• ベストアンサー
  • 困ってます

位数が素数である群

「位数が素数である群は真部分群を持たない巡回群であることを証明せよ。」 という問題について教えて下さい。前半部分はラグランジュの定理を見ていてすぐに分かったのですが、後半の「巡回群であること」の部分をどうやって証明するのかが分かりません。何かヒント下さい。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

単位元でない元xのべき乗が何個あるか調べて補足に過程を書け

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 回答を頂き有難うございます。  群Gの単位元でない元xを生成元とする巡回部分群Hの位数(=xの位数)は、ラグランジュの定理より、Gの位数の約数でなければならない。今Gの位数をpとするとpは素数であるから、Hの位数は1またはpでなければならない。<x>=Hの元が1個しかないということはxが単位元の場合しか起こらず前提に反するから、Hの位数はpである。|G|=|H|=pとなるから、従ってG=Hとなるしかなく、つまりGは巡回群である。  …これでいかがでしょうか?全く自信ありません^^>。添削して下さると有難いです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • zk43
  • ベストアンサー率53% (253/470)

回答しようと思ったらすでに補足に書いてありましたので・・・ これで完璧ではないですか? でも何か教科書を暗記したものを再現している印象は受けます。 おそらく論理だけだから分かった気がしないのでは? 論理を感覚に昇華させるまで何回も反芻してみると良いと思います。 数学では論理は重要ですが、最初は論理を展開しただけでは分かった 気はしません。感覚的なものがあれば、証明の詳細は忘れても、あとで 細かい証明を再現することは比較的容易にできたりします。 これも、有限群だからx,x^2,x^3,…はすべて異なるということはなく、 x^i=x^jとなるi,jがあり、x^(i-j)=eとなる、すなわち、x^n=eとなる 最小のnがある、そして、群の位数が素数だから、nは群の位数に一致 し、e,x,x^2,x^3,…,x^(n-1)で群全体を覆い尽くしてしまう、という 流れを持っていれば、あとは証明を教科書的に書くとすれば、補足 のような感じになると思います。 論理だけ展開していると何か上滑りして自信が持てないこともあるの で、なるべく自分の言葉で、感覚的な説明を出来るように意識すると 良いと思います。何が感覚的かなどは実は非常に曖昧ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答を頂き有難うございます。実は入門書を演習をほとんどやらずに定義と定理だけを覚えながらここまで読み進めてきたもので、ご指摘のとおり感覚的な理解も乏しく、何がどう関係しているのか分からなくなっていました。最初の方の回答で|<x>|=|x|と関連があるということに気が付きました。  皆様、アドバイス有難うございました。

  • 回答No.2
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

>…これでいかがでしょうか?全く自信ありません^^>。 どの辺が?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 乗群の位数とラグランジェの定理

    (mod p)の剰余類で乗群G*をつくるとき,(pは素数) 0を含む剰余類は除くので,|G*|=p-1かと思います. a ∈ G*で,巡回部分群Hを生成すれば, H=G*であることも確認できます. ただ,ここでどうしてもわからないことがあります. G*の位数も,Hの位数もp-1で,-1されるために一般に素数にはなりません. ラグランジェの定理から位数が素数の有限群が真部分群を持たないことがわかりますが, G*の位数は,p-1で素数にならないため,真部分群を持ってもよさそうな気がします. どこに間違いがあるのでしょうか?

  • 交代群A4が位数の部分群を持たないことについて

    交代群A4が位数6の部分群を持たないことはどうやって示せばよいでしょうか? ヒント: もし位数の部分群を持つとすると,それはA4の正規部分群でなければならない. しかしA4の共役類は1,3,4,4個の元からなるから,位数の部分群は存在しない. ヒントを見てもわかりません.まず位数の部分群を持つとすると,それはA4の正規部分群でなければならないという理由からわかりません. この流れで,証明を書いていただけると助かります. よろしく願い致します.

  • 群の位数の問題なんですが?

    位数が偶数の群は位数2の元を持つんでしょうか? 群が位数2nの巡回群<a>ならば         a^n を考えれば位数2の元になります。 それ以外に関しては、位数が小さい群ならばなんとなくイメージできるんですが一般の場合どうなるかうまく証明できません。 どなたかもしおひまであればお教え願えないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 位数45の群が位数9の正規部分群をもつことの証明はどうすればいいのでし

    位数45の群が位数9の正規部分群をもつことの証明はどうすればいいのでしょうか? シローの定理が必要だとおもうのですが。。。 <シローの定理> (1)p^r | |G| ==> Gは位数p^rの部分群をもつ よってシローp-部分群は存在する (2)H: Gのp-部分群とすれば Hを含むシローp-部分群が存在する (3)シローp-部分群は互いにG共役 (4)シローp-部分群の個数は 1+k*p の形 (k∈Z,k≧0)

  • 位数素数と部分群の数について

    pを素数とし,Gを位数pの群とする. このときG×Gの部分群の数を求めよ. といった問題について教えてください. Gは位数pの群なので,GはZ/pZと同型になり,G×GはZ/pZ×Z/pZと同型になるので,Z/pZ×Z/pZの部分群の数を求めればいいと思うのですがそれが求められません. よろしくお願いします.

  • 位数8の群の例

    位数8の群の例を挙げよ(同値でないもの挙げなさい)。 という問題なのですが、 答えとして 巡回群Z_8,(Z_4*Z_2),(Z_2*Z_2*Z_2), 正2面体群D_4,4元数群Q であると思うですがこれは例では無いのだと思いまして、 この例の作り方を教えていただきたいと思いまして投稿いたしました。 どなたかわかる方お願いいたします!

  • 位数が素数の累乗である群

    位数が素数の累乗p^nである有限なアーベル群Gの真部分群Hについて考えます。 どのHをとっても、その位数がp^nより小さくなるようなGは存在しますか? もし存在するようでしたら、具体例を挙げてください。

  • Wikipediaの巡回群の項目について

    Wikipediaの巡回群の項目に p、q が互いに素ならば、位数 p の巡回群と、位数 q の巡回群の直積は巡回群である。 についてなのですが、これについては先の質問で理解できました。 ただ、この逆つまり、 位数 p の巡回群と、位数 q の巡回群の直積が巡回群ならば、p、q は互いに素 これは成り立つのでしょうか? 何となく成り立つような気がするのですが・・・ 成り立つならば、証明の概略かヒントだけでも結構なのでいただけませんでしょうか?

  • G,G'を有限群とし,ψ:G→G'を準同型とするとき

    G,G'を有限群とし,ψ:G→G'を準同型とするとき Im ψの位数がG,G'の位数の約数となることを証明せよ. また,G,G'の位数が互いに素なとき,GからG'への準同型写像をすべて求めよ. という問題なのですが,Im ψがG'の部分群であり,ラグランジュの定理より Im ψの位数がG'の位数となることはわかるのですが,他がわかりませんどなたか解説お願いします.

  • 有限アーベル群Gの位数が相異なる2素数p、qの積であるとき、Gは巡回群

    有限アーベル群Gの位数が相異なる2素数p、qの積であるとき、Gは巡回群であることを示せ。 という問題があるのですがよくわかりません。できれば詳しく教えていただけると嬉しいです!