225
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33006)

(a)  下記は、ロングマンの colour の項の例文です。 Everyone has a right to a job, regardless of their race, sex, or colour.  このように並べる風習があることが一つ、並べる場合 creed 以外は、全部加算でも非加算でもあると注記があります。すなわち、同じレベルで並べられ、多勢に無勢、という訳ではありませんが、近頃求人広告では強要されるほど「決り文句」ですから、人種差別、外国人差別と(最近は中東出身者は皆爆弾を持っているというノイローゼも流行っていますから宗教も入れとけ、って訳で)一緒くたにされた結果でしょう。 (b)は、質問者さんの非常に高度な英語の知識の分野で、僕はお手上げです。幸い#1さん、#2さんの御説明があるので安心しました。  僕の経験から申しますと、コピーエディターの甲さんが、「ここに冠詞を入れましょう」というので「はい入れましょう]と言います。コピーエディターの乙さんが「この冠詞は要りませんから取りましょう」と言うので「はい取りましょう」、コピーエディターの丙さんは、、、で、三人ともネイティブです。ですから書き終わって、パラパラと冠詞や何詞を振りかけ、「今日は僕用事があるので」と甲さんの机に出しておきます。数日経って甲、乙、丙、丁、戊と回って真っ赤に訂正され、僕の原文に戻ったのを、恭しく受け取りに参上し、皆さんにお礼を申し上げ、最敬礼をし、後ろを向いて、赤い舌をペロリと出し、おわりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

SPS700様 御回答ありがとうございました。 SPS700様の様な経験、私もあります。3人のnativeに見てもらうと3者3様で添削しますので、結局どちらなんだろうという疑問が残ることがあります。 今後ともよろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2384)

(a) …regardless of race, color, creed, national origin 無冠詞”単数”は冠詞の省略ではなく、非特定不可算名詞としての用法だと思います。普通は可算扱いの非物質名も、たいてい不可算名詞としても使えます。使い分けには自信ないですが、単数形にしても複数形にしてもちょっと変かな?という時は特定でなければ無冠詞単数にしています(特定なら定冠詞ですね)。例文の場合、不定冠詞では変です。複数形でだめなのかどうかは解りません(可能のように思いますが)。 (b) ….the stage as well as grade of cancer これはof cancerがgradeにもstageにもかかるので、as well asが等位接続と同様に感じられ、gradeの冠詞が省略されているのだと思います。theを反復しても間違いではないでしょう。 Look at the girl (who) you think lives here. [2] 主格の場合 主格は制限用法に限って,次のような場合には省略できる。 ..... # (5) 関係代名詞の直後に I think などが挿入される場合 [株式会社旺文社 ロイヤル英文法改訂新版]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Oubli様、御回答ありがとうございました。 Oubli様の御回答で私の疑問の核心に触れている部分がありますので、追記させていただきます。 まさに非特定不可算名詞の用法に私は悩んでいます。私は文章を書くとき名詞が出てきた場合、まず必ず名詞の性質を考え、countableであるかuncountableであるかを判断します。Countableの場合複数形にするか、冠詞を考えます。冠詞の判断が難しい場合はあえて複数形にしたりする場合もあります。大抵の場合は経験上判断できます。 仰る通り一般的にcountable nounの無冠詞単数の用法をよく見かけます。私自身理系の人間である性もありますが、evidenceの無い用法はどうしても気持ち悪いと感じてしまい、とにかく辞書を調べます。そこでuncountable nounの用法が載っていれば安心して無冠詞単数の用法を用います。問題はcreedの様に辞書にuncountable nounの用法が載っていない場合です。イギリスに住んでいたころ、BBCのnews titleや、新聞の見出しなど結構いい加減にcountable、uncountable nounの使い分けがなされていた為、家庭教師の先生に聞いたところ、見出しは“文法”を無視している場合も多々あるから真似しない方がよいみたいなことも言われたこともあります。 Countable nounの無冠詞単数の用法に関してですが、逆にこの用法には適応しないルールみたいなものは存在するのでしょうか?卑近な例で申し訳ありませんが、”The crisis of Japanese car”のように、carみたいな単語も無冠詞単数の用法は可能なのでしょうか? ―as well asが等位接続と同様に感じられー  これも核心をついております。as well asは疑似等位接続詞と判断しておりますが、等位接続詞としての用法がどこまで通用するかというところで悩む時があります。英語を勉強していると、時々“-と同様と判断される”というグレーゾーンが出てきまして、大丈夫だろうな、と思いつつも本当に大丈夫かという不安を感じ、つまらないところで時間を取ってしまうことがあります。

  • 回答No.1
  • MXT500
  • ベストアンサー率67% (101/149)

一番最後の質問の「主格の関係代名詞であっても省略できる場合」については 「連鎖関係代名詞」と呼ばれ http://qa.jiji.com/qa6370635.html にて "something she had wished had never happened " という語句を巡り議論されております。 Best Answer さんの回答にていねいな説明があります。 (当方も「省略されている関係代名詞がある例文」のリンクをいくつかおいて置きました。) 残りの質問についてですが、生半可な回答をして質問者様を惑わすことになりそうですので 申し訳ありませんが、回答は控えさせてもらいます。 オンライン乱筆・乱文で失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

MXT500様 御回答ありがとうございました。大変参考になります。 ところで、連鎖関係詞節の場合think / believe / suppose / say / know / hear などの that 節を取る動詞の場合と文法書で習った覚えがあります。一方、会話などでnativeは先行詞があり、直後に名詞句があれば関係代名詞が主格であろうが目的格であろうが、omitしているのではないかという気さえします。 小生の考えですが、日本で習った文法は大変重要だと思いますし、それが全てのbaseになっていると思います。一方、nativeはそれらの文法を自然に身に付け、後はいかにスムーズに自然な文章になるかを重要視して文章を作っていると感じています(勿論当然日本語も同様だと思います)。Nativeと同等の英語能力というのは、なかなか難しいかも知れませんが少しでも近づければと考えておりますので、今後ともよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 不定詞と関係代名詞?

    不定詞と関係代名詞? 不定詞と関係代名詞の違いで分からないところがあります 私の使っている資料に I have Tom to help me. という文がありました。この意味は分かります 分からないのはここで使われている to が that(who) ではダメなのでしょうか? I have Tom that(who) help me. 意味が別物になってしまうのでしょうか? to と that がごっちゃになってしまい混乱しています よろしくお願いします

  • 前置詞+関係代名詞+to不定詞について

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 This is an ideal enviroument in which to raise a family. A cup is a container from which to drink tea. (1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか?  このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は初めてお目にかかりました。  従いまして、関係代名詞以降をどのように理解したらよいものでしょうか? (2)to不定詞を使用しない文に書き変えることは可能でしょうか? (2)このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は頻用されているのでしょうか? 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 不定詞形容詞用法と関係代名詞について

    The book provides information about every species(1) Dr. Ken has observed (2)but gives special attention (3)to 50 birds (4)that she consider (5)to be the most intriguing. という英文があります。 (1)「every species」と「Dr. Ken has observed」の間には関係代名詞thatもしくはwhichが 省略されている(省略できるのはobserbedの目的語になっているから)という認識で OKでしょうか? (2)ここで使われているbutの用法、品詞について教えて下さい。 (3)to 50 birdsですが、これは不定詞形容詞用法で前の名詞attentionにかかる という認識であっていますか? (4)と(5)ですが、これは本来は(4)の関係代名詞thatに50 birdsを当てはめて She considers 50 birds to be the most intriguing. という文章で、「S+V+O+C」の第5文型になり、(5)のto be the most intriguing. のto beは補語の役割を果たすと考えていますが、合っていますでしょうか? お手数ですがご確認をお願いいたします。

  • 関係代名詞

    doing the things you'd like to 目的格のwhichが省略されていると思うのですが その場合whichはなにを指しているのですか? 最後のtoがなければなんとなく分かるんですが また関係代名詞が不定詞や名詞句を指すことは可能でしょうか? 文法に詳しい方 ネイティブの表現に詳しい方 お願いします

  • 英語 不定詞 形容詞的用法 関係代名詞

    英語の不定詞、形容詞的用法と関係代名詞との絡みについて質問させて戴きます。 例文1 Those refugees had no money to buy food with 例文2 He looked for the glasses with which to examine the papers どちらの文も Those refugees had no money with which to buy food He looked for the glasses to examine the papers with と書き換え可能だそうですが、to 不定詞の、 不定詞の所に来る動詞が形容詞的に働いていて、目的語を必要としている場合に関係代名詞が無い文には、目的格の関係代名詞が必ず省略されていると考えてよろしいでしょうか?

  • 同格の不定詞?

    接続詞のthatには同格用法があることが知られています、よく考えてみると不定詞にもあるのではないかという疑問がわいてきました。例えば次のような例です。 He has a strong desire to make a round-the world trip. He has the ability to make a big plan. 上記の例は参考書から引っ張ってきたものですが、私の疑問はこの同格とも思える用法がなぜ形容詞的用法に分類されているのかというものです。例えば同格のthatを考えてみます。 I came to the conclusion that he was right. このthatは同格のthatとされるわけですが、もとは名詞節を作る特殊接続詞だと言えます。 I came to [the conclusion][that he was right]. だと見るわけです。一般に名詞グループ(語、句、節)が2つ並ぶと(1)前の名詞が後ろの名詞を修飾するか、(2)後ろの名詞が前の名詞と同格関係にあるかのどちらかになると思います。別の参考書ではこの事を次の例を用いて説明されています。 Our teacher, Mr. Wells is from Canada. Our teacherとMr. Wellsが同格関係にあるというわけです。 この説明によって同格のthatといわれるものの理解はすっきりとするわけですが、最初にあげた同格の不定詞とも思えるような用法を形容詞的用法に分類されてしまうとなんだかすっきりしません。現在の私の認識ですと、同格の不定詞が形容詞的なのであれば、同格のthatは関係代名詞的だということになるのかと思ってしまいます。同格のthatなのか、関係代名詞のthatなのかを見抜かせる問題がある一方で、不定詞の扱いが少しあいまいなのではないかと思ってしまいますが、どなたかアドバイスを下さる方がいらしたらお願いいたします。

  • 不定詞と、関係代名詞の使い分け

    「明日は、雑誌で使う写真を撮影する」という意味で英文を作ったとき、 以下の英文は同じ意味でしょうか。 I'm taking pictures to use in a magazine tomorrow. I'm taking pictures which use in a magazine tomorrow. to不定詞の形容詞的用法と、関係代名詞の使い方がいまいち理解できません。 基本的なことかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞はなんで省略するんですか?

    関係代名詞の文はそもそもなんで省略するんですか? What do you call the electric wheelchair that a handicapped person use the electric wheel chair to get around? と2回同じ名詞を話した方が確実だと思うんですが 話している時に、2回言わないように後半は省略しようと考えてはなしているんですかね?

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞の後に句?:Which to

     あるEUに関する本に、以下のような文があったのですが、その文法と意味が分かりません: The new theory seems the ideal tool with which to address the growth effects of 1992.  この which は関係代名詞ですよね?だとすると、通常、関係代名詞以下は節になり、その文章は関係代名詞を境に2つに分解出来ると思ったのですが、(which 以下が節でないので)この文章は分解出来ない(関係代名詞ではない?)。  そこで文法書をあたってみたところ、which が疑問詞ならto(不定詞)をとることが可能となることを知りました。しかし、意味が分からない。  どなたか、この文法と意味を教えてください。お願いします。