• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

行政書士資格の欠格事由について

質問させて頂きます。 行政書士資格の欠格事由について, 第一章第二条二の四に >禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから二年を経過しないもの< と明記されてますが, 「執行を受けることがなくなってから二年の経過」 と言うのに,執行猶予も当てはまるのでしょうか。 それとも執行猶予は,単に猶予の最終期間が過ぎればこれには外しなく 執行猶予が終わっていれば,試験は受けられるのでしょうか。 自分で見出だした答えでは執行猶予は終われば関係ないと思うのですが 自信がない次第ですので。 当方,無免許での執行猶予が切れたのが18年4月でしたので,関係する のかな・・と。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1415
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

刑法27条により、取り消されることなく執行猶予期間が満了すれば、刑の言渡しは効力を失うので、その時点から「禁錮以上の刑に処せられた者」には該当しなくなります。したがって、満了から二年経たなくても欠格事由には該当しません。 「執行を受けることがなくなつてから」という類の規定は、恩赦や刑の時効、仮釈放期間の満了などを想定したものとされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を有難う御座います。 なるほど,とても解りやすく説明を有難う御座います <(_ _*)>

関連するQ&A

  • 行政書士資格制限

    行政書士法にある欠格事由について質問なのですが、 「第2条の2  4.禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから2年を経過しないもの」 とは、例えば、懲役一年執行猶予三年の判決を受けた者は、 どの時点で欠格事由に該当しなくなるのでしょうか。

  • 無資格になってしまった行政書士

    私の友人である行政書士が、ある犯罪で有罪になってしまい、執行猶予付きの懲役刑を宣告されました。 そうなると彼は、行政書士法第2条の2(欠格事由)に該当し、行政書士業務ができなくなるのですが、将来、執行猶予が解けて2年を経過した時、又は懲役刑になり刑が終了した時に、また行政書士として業務ができるようになるのでしょうか? 根拠法令や判例、実務上の例などがあれば、併せて教えてください。 お願いいたします。

  • 国家資格の欠格条項について

    質問です。 国家資格を規定する法律に欠格条項というものがあり、 「禁錮以上の刑に処せられた者であつて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから5年を経過しないもの」 という文言があるのですが、執行猶予を受けているものはどうなるのでしょうか? 執行猶予2年だとすると執行猶予が終わってから5年後でないとその国家資格にはつけないのでしょうか? 分かりにくい文章かもしれませんが法律に詳しい方からの回答を待っております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

執行猶予は、執行を猶予するのですから、執行されていません。 それに、受験資格と行政書士資格は別です。 なので、受験資格とご質問内容は関係がありません。 したがって、受験資格さえあれば、誰でも受験できるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答を有難う御座います。

関連するQ&A

  • 行政書士 欠格事由と登録について

     これから、行政書士を目指そうと考えています。欠格事由について、不明な点がありますので、ご教示下さい。    実は実刑判決を受け服役の経験があります。 「禁固刑以上の・・・2年を経過していない者」に未だ該当致します。 この場合、 (1)受験資格は有ると思うのですが、間違い有りませんでしょうか? (2)仮に合格した場合でも、欠格事由により行政書士として活動は出来ないと解しますが、この場合、合格の事実はいつまで有効なのでしょうか?(合格したときは、欠格事由に該当したが、欠格事由経過後に登録、活動が出来るのでしょうか? 以上、2点よろしくお願いいたします。

  • 介護保険法の欠格事由、禁錮刑以上の刑に処せられ~~について教えてください!

    私は刑事事件を起こして、執行猶予付きの有罪判決を受けました。 まだ、執行猶予中です。今では大変、反省しています。 このたび、介護の分野で新規事業をやろうと思っているのですが、 「 介護保険法」で県知事から指定を受けなければなりません。 要するに許認可です。 その中で、申請者の欠格事由に 「 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者」 というのがあります。 この場合、執行猶予中の者は欠格事由にあたるのでしょうか??? ちなみに同様な表現で、公職選挙法に (選挙権及び被選挙権を有しない者) 第11条 次に掲げる者は、選挙権及び被選挙権を有しない。 1.成年被後見人 2.禁錮以上の刑に処せられその執行を終るまでの者 3.禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。) とあります。 微妙なニュアンスの違いが分かりません。 どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 欠格事由

    現在行政書士の資格を取得するために専門学校に通っております。 昨日、欠格事由というものが受験資格にあると知りました。 実は、過去に執行猶予付きの実刑判決を受けたことがありまして、猶予期間は3年で昨年の12月までなのですが、ここから2年間は受験資格がないという意味なのでしょうか。

  • 行政書士で登録する際の欠格事由について

    現在、行政書士の試験に合格し、将来的に登録を考えています。 ふと最近になって自分は欠格事由に該当しないかと不安になっています。 犯罪を犯したわけでもなく、破産者でもないですが、「行政書士の信用又は品位を害するおそれがある者その他行政書士の職責に照らし行政書士としての適格性を欠く者」と言う一文が妙に引っかかるのです。 信用とは?品位とは?と考えてしまいます。 過去にクレジットカードを強制解約させられている。 仕事を転々としている。 高校中退(旧大検には合格) など、信用、品位を害する恐れが自分の中で少なからずあると思っています。 こういう理由で登録拒否をうけた方はいるのでしょうか? どなたかお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 行政書士の登録の際の欠格事由について

    現在、行政書士の試験に合格し、将来的に登録を考えています。 ふと最近になって自分は欠格事由に該当しないかと不安になっています。 犯罪を犯したわけでもなく、破産者でもないですが、「行政書士の信用又は品位を害するおそれがある者その他行政書士の職責に照らし行政書士としての適格性を欠く者」と言う一文が妙に引っかかるのです。 信用とは?品位とは?と考えてしまいます。 過去にクレジットカードを強制解約させられている。 仕事を転々としている。 高校中退(旧大検には合格) など、信用、品位を害する恐れが自分の中で少なからずあると思っています。 こういう理由で登録拒否をうけた方はいるのでしょうか? どなたかお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 禁錮以上の刑とは、?

    友人より相談を受けております。 建築士法上の(絶対的欠格事由)に”禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日・・・・”とありますが、禁錮刑とはどの程度の刑をいうのですしょうか? 例えば、”3年以下の懲役・・・”ぐらいの刑で、執行猶予がつくケースがありますが、 上記の文面からすると、【執行を受けることがなくなつた日】= 【執行猶予】 ということで、執行猶予 がついていれば、通常状態と変わらず、免許は取り消しされないということでよいのでしょうか? お分かりになれば、教えてください。

  • 公務員の欠格事由について

    公務員の欠格事由について 公務員においての欠格事由に、「禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者」とありますが、この文を考えれば、罰金刑(交通以外)の場合は、当てはまらず、公務員になれる資格はあると思います。 公務員試験の際に、欠格事由に当てはまらないか、犯罪人名簿が保管されてある本籍地の市役所に確認が行くと思いますが、その際、どこまでを確認されてしまうのでしょうか? ただ、欠格事由に当てはまるか、否かの確認のみなのか。もしくは、当てはまらないが、罰金刑に処されている、そして罪名まで確認される…など、確認調査でどこまで知られてしまうものなのでしょうか? 少しでも情報を知っている方がいらっしゃるなら、回答をお願いします。

  • 身分制限について

    良く、国家資格などの欠格事由で「○○以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり又は執行を受けなくなってから○○年を経過しない者・・・」などとありますが、法律では、執行猶予者は、その猶予期間経過により、その刑の言渡しが無かったこととなると聞いておりましたが・・・一体いつから欠格事由が消滅するのでしょうか・・・

  • 行政書士の問題に関して

    行政書士の欠格事由についてです。 行政書士会の会則の定めるところにより除名処分を 受けたものは、当該処分の日から2年間は行政書士 となる資格を有しない。 上記の文章は×なのですが、どこが間違っている んでしょうか。教えて下さい。

  • 各許認可の欠格要件について

    例えば、営業許可などの許認可の欠格要件のなかにこういう内容があります。 『次に掲げる方で、その刑の執行が終り、又は刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない方 ・禁固以上の刑に処せられた方』 平成16年2月26日に懲役10ヵ月、執行猶予3年の判決を受けた場合。 上記の欠格要件に該当しなくなる日付はいつになりますか? 執行猶予は終わっていると思いますが、刑の執行が終わり、又は刑の執行を受けることがなくなった日が分かりません。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう