• 締切済み
  • 困ってます

貸倒引当金

簿記3級 下記質問がよく分かりません。 (1)売掛金(前期の掛売り分)が回収不能となり貸倒処理した。  尚、貸倒引当金残高は、85000あった。 答え 貸倒引当金 85000 売掛金100000    貸倒損失  15000 (2)前期に生じた売掛金60000が貸倒となった    貸倒引当残  41000   貸倒引当金 41000 売掛金 60000   貸倒損失  19000 何故、前期の売り掛けを今期に処理するのでしょうか? 前期の決算時に処理してしまわないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数624
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

2種類の回答が浮かんだので両方かきます 先ず、要求される仕訳の裏側にある取引は想像できていますか? 問題1に出てくる会社が3月決算法人だと仮定してますと、次の様な取引が想像できます。 ・3月1日 A社に商品を100,000円分売上た。代金は全額掛とした   売掛金100,000/売上100,000 ・3月31日 決算整理で貸倒引当金を85,000を計上した      [決算前の同勘定残高はゼロ]   貸倒引当金繰入85,000/貸倒引当金85,000 ・4月20日 A社に対する売掛金(3/1分)が回収不能となったので、      貸倒処理した。   貸倒引当金85,000/売掛金100,000   貸倒損失 15,000 次に、貸倒引当金を計上する意味合いはご理解なされておりますか?  売上債権が回収不能になった場合、その損失は売上債権を計上した期に計上するべきです[期間対応の点]。  ですが、発生主義で仕訳を起こすと、回収不能が判明するのが翌期になってしまうことがありえます[上記例を参考に]。  とは言え、やはり売上債権を計上した期に何等かの処理をしておいたほうが、よいのではないでしょうか?  其処で、回収不能予想額を「貸倒引当金」勘定で計上するのです。この事から、回収不能となった時に「貸倒引当金」勘定で処理できるのは前期の売上債権に係る部分のみとなります。 最後に 若しかして、私はご質問の意味を取り違えていますか?ご質問者がご不快に感じたのであればお詫び申し上げます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 貸倒引当金の処理について

    前期に30万ほど未回収があり、今期に裁判所から支払い不能の通知が きました。 初めての貸倒れ処理です。これでいいのかどうか良くわかりません。 貸倒引当金が10万ほどあります。 決算なので 貸倒引当金 100000 売掛金 300000 貸倒損失  200000 で清算し あらたに 貸倒引当金繰入 100000 貸倒引当金 100000 で計上しなおしました。 貸倒引当金の金額は毎年、定額にしていて 別表で処理しています。 これであっているのかよく解りません。 どうぞよろしくお願いいたします

  • 簿記の貸倒引当金・貸倒損失について

    簿記3級の資格に向けて勉強中のものです ひたすら問題を解いていて、今、新たな問題集の問題を解いている途中なのですが、疑問が出てきました。 「合計試算表(平成○年10月26日)と諸取引(平成○年10月27~31日)にもとづいて合計残高試算表・売掛金明細表を作成せよ」というたぐいの問題で ○○商店の売掛金残高 10月26日まで・・・¥43500(売掛金明細表より) 10月28日・・・・・¥9300(売掛金¥9300/売上¥9300) 10月29日・・・・・¥-51000(当座預金¥51000/売掛金¥51000) そして31日に 「○○商店の倒産により、同店に対する売掛金を全額貸倒れとして処理する」 という取引があり、合計試算表には貸倒引当金が¥4000とあります。 私は、今期の売掛金だから、全部”貸倒損失”で処理だと思い、そう仕訳をしました。 しかし、解答では”貸倒引当金”を使って処理されており、「貸倒引当金¥1800/売掛金¥1800」となっていました。 (1)いつの売掛金に対して設定したかわからない貸倒引当金は、今期の売掛金にも使って良いのでしょうか? (2)この問題の答えは正解なのでしょうか (3)私の解釈(前期まで=貸倒引当金、今期=貸倒損失)は間違っているのでしょうか 初歩的な質問かとは思いますが、ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

  • 前期設定した貸倒引当金の処理について

    前期設定した貸倒引当金の処理について 前期に売掛金3,000,000円のうち、貸倒引当金を1,200,000円計上し、今期になり相手の倒産によって全額回収不能となった場合は、今期の決算書上では、 特別利益に貸倒引当金戻入益 1,200,000 一般管理費に貸倒損失 3,000,000 と記載されてくるのでしょうか それとも、一般管理費 貸倒損失 1,800,000 という記載になるのでしょうか 簿記知識が乏しいのでよく伝わらないかもしれませんがどなたか教えてください

  • 回答No.2
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

> 何故、前期の売り掛けを今期に処理するのでしょうか? この点については、仕訳は基本的に仕訳対象の事象が発生した時におこなうべきものである点が、関係してきます。 すなわち、売掛金が回収できなくなるのは、得意先が倒産するなどの事象が起こったときであるところ、得意先の倒産などの事象は必ずしも売掛金の発生した前期に起こるとは限りません。 そして、得意先が今期に入って倒産したときは、売掛金を回収できなくなるわけですが、この処理を前期に遡っておこなうことは、「仕訳は基本的に仕訳対象の事象が発生した時におこなうべき」との原則に反します。これは、許されません。 そのため、今期に入って得意先の倒産などの事象が起こり売掛金が貸し倒れたときは、今期に処理しているんです。 ※ この結論は、現金主義会計であっても同じです。現金主義会計も発生主義会計も、事象が起こった時に仕訳をする点では同じだからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)

前期の決算時に処理してしまわないのでしょうか? 現金主義の会計だったら処理してもかまいません でも通常会計は発生主義会計ですから・・・・ たぶんこの問題の始めの法に発生主義会計とかは書いてるはずです 何故、前期の売り掛けを今期に処理するのでしょうか? 発生主義会計だったらそうなります http://financial.mook.to/accounting/01/structure_13.htm http://www.kcs-net.or.jp/koza/3-1-1.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 簿記3級の貸倒引当金について

    精算表を作る問題で 得意先Aが倒産し、同店に対する売掛金1000円が回収不能のなったため、貸倒れとして処理する。 という仕訳があり、精算表には貸倒引当金として5000円あります。 私は売掛金が前期のものなら、貸倒引当金と足りないときは貸倒損失 売掛金が当期のものなら、貸倒引当金があっても貸倒損失のみで仕訳 と覚えていました。 しかし、この問題では売掛金が前期発生なのか当期発生なのかわかりません。 期末(決算)のときは、売掛金が当期のものでも、貸倒引当金を使用するのでしょうか? もしくは、貸倒引当金がある場合は当期でも貸倒引当金を使用していいのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 簿記3級 貸倒引当金について教えてください。

    誤謬訂正仕訳で 当期に発生した売掛金¥50,000が貸倒れたさいに、次のような仕訳をした。 なお、貸倒引当金勘定の残高は¥70,000である。 (借)貸倒引当金 50,000  (貸)売掛金 50,000 解答 (借)貸倒損失 50,000 (貸)貸倒引当金 50,000 貸倒引当金を使うのは、前期以前の売掛金が貸倒れた場合ということでよろしいですか? 当期の売掛金が貸し倒れた場合に関しては、貸倒引当金残高があったとしても、貸倒損失で計上する、ということなのでしょうか? 今までやった過去問を見たら「前期の売掛金が~」とあり、その場合貸倒引当金を使っていたので何の疑問もなく覚えていたのですが、今回初めて「当期に発生した売掛金が貸倒れた」という問題を見たので悩んでしまいました。 なお、仮に「当期」「前期」という説明が問題に無い場合、貸倒処理は貸倒引当金を使っても良いのでしょうか? 貸倒引当金残高が貸倒金額に足りない分は差額は貸倒損失で計上することは理解してます。

  • 貸倒引当金と貸倒損失

    現在簿記2級の勉強中です。 売掛金が貸倒れとなった場合、当期中の売上分であれば貸倒損失、前期末までの売上分であれば貸倒引当金で処理しますよね? 簿記2級の第3問によくある決算整理事項の中でいつの売上か全くわからない状態で「売掛金****円を貸倒として処理する」とあった場合、貸倒引当金と貸倒損失のどちらを使えばいいのでしょうか? 答案用紙にその勘定科目があるか、またはその科目を加えられるかで判断するしかないのでしょうか?

  • 貸倒引当金の取崩しと貸倒損失について、

    貸倒引当金の取崩しと貸倒損失について、 前々期の売掛金315,000円が前期に更生計画認可が決定してH22.3月決算で処理する場合についての質問です。 315,000円のうち債権免除額は283,500円、弁済額は31,500円でした。 貸倒引当金の残高は100,000円です。 この場合、まず最初に貸倒引当金を取り崩すのでしょうか? 最近出席した地域の税理士会主催の税法のセミナーで、下記のように言われました。 貸倒引当金・・・少しでも回収可能性のあるとき 貸倒損失・・・全額回収不可能のとき、裁判で切り捨てられたとき つまり、今回のケースでは債権免除額全額を貸倒損失とするのでしょうか? それから、弁済額(4ヶ月以内に一括弁済)は、未収入金で処理すればいいのでしょうか? 初歩的な質問ですみません・・・どなたかご教授願います。

  • 貸倒引当金について

    こんにちは。 会社によってやり方が違うのかもしれないのですが、教えてください。(社内の人に聞きたいのですが、詳しい人がしばらく旅行で長期休暇をとっているので) 弊社で貸倒を計上した先につき、以下のような処理をしているのですが。。。 (1)前期にある取引先について貸倒引当金を計上しました。 (借方)貸倒引当金繰入×××            /(貸方)貸倒引当金××× (2)今期になって完全に貸し倒れました。 (借方)貸倒引当金×××          /(貸方)貸倒引当金繰入××× (借方)雑損失×××/(貸方)売掛金××× 私は経理の経験は今の会社でしかなく、勉強しただけで経理実務に入ったのです。簿記の勉強の時には前期に引き当てた先が倒産などで本当に貸し倒れたら (借方)貸倒引当金×××/(貸方)売掛金××× とやったような気がするのです。引き当てていない部分のみ費用計上する(貸倒損失を計上)と。 弊社のようなやり方だとせっかく前期に費用計上したのに、今期でもまた雑損失として費用計上しているので、いいのだろうかと思ってしまうのです。 他にも同じような処理をされている方はいらっしゃいますか?実務ではこういうものなんでしょうか? どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 貸倒引当金 貸倒損失の 仕訳について

    正しい仕訳を教えてください 【前期】 期末時に売掛金の回収が全額不可能だと判断したため     全額貸倒引当金を立てました       ○貸倒繰入額/貸倒引当金 【今期】 上記の売掛金の回収が100%不可能なことが確定したため      期末に仕訳をしたいのですが 下記は正しいのでしょうか?     ○貸倒引当金/貸倒繰入額 (前期の洗替)     ○貸倒損失 /売掛金    既に前期の仕訳から間違えていたのかと 心配でなりません・・・        どうぞ宜しくお願いします

  • 貸倒引当金・貸倒損失・決算について教えてください!(長文です)

    昨年度から複式簿記で会計処理をしています。 簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。 質問(1) H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。    貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500  H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。 回収できなかった時点で、次のように仕訳します。    貸倒引当金     500  / 売掛金   500 H19年度決算時にH18年度分を戻入    貸倒引当金   1500   / 貸倒引当金戻入   1500 さらに、H19年度分決算時の売掛金に対して、貸倒引当金を計上、    貸倒引当金繰入  900  /  貸倒引当金  900 これで合っているでしょうか?これだと、次のようになります。  (借)貸倒引当金  2000   (貸)売掛金      500                 貸倒引当金戻入  1500     貸倒引当金繰入  900    貸倒引当金    900 決算時に貸倒引当金が、   (借)2000  (貸)900 で(借)1100になってしまいます。 何だかおかしいと思うのですが、どこが間違っているのでしょうか? いろいろと調べていたらややこしくなって、整理がつきません。 解かりやすく教えていただけると助かります。 質問(2) 職種は建設業です。 請負・常用で仕事していますが、請求した金額どうりに入金されません。内金やら請負部分での調整です。取引先は1箇所です。 請求金額よりも多く入金された場合は売上としていましたが、 少なく入金された場合は、 (借)  貸倒損失    (貸)  売掛金 でいいのでしょうか? それとも、1年間トータルで考えて、売上・貸倒損失はあまり使わないようにして、年度末に調整とかは可能でしょうか? 月ごとに請求した金額よりも、売上や貸倒損失(未入金)が発生するので、トータルで計算すると、そんなに大きい金額差ではないんですが、 売上が増えると消費税が増えるし、損失が増えるのもどうかと思うのですが、いかがでしょうか? 素人質問でわかりづらいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。  

  • 簿記3級 貸倒損失・貸倒引当金振り分け

    1問 前期に取引先が倒産し 同店に対する売掛金¥30,000が貸し倒れとなった。    なお貸倒引当金残高が¥20,000ある    答え 貸倒損失    10,000 / 売掛金 30,000        貸倒引当金  20,000 /            2問 期中に取引した取引先が倒産し、同店に対する売掛金¥80,000-が貸倒になった。     なお貸倒引当金残高が¥70,000ある。      答え 貸倒損失 80,000  /  売掛金 80,000     2問目は、どうして 貸倒引当金残高が70,000円は ???     前期と期中では、違うのですか?

  • 貸倒引当金

    英語簿記初心者です 今、貸倒引当金を勉強してるのですが… 疑問なんですが、 貸倒引当金が残ると、何故次に繰り越されるのでしょうか…? あるサイトによると、 実際の貸倒れ額が、貸倒引当金からでないように、多め(?)に設定した方がいいけど、 あまりにも貸倒れしそうな売掛金が多いと、よくないイメージになると… だったら、当期当期で、売掛金を見て、正確にもった方が良くないですか? 何故前期分の引当金を消さず、足すのですか? わざわざ、繰り越して足すメリットはあるのでしょうか? そして、貸倒引当金を見積もる時、2つの方法があるのですが 1、 Percentage of receivables approach(balance sheet approach )…売掛金から 貸倒引当金を見積もる方法(バランスシート方法) 2、Percentage of sales approach(income statement approach)…売り上げから貸倒引当金を 見積もる方法。(インカム・ステイトメントから出す方法) 1、は、前期分の残った貸倒引当金を引き(例えば、前期10万残ってて、今期20万見積もったら 仕分け表には 20万ー10万の10万を書く) 2、は前期分の残った貸倒引当金を無視する (例えば、前期10万残ってて、今期20万見積もったら、 その前期分は無視して、ただ20万という風に書く) 何故、前期分を片方は差額を計算し、片方は無視するのでしょうか…? 初心者なので、もしかしたら、的外れなことを聞いてるのかもしれませんが、 引き当て金が、今いちピンと来ません。どなたか上の質問を含め、分かりやすく説明して下さい… ちなみに、来週頭に試験なので、早ければ早い程有難いです>< よろしくお願いします。

  • 貸倒引当金についての質問です

    貸倒引当金 ほんとうに倒産してしまった場合 前期に発生した売掛金は借方に貸倒引当金と貸方損失を使う 当期に発生した売掛金には貸倒引当金が設定されていないので、貸倒損失を使う テキストには 当期に発生した売掛金が当期に貸し倒されたという場合、まだ当期の決算を迎えていないため、貸し倒れた売掛金には貸倒引当金が設定されていません。 と書いてありました。(上の文が自分が略して書きました) ここの部分がよくわかりません 貸倒引当金を設定するのはいつなんですか? 前期に発生した売掛金と前期以前に発生した売掛金は同じですか? 年の一番初めに設定するなら当期も同じではと思ったのですが どなたか教えてください。 頭の中がぐちゃぐちゃになっています。