• ベストアンサー
  • 困ってます

to不定詞?動名詞?

beginのあとはto不定詞や、enjoyのあとは動名詞だと習いました。そして、tryなどの一部の動詞はtoがくるかingがくるかで意味が変わるとも習いました。そこで書き換えの疑問です。 It is 形容詞 to 動詞の原型は、(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンの2パターンで書きかえることができるとも学びました。 It is important to try to this work.を、To try to this workを主語にして書きかえるのと、Trying to this workを主語にして書きかえるのとでは意味が異なってしまう気がするのですが、どうなのでしょうか。 単純に It is 形容詞 to 動詞の原型は、(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンの2パターンで書きかえることができるとは思いこまないほうがいいのでしょうか? ぜひ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数862
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

再び回答します。 書き換え問題が取れるようになっても、英語の学力が上がったこととはイコールではありません。先生はそのような教え方をし、生徒は習い方をしてきたので、10年勉強しても話せない人、書けない人が多いのです。 一つひとつの文を正確に読み書きできるように反復練習されることを勧めます。書き換えた文は元の文と「同じ意味」ではありません。 It is important to try this work. この文を英語の語順を変えずに和訳すると、 「大切だ、試すことは、この仕事を」となります。 To try to this work is important.は 「試すこと、この仕事を、大切だ」となります。 日本人は相手が話した順序で言葉を理解します。 欧米ではどうでしょうか?始めに聞こえた単語を保留にして、後から聞こえた単語を先に理解してから、始めの単語に後戻りするのでしょうか…?そんなバカな話はありませんよね。 各文で伝えたいことが違うことが分かります。つまり書き換えの前後では話しの要点が違うのです。それを「同じである」とするようなことを、「味噌も糞も一緒」というのです。 このような勉強方法から脱却し、一つの単語の意味と、その用法を確りと覚えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

2度目の回答ありがとうございます。勉強方法まで教えていただいて恐縮です。とても参考になります。ただテストで良い点を取りたいと思って勉強するばかりじゃそのうち限界がきますよね、おっしゃる通りです。 今回のこの質問<finishなど、動名詞しか目的語にとれない動詞も、(1)to不定詞を主語にしたバージョンで書きかえることができるのでしょうか?>授業で先生に聞いても答えてくれなかったので個人的にとてもその答えが知りたいので質問させていただきました!もし、よろしければこの答えも教えていただきたいです。 今後<一つひとつの文を正確に読み書きできるように反復練習されることを勧めます。書き換えた文は元の文と「同じ意味」ではありません。 このことを忘れずに勉強していきます!

関連するQ&A

  • to不定詞について

    This Spanish book is difficult to read (このスペイン語の本は読むのが難しい) という文があるのですが、このto不定詞は主語+be動詞+形容詞+to不定詞という構文らしいのですが、文の主語のThis Spanish bookは、不定詞句 to read の意味上の目的語に当たり・・・・・という説明があったのですが、よくわからなく困っています It is difficult to read this Spanish bookに書き換えが可能と書いてあり、read this Spanish book の this Spanish book が主語の位置に移動した文が、This Spanish book is difficult to read なのですと書いてあるのですが、問題を解くときはIt is・・・・みたいに書き換えてto 不定詞の目的語?かな、それを文頭のitと書き換えて完成みたいな感じでやったらいいのでしょうか? それとも「主語+be動詞+形容詞+to不定詞」という構文を覚えて 問題で、主語+be動詞+形容詞が来て次が空欄になっていたら、次はto不定詞だなという風に解いていったほうがいいのでしょうか? 大学受験の勉強で困っているので助言お願いします

  • 不定詞と動名詞

    tryやrememberなどの不定詞か動名詞かで意味が変わってくる特別な場合や mind enjoy finish などの動名詞しかとれない動詞、また不定詞しかとれない動詞などがありますが それら以外の場合、不定詞の英文は動名詞に、動名詞の英文は不定詞に書き換えができますか? 不定詞か動名詞を含む英文の中で、上に書いたような特別な場合と、書き換えができる場合って 書き換えができる場合の方が多いですか?

  • 動名詞と不定詞の違い

    動名詞は動詞にingを付ける。不定詞はto➕動詞です。これはわかるのですが、動名詞と不定詞をどのようなときに使い分けて使うのかがわかりません。 宜しくお願いします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

To finish ... ing is difficult (形容詞) という形は正しいです。この場合も ...ing を to 不定詞にしてはいけません。 It is important (形容詞) to finish ... ing も正しいです。やはり ...ing の代わりに to 不定詞を使うことはできません。 Finishing ...ing is natural (形容詞) ... も文法的には正しいです。ただ、ing が連続するのを嫌がられると思います。避けるべきでしょう。 要するに finish の後(目的語)には不定詞を使えないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えてくださってありがとうございます。とても参考になりました。

  • 回答No.7

質問文と#3や#5の補足を読む限り、大きな勘違いをされているのではないかと思うので念のため回答いたします。 > beginのあとはto不定詞や、enjoyのあとは動名詞 これはbeginやenjoyといった動詞の"後"に、to+動詞の原形 が来るか、動詞のing形 が来るか、という話しですよね。「to+動詞の原形」や「動詞のing形」で使われる、動詞については何も言っていませんよね?ここは大丈夫ですか?  「beginのあとはto不定詞」の場合、例えば、begin to study であれば、to+動詞の原形 の動詞とは、このstudyのことであって、beginのことではありません。beginの後ろにto study が来れる、というだけのことです。 > t is important to try to this work.を、To try to this workを主語にして書きかえるのと、Trying to this workを主語にして書きかえるのとでは意味が異なってしまう気がするのですが、どうなのでしょうか。 "そこで"と書いていますが、前の内容と後ろの内容とで何のつながりもありません。 It is 形容詞 to 動詞の原型  の 「to 動詞の原型」の「動詞」は、to不定詞の中身の動詞ですよね? 先の例で言えば、studyであって、beginのことではありません。 > It is important to try to this work.を、To try to this workを主語にして書きかえるのと、Trying to this workを主語にして書きかえるのとでは意味が異なってしまう気がするのですが、どうなのでしょうか。 いいですか? try to this work の段階で、「tryの後ろに不定詞(to+動詞の原形)が来る時と動名詞(動詞のing形)が来る時で意味が変わる」という話しとかけ離れてしまっています。 だって、tryの後ろには、動詞がありませんから。 動詞がないのですから、不定詞も動名詞も必要なく、try this work でいいわけです。  「To try this workを主語にして書きかえるのと、Trying this workを主語にして書きかえるのとでは」という話は、tryの後ろになにが来るかという話しとは全く関係がありません。だって、この場合は、to不定詞や動名詞の「中身」の動詞としてtryをただ単に使っているだけからです。 他の方の回答でもあるように、to不定詞や動名詞を主語にした場合に意味の違いがあるか、は、難しい話しがあります。でも話しを混同しないようにしてください。 動詞A + to + (動詞B原形) と 動詞A + 動詞B(ing形) という2つの形があって、動詞Aの性質の話しで始まったのに、次に、「to + (動詞B原形)」と「動詞B(ing形)」が主語に来た時に意味の差があるか、という話しの流れになってしまっています。 初めはtryを動詞Aとして使った時の話をしていたのに、次の例文では、動詞Bとして使った時の話しを初めてしまっています。 この部分をよく頭で整理してから、もう一度、他の方の回答を読んてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明ありがとうございます。もう一度考え直してみます。

  • 回答No.6

tryには自動詞の用法もありますが,「try to + 動詞原形」の形では他動詞です。「to + 動詞原形」の部分は「不定詞の名詞的用法」にあたり,tryの目的語ということになります。try to this work はto のあとに名詞(句)のthis workが来ているので文法的に変です。this work の前にdoなどの動詞が必要ですね。 >beginのあとはto不定詞 beginの目的語には動名詞もOKです。He began to run.= He began running.(The Global English-Japanese Dictionaryより) >It is 形容詞 to 動詞の原型は、(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンの2パターンで書きかえることができるとも学びました。 古い英語ではto-不定詞を主語にした文も普通でしたが,現代英語では,その文型はかたい言い方になり,日常の話し言葉では使われません。また,一般的なことを言う場合には不定詞よりも動名詞が好まれるので,Selling insurance is a boring job.(保険を売るのは退屈な仕事だ)はTo sell insurance is a boring job.よりも自然な表現ということになります。(Michael Swan:Practical English Usage参照) 文法的な練習として,文型の書き換えをよくやらせる先生がいますが,意味の違いを無視した書き換えをやると,文法的には正しいけれど,ニュアンスを無視した英語を作りかねませんので,注意が必要だと思います。私は英語の教師ですが,書き換えたらニュアンスが変わってしまうような書き換え問題は極力出さないようにしています。 中学英語の参考書や問題集などでI will visit Kyoto.をI'm going to visit Kyoto.に書き換えるような問題をのせているものがありますが,問題を作った先生は,おそらく同じ意味だと思っておられるのでしょう。 Hope it helps. ひらしん

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

英語の先生に回答をしていただけてうれしいです!to不定詞の書き換えが古いものだとは知りませんでした。何も考えずに授業を受けていたので恥ずかしい限りです。勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2383)

#3です。 try to のうしろにくるのは(原形)不定詞で、to+不定詞がtryの目的語と考えられる場合がほとんどだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。勉強になりました!

  • 回答No.3
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2383)

to不定詞:動詞の本来の意味を抽象化したもの(名詞的にも副詞的にも使います、主語によって変化しません) 動名詞:名詞化された動詞 です。 tryは他動詞ですからtry to this workという表現は普通ないわけで、To try this workが主語になるかどうかということですが、英語としてはちょと不自然です。It is~to 不定詞句の構文では、強調構文というよりはitが不定詞句を受けると考えた方がよいです。Trying ~が主語になることには問題ありません。ニュアンスは若干異なり、It is~to不定詞句だとこれからの話、動名詞が主語だと普遍的な話という印象になります。 なお、動名詞と現在分詞は現代英語では同形ですが語源的には全く別で、現在分詞や過去分詞は形容詞化された動詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しい説明ありがとうございます!tryは他動詞、ということですがtryのあとにはtoも来ると学校で習いました。このtry toのtoは何と解釈すればいいですか?ぜひ教えてください。

  • 回答No.2

以下の to は不要です。 It is important to try TO this work.を、 ここの to は不要 To try TO this work Trying TO this work (1)to不定詞を主語にしたバージョン (2)動名詞を主語にしたバージョン この二つの構文にはほとんど差がありません。しかし敢えて差を示すなら、(1)はこれからしようと思っている動作、(2)は一般論的にそう言える動作、または進行中の動作のようなニュアンスがあります。もちろんこの文だけで決定してしまうのは乱暴です。あくまで前後の脈絡で判断しなければなりません。 不定詞の文は、不定詞の文に書き換えるのが差が少なくていいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧にありがとうございます!あまり英語が得意ではなくて、学習を続けていく上で少し困っていたので大変勉強になります。 では、To explain English is difficult for me.と、Explaining English is difficult for me.どちらもいけるということですよね。 like やbeginなど、to不定詞でも動名詞でもどちらでも大丈夫な動詞は(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンどちらでも書き換え可能だとして、 finishなど、動名詞しか目的語にとれない動詞も、(1)to不定詞を主語にしたバージョンで書きかえることができるのでしょうか?

  • 回答No.1

remember/try などの目的語になる場合などのように,不定詞と動名詞で意味合いが異なります。 to はこれからしようという未来的,すべきという義務的, ing は習慣的,今している,したという過去的。 矛盾しているようで,また,進行形の ing と動名詞は違うようで, 現実的には根っこは同じです。 主語や補語になる場合,中学レベルでは同じで区別しません。 高校レベルになると My hobby is ~ing. My dream/aim is to ~. 習慣的なら ing で,これからのことなら to という区別。 形式主語 it を用いると,to が圧倒的です。 it is no use ~ing など慣用的なものを除いて,普通は to です。 しかし,形式主語を用いない場合は ing もかなり用いられます。 だから,書き換えパターンとして Doing is ~. → It is ~ to do ということが多いのも一理あります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました。習慣的と未来の区別をつけながら学習していこうと思います!

関連するQ&A

  • 不定詞と動名詞

    不定詞のみを目的語に取る動詞と動名詞のみを目的語に取る動詞がありますよね。この違いを教えてください。toはgo to schoolなど未来のイメージがあるので不定詞は未来志向の動詞が多い、などと理解しています。また不定詞は「これから~すること」動名詞は「過去に~したこと」とも理解していますが、これだけでは区別できないものが多すぎます。 不定詞のみを目的語に取る動詞と動名詞のみを目的語に取る動詞の見分け方を教えてください。

  • 動名詞やto不定詞が目的語になることに関して

    You can’t avoid doing it by yourself. という文がありました この文の~ingは動名詞で目的語になっています。 ここで思ったのですが、今まで見てきた文で動詞の後に~ingとか、動詞の後にto不定詞とかはほとんど動名詞やto不定詞が目的語になっているのですが、動詞の後にto不定詞とか動名詞がきたら目的語になるのでしょうか? わかりにくくてすみません

  • 動名詞かto不定詞

    動作を主語とするとき、動名詞、to不定詞ではどのように 意味が違ってくるのでしょうか? 例えば Seeing is believing.「見ることは信じること(百聞は一見にしかず)」 が To see is to believe.  となったらどういう意味になるのか、ということをお聞きしたいです。

  • 文頭での不定詞・動名詞

    文頭での不定詞・動名詞の違いがよくわかりません。 Playing soccer is good for the body. To play soccer ~ はどちらも正しいのですか??動詞によって其の後に不定詞や動名詞をとる違いはわかるのですが、それ以外になるとわからなくて。

  • 英語、不定詞と動名詞の使い分け

    主語 動詞を言った後 次の動詞を不定詞で言うべきか動名詞にすべきか悩んでしまい、言葉につまってしまいます。 to不定詞は 「何々の為に」と言う時に使うと参考書に書いてありましたが、それでは通らない時が多々あります。 希望等未来的な時に使うと教えてくれた方もいましたが、それも当てはまらない時があります。 動詞別に分けた表を暗記するのも大変です。 分かりやすい覚え方ありますか? 英語の出来る方にこの質問すると「何が言いたいのか分からない」と言われます。 何が言いたいのかわかってくださる方 よろしくい願いいたします。

  • 不定詞の名称について

    不定詞の名称は、主語によって形を定められないとい うことならば、動名詞 分詞も 不定詞なのでは? to+動詞の原形だけが、不定詞の名称なのは、なぜか ひっかかります。 何か、不定詞のイメージをつかむための名称を、考えている方が、いれば参考までに、教えてください。

  • 不定詞は原形不定詞とto不定詞の2つだけですか?

    不定詞は原形不定詞とto不定詞の2つだけですか? 中学1年の一番最初に習う、 this is a pen.このis(be動詞)は原形不定詞ですか? もしくは、 I like a dog.このlikeは原形不定詞ですか?いわゆる動詞の原形は原形不定詞のことですか? もしそうだとすると、私達は中学1年の最初の授業ですでに不定詞を習っていたということですか?

  • 動名詞・不定詞の・・・

    英語の動名詞・不定詞の問題で、 分かりません。教えてください。 次の英文の(      )に〔      〕内の語を適切な形に変えて入れなさい。 (1)It is important (       ) for world peace. 〔work〕 (2)She is looking forward to (       ) a letter from her pen friend. 〔get〕 お願いします。

  • 【緊急】英語の不定詞の問題です。どうしてもわからな

    【緊急】英語の不定詞の問題です。どうしてもわからないのでよろしくお願いします。 不定詞と一緒に使われる動詞の組み合わせを熟語表現として覚えておくことが望ましい。 went to~「」like to~「」try to~「」start to~「」begin to~「」need to~「」 次に不定詞を形容詞として使うのが「」用法である 形容詞的用法は(1)「」(2)「」と訳す。

  • to不定詞のtoについて(文法上の解釈の仕方)

    toは一般的には前置詞ですが、前置詞の後ろに動詞が来る場合、動詞は動名詞となります。 しかし、to不定詞のtoの後ろには動詞の原形が来ます。 というよりも、次に来る動詞の原形が不定詞であることを示すための記号として使われているだけの存在のように思えますが、こうなるとtoは既に前置詞としての機能はないと思われます。 また、副詞、名詞、形容詞、接続詞、どれにも分類できないように思えます。 このようなto不定詞におけるtoの品詞は文法上どのようなものとして分類されているのでしょうか?

専門家に質問してみよう