• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞の省略

過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数281
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

このサイトの性格上、あまり専門的な議論にならない方がいいだろうと思いながら回答します。 Cambridge Grammar of the English Language(2002年)に次の例文がありました。 I found I needed a file that only the day before I had seen to be shredded. これは目的格の関係代名詞が省略できない例外的な文として紹介してあり、その理由として、thatがなければ後続する副詞句が主節を修飾すると解釈されるおそれがあるため、関係節の開始点を示すためにthatが必要なのだ、と説明してあります。 この説明は直感的なものなので一般的なルールと考えるべきではないでしょうが、少なくともこのような例が存在することは認めていいと思います。 その上でこういった例を例外的なものと見るか、あるいはこれも含めて一般的に成り立つ規則を探そうとするかによって、主張するところが変わってきます。後者の立場を取るのであれば、この例では先行詞のあとに前置詞が来ているので、省略可能なパターン(先行詞+名詞句)に属さない、と説明することができます。しかし、私の感覚では先行詞のあと(関係節の先頭)に来る語の品詞によって関係詞の省略可能性が左右されるというのは、根拠のない表層的な一般化に過ぎないと思えます。大原則としては先行詞と関係詞のgapの間に何らかの句があればその関係詞は省略可能、というのを立てて、上の例のようなものは例外的に別の理由によって説明する、という方向が妥当かな、と考えます。 質問者の方が、専門的な文法研究を志向されているのであれば、関係節の先頭に出現する副詞句の種類分けをもう少し突っ込んで行うといいと思います。上の例にあるonly the day beforeと質問の中にあるprobablyとはずいぶん違う種類の副詞句です。副詞句の種類によって関係節の先頭に置けるものと置けないものがあるはずです。また、ある種の副詞句は節の頭にある時と動詞の前後にある時とで意味が違ってきます。節の頭にある副詞的要素を全て「話題化」という移動規則でくくって考える必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。私は学校文法に物足りなさを感じてはいますが、専門の教育を受けてはいません。 I found I needed...の例文で関係詞が省略できないのは意味解釈の上でのことであって、構造上の問題ではないということですね。分かりました。ちなみにsillywalkさんは(意味解釈の上で支障がなければ)目的格は省略できるという規則に賛成ですか?また「先行詞と関係詞のgapの間に何らかの句があればその関係詞は省略可能」とはどういうことでしょうか。もしお時間があれば教えていただけると嬉しいです。 私は関係詞節内で主語より前に副詞が置かれること自体が不自然だと考えています。もし、そのような節がそもそも無いのであれば「目的格でも省略できない場合がある」ということを心配する必要は無いと思うのです。「基本的に目的格は省略できるが、意味が不明瞭になる場合は省略をしない方が親切である」ということで十分では無いでしょうか(継続用法の関係詞は元々省略できないのですし)。ただ、絶対に副詞が主語よりも先行しないという確信は無いので、皆さんにお聞きしています。 副詞に関して言うと、文副詞は限定用法の関係詞節内には生じずThe boys that have frankly lost their case, should give up.はfranklyが主語の前に置かれていないが、それでもこの文は不可であるということ(継続用法であれば可)と、限定用法の場合でも先行詞が不定の場合にコンマを使って挿入的にI know a boy who, frankly, cannot speak at all.は可能であるということぐらいしか知りません。

関連するQ&A

  • 関係代名詞 省略の原則で?

    Have you read a book ∅ you thought was the best you’ve ever read? Or have you seen a movie that you thought was the worst you’ve ever seen? (http://www.positiveteensmag.com/ptforums/ptforums.htm) ...the movie ( which/that ) you said was the best. ...a book ( which/that) you thought was... と 通常主格の関係代名詞は省略しないのが原則ですが、実際には省略されています。  現代英語では、「“先行詞+関係代名詞+名詞句~”と連続して配列されている場合の関係詞は省略が可能」という原則があるようです。(ここで使っている「名詞句」は学校文法で教える概念とは異なります。 と参考文献にはあるのですが、ここでいう名詞句は you thoughtでいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞の教え方(高校1年生)について

    こんにちは。 今回、教育実習で高校1年生を担当しているのですが、 ちょうど関係代名詞や分詞による後置修飾の分野が扱われるのですが、 一体、今の高校生が中学生のときにどれくらいのことが教えられているのか分からなくて、どう教えたらいいのかとても困っています。 よくある一般的な感じですと、 関係代名詞は2文を1文にする働きがあるとか言って (目的語につく関係代名詞の例を主に用いて)同じ意味を表す名詞の一方をwhichに変えて、もう一方にくっつけると言う感じで教えると思うのですが、 He knows the girl. I met her yesterday. the girl = her herをwhomとして He knows the girl whom I met yesterday.の感じです。 でも、私個人としては正直そんな風に考えたことがなくて、 関係詞は、体言止めのようなものを作ると考えてしまうのです。 例えば、I bought a book yesterday.教科書とかだと、分かりやすくするために、よくカッコをつけたりするので、そのことを考えて、 (1)体言止めにしたい文を( )でくくり (The boy bought a book yesterday.) それと同時に和訳で通常の文になることを確認 (2)( )の中で、名詞(代名詞以外)の部分を前に出す a.体言止めにしたい部分が目的語a bookなら a book (which the boy bought yesterday)  和訳で体言止めになっていることを確認 b.体言止めにしたいところが主語the boyなら the boy (which bought a book yesterday) 和訳で体言止めになっていることを確認 (3)それを主語or目的語などに当てはめる こんな感じでwhichは体言止めのサインだと考えてしまうんです。英作文とかでわざわざ2文を1文にしようとは私は思わないので、文がどうこうというよりは句レベルで考えてしまうのです。でも、のちのちの英作文のことを考えれば句レベルで考えた方が楽だと思うのですが…。(わざわざ2文を書いた後で1文にしないと思わないし、話すときだって2文を頭の中で考えるなんてしないと思うし…。) (そもそもこの考え方は文法書的にはなしだと思うのでいけないのは重々承知ですが、)やはり自己流は教育上よろしくないのでしょうか? 自分は分かり、関係代名詞にある程度慣れている高校生に試しに聞いた感じでは理解してくれましたが、初見の人が見た場合、果たして分かるのかと思い不安なので、無難な感じで行けば学校的には問題ないと思いますが…。 何を言いたいのかよく分からなくなって来てしまいましたが、なるべく親切な感じで分かりやすく理解してもらいたいので、ずっと考えてしまっています。何かアドバイスがあれば頂きたいです。宜しくお願いいたします。

  • 関係代名詞・省略

    英作文で私は This is the most wonderful picture I have never seen. と書いたのですが解答は This is the most wonderful picture that I have ever seen. と書いてありました。 この解答はどの問題も省略できるものには(that)のようになっているのですが これは( )がありませんでした。 先行詞のあとがSVの形になっているのですが省略できないのでしょうか? 回答よろしくおねがいしますm(_ _)m 上とは別の質問ですが 上の文の関係代名詞でwhichではなくthatが使われるのは ”先行詞にtheがついているから” ということで合っているのでしょうか? できたらこれも一緒に回答していただけると嬉しいです

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

私の挙げたABが仮に正しいとしての推論でしかないのですが。 とりあえずABを繰り返しますと、 A 関係詞を書いたら、可能な限り早い段階で節内のSVを出すべきである B 副詞の位置は、ある程度自由である です。それに付け加えて、 C 文は、可能な限り誤解が生まれないように書くべきである というのを挙げたいと思います。これは当たり前ですが。 関係詞節内部に副詞節がある場合、その副詞節を後置すると厄介な問題があります。 実に下らぬ例ですが、 I know the girl whom Tom killed because he disliked her. なんて文の場合、because節がknowを修飾しているようにも見える。この場合、whomの後ろに置くとAには抵触するかもしれないが、Cに抵触しない。 これがただの副詞だと、例えばbecause節がquicklyに変わったとすれば、さすがにknowを修飾するとは思えない。だからCの条件はどこに副詞をおいても満たされる。ならばAの条件により後置のほうがよいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追記ありがとうございます。そうですね。quicklyなどは動詞句の中に埋め込まれるのが普通ですよね。

  • 回答No.2

(1)Googleを使っていくつか探してみました。条件に完全に合うかは分かりませんが、ご参考までに。 ・The Small Guitar (which incidentally he bought from a junk shop and restored) accompanied him on all his travels. ・On his head, he sports a baseball cap - which apparently he bought used - that has been covered in paint and grease. ・The tutorial fee consisted in one tin of Churchman cigarettes and one guitar, which actually he bought from a UTC store. (2)「先行詞+名詞句」?「先行詞+関係代名詞(目的格or主格)+主語名詞句」ということでしょうか。もしそうなら、副詞の場合を特殊な場合として説明するということで、大筋では賛成です。 (3)私は(2)で、関係詞を「目的格or主格の代名詞」としましたので、この問題は関わってこないと思います。 (4)話題化(topicalization)といえば、I like Mary.に対してMary, I like.とする形式のことですよね。この形式には、移動がらみでさまざまな制約が課せられるのは分かっていますが、Yesterday he bought it.を非文法的とする規則は知りません。よろしければお教えください。 ----------------------- 文法性はかなり低くなると予想されますが、 The book probably which he bought yesterday is Harry Potter. の文をインフォーマントの方はどう判断されるでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。わざわざサーチまでしていただいて本当にすみません。 質問の欄では800文字までという制限があるために書ききれなかったのですが、確かにコンマを使って関係詞の後に挿入語句として副詞を割り込ませたり、継続用法や付け足し的な関係詞では副詞が関係詞の後ろに来ることがあると思います。一番目の例のSmall Guitarは大文字になって固有名詞化していますし、カッコでくくった部分は継続用法ですよね。 先行詞の後ろに副詞があった場合に関係詞が省略できないというのは、後ろに名詞句が来ないからではなく、継続用法の関係詞だから目的格でも省略できないのではないかと私は疑っているのですが、そこで限定用法の関係詞で直後に副詞を取るものが本当にあるかどうかが気になったのです。 話題化と言うと誤解を招きますね。文末焦点と言ったほうがより適切でした。すみません。The book probably which...は非文ですよね。

  • 回答No.1

まず1から考えたいと思います。1の例には該当しないですが、関係詞whoの後に副詞句・副詞節が入り、それからwhoに対するVがくるという文ならかなりの数見ています。 また、これまた厳密には1の例には該当しませんが、こんな例を発見しました。 which,though it was there in hunderds,I never saw これはまさしく目的格です。ただ、間に挟まれたものは副詞ではなく副詞節ですが。 私が考えるに、1に該当する例は見つかりづらいと思います。というのも、 A 関係詞を書いたら、可能な限り早い段階で節内のSVを出したいという気持ちがあるのではないか。 B 副詞は、非常に乱暴に言えば、ある程度位置は自由だから、わざわざ関係詞と節内のSVとの間に入り込む必要はないのではないか。 C 一方、副詞節となると、関係詞節のSV以降に出すと具合が悪い。なぜなら、副詞節が関係詞節の中に 入るか入らないかわからなくなってしまう。 挙げられた英文においては、probablyが文修飾専用の副詞であり、別段文頭になければならない理由もないので、aではなくbやcのほうがわかりやすいということではないでしょうか。私の考えAが正しいとすれば。 2については「名詞の直後にSと思える語句があれば関係詞の省略をまず疑うこと」という意味でならば賛成です。 3についてですが、2を「  」のような意味に変えれば、問題はないかと思います。所有格が省略されている文を見ることはないはずですから。 4については、「話題化」という概念を知らないので発言できません。 3についてですが、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。vanvanusさんの言うABは、私の考えと同じです。でもその理由は何なのでしょうね。どこに置いても良いのなら関係詞の後ろでも良いような気もします。 もともと今回の疑問は、例えばThis is the man I believe came here yesterday.のように先行詞の後に名詞句(=関係詞節の主語)が続いていれば主格でも省略が可能で、逆にThe book probably he bought yesterday is Harry Potter.のように目的格でも先行詞の後ろに名詞句が無いと関係詞の省略は出来ない(このハリーポッターの文については私もネイティブに確認しました)として、「関係代名詞の目的格は省略できるが、主格は省略できないとする文法は間違い」とする意見がありますが、主格が省略できるということには私も同意するのですが(there is構文をのぞいて)、目的格でも省略できない場合というのが納得いきません。すでに質問の部分で述べたように、そもそも「関係代名詞節の中で主語より前に副詞が果たして本当にくるのだろうか」と思ったからです。事実、上のハリーポッターの例文では関係詞を省略しないでwhich probably...とした所で、やはりネイティブはこれを不可としています。 ですから、先行詞の後ろに名詞句が来ないために関係詞の省略が出来ない場合の1つの例として副詞を取り上げていますが、そもそも(関係詞を省略する・しないに関わらず)副詞が関係詞節の主語の前に来る文章が可能ではないと私は思ったのです。 何かまた思いついたことがあれば、是非考えをお聞かせください。

関連するQ&A

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞=先行詞で、関係副詞≠先行詞?

    先行詞とは、関係詞とイコールなもの、というわけではなく、その関係詞が導く関係節によって限定される(説明される)語句、ということなのでしょうか? 関係代名詞では、例えば、 I know a lot of people who live in New York. という文なら、 people=who(従節中のtheyの代わりをしている) ですが、関係副詞では、例えば、 This is the house where he lives. という文なら、 house≠where(従節中のthereの代わりをしている)ですよね…? whereをin whichと置き換えれば、house=whichだと思いますが… また、関係代名詞whichを非制限用法で使ったときに、前の節全体を先行詞とすることがありますが、これも「前の節」というのは主節であって名詞節ではないのだから、whichとはイコールではないように思います。 そもそもなんでこんな質問をしているかというと、私自身がなんとなく「先行詞=関係詞」のように感じていたからなんですが(>_<) 今まできちんと英文法を勉強してこなかったので、今改めて勉強しているところなのです… 先行詞は関係詞とどのような関係か、というのは結果としてどうなったか、という話であって(それを考えること自体意味がなくて)、ただ、説明したいと思う語句が来た時点で関係詞を頭に持ってきて説明をする、という感じなのかな?と思ったのですが、どうなのでしょうか。 おかしなことを言っているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞とみなしていいのでしょうか

    関係代名詞とみなしていいのでしょうか His being as the aritist he is becomes a problem. という文で「artist」「he」のあいだには「that」が省略されていると思うのですが、 さてどういう用法と考えたものか悩んでいます。また「as」は「芸術家としての存在」というふうに読んでいるのですが、どうも文意がつかめなくて質問しております。 「補語としての関係詞」は可能ですか。 宜しくお願いします。

  • 主格の関係代名詞

    ふと疑問に思いました。 問.次の2文を1文に直しなさい。 Ex.The boy is Ken. He is a student. →The boy who is a student is Ken. みなさん、このようにするかと思います。 この場合では、The boyとHeが同じ人物をあらわすので、代名詞であるHeをwhoに変えて先行詞の後ろにもってくる、というのが通例に思います。 しかし、ここで疑問なのがKenです。 Kenについても同様のことが言えるのではないでしょうか。 つまり、KenとHeが同じなので、Heを関係詞whoに変えて The boy is Ken who is a student. として捉えてしまうこともあるように思えてしまいます。 後述になってしまいまいしたが、塾講師をやっています、大学生です。 生徒からの視点で考えてみれば、どちらも名詞でHeと同一人物であることは間違いないので、先行詞を間違える可能性があるように思います。 単なる勘違い、思い違いかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞の解釈

    中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。

  • 関係代名詞の省略のルール

    関係代名詞のルールについて以下のお二方のお言葉引用させて頂くと、 吉田「関係代名詞は、直前に先行詞、直後に名詞句が存在するならば、省略できる。」(p.144) 岡田「関係代名詞は、先行詞と名詞句にじかに挟まれている場合に限り、省略できる。」(p.44) [引用文献] 岡田伸夫(2001)『英語教育と英文法の接点』美誠社 吉田正治(1995)『英語教師のための英文法』研究社 と、どちらも同じことを仰られています。 このルールに従えば、以下の文の関係代名詞は省略可能だと思うのですが、所有している参考書では不可能とされていました。 何故省略出来ないのか、その直接となる理由をご教示下さい。 Most of the people (who) attended the seminar on foreign language teaching were English teachers. この文をattendedが動詞の過去形でその主語が省略されている関係代名詞主格whoと考えました。 訳は『その外国語を教えるセミナーに参加した人々の殆どは英語の先生だった。』 ちなみに元は正誤判定問題でした。詳しくはttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa4169638.htmlの質問(4)を見てください。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。 どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・ どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

  • 関係代名詞

    doing the things you'd like to 目的格のwhichが省略されていると思うのですが その場合whichはなにを指しているのですか? 最後のtoがなければなんとなく分かるんですが また関係代名詞が不定詞や名詞句を指すことは可能でしょうか? 文法に詳しい方 ネイティブの表現に詳しい方 お願いします

  • 関係代名詞 whose について

    問題集に下記の英文があり、空所に入る答えはwhoseでした。(他選択肢はthat, what, whichです) Some plants can resist herbicides, the chemicals 【 】 job is to kill weeds. 雑草を枯らす役目を持つ薬品である除草剤に、耐えることのできる植物もある。 ここで聞きたいのはこの文の構造がどのようになっているかです。 関係代名詞は先行詞の代わりであると私は認識しているのですが、この文の 先行詞がわかりません。解説にはchemicalsとなっていますが、そうなると主節との関係 に疑問符が付きます。 He gave me a book, whose cover was frayed. He gave me a book, the cover of which was frayed. 上の2つの例文では関係代名詞に対してどちらも主節のa bookが先行詞なのでコンマを 挟んだ前後の関係がわかります。しかし問題文ではchemicalsが先行詞というのでは 前後のつながりがわかりません。なので接続詞もなくコンマだけで文が続くのに違和感を覚えます。 問題文のような形の文に初めて出会ったので困惑しています。 よろしくお願いします。

  • 関係代名詞の省略?

    関係代名詞の省略? NHKラジオ英会話講座より He's won a lot of tournaments during the 40-odd years he's been playing competitively. 質問: (1)he's been playing competitively.の前に関係代名詞が省略されていますか?先行詞はtournamentsで、目的格ですか? (2)40-odd years(40年余り)は便利な表現ですが、oddに対応する反意語(40年弱)はないでしょうか?  以上