• ベストアンサー
  • 困ってます

前置詞+関係代名詞+to不定詞について

いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 This is an ideal enviroument in which to raise a family. A cup is a container from which to drink tea. (1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか?  このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は初めてお目にかかりました。  従いまして、関係代名詞以降をどのように理解したらよいものでしょうか? (2)to不定詞を使用しない文に書き変えることは可能でしょうか? (2)このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は頻用されているのでしょうか? 何卒宜しくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数405
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私はここで数十回はこのパターンについて答えています。 それだけの頻度で使われてはいますが、普通に用いられるものでなく、 かための英語です。 この構造は2通りの説明が可能です。 いずれにせよ、普通には関係代名詞を用いるなら、SV 構造が続くはず。 (主格なら関係代名詞自体が S となります) だから、不定詞を用いずに書き換えれば enviroument in which YOU CAN/SHOULD raise a family のように、主語を補い、かつ、動詞の前に can か should のような助動詞がつく意味合いです。 簡潔には助動を詞無視して、environment in which you raise a family と考えてもいいですが。 1つの説明はこのような SV の代わりに不定詞にした。 as if の後に本来なら SV がくるはずが、as if to 原形となることがある。 wh- SV という間接疑問文の代わりに wh- to 原形(how to swim や what to do など) がある、ことと同じような変形と考える。 もう1つの考えは、which なく、不定詞の形容詞的用法を使えば environment to raise a family in と in が最後に残るパターン。 この前ご質問になっていた something to write with のパターンです。 その時説明したように、自動詞だろうが他動詞だろうが、前置詞が残る。 この形容詞的用法で、前置詞 in を前置詞+関係代名詞の要領で前に持ってこようと思うと environment in to raise a family となって、in と to のつながりが変になる。 そこで、関係代名詞を借りてきてワンクッション置く。 たぶん、前者の方が理解しやすいでしょう。 とにかく、普通には関係代名詞+ SV、あるいは不定詞の形容詞的用法、 どちらかとなるところをミックスしたような表現です。 前のご質問を見ていただければこのような英語ならかたいけど使われる、 という回答をしていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

かための英語なのですね。 二つの考え方をお教え頂きありがとうございました。 先日、something to write with をお教えいただいているだけに、わたくしはこの方が覚えやすく感じました。 今後も基本的な質問ばかりだと思いますが、ご指導いただけないでしょうか。

関連するQ&A

  • 不定詞と関係代名詞?

    不定詞と関係代名詞? 不定詞と関係代名詞の違いで分からないところがあります 私の使っている資料に I have Tom to help me. という文がありました。この意味は分かります 分からないのはここで使われている to が that(who) ではダメなのでしょうか? I have Tom that(who) help me. 意味が別物になってしまうのでしょうか? to と that がごっちゃになってしまい混乱しています よろしくお願いします

  • 英語 不定詞 形容詞的用法 関係代名詞

    英語の不定詞、形容詞的用法と関係代名詞との絡みについて質問させて戴きます。 例文1 Those refugees had no money to buy food with 例文2 He looked for the glasses with which to examine the papers どちらの文も Those refugees had no money with which to buy food He looked for the glasses to examine the papers with と書き換え可能だそうですが、to 不定詞の、 不定詞の所に来る動詞が形容詞的に働いていて、目的語を必要としている場合に関係代名詞が無い文には、目的格の関係代名詞が必ず省略されていると考えてよろしいでしょうか?

  • 関係代名詞の後に句?:Which to

     あるEUに関する本に、以下のような文があったのですが、その文法と意味が分かりません: The new theory seems the ideal tool with which to address the growth effects of 1992.  この which は関係代名詞ですよね?だとすると、通常、関係代名詞以下は節になり、その文章は関係代名詞を境に2つに分解出来ると思ったのですが、(which 以下が節でないので)この文章は分解出来ない(関係代名詞ではない?)。  そこで文法書をあたってみたところ、which が疑問詞ならto(不定詞)をとることが可能となることを知りました。しかし、意味が分からない。  どなたか、この文法と意味を教えてください。お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7583/9347)

>(1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか? ⇒関係詞+to不定詞で、「~すべき」という意味になります。そう考えれば上の2文は、(ちょっとぎこちないですが)次のように直訳できます。 >This is an ideal enviroument in which to raise a family. これは、(そこで)家族を育てるべき理想的な環境だ。 >A cup is a container from which to drink tea. カップは、(そこから)紅茶を飲むべき容器だ。 (2)to不定詞を使用しない文に書き変えることは可能でしょうか? ⇒be toやshouldを使って書き換えることができます。 This is an ideal enviroument in which we are to / we should raise a family. A cup is a container from which we are to / we should drink tea. (2)このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は頻用されているのでしょうか? ⇒「頻用」といえるかどうか分かりませんが、関係代名詞+to不定詞は時々出会う表現です。 例:What to say is more important than how to say. 何を言う(べきか)は、どのように言う(べきか)より重要である。 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなり申し訳ございませんでした。 言い替え方法や頻出度をお教え頂きありがとうございました。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.4

http://okwave.jp/qa/q7768737.html?pg=1&isShow=open 最近だとここで回答していますが、わかっていない人が絡んでくるとこういうことになります。 普通には不定詞の形容詞的用法で最後に残った in を前に出したものですが、 その際、which を持ってくることの正しい文法的な説明はありません。 関係代名詞を使うということは節構造になるはずで、今回は不定詞になっていて、 本来関係代名詞を使う場面ではありません。 ただ、そこまで正確に理解できずとも、in を前に出す際、which が出てきた と思えばなんとなく納得は理解できるはずで、とんでもない妄想に走るよりはましです。 先ほど紹介した回答の中で申し上げた私が最初にこのパターンを回答したのがこちら。 http://okwave.jp/qa/q1311034.html とにかく、普通にはここでなぜ関係代名詞を使っていいのか、と感じるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。 このコーナーで何度もご回答されていらしてたのですね。 勉強になりました。

  • 回答No.3
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3495/7224)

下記のところを見ると、まさにご指摘のタイプの文が示してありました。  http://matome.naver.jp/odai/2133533131826188601 cia1078 さんの示された例文だと  This is an ideal environment in which to raise a family.   = This is an ideal environment to raise a family in.  A cup is a container from which to drink tea.   = A cup is a container to drink tea from. ということで、意味は同じです。 前置詞を前に出したいということで、(environment や container のような) 先行詞を受ける which という関係代名詞を用いているわけです。 in とか from のような前置詞を文末に置きたくないという場合には、そういう形も使える、ということでしょう。 どちらの形の方が多用されているのか、ということについては私には何とも言えません。ただ、日本人だと末尾の前置詞を付け忘れそうで、from which などとすると、その点は安心かな、と思ったりします (特に文章を書く場合など)。しかし口語では末尾に前置詞を置く方が多いのかもしれないなぁという気もします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。 添付いただいたURL、まさにわたくしの質問内容ですね。 わざわざありがとうございました。 二つの表現方法があることを学ばせて頂きました。 これからも ご指導の程何卒宜しくお願い致します。

  • 回答No.2

>「This is an ideal enviroument in which to raise a family. A cup is a container from which to drink tea. (1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか?」 次のように文が変化したと考えれば理解しやすいと思います。 「This is an ideal environment to raise a family in.」 前置詞「in」が最後に来るのは不格好なので前に持って来ることにする。 意味として「in that environment」ということなので、 「that environment」を関係代名詞「which」で代用できる。 これで「to」という接続語の前に「in which」という形の副詞句として出ることが出来る。 目出度く「This is an ideal environment in which to raise a family.」が 完成する。 「A cup is a container from which to drink tea.」は 「A cup is a container to drink tea from.」から変形して生成されることはお分かりになると思います。 以上、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。 よいアイデアですね。 よい勉強ができました。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • 前置詞+to 不定詞

    apart from to insist it is ~~~~ と言う英文がありました。 apart fromは、前置詞で、to以下は不定詞ですが、 apart fromは、to 不定詞が取れる例外の前置詞なのですか?

  • 前置詞の後のto不定詞詞について

    She went in to get it. この文で、前置詞の後は to 不定詞はこないと習ったのですが、to get itという不定詞が来る場合は、別と考えるのでよいのでしょうか。

  • 前置詞+関係代名詞

    問:The extent (  ) which you can communicate in English depends on practice.   ( )内に入る前置詞を答える問題で、 解答を見ると to the extent から、toを入れる、とありました。 私は関係代名詞の前にくる前置詞は、その関係代名詞以降の文の中の、抜けている前置詞を入れるものだと思っていたのですが、以前の(先行詞?)の中から前置詞をもってくることもあるのですか? またこの手が私はとても苦手なのですが、抜けている前置詞を探し出すコツなどありましたら教えて下さいm(_ _)m

  • 不定詞と、関係代名詞の使い分け

    「明日は、雑誌で使う写真を撮影する」という意味で英文を作ったとき、 以下の英文は同じ意味でしょうか。 I'm taking pictures to use in a magazine tomorrow. I'm taking pictures which use in a magazine tomorrow. to不定詞の形容詞的用法と、関係代名詞の使い方がいまいち理解できません。 基本的なことかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • to不定詞以外の前置詞不定詞がないのはなぜですか?

    不定詞について調べてもいまいちわからないのですが、 to不定詞 to+動詞の原形 はありますが in 不定詞、at不定詞、on不定詞、等がなく、なぜtoだけto不定詞があり、 独特の意味や効果を持つのでしょうか?

  • to不定詞のtoは前置詞か

    I want to get a pencil. wantは自動詞ですよね?toは前置詞ですよね? 前置詞toの後ろに動詞の原形(原形不定詞)はこれないはずなのになぜgetという 原形不定詞がこれるのでしょうか?

  • 関係代名詞 to 不定詞

    Never before have we had so little time in which (  ).  答えはto do so muchなのですが、どのように考えればいいかわかりません。whichはtime? どういう時に which to 不定詞になるのでしょうか。

  • 前置詞のto不定詞のto

    不定詞のtoは、後ろは動詞の原形 前置詞のtoは、後ろが名詞形or名詞 というのはわかるのですが decide や want の後に来るto は不定詞だとか覚える以外でどうやって 見分けるのですか。

  • to不定詞は前置詞句であるが名詞的用法がある?

    to不定詞は前置詞句ですか? to不定詞には名詞的用法がありますよね? 前置詞句には名詞的用法がないというのをどこかで見た気がするんですが だとすると矛盾するような気がしまして to不定詞には名詞的用法がある 前置詞句には名詞的用法はない to不定詞は前置詞句であるが名詞的用法がある?

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。