• 締切済み
  • すぐに回答を!

関係代名詞の教え方(高校1年生)について

こんにちは。 今回、教育実習で高校1年生を担当しているのですが、 ちょうど関係代名詞や分詞による後置修飾の分野が扱われるのですが、 一体、今の高校生が中学生のときにどれくらいのことが教えられているのか分からなくて、どう教えたらいいのかとても困っています。 よくある一般的な感じですと、 関係代名詞は2文を1文にする働きがあるとか言って (目的語につく関係代名詞の例を主に用いて)同じ意味を表す名詞の一方をwhichに変えて、もう一方にくっつけると言う感じで教えると思うのですが、 He knows the girl. I met her yesterday. the girl = her herをwhomとして He knows the girl whom I met yesterday.の感じです。 でも、私個人としては正直そんな風に考えたことがなくて、 関係詞は、体言止めのようなものを作ると考えてしまうのです。 例えば、I bought a book yesterday.教科書とかだと、分かりやすくするために、よくカッコをつけたりするので、そのことを考えて、 (1)体言止めにしたい文を( )でくくり (The boy bought a book yesterday.) それと同時に和訳で通常の文になることを確認 (2)( )の中で、名詞(代名詞以外)の部分を前に出す a.体言止めにしたい部分が目的語a bookなら a book (which the boy bought yesterday)  和訳で体言止めになっていることを確認 b.体言止めにしたいところが主語the boyなら the boy (which bought a book yesterday) 和訳で体言止めになっていることを確認 (3)それを主語or目的語などに当てはめる こんな感じでwhichは体言止めのサインだと考えてしまうんです。英作文とかでわざわざ2文を1文にしようとは私は思わないので、文がどうこうというよりは句レベルで考えてしまうのです。でも、のちのちの英作文のことを考えれば句レベルで考えた方が楽だと思うのですが…。(わざわざ2文を書いた後で1文にしないと思わないし、話すときだって2文を頭の中で考えるなんてしないと思うし…。) (そもそもこの考え方は文法書的にはなしだと思うのでいけないのは重々承知ですが、)やはり自己流は教育上よろしくないのでしょうか? 自分は分かり、関係代名詞にある程度慣れている高校生に試しに聞いた感じでは理解してくれましたが、初見の人が見た場合、果たして分かるのかと思い不安なので、無難な感じで行けば学校的には問題ないと思いますが…。 何を言いたいのかよく分からなくなって来てしまいましたが、なるべく親切な感じで分かりやすく理解してもらいたいので、ずっと考えてしまっています。何かアドバイスがあれば頂きたいです。宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1168
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

関係代名詞を体言止めでということは考え的には間違ってないどころかかなり的を射た考えだと思います。 まず、関係詞本来の役割は接続詞ではなく、後置修飾の合図であるからです。分詞句や前置詞句のように、足りない情報を付け加えるためのものです。 他の回答に2文連結で教えるのが正しいとありましたが、2文連結はある程度関係詞がわかってきてからのほうが効率がいいように思われます。 まずは小さい名刺の塊から認識させ、そこから文につなげるという方法は最近出始めているようです。 関係詞は、稚拙な文章をよりかっこよく書くための手法なので、しっかりと教えてあげてください。 参考文献は、 「英文法総覧」「英文法解説」'Explaing English Grammar'等です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞の解釈

    中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。

  • 関係代名詞と分詞の違いについて教えてください。

    関係代名詞と分詞を使った場合の以下の英文は全く同じ意味になるのでしょうか?違いがあるとすれば違いを教えてください。また、文法的に正しい英文なのでしょうか? The boy standing by the door is Mike. (現在分詞) The boy who stands by the door is Mike. (関係代名詞) The boy who is standing by the door is Mike. (関係代名詞) That is a book written by Soseki. (過去分詞) That is a book which was written by Soseki. (関係代名詞)

  • 関係代名詞の省略

    過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

  • 回答No.2
  • weeshio
  • ベストアンサー率45% (11/24)

はじめまして。 すいません、ちょっとおっしゃっている事がよく分からなくて申し訳ないんですが、とにかく、質問から受けた私の答えです。 >関係代名詞は2文を1文にする働きがあるとか言って・・・ そのとおりです。先にあなたが「そんな風に正直考えた事がなくて」といって挙げた例はちゃんと2文を1文にしてますよね。 問題はその後です。 I bought a book yesterday という1文をあなたは語順を変えてるだけじゃあないですか? たとえば、 I bought a book yesterday which cost me 1000yen. のように I bought a book yesterday. It(=the book) cost me 1000yen. という2つの文をwhichを使って1文にするなら分かります。 もともと1つしか文が無いのに、SVOの順番を壊さなくてもいいんじゃない?というのが私の意見です。 ちなみに、(2)についてですが・・・ >a.体言止めにしたい部分が目的語a bookなら a book (which the boy bought yesterday)  その前に、先ほどの例文 I bought a book yesterday which cost me 1000yen. のI→A boyに代えて書いてみます。(別にしなくてもいいんですけど) A boy bought a book yesterday which cost him 1000yen. (少年が、昨日1000円する本を1冊買った) この文につながるように考えて見ましょう The book (which was) bought by the boy yesterday was actually 1500yen. (その少年が昨日買った本は本当は1500円だった) となるなら、「本」を前に持ってきて文を作るのはまだわかります。 The book was bought by the boy yesterday. It(=the book) was actually 1500yen. という風に2文にできるからです。 じゃあ、これはどうでしょう? >b.体言止めにしたいところが主語the boyなら the boy (which bought a book yesterday) これも上の例と似るんですが、 The boy who bought a book yesterday lost it already. (昨日1冊の本を買った少年はもう(それを)なくしました。) The boy bought a book yesterday. He lost it(=the book) already. の2文が1文になってますよね。このように2つの文があれば分かるんです。 教育実習、大変だとは思いますが、生徒さんの方も先生が教えてくれることは「100%正しい」と思って聞いているはず。事前にちゃんと理解してからしっかり教えてあげてくださいね。 頑張ってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは!  関係詞は難関の1つだと思います。分からぬまま高校を卒業する人が50%以上を占めているでしょう。  少しでも理解を増進できたら感謝されますよ!高校1年生はまるで分かってないという前提で考えたほうがいいでしょう。  大事なことは 1)自分の言葉で語ること 2)例文に、いかにも高校1年生の実用になりそうな自然な例文を使うこと(ネイティヴの先生がいたらぜひ相談されることです。) 3)分かっているかどうか、試しながら、一歩一歩進むこと 4)簡単、単純な練習問題を【いっぱい】【もういいよ、分かってるよ】というまで解かせること  です。  さて「我流」とおっしゃる「体言止め」説明ですが、とてもいいと思います。  (a) I have solved the question. (b) Mr Tanaka (先生のお名前)gave us the question.  この (b) の文を、「体言止め」的に言い換えることをやらせるのはとてもいいことです。  田中先生は私たちに問題を与えた → 田中先生が私たちに与えた問題  これが英語で、the question Mr Tanaka gave us と書き換えられると、もう半分理解したことになるでしょう。  しかし格の問題はいずれにせよ難関で、(a) の文でなく (b) の文の中での格であること、この場合は目的格になることを理解させなくてはなりません。どんなベテラン教師でも、ここは泣くところだと思います。これという決定的な便法はありません。目的語という観念が理解されていない生徒が多いはずです。これ目的語だよね...だから...という説明で分かってくれる生徒は少ないでしょう。  教えることの難しさを肌で感じられる部分だと思います。全力でやってみて下さい!  以上、御参考になれば幸いです!  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 次の英文について質問です。 All you have to do to start this machine is press this button. Allの後には関係代名詞(whichかthat)が省略されているのは分かるのですが、 この関係代名詞は関係詞節中でhaveの目的語かhave to doの目的語の どちらで使われているのでしょうか? haveの目的語なら「あなたの持っているするべきことのすべては~」 have to doの目的語なら「あなたがしなければいけないことのすべては~」 となり意味的にはどちらでもいいような気がしますが、どうも気になりました。 また、発音ではhaveを「ハブ」か「ハフ」のどちらが正しいのですか? よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞について教えて下さい。

    関係代名詞で、「Which」と「, which」は、 用法として異なります、 一方で、thatを使った関係代名詞の場合には、「that」しか使えないわけですが、 この場合には、「Which」とは同じ用法でしか使えないということなのでしょうか?

  • またもや関係代名詞に疑問

    Their huts are there to shelter them from rain, wind and sunshine and the spirits which produce them. この文での関係代名詞whichの先行詞はいったいどれだと考えますか? the spiritsでいいんでしょうか? ちなみに theirは、既に出ている「素朴な生活をしている人」のことだと思います。 shelterの目的語であるthemもその人だと考えております。 ただ、produceの目的語であるthemは何を指しているのかよくわかりません。 宜しければ、納得がいく和訳もお願いします!

  • 関係代名詞と後置修飾

    関係代名詞の省略形の文 The bag (which) I bought yesterday is blue. という文と後置修飾の The bag I bought yesterday is blue. では違いはあるのでしょうか。関係代名詞を省略すると後置修飾の文になるのでしょうか?

  • 関係代名詞を使う or 使わない

    ある文を組み立てるときに関係代名詞を使うか使わないかで、伝わる意味・ニュアンスに違いはありますか? 例えば、 "昨日、赤いシャツを着たブロンドのポニーテールの女の子が、花を持ってここに立っていた" 1. 関係代名詞を1つ使う (who) a blonde ponytail girl who wore a red shirt was standing here with having some flowers, yesterday. 2. 関係代名詞を2つ使う (whoを2回) a blonde ponytail girl who wore a red shirt who had some flowers was standing here, yesterday. 3. 関係代名詞を使わない a blonde ponytail girl in a red shirt was standing here with having some flowers, yesterday. これら1~3の文は、すべて同じ意味・ニュアンスで伝わるでしょうか? 自分では2は不自然な気はしますが・・・

  • 関係代名詞が使われた文の a / the について

    質問させていただきます、よろしくお願いします。 関係代名詞が使われた文の a / the についてです。 私が使っているテキストに、 1.I know a girl who can speak French. とあるのですが、関係代名詞とは、関係代名詞のwho以降は前の先行詞girlの説明をしているんですよね。 ということは、a よりも the のほうが正しいのではないですか? 【フランス語を話せる女の子】と限定されていると思うのです。 関係代名詞が使われている文にはこういった説明ができるのでaは使われないのかな、と思っていたのですが、aが使われる場合はどのような場合なのでしょうか?m(__)m それとも、【フランス語を話せる女の子】が何人かいて、その中の一人のことをさしているのでしょうか・・・? あと、関係代名詞は人の名前(固有名詞)やmy, yourがついている名詞を先行詞にすることはできないと書いてあるのですが、たとえば曲のタイトルなんかもそうですか? 2."Natsuiro" is the song which I like the best. "Natsuiro" which I like the best is the song. (は間違い?) よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

  • 関係代名詞

    関係代名詞で主格のthatとwhich、thatとwhoはお互いに交換して書くことはできるんですか?例えば: The dog which is running over there is Kumi's. =The dog that is running over there is Kumi's. ってなることはできますか? 後、主格、目的格のwho,that,whichはどうやって使い分ければいいでしょうか? 後テストでこんな一文発見しました: Thw boy that they saw last night is Tom. The place which they visited yesterday is a museum. なぜwasではなくisを使うのでしょうか?過去形の文だがこの場合isは使っていいと習った覚えがありませんが...これは許されるのでしょうか? 他の本ではこんな文: The book I read yesterday was very interesting. ここではwasが使えて、何故前の文は使えないのでしょうか?

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。