• 締切済み
  • 困ってます

巡回群について

1、位数が素数の群は巡回群であることを示せ。 2、加法群Qは巡回群かどうか示せ。 いろいろ調べてみたのですがどの回答も的を得ずいまいちよく理解できなかったのでどなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

(1)Gを位数が素数pの巡回群とする。 gを単位元eとは異なるGの元とする。…※ g^p=eとなる (わからなければ代数学のテキストを参照ください) gの位数をnとする(要するにg^n=eとなるような最小の元) nはpの約数となるから、n=1あるいはpとなる。 (わからなければ代数学のテキストを参照ください) n=1と仮定すると、g=eとなって※に反する。 よってnの位数はpとなる。 ここで巡回群<g>を考えると<g>はGの部分群で位数はpとなる。 したがって、G=<g>となります。 (2) Qを加法巡回群と仮定します。 Q=<a> na<b<(n+1)aとなる有理数bは明らかに<a>に含まれないが、Qに含まれるので不合理。 (有理数の稠密性の定理より出ます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • Wikipediaの巡回群の項目について

    Wikipediaの巡回群の項目に p、q が互いに素ならば、位数 p の巡回群と、位数 q の巡回群の直積は巡回群である。 についてなのですが、これについては先の質問で理解できました。 ただ、この逆つまり、 位数 p の巡回群と、位数 q の巡回群の直積が巡回群ならば、p、q は互いに素 これは成り立つのでしょうか? 何となく成り立つような気がするのですが・・・ 成り立つならば、証明の概略かヒントだけでも結構なのでいただけませんでしょうか?

  • 巡回群について

    位数24の巡回群の生成元をすべて挙げたいのですが、位数24である巡回群というのがどのように考えたら良いのかわかりません! どなたか暇なときに、アドバイスお願いします!!

  • 巡回群

    「Gを位数がnの巡回群とする。nの任意の正の約数dに対して、Gは位数dの部分群をちょうど1つだけ持つことを示せ。」 私はこれを次のようにして示しましたが・・・。 xをGの生成元とする。するとx^n=eである。 dはnの約数であるから、∃q∈N s.t. n=dq が成立。 すると、x^n=(x^q)^d=eである。 よって、x^q∈Gから生成される巡回部分群Hを考えると H={x^q,x^(2q),・・・,x^((d-1)q),e}で、Hの位数はdである■ (1)とりあえず位数dの部分群の存在は示せたと思うのですが・・・あっているでしょうか? (2)あと、問題文を見る限り、位数dの部分群の"一意性"も示さねばならないと思うのですが、これがよくわかりません。 位数dの部分群H'を任意に取ってきて、H=H'であることを示せばいいのかな?と思ったのですが、できませんでした。。。 (1)(2)に関して、どなたかわかる方がいましたら、教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 巡回群について

    「Gを位数nの巡回群とする.このとき,Gの部分群の位数はnの約数で,各約数に対してただ一つ存在する.」 この証明でいくつか分からなかったので教えてください. (以下証明) G=<g>とし,m|nであるとする. ここでn/m=cとおくと,<g^c>は位数mの巡回部分群になる. また,これと異なる位数mの巡回部分群Sが存在すると仮定する. g^k∈S (kはこれを満たす最小の正整数)とすると,剰余の定理から n=qk+r (0<q∈Z,0≦r<k) となるq,rが存在する.このとき, g^r=g^(n-qk)=g^n(g^(-k))^q∈S で,kの最小性よりr=0を得る. よってn=qkとなり,Sの位数はqとなる.-(1) したがってm=qとなり,S=<g^c>.-(2) 以上より,nの約数に対して,ただひとつの巡回部分群が存在する. (証明終) この証明の最後の, (1):Sの位数はqとなる (2):S=<g^c> の部分がわかりませんでした. (1)について (g^k)^q=g^qk=g^n=e となりますが,これより「Sの位数はq」ということですか? (2)については包含関係を示しているのでしょうか? その辺がよくわかりませんでした. 長文申し訳ありませんがよろしくお願いいたします.

  • 巡回群

    位数がP^5、P^4、P^2の巡回群の直積からなる群Gがあり、位数がP^4、Pの直積からなる巡回群に同型なHがあります。 このときGの部分群となるHはいくつありますか? 数学の基礎知識はありますが、まったく見当がつきません。糸口だけでもいいので教えてくださるようお願いいたします。 Pは素数です。 P^5はPの5乗ということです。 よろしくお願いいたします。

  • 巡回群と巡回群の直積は巡回群?

    Wikipediaの巡回群の項目に p、q が互いに素ならば、位数 p の巡回群と、位数 q の巡回群の直積は巡回群である。 ということが書いてあったのですが、これって簡単に証明できるのですか? 証明の概略と、これが十分条件も満たしてるならそちらの方の証明の概略も教えていただけないでしょうか。 そもそも巡回群の直積が巡回群になるとは、たとえば{e,a,a^2}と{e,b,b^2,b^3}の直積を考えたときに、<a,b>^nは単純に<a^n,b^n>というように考えて、 <a,b>^0=<e,e> <a,b>^1=<a,b> <a,b>^2=<a^2,b^2> <a,b>^3=<e,b^3> <a,b>^4=<a,e> <a,b>^5=<a^2,b> <a,b>^6=<e,b^2> <a,b>^7=<a,b^3> <a,b>^8=<a^2,e> <a,b>^9=<e,b> <a,b>^10=<a,b^2> <a,b>^11=<a^2,b^3> はい、巡回群。という感じになるのでしょうか?

  • 巡回群について

    Gは位数Nの巡回群とする。HはGの部分群とする。 G=<a>、{mは自然数|a^mはHの元}=hとおく。 (1)任意のa^n(Hの元)のついて1≦n≦Nなら、nはhで割り切れることを    示せ。(ヒント:除法の原理) (2)H=<a^h>であることを示せ。 (3)N=12のとき、Gの部分群をすべてあげよ。 という問題なんですが、(1)は除法の原理から 「n=ph+q(p,qは正の整数、0≦q<h)」 という関係式を導いたのですが、解答につながりません。 (1)~(3)のアドバイスお願いします。

  • 有限アーベル群Gの位数が相異なる2素数p、qの積であるとき、Gは巡回群

    有限アーベル群Gの位数が相異なる2素数p、qの積であるとき、Gは巡回群であることを示せ。 という問題があるのですがよくわかりません。できれば詳しく教えていただけると嬉しいです!

  • 巡回群の生成元について

    お世話になります。よろしくお願いします。 「加法群Z、整数n≧0の時 商群Z/nZは、1を含む剰余類によって生成される位数nの有限巡回群である。(代数系入門 松坂和夫著 p.78)」 とあるのですが、 商群Z/nZの1を含む剰余類は{1,1±n,1±2n,・・・}、 2を含む剰余類は{2,2±n,2±2n,・・・}であり、 1を含む剰余類{1,1±n,1±2n,・・・}を ある整数kでk倍しても2を含む剰余類{2,2±n,2±2n,・・・} にはならないと思うので、 全ての元が生成元aの整数k倍で表される(加法の場合)という巡回群の定義に合わず、 「商群Z/nZは、1を含む剰余類によって生成される」というのがおかしいとおもうのですが、どうでしょうか? どなたか私の考えの間違いをご指摘ください。 よろしくお願いします。

  • 自己同型群について。

    Z:整数の作る加法群、Z/9Z:位数9の巡回群、p:Z→Z/9Z (自然な射影) とします。 (1)σ(p(1))=p(2)を満たすσ∈Aut(Z/9Z)を求めよ。 (2)Aut(Z/9Z)の位数を求めよ。 (3)Aut(Z/9Z)の元の位数として表れる数を列挙せよ。 以上が問題です。またAut(Z/9Z)は具体的にどのような写像になるのでしょうか? 解説付きでお願いします。