• 締切済み
  • 暇なときにでも

前置詞+関係代名詞について

こんばんは。前置詞+関係代名詞の、前置詞の位置に関する質問です。 私が使用している金子書房発行の「英文法解説」という参考書において、 例文 a)The clerk to whom I handed the form said it was properly filled in 『動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくときは、a)の形を使わない。』 Hounting is an amusement (which) I am particularly fond of. とあり、文末のofは関係代名詞(which)の前に置くことは出来ない、と説明されているのですが、塾にあった英文問題集に、 She is a teacher of whom children are fond (確かですが)という問題があり、文中の関係代名詞の前に位置しているので困惑しています。ofは後者の位置でも可能なのでしょうか? とても長くなった上、きちんと後者の文を覚えていないため、誤認もあるかもしれませんが、どなたかお答えよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数429
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.7

> もうよろしいでしょうか。  念のために追加しておきましょうか。  They do so by defending and protecting and making excuses for them, by giving them financial or moral support, by showing up in courtrooms or to picket trials, and helping to use the liberties of our system (the ones that our Constitution guarantees and 【of】 which Barack Obama claims he is so 【fond】) http://www.jihadwatch.org/archives/022658.php  なお、前回紹介した「An even clearer glimpse into Obama’s real view about our country was offered when Michelle Obama declared that, until the rise of her husband, America had done nothing 【of】 which she was 【proud】.」という英文は、昨年、一部で物議を呼んだオバマ夫人の発言のことを言っているようです。  オバマ氏が大統領に就任した際に「夫の登場まで、アメリカは【自分が誇れるようなことを何も】してこなかった。」と言ったもので、新聞で読まれてご記憶の方もいらっしゃることでしょう。  「(成句で用いられる)前置詞+関係代名詞」は書き言葉に多いのですが、格調の高さを求めたり公式の場で演説をしたりするような場合には、話し言葉でも用いられます。  On March 10, Obama said: "One of the legislative accomplishments 【of】 which I am most 【proud】 is a law I authored to create a searchable database of all federal contracts and grants. ~ " http://www.readingeagle.com/article.aspx?id=86826  もう十分でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前置詞+関係代名詞

    質問です。 前置詞+関係代名詞の場合、関係代名詞の中の文は完全文になるとおもっていたのですが、この文はちがうみたいなんです。 He looked for a car the engine of which was running. whichの中は主語がなくて不完全文だと思うんですけど、良くわかりません。 教えてください。

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。

  • 関係代名詞について

    The compensation you're offering is rather low. ご教示頂いている補償額はかなり低いです。 という英文がありますが、 「The compensation」と「you're offering」の間に隠れている関係代名詞は 「of which」でしょうか?それとも「which」ですか? compensationの例文を確認すると You offered of compensation.あなたは補償を申し出た。 のように前置詞ofを使っており、compensationはそもそも前置詞ofを使う 英文なのかなと思い、隠れている関係代名詞は「of which」ではないかと 考えております。

  • 回答No.6

 ある英文の正当性については、個人の判断によって意見が分かれる場合があります。  しかし、明らかに誤解に基づいたり、極めて曖昧な説明については、やむを得ず反対の意見を述べないわけにはいきません。 >だから,前置詞+関係代名詞自体は否定しません。 >the city in which he livesなんかだったらまったく問題ないわけです。  「前置詞+関係代名詞」については、前置詞と関係代名詞節との結びつきの程度によって2通りの英文が考えられますが、下のどちらの場合でも、決して間違いではありません。 (1) This is the house 【in】 which we once 【lived】. (2) This is the house 【of】 which we are 【fond】.  (1)では「in」と「lived」の結びつきは弱いので両者が離れても、もちろん全く問題はありません。  (2)では「of」と「fond」の結びつきが強いので、特に会話などでは「of」を「fond」の後に置くことが普通ですが、書き言葉では「of」を「which」の前に置いて問題はありません。(一部の参考書などにおいて誇張した説明がなされていることがあるので誤解する人も多いのでしょう。)   >「動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくとき」と質問にあります。live in ~は成句じゃないですよ。  「live in」を元に「前置詞+関係代名詞」が認められていると言っているのではありません。  前回の書き込みで紹介した「be proud of」という成句を用いた「辞書の例文」を無視してしまっては、大事な問題のポイントを見逃してしまいます。思い込みが強すぎて無意識の内にポイントを見逃してしまうのかもしれませんが・・・。  前回の書き込みでは、ご質問にある「動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくとき」の例として、「This is the necklace 【of】 which Nancy is very 【proud】.」という英文を紹介しました。「be proud of」は誰が見ても「成句」だと思います・・・。 >She is a teacher of whom children are fond.はまず用いられない表現だと思ってください。  上記の辞書の例文でお分かりのように「(成句で用いられる)前置詞+関係代名詞」の形は、新聞などの記事では普通に用いられるものです。  「be proud of」が分かれた例を紹介しておきます。  We now have president 【of】 whom we can be 【proud】. http://www.tcpalm.com/news/2009/apr/26/letter-we-now-have-president-whom-we-can-be-proud/?feedback=1  An even clearer glimpse into Obama’s real view about our country was offered when Michelle Obama declared that, until the rise of her husband, America had done nothing 【of】 which she was 【proud】.  今度は「be fond of」が分かれた例です。 http://www.omegaletter.com/blogs/index.php/2009/04/21/im-almost-proud-of-my-country/  nothing has changed about the “balance” 【of】 which we Americans are so 【fond】 http://www.ssrc.org/blogs/immanent_frame/2009/01/31/so-what-about-the-christian-lobby/  Obama is soon going to have to part ways with his Blackberry, a device 【of】 which he is more than a little 【fond】. http://blog.launchpadcoworking.com/2008/11/17/brave-new-president-not-so-fast/  It is an entertainment 【of】 which I am ardently 【fond】 but it is no more virtuous than bear-baiting. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F00815FE385F147A93C3A9178BD95F458685F9&scp=19&sq=%22of%20which%22%20%20fond&st=cse  きちんと探せば、「(成句で用いる)前置詞+関係代名詞」は、最新のものから古いものまで限りなく出てきます。どれも怪しげなサイトなどではなくしっかりした英語圏のものです・・・。  もうよろしいでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

だから,前置詞+関係代名詞自体は否定しません。 前置詞が前の動詞や形容詞と結びつきが強いか, 後の名詞と結びつきが強いか,微妙な場合もあります。 ただし,be fond of ~はかなり fond of という結びつきが強いのです。 the city in which he lives なんかだったらまったく問題ないわけです。 「動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくとき」 と質問にあります。 live in ~は成句じゃないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>塾にあった英文問題集に、She is a teacher of whom children are fond(確かですが)という問題があり、文中の関係代名詞の前に位置しているので困惑しています。ofは後者の位置でも可能なのでしょうか?  熟語で用いられている「前置詞」を「関係代名詞」の前に置く英文はformalな表現であるというだけです。英語圏で用いられないということはありません。  会話であれば関係代名詞節の文末に置かれることが圧倒的に多い前置詞ですが、書き言葉では関係代名詞の前に置くことも普通にあります。  辞書の例文を紹介しておきます。 (c)〈関係詞節中で前置詞の目的語として〉  This is the necklace (which) Nancy is very proud of.  =This is the necklace of which Nancy is very proud.   これはナンシーがとても自慢しているネックレスだ。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=which&dtype=1&stype=1&dname=1ss&pagenum=1&index=467160  高級紙である「The New York Times」の記事でも普通に見られますので、ご安心を。ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

答えは2番の方ので完璧です。 google検索は気を付けないと、当てにはなりません。 英語の問題集は、時として、夢中で例文、問題文を作る段階で、不自然な、言わない、使わない、文を載せてしまうときがあります。 ご指摘の of whom they are fondもその例でしょう。 文法的には間違いとは言えないが、変、不自然、まず使わない、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>英語の問題集は、時として、夢中で例文、問題文を作る段階で、不自然な、言わない、使わない、文を載せてしまうときがあります。 ご指摘の of whom they are fondもその例でしょう。 文法的には間違いとは言えないが、変、不自然、まず使わない、ということです。 そうなんですよね。私も塾で教えてるときに、この問題おかしいんじゃないか?と思うことが稀にあります。自信を持って説明できるよう勉強していきたいと思います。 お答えいただきありがとうございました。

  • 回答No.2

そもそも,前置詞が前に出るパターンはかたい表現ですので,日常会話ではあまり用いられません。 ただし,among whom とか,during which のように,動詞や形容詞とではなく,後の名詞との方が結びつきの強い前置詞の場合は,逆に whom ~ among のようにすることはできません。 the way in which ~なども同じです。 本題に映りますと,be fond of のような場合,of whom ~はまず用いられません。 "of whom I am fond" のような英語は英語圏の人は用いないでしょう。 "of whom I am fond" site:us で検索すると,0 件です。 逆に,"whom I am fond of" の検索結果が少ないのは,このような場合,that にするか,さらには省略する場合がほとんどだからです。 あるいは,who で代用するか。 whom という関係代名詞は,with whom とか,of whom のように,前に前置詞が出る場合以外ではほとんど用いられません。 どの参考書や辞書にも,whom → that → 省略 の順にくだけた表現になっていくとは書いていると思います。 一応,いちばんかたい whom も載せていますが,実際には思った以上に用いられません。 なぜか,古くから日本では,疑問詞は whom の代わりに who で代用とうのが一般的ですが,関係代名詞になると,目的格は whom と厳格になります。 でも,of whom のように,前置詞が前に出る場合を除き,目的格で who を用いることも普通です。 She is a teacher of whom children are fond. はまず用いられない表現だと思ってください。 質問者はおわかりだと思いますが,この回答は of whom 自体を否定しているわけではありません。 be fond of のように,of が形容詞 fond と結びつきが強いので, この場合は用いられにくいということを言っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えいただきありがとうございます。 >be fond of のように,of が形容詞 fond と結びつきが強いので, この場合は用いられにくいということを言っています。 なるほど、『結びつきの強い』という言葉にすこし戸惑いましたが、be fond ofを一語として捉えれば、of whom children are fond.という表現はなくなるわけですね。 丁寧なお答えをいただきありがとうございました。

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1556/5682)

文法書の主張は別としてですが: "of whom they are fond" で google 検索すると "whom they are fond of" よりも多く使われているということが確認出来ます。 "of which I am fond" で google 検索すると "which I am fond of" よりも多く使われているということが確認出来ます。 いずれにしても "of which" "of whom" という言い方は使われています。 an amusement I am particularly fond of. という言い方も普通に使われると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えいただきありがとうございます。 >いずれにしても "of which" "of whom" という言い方は使われていま>す。 私の場合、前置詞がどこに位置することができるのか、がごちゃごちゃで、きちんと理解していないというのが分かりました。勉強しなおします。

関連するQ&A

  • 関係代名詞が前置詞の目的語

    関係代名詞が前置詞の目的語の働きをしているケースが参考書を読んでもよくわかりません 文の最後に前置詞がくると苦手です。 He is the actor whom Ann sent a fan letter to. など、これは関係代名詞が前置詞の目的語の働きをしているケースよと説明されればなんとなくわかるのですが、自分でこんな文作ってと言われると困ります。 どうか、こつなど教えてください(;´Д`)

  • 前置詞+関係代名詞

    by whichやin which のように関係代名詞の前に前置詞がつくのは, どのようなときなのでしょうか? そのような文でby や in を省略すると間違いになるのでしょうか?

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

  • 前置詞+関係代名詞

    問:The extent (  ) which you can communicate in English depends on practice.   ( )内に入る前置詞を答える問題で、 解答を見ると to the extent から、toを入れる、とありました。 私は関係代名詞の前にくる前置詞は、その関係代名詞以降の文の中の、抜けている前置詞を入れるものだと思っていたのですが、以前の(先行詞?)の中から前置詞をもってくることもあるのですか? またこの手が私はとても苦手なのですが、抜けている前置詞を探し出すコツなどありましたら教えて下さいm(_ _)m

  • 前置詞+関係代名詞

    お世話になっています。 前置詞+関係代名詞について学習していたらこんがらがってきました。 ご教授いただけないでしょうか。 That is the house in which I was born. →That is the house which I was born in. このようにinをbornの後に持ってこれるのは理解できます。 では以下の文で、前置詞を関係詞以降の持っていきたい場合どうしたらいいのでしょうか? (1)This is a book from which you can learn both how to read and how to live. fromをwhich以降にもっていくとき、それはどの位置にもっていくのでしょうか?   また、その理由はどうしてなのでしょうか? (2)Monday is the day on which my mother is busiest. onをwhich以降にもっていくとき、それはどの位置にもっていくのでしょうか?   また、その理由はどうしてなのでしょうか? (3)Tell me the reason for which you quit the job. forをwhich以降にもっていくとき、それはどの位置にもっていくのでしょうか?   また、その理由はどうしてなのでしょうか? 基本がわからず、お恥ずかしい限りです。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • この関係代名詞の使い方合ってますか?

    Tom has a bag, the color of which is black. 文法的に合ってるでしょうか? なかなか 前置詞+関係代名詞 使い方がマスターできなくてですね、、、

  • 前置詞+関係代名詞を返り読みせずに理解する方法

    前置詞+関係代名詞を返り読みせずに理解する方法 私は最近英語を勉強して、ある程度洋書(理工系の書物)が読めるようになりました。 とくに最近は英語を脳内で日本語に訳さずに、そのまま英語として理解できるようになってきたのですが、前置詞+関係代名詞という形の文が出てきてしまうと、どうしてもそこで引っかかってスムーズに読むことができません。 前置詞がつかない関係代名詞の場合、例えば次のような文を読む場合、 This is the book which I bought yesterday. 先頭から読んでいて、This is the bookは「これがその本です」と理解し、その次のwhichが出現すると「あ、次にどのような本かの説明が来るな」と頭を切り替え、I bought yesterdayで「その本は昨日買った本なのか」と納得します。このように頭を切り替えることで返り読みせずにそのまま理解できます。 ところが、以下のように前置詞+関係代名詞という形になっていると This is the pen with which he wrote the letter. This is the penまでは「これがそのペンです」と理解できるのですが、そのあとwith whichと続くと、頭をどう切り替えればいいのかわからず、結局何度も文を読んでしまいます。 よい頭の切り替え型があれば教えていただけますでしょうか。

  • 前置詞+関係代名詞?

    I admire the grace with which you got rid of that awful man. (あなたがあのひどい男をしとやかに追っ払ったのには感心した) 上記英文の"with which"がよく理解できません。前置詞+関係代名詞なのはわかるのですが。 なぜwithなのか? またwithを省いたら意味をなさなくなるのか? などが疑問に思える点です。

  • 前置詞+関係代名詞について

    前置詞+関係代名詞の考え方が解らず困っています。 単純な文であれば解るのですが、熟語(?)のような 文構造になると自信が持てません。 単純な文の例えとしては、  the village in which he was born :彼が生まれた村 程度であれば解ります。この文が  the village (which) he was born in と同義であることまでは理解できます。 文構造が解らないのは、  a mountain of which the top is covered with snow  a mountain the top of which is covered with snow  a town in the middle of which is a tall tower のような形式になると、とたんに自信がなくなります。 何となく日本語の意味はわかったような気にはなりますが、 簡単な例とは、頭の働かせ方が異なるように思えてなりません。 上記の3文のようなケースは、どのように考えるべきかを ご教示願えませんでしょうか。よろしくお願いします。