• 締切済み
  • すぐに回答を!

危険物取扱者試験問題(移動タンク貯蔵所)について

移動タンク貯蔵所の技術上の基準についての問題なのですが、参考書を見ても分からなかったので教えて下さい。 問題は以下の通りです。 〇移動タンク貯蔵所の技術上の基準について、誤っているものはどれか? (1)貯蔵タンクの外面には、さび止め塗装を行なうこと (2)貯蔵タンクの底弁手動閉鎖装置のレバーは、手前に引き倒すことにより、閉鎖装置を作動させるものであること。 (3)貯蔵タンクの容量は、30000L以下であること。 (4)貯蔵タンクの下部には、排出口を設けること。 (5)貯蔵タンクには、第4種、第5種の消火器を備えなければならない。 (1)と(3)は参考書にしっかりと書いてあったので違うと思います。 (4)は「排出口を設ける場合は…」って書いてあり、設ける事とは書いてませんでした。 (2)は下部に排出口も設けたら、手動閉鎖装置と自動閉鎖装置を設けると書いてあり、詳しくは書いてありませんでした。 (5)はまったく書いてありませんでした。 自分の考えとしては(5)だと思うのですが、合っているのでしょうか?。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数696
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

#1です。一応根拠条文を。危険物の規制に関する政令の抜粋です。 移動タンク貯蔵所は第3号該当です。 (消火設備の基準) 第二十条  消火設備の技術上の基準は、次のとおりとする。 一  製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、給油取扱所及び一般取扱所のうち、その規模、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名及び最大数量等により、火災が発生したとき著しく消火が困難と認められるもので総務省令で定めるもの並びに移送取扱所は、総務省令で定めるところにより、別表第五に掲げる対象物について同表においてその消火に適応するものとされる消火設備のうち、第一種、第二種又は第三種の消火設備並びに第四種及び第五種の消火設備を設置すること。 二  製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、給油取扱所、第二種販売取扱所及び一般取扱所のうち、その規模、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名及び最大数量等により、火災が発生したとき消火が困難と認められるもので総務省令で定めるものは、総務省令で定めるところにより、別表第五に掲げる対象物について同表においてその消火に適応するものとされる消火設備のうち、第四種及び第五種の消火設備を設置すること。 三  前二号の総務省令で定める製造所等以外の製造所等にあつては、総務省令で定めるところにより、別表第五に掲げる対象物について同表においてその消火に適応するものとされる消火設備のうち、第五種の消火設備を設置すること。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 甲種危険物取扱者試験の問題です

    Q.危険物保安監督者を選任しなければならない製造所等は、次のうちどれか。  (1)灯油を5,000L貯蔵している屋内タンク貯蔵所  (2)灯油を指定数量の40倍貯蔵している屋内貯蔵所  (3)ガソリンを20,000L貯蔵し、又は取扱う移動タンク貯蔵所  (4)指定数量の25倍の危険物を貯蔵し、又は取扱う屋外貯蔵所  (5)重油を指定数量の15倍貯蔵し、又は取扱う地下タンク貯蔵所 回答は(2)ということなのですが、解説がありません。 使っている参考書でも、そのあたりの記載がなく消去法にもできません。 なぜ(2)になるのか、その解説を、どなたかご教授下さるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 危険物取扱者試験に関して

    危険物取扱者試験(甲種)の受験にあたり、協会から販売されている例題集を解いているのですが、どうしても分からない問題があるため、質問させていただきます。 危険物施設における火災や危険物の流出等の事故を防止するには、施設の保守点検を励行し、施設を常に適正な状態に維持していくことが欠かせない条件であるが、第四類の危険物を貯蔵する地下タンク貯蔵所の保守点検の方法及び内容として、次のうち誤っているものはどれか。 (1)タンクのふたの亀裂、破損等を目視で点検する。 (2)タンク及び配管を窒素ガスで加圧して漏れを点検する。 (3)地下貯蔵タンクからの漏れを点検するための配管の変形、破損及び土砂の詰まり等を点検する。 (4)タンク室の亀裂、損傷等を水を張って点検する。 (5)消火器について、外観的機能を点検する。 かなりの参考書に目を通しましたが、このような事項は書いておりませんでした。 正解や不正解の根拠を丁寧に教えていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 危険物取扱者試験に関して

    危険物取扱者試験(甲種)の受験にあたり、協会から販売されている例題集を解いているのですが、どうしても分からない問題があるため、質問させていただきます。 法令上、危険物の貯蔵の基準について、屋内貯蔵所に容器を収納しないで貯蔵できる危険物は、次のうちどれか。 (1)重クロム酸カリウム (2)硫化りん (3)塊状の硫黄 (4)ニトロソ化合物 (5)カルシウムの炭化物 解答―(3) 塊状の硫黄を屋外貯蔵所で貯蔵する場合の特例に関する記述は、あらゆる参考書で確認できるのですが、屋内貯蔵所で貯蔵することに関しては、一切の記述がありませんでした。 是非、ご回答をよろしくお願い致します。

  • 回答No.1

(5)で正解です。 4種の消火器というのはセルフのガソリンスタンドに置いてあるような タイヤのついた大型消火器です。 タンクローリーに積むには不便ですし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 危険物取扱者試験における移動タンク貯蔵所

    危険物取扱者試験で移動タンク貯蔵所の問題があり、次の選択肢だけがどうしてもわかりませんでした。 「 移動貯蔵タンクからガソリンを容器に詰め替えるときは、金属製容器としなければならない。」 これは、〇でしょうか? または×でしょうか?

  • 危険物試験(乙4)の法令を勉強中です

    例題集を買い、それのみで勉強を始めました。 やっていて分からないものはネットで調べているのですが、次のものがわからないので教えて下さい。 問1 次のA~Eのうち、すべての製造所等の所有者等に義務付けられているものはいくつあるか A危険物保安監督者を定めること B定期に点検をすること C位置、構造及び設備が技術上の基準に適合するように維持すること D予防規程を定めること E危険物漏えい事故が発生した場合には、応急措置を講じること 「2つ」が正解ということですが、BとCで良いのでしょうか? 問2法令上、危険物を取扱うタンクで地下にあるものを有する給油取扱所(屋外にある自家用給油取扱所を除く)の所有者等に義務付けられているものは次のA~Eのうちいくつあるか A危険物保安監督者の選任 B危険物施設保安員の選任 C予防規程の作成 D定期点検の実施 E自衛消防組織の設置 「3つ」が正解ですが、どれでしょうか? 問3法令上、貯蔵又は取扱数量に上限が定められている製造所等は、次のA~Gのうちいくつあるか A屋内タンク貯蔵所  B屋外タンク貯蔵所 C地下タンク貯蔵所  D簡易タンク貯蔵所 E製造所       F屋外貯蔵所 G積載式以外の移動タンク貯蔵所 「2つ」が正解ですが、どれでしょうか? この問について詳しく載っているURLがあれば教えて下さい。 本は全国危険物安全協会の18年度版例題集なのですが、 これをやれば受かると勧められやっています。 その方の言うように、確実に覚えれば合格はできますか? また、実際の試験は、同じ問題も多数出るのでしょうか? 違う問題ばかりでしょうか? こちらの件が分かる方がいらっしゃいましたら、あわせて回答 していただきたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 危険物取扱者の試験

    危険物取扱者の試験 問題用紙は持ち帰りは拒否られるそうですが、線や印など書き込みをすることは可能なんでしょうか? (ラミネート加工とかされていて使い回しをしているためできないんでしょうか?)

  • 危険物取扱者試験に持ち込めるもの

    危険物取扱者試験に持ち込めるもの 一番簡単な乙種第4類の試験でさえ指定数量の計算は文字にしないとできません 試験時に何かメモ的なものは配布されるのでしょうか? それとも暗算しないとダメなのでしょうか?

  • 危険物取扱者の試験について

    危険物取扱者丙種の資格を6月に受験しようと思っています。 これから勉強して受験しても合格する確率はあるのでしょうか? 危険物や化学についての知識は無知です。 今から勉強する上で、お勧めの参考書や問題集があれば教えてください。お願いします。

  • 危険物取扱者試験第1類について

    第1類の危険物を貯蔵保管する施設の構造、設備及び容器等について、危険物の症状に照らして適当でないものは、次のA~Eのうちいくつあるか。 A収納容器が落下した場合の衝撃防止のために、床に厚手のじゅうたんを引く。 B容器は金属、プラスチック製とし、ふたが容易に外れないように密栓する。 C棚に転倒防止策を施した第2類の危険物と共用の容器収納庫を設置する。 D防爆構造でない証明装置か換気設備を設置する。 Eアルカリ金属の過酸化物用として、強化液消化器を設置する 1→1つ 2→2つ 3→3つ 4→4つ 5→5つ 答えは2で誤っているものは2つでした。 私はA→× B→○ C→× D→○ E→× と考えました。 解説がないの で困っているのですが まずBとDは○ですよね? ACEのどれが適しているのか教えてください。お願いします。

  • 危険物取扱者の試験について

    今月からガソリン・灯油を扱う会社で事務のパートをやっています。 通常は営業所内の事務作業なのですが、冬場になって人手が足りないと、事務職の人も配達に行かなければならないこともあるそうです。 危険物取扱者の資格を持っていればいずれ正社員を目指すのに有利、という話も聞いたのですが、資格の名称は聞いたことあるもののどういう試験でどれくらいの難易度なのか、検索して乙種とか丙種とかあるのもさっぱりわかりません。 ちなみに高校・大学ではバリバリの文系だったので化学などはほとんどやってません。 (せいぜい中学校レベル) 職場のネットワークのフォルダに「丙種合格者名簿」というフォルダがあるのでまずは丙種から取るのかな?というレベルの知識しかないです。 (職場に聞ける人もいないので) まったくのど素人でも独学で取れるようなものなのでしょうか? 学校に通ったり通信教育受けたりする経済力はないので… お手数ですがお教えください。 (抜けている部分がありましたら捕捉します)

  • 危険物取扱者の試験について

    岐阜県の危険物取扱者乙4を取得した後、愛知県でその他の乙1~3と5、6の資格を取得したいと思うのですが可能ですか。 その場合 受験科目の免除はしてもらえますか。

  • 危険物取扱者試験に関して

    危険物取扱者試験(甲種)の受験にあたり、協会から販売されている例題集を解いているのですが、気になる記述があったため、質問させていただきます。 二酸化炭素の性状等について、「二酸化炭素とアルカリ金属を一緒に加熱すると、二酸化炭素が還元されて酸素を生成する。」というのは誤りであると書いていました。 (1) まず、そもそも二酸化炭素とアルカリ金属は反応するのでしょうか。 (2) もし反応するならば、どのような反応式となるのでしょうか。 以上2点に関しまして、是非、ご回答をよろしくお願い致します。

  • 危険物取扱者試験に関して

    危険物取扱者試験(甲種)の受験にあたり、気になる点があったため、質問させていただきます。 第五類危険物の消火方法において、ハロゲン化物消火剤は使用不可と参考書に書いてありました。 これは、単に窒息消火の効果がないからというだけの理由なのでしょうか。それとも、ハロゲン化物が何らかの反応を引き起こすことに起因するからなのでしょうか。 もし何らかの反応が起こるのならば、どんな反応が起こるのか反応式も教えていただければ幸いです。 どうぞ、よろしくお願い致します。