• 締切済み
  • すぐに回答を!

平成19年6月20日施行の改正建築基準法について

平成19年6月20日施行の改正建築基準法について教えて頂きたい事があります。 私は換気設備の機器を製造している会社に勤めております。 このたびの建築基準法の改正で、建築確認申請の手続きが変更になったと思います。 この改正によって換気設備の項目に関しては特に変更は無いと思います。しかし、この改正に伴い、ハウスメーカーのお客様より何件か問い合わせがありました。 建築基準法の改正について調べましたが、換気設備の記載内容については特に変更はないと思います。 市役所に確認もしましたが、換気設備については特に変更はないこの回答を頂きました。しかし、問い合わせは何度もあるので気になっております。 お分かりの方がおりましたご教授くださいますようお願します。 また、建築基準法の改正について詳しくお分かりの方がおりましたら具体的に何の項目が変更になったか教えていただけないでしょうか? 宜しくお願します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数354
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

山陽地方のゼネコンの者です。 確認出したら、検査を受けるまでモデルチェンジや、品番変更や形式認定を絶対変えないで下さい。 6月20日以前に確認を受けた現場ですが、施工途中で中間検査を受けた際、杭芯の僅かなずれから端を発して、躯体の再構造計算敷地境界の僅かなずれから、室配置の変更などなど・・・。 もちろん換気も再チェックされ、認定書を添付し・・・。 と、変更確認申請の憂き目にあって、殆ど改正建築基準法の仕様になってしまいました。 なあなあは、確かに良くないと思いますが、同じ性能なら、別のメーカー品や同等品は認めないと、図面なんて描けませんよ。(全国の設計事務所の方々はきっと同じ思いのはず・・・。) 実際、確認民間検査機関では、「公共工事共通仕様書」で認められている誤差すら認めない程の厳格なご対応をされて、はっきり言って狂っているとしか言えません。(「はい、これは変更確認申請です!!」ふざけすぎです。) なにか、ご質問と趣旨が変わってしまいましたが、現場では、こんな状態です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 建築基準法施行令の平成19年8月3日改正概要を知りたい

    非常に狭い内容で申し訳ありません。 タイトルの通り、建築基準法施行令の平成19年8月3日(現在施工中のもの)の改正概要を知りたいと思ってます。 改正されていることは分かるのですが、どの部分がどのように変わったのか、ということが分かるとありがたいです。 できれば所管の役所の公式な説明があれば一番ありがたいです。 #おそらく耐震建築偽装事件をうけて改正された建築基準法に対応したものではないかと勝手に想像していますが。 よろしくお願いいたします。

  • 特殊建築物定期検査

    先日の建築基準法改正により、建築設備定期検査の検査基準及び報告書式が変更になったのですが この中で換気設備で法第28条第2項又は第3項に基づき換気設備が設けられた居室とありますが、 この居室及び換気とは普通の天井換気扇(便所に設置)も含まれるのでしょうか?

  • 改正建築基準法について

    6月20日施行の改正法では、確認申請にあたり、リフォーム部分以外(触らない)の構造もすべてチェックするため、壁の取り壊しが必要で、その分現行法よりコストがかかるということを聞いたのですが、本当でしょうか? 改正法になると現行法よりどのようなコストが増加するのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 今回の改正で設備屋さんが注意するべきところは、設備の位置変更、機種変更です。 従来のなあなあは、通用しません。 建築物の規模によっては、建築確認申請で出した設備図面で完了検査をして、設備位置や機種が図面に記載されている事柄と相違がある場合は、検査済証が発行されません。 計画変更届を出して再完了検査を受ける事になります。 当然、計画変更や完了届の申請手数料が再びかかる事になります。 建物規模によっては金額が多くなり、その費用でもめる事になるかもしれません。 注意を要しますので、設計屋さんや施工業者と良く協議してから納品する事が大事です。 従来の先に注文して頂いた品番の在庫がないから代わりに別の品番の同等品を送ります。と云う様な事はこれからは通用しなくなります。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今回の改正はまさに 「従来のなあなあは、通用しません。」 ということですね。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • takomari
  • ベストアンサー率36% (1618/4451)

細かいことを書いているとここの欄ではとてもムリですけど(項目だけあげてもかなりの量です)、今回の改正で一番変わったのは「建築確認関係の手続き」です。 構造について偽装問題があったおかげで、その偽装を起こさせない、見抜けるような体制とできるよう、構造部分についてダブルチェック(構造適合性判定)を行うことになりました。 構造計算についても(おおまかなところは関係ないですが)いろいろと新しい告示ができたり変更があったりということがありました。 換気設備については確かに変更はありませんが、建築構造に関わるところも含んで認定をとっている場合、6月20日付けで失効となっていることもあるかもしれません(設備でもエレベーターとかではそういうものもありました)ので、そういうところを確認されているのだと思います。 一番詳しく載っているのは国土交通省のHPだと思いますが、建築行政情報センターや、構造計算ソフトのストラクチャー社のHPのほうがわかりやすいかも…と思います。 http://www.icba.or.jp/ http://www.structure.jp/ 本ではQ&Aでまとめているものがわかりやすかったかも… http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31898545&pg_from=rcmd_detail_2 全貌については、まだ国の基準解説書が出ていない状況なのでまだだいぶ混乱している状況です。私も4月くらいからずーっと改正について情報を集めているのですが、まだまだわからないところがたくさんあります。 設備については専門外なので明快に回答できなくてごめんなさい。とりあえず、ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。参考になりました。 やはり換気設備については特に変更はないようですね。 今回の改正は、偽装問題が原因で今までよりもじっくりと詳細なところまでチェックがされるようになり、メーカー側もその対応が今までよりも必要になっているということのようですね。 国の基準解説書が早く発行してほしいですね。

関連するQ&A

  • 建築基準法における「建築設備」って?

    建築基準法2条 建築物とは、土地に定着する工作物で、屋根・柱・壁を有するもの で、建築設備を含むもの とあるのですが、建築設備って、 エレベータとか階段とか、煙突とか、換気口のことですか? ちょっとイメージがわきません。 一戸建て住宅でも有するものですか?大規模建築物だけが有するもの? 詳しい方ご指導願います。

  • 建築基準法が改正された年

    賃貸を探しています。 昭和何年かに建築基準法が改正され、 それ以降の物件は丈夫と聞いたのですが それが昭和何年なのか忘れてしまいました。 なるべく丈夫な家に住みたいので教えてください。よろしくお願い致します。

  • 建築基準法改正により建築確認が大幅に遅れました

    建築基準法改正により建築確認が大幅に遅れましたが、この損害は建築会社、設計者、国土交通省の一体どこに請求すべきなのでしょうか?お教え下さい。 木造3階建で免震の戸建を建築しようと、平成19年5月末に建築会社と契約し、平成19年12月中旬引渡予定で契約を致しました。けれども、昨年6月末頃建築基準法が改正になり、引渡しが遅れるとの連絡を建築会社から受け、約1年経った今もまだ着工できずにおります。この遅延に関して受けた損害の責任について、どこが負担すべきなのでしょうか?ご存知の方、どうかお答え戴きます様、宜しくお願い致します。 1 現在発生している損害 (1)引渡し日が伸びた為、支払う予定の無かった家賃が発生しています。 (2)住宅ローン減税を受けるつもりでいましたが、19年中に入居できないため(契約では入居できる予定でした)、20年以降のローン減税となり、控除される額が大幅に減少(最大で60万)します。 (3)銀行等の住宅ローン金利が上昇する中、引渡し日が延長され、金利が上昇した後の融資実行で負担が大幅に上昇する。 (4)土地のみの所有(平成19年3月取得、現況更地)で居住できずにいるため、固定資産税の軽減が受けられません。 (5)心労(これが一番大きいです) 2 質問 (1)本来ならばローン減税を受けられた者に対する救済処置等の方法がありましたらお教え下さい。 (2)土地のみの所有のため増加する固定資産税を軽減できる方法等ございましたら、お教えください。 (3)法改正による遅延で被った損害(家賃等)を賠償すべきは誰なのか、お教え下さい。 (4)木造3階建の免震住宅の確認申請はいつ正常化するのかお教え下さい。 よろしくお願い致します。

  • 法第28条第2項または第3項とは?

    建築設備の検査業務関係の仕事をしています。 先日の建築基準法改正により、建築設備定期検査の検査基準及び報告書式が変更になりました。この新書式の中で 「法第28条第2項または第3項に基づき換気設備が設けられた居室(換気設備を設ける調理室等を除く)の換気状況評価表」 というものがありますが、これは具体的にどのような居室を言うのでしょうか?ご教授をお願い致します。

  • 建築基準法について

    今度引越しを考えてるんですが、今住んでるところはもうぼろぼろで地震がくるたびにいつつぶれるかわからず冷や冷やしています、なので今度はある程度は地震に強いところにと思っています。 そこで質問ですが建築基準法で耐震についても決められてると聞いたのですが、耐震については過去何度改正されたんでしょうか? できれば改正された年も教えてください。

  • 建築基準法はどう変わりますか?

    今年6月に建築基準法が一部改定になると聞きました。 現在我が家は木造2階建てを建築予定で、「そろそろ建築確認を」という段階まできているのですが、何か大きな変更はあるのでしょうか? やはり常に欠陥住宅問題は気になりますので、改定後に建築確認を行った方が良いのか悩んでいます。

  • 住宅性能評価書(建築基準法施行令第88条) 

    住宅性能評価に 「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度」 という記述がありますが、 極めて稀な(数百年に一度程度)、稀な(数十年に一度程度) と言われる地震って、震度どのくらいなのですか? 建築基準法施行令第88条第2項、第3項に定める力ってどのくらいなのですか?

  • 築年と建築基準法

    今日の設計事務所の計算偽造事件を見て 急に心配になりました。 建築基準法が何度か改正されていますが、 賃貸物件の築年との見比べがいまいちよくわかりません。 例えば、改正されて1995年から施行されたとします。 この場合、1996年築のものにはすべて改正後のものが適用されているのでしょうか? まったく素人なものでよくわからないのですが、 設計段階から適用しなければならないとしたら、 表示されている築年月日よりも 結構前に改正されている必要があるんですよね? 概算でもかまいません。 例えば上記の例えのように 1995年に施行されたとすれば、 実際には何年頃築のものから適用されていると考えればいいのでしょうか?

  • 建築基準法

    1, 建築基準法による建築協定は、公法契約と私法契約のどっちですか? 2、建築基準法は、確認検査の業務を指定確認検査機関へ委託することは、処分なのか、契約なのでしょうか? 3、処分である場合は、これを契約によって委託することはできるでしょうか? 共感した

  • 建築基準法施行令についての質問

    建築基準法施行令 第111条「窓その他の開口部を有しない居室等」の1 面積(採光に有効な部分の面積に限る)の合計が、当該居室の床面積の1/20以上のものとありますが、開口部の面積の考え方は合計とあるので 何個かの開口の合計でも可能でしょうか? それとも1箇所でその面積を満たさなければだめなんでしょうか? すいませんが教えてください。