• 締切済み
  • 困ってます

国家資格の欠格条項について

質問です。 国家資格を規定する法律に欠格条項というものがあり、 「禁錮以上の刑に処せられた者であつて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから5年を経過しないもの」 という文言があるのですが、執行猶予を受けているものはどうなるのでしょうか? 執行猶予2年だとすると執行猶予が終わってから5年後でないとその国家資格にはつけないのでしょうか? 分かりにくい文章かもしれませんが法律に詳しい方からの回答を待っております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1383
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

執行猶予が満了した時点で欠格条項から外れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 行政書士資格の欠格事由について

    質問させて頂きます。 行政書士資格の欠格事由について, 第一章第二条二の四に >禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから二年を経過しないもの< と明記されてますが, 「執行を受けることがなくなってから二年の経過」 と言うのに,執行猶予も当てはまるのでしょうか。 それとも執行猶予は,単に猶予の最終期間が過ぎればこれには外しなく 執行猶予が終わっていれば,試験は受けられるのでしょうか。 自分で見出だした答えでは執行猶予は終われば関係ないと思うのですが 自信がない次第ですので。 当方,無免許での執行猶予が切れたのが18年4月でしたので,関係する のかな・・と。 宜しくお願い致します。

  • 身分制限について

    良く、国家資格などの欠格事由で「○○以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり又は執行を受けなくなってから○○年を経過しない者・・・」などとありますが、法律では、執行猶予者は、その猶予期間経過により、その刑の言渡しが無かったこととなると聞いておりましたが・・・一体いつから欠格事由が消滅するのでしょうか・・・

  • 欠格条項について質問です。

    介護福祉士の資格を持っていましたが執行猶予付きの判決を受けてしまいました。 この場合は介護福祉士の資格は取り消されてしまうのですか? それとも執行猶予がすぎればまた介護福祉士として働けますか? 欠格条項に禁固以上の有罪判決を受けたものとあったのですがどうなるのでしょうか? 経験された方、何か知っている方いたら教えてください。お願いします。

  • 執行猶予判決後の国家資格ついて

    例えば、情報処理技術者の国家資格(基本情報技術者試験や初級システムアドミニストレータ試験など)を 取得している人間が執行猶予判決を受けた場合、その資格は取り消しとなりますか? また、執行猶予期間中に他の情報処理技術者の国家資格の取得は可能ですか?

  • 行政書士資格制限

    行政書士法にある欠格事由について質問なのですが、 「第2条の2  4.禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから2年を経過しないもの」 とは、例えば、懲役一年執行猶予三年の判決を受けた者は、 どの時点で欠格事由に該当しなくなるのでしょうか。

  • 国家資格について

    前科がありますが、国家資格を取りたいと思っています。資格取得の規定には、「資格を与えないことがある(罰金以上の刑に服した場合)」という表現で書いてあるのですが、実際は取得できるものなのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら是非教えて頂きたいと思います。一応国の機関に電話で聞いてみましたが、お答えできませんとの返事でした。 ちなみに国家資格を取る際には前科というのは事前に調べられる事なのでしょうか?もしくは自己申告なのでしょうか? ご存知の方、宜しくお願いします!

  • 各許認可の欠格要件について

    例えば、営業許可などの許認可の欠格要件のなかにこういう内容があります。 『次に掲げる方で、その刑の執行が終り、又は刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない方 ・禁固以上の刑に処せられた方』 平成16年2月26日に懲役10ヵ月、執行猶予3年の判決を受けた場合。 上記の欠格要件に該当しなくなる日付はいつになりますか? 執行猶予は終わっていると思いますが、刑の執行が終わり、又は刑の執行を受けることがなくなった日が分かりません。 よろしくお願いします。

  • 介護保険法の欠格事由、禁錮刑以上の刑に処せられ~~について教えてください!

    私は刑事事件を起こして、執行猶予付きの有罪判決を受けました。 まだ、執行猶予中です。今では大変、反省しています。 このたび、介護の分野で新規事業をやろうと思っているのですが、 「 介護保険法」で県知事から指定を受けなければなりません。 要するに許認可です。 その中で、申請者の欠格事由に 「 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者」 というのがあります。 この場合、執行猶予中の者は欠格事由にあたるのでしょうか??? ちなみに同様な表現で、公職選挙法に (選挙権及び被選挙権を有しない者) 第11条 次に掲げる者は、選挙権及び被選挙権を有しない。 1.成年被後見人 2.禁錮以上の刑に処せられその執行を終るまでの者 3.禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。) とあります。 微妙なニュアンスの違いが分かりません。 どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 執行猶予に関わる資格取得において

    執行猶予中に民間資格を取得できることは分かりました。 失効猶予期間が終了したら、相対的欠格事由ならば国家資格を取得できることがあるということも分かりました。 そこで質問です。実際に執行猶予期間中に民間資格を取得した方がいらっしゃるのであれば、資格名を教えていただきたいです。 また、実際に国家資格を取得した方がいらっしゃるのなら、資格名や就職先を教えていただきたいです。

  • 執行猶予における執行の免除について

    執行猶予について、読めば読むほどわからなくなってしまい困っております。 恐らく自分はどこがで勘違いをしてるのだろうと思い、考えた末に一点疑問が浮かびました。 執行猶予を受けることができる資格として、刑法25条1項2号に次のとおり規定されております。 第二十五条   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。 一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除    を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。 第1項2号における”執行の免除”という部分を、自分は「執行猶予期間を満了すること」と捉えております。また、第2項の”執行を猶予された者”についても「執行猶予期間を満了した者」と捉えております。 もしかしたら”執行の免除”とは執行猶予とは全く別の概念では、また、”執行を猶予された者”というのは執行期間中の人間のことか、と考えているのですが、実際はどうでしょうか?詳しい方がいれば教えてください。 ちなみに、私の理解に立てば、執行猶予を満了してから5年間禁錮以上の刑を受けないよう無事に過ごさなければ、再度の執行猶予は望めない、という結論になります。