• ベストアンサー
  • 困ってます

建設業経理です-2-

先日、経営事項審査がありました。 当社では工事科目の外注費は殆ど使わず、材料費か労務費・経費に振り分けていたようです。(引継ぎ1年未満) 引き継いだ通りに仕訳伝票を起こしてきましたので、外注費を使う仕訳はひとつもありませんでした。 それが、担当官の言われるには労務費、労務外注費、外注費とあって、「これなんか、外注費でしょう?」と言われるのですが、どの辺りを基準に識別すれば良いのか今ひとつ釈然とせずに終わりました。 経審は通りましたし、今年度、特に厳しかったのかもしれませんが、やはり文句を言われない報告書を作成したく、評価点への影響も含めてベテランの方にお聞きしたいのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数706
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

材工一式発注をしている業者はいないでしょうか? 材料持ちで手間工事を発注している場合は、一般的に外注費で処理する場合が多いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のお答えをありがとうございます。 今期は遡って、材料持ちの労務費を外注費であげる様、修正したいと思います。 ただ、その際、外注費が多いと経審の評価点が下がると言うようなことはないのでしょうか? 何十期もやって来られた事には理由があるのではと思うのですが、今、社内には経理に詳しい人もおられないので、勝手に変えて良いものかどうかも迷ってしまいます。 担当官が違う人だと何も言われないとか、その程度のことでしたら、今までどおりでもとも思ったりするのですが。 あるいは、今年の指摘事項が来期に改善されていないというのは問題となるでしょうか? 申し訳ありませんが、経審でのその辺りのことをお教えいただければと補足させていただきました。

関連するQ&A

  • 建設業の経理仕訳について

    建設業を営んでいる個人事業主です。初めてフリーソフトで試算表を作成しているのですが、普段行っている仕訳が合っているのか不安になり、皆様にアドバイス頂きたいです。   借方       貸方      適用 外注費     / 工事未払金  (A社大工工事) 未成工事支出金 / 外注費       〃 工事未払金   / 現金        〃 完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事) 材料費、労務費、経費も上記の様に工事完成後、未成工事支出金を工事原価に振り替えています。 1、工事原価に入るものは全て上記のような処理であっていますか? 2、材料費に本工事材料、仮設材料など補助科目を設定しているんですが、一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合、分けて仕訳を行った方がいいんでしょうか? 3、設備機器や建具は    勘定科目 材料費    補助科目 買入部品費 であっていますか? 回答宜しくお願いします。

  • 建設業の経理、労務費の取り扱いについて。

    小さな小さな工務店の経理に配属されました。 建設業経理は初心者でして、前任者から、当社の売上は、工事が完成してから発生しますので、工事完成まで事実上売上原価(完成迄に発生した原価分は未成工事支出金科目で資産計上し、完成後、原価に振り替えます?)も発生せず、因って売上総利益も完成引き渡し迄の間は0です、との説明を受けましたが、理解出来ず、会計事務所の職員の方からも説明を受けましたが、良く理解出来ず、質問させて戴きました。 以下の工事がありますが、社員大工の労務費の取り扱いを如何したら良いか分からず、全く漠然抽象的な質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え下さい。 当社の決算期は5月末で、試算表には製造原価内訳なる科目があり、その中には、材料費、労務費、外注費、現場直接経費があります。 A住宅新築工事 予定工期:平成26年12月10日~平成27年4月20日 契約額:20,000千円(税別) 実行予算額  見積材料費(原価変動費):4,500千円                (材木・建材等)  見積外注費(原価変動費):7,000千円                (基礎屋、屋根屋、電気工事店、水道屋等)  見積現場直接経費(原価変動費)              :500千円                (廃材処分費、仮説電気・水道、現場小屋レンタル等)  当社社員大工労務費配賦予定額(原価だけど固定費になるのでしょうか)              :4,000千円  見積原価合計:16,000千円  売上総利益予定額:4,000千円です。     当社には社員大工が5人おりまして、5人の毎月の給料は総支給額で合計2,300千円で、給料締め日が毎月月末で、支給日は翌月の10日です。     社員大工全員がこの工事に携わる訳ではなく、工事担当の社員大工も一月間、この工事だけではなく他の現場で作業したりし、手の空いた他の社員大工もこの現場に応援に行ったりするようです。 材料費や外注費、現場直接経費は、その工事に対する変動費だと思うので、未成工事支出金科目に計上するのは、何となく理解出来るのでですが、同じ原価でもある労務費(社員大工の給料分)はどうしたら良いのでしょうか。 過去の試算表での労務費科目には、社員大工の総支給額、社会保険料、厚生費など賃金台帳の金額が計上してあるようです。 試算表上、売上総利益が赤字の月があるかと思うと、ある月はとても大きな売上総利益があったりして、理解が出来ずにおります。 言葉足らずの質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

  • 建設業を営んでいる会社の自社・従業員用の駐車場を作った時の処理について教えて下さい。

    自社の駐車場を従業員が作りました。その労務費や材料費、外注作業費はどのような勘定科目で処理すればよいのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

労務費、労務外注費、外注費の分類は次のとおりです。 労務費 - 自社で雇用している労務作業員の給料・賃金(正社員かバイト等の臨時雇いかを問いません) 外注費 - 自社で請け負った工事の施工の一部を、下請け業者等へ外注した金額 労務外注費 - 外注費のうち、労務作業がほとんどを占めるもの 決算書を作成する場合、労務外注費は労務費か外注費のどちらかに含めることとなります。なお、労務費に含めた場合は、労務費に含めた労務外注費の額を別に表示することになります。 なお、労務費で処理すべきものを労務外注費や外注費で処理してしまうと、経審の点が悪くなりますので、注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門家の方にお答えいただきありがとうございます。 当社では社員の賃金・給与は工)給料及手当と言う科目であげていたり、おっしゃるような外注費でも材料費の科目に含めたり、労務外注費と言う科目は作ってなかったりと独自(?)な振り分けがあるようです。 今後の参考にさせていただきたいと思います。

  • 回答No.1

建設業の経理をしています。 下請けに注文した工事は外注費であげています。 もし ほとんどの工事を自社の従業員でしていれば 外注費を ほとんど使わなくてもいいのではないでしょうか。 ただ担当官が「これは外注費では?」と言われるということは 労務費と外注費が混ざってる可能性があるので もう一度 見直してみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早くにお答えを頂き、ありがとうございました。 確かに労務費と外注費の混ざっているものが多くあり、悩んでしまいます。 支配権の有無にもよるらしいのですが、次期の経審では今期より自信を持って挑めるよう、努力いたします。

関連するQ&A

  • 建設業の経理について

    解体工事の法人です。 5年ほど一人で個人事業としてやってきましたが、昨年、銀行の勧めもあり、法人にしました。と言っても、従業員を一人雇った程度で個人時代と仕事内容は変わりません。 個人時代は経理に関しては弥生会計を使い、特に建設業会計の経理はしてきませんでした。 この度、法人の決算が近づき、経理関係の書籍等を読んでましたら、建設業はB/S、P/Lの他に工事原価報告書を作成するとなっていました。 この、工事原価報告書は作成する必要があるのでしょうか? 今までは、外注費は売上原価項目の「仕入2」の科目名称を変更して「外注費」として仕訳してきました。「仕入1」は材料費です。  このままだと、当然B/S、P/Lしか作成出来ません。  中小の建設業を営まれている会社は皆、工事原価報告書を作成しているのでしょうか?  書籍によると、建設業会計は1年以上の長い工事を請負う会社が採用するとも書いてありましたが、当社は長くて一ヶ月程度です。

  • 建設仮勘定に於ける自社の工事費

    当社は建設業関係の小さな会社です。 この度社屋の建設を行っており、設備工事については、自社にて施工することになりました。 そこで、自社の工事費を費用として計上するには、要した原価費用(材料費、労務費、経費等)を完成時に資産計上して、減価償却して行くのは分かるのですが、当社は、厳密な建設業簿記を採用しておりません。 工事原価科目としては、材料仕入と外注費のみで労務費勘定(労務費は一般管理費の給料科目で計上)は有りません。それ以外の費用は全て、販売費及び一般管理費で処理しております。 そこで 建設仮勘定で自社の工事費を資産計上する必要が有るのですが、上記の理由で詳細に拾い出すのが困難な状況です。 何か簡単な計上を方法が有りましたら、教えて頂ければ有りがたいのですが宜しくお願いします。通常なら貸方は出金科目になるのですが・・・・ 建設仮勘定****/ ****

  • 建設業の原価(労務費)について教えてください。

    従業員数名の小さな警備会社を、また兼業として土木工事業を営んでおります(売上比率としては警備8、土木工事2といった感じです)。 今のところ、経理・会計・青色申告は税理士さんにはお願いせず、自分でやっています。この度、建設業の許可を取得すべく県のホームページから申請書の書式をダウンロードしたのですが、工事原価報告書という書類がありました。今まで原価計算というのは特にしていませんでした。 そこで教えていただきたいのですが、工事についての材料費、外注費、経費は今までの帳簿から拾っていけばなんとか出せると思うのですが、労務費はどう計算したらよいのでしょうか?従業員の給与全額計上で良いのでしょうか?逆に、警備業メインなので全く計上しない方が良いのでしょうか?もしくは売上8:2くらいの割合なので、給与の2割を計上したらよいのでしょうか?無知でお恥ずかしいのですがよろしく御教授下さい。

  • 標準原価計算では直接経費は無視するのでしょうか?

    テキストをみると「直接経費は割愛する」と書いてありました。 もし直接経費が発生した場合(外注加工費、特許権使用料)はどうするのでしょうか? また 材料費→直接材料費 労務費→直接労務費 製造間接費→間接材料費、間接労務費、間接経費 という分け方であってますでしょうか? アドバイスお願い致します。

  • 財務諸表の労務費について

    財務諸表-労務費欄に記載する外注労務費とはどんな項目なんでしょうか? また、外注加工費との違い・経審・入札・労務調査等への影響を教えていただけませんでしょうか? 建設業の事務員として入社したのですが、経審未経験のうえ前任者がいません(>_<) 大変困っています。 よろしくお願いします。

  • 工事進行基準での仕訳

    お世話になってます。 来年度から工事進行基準の適用が原則化されるということなのですが、 具体的な仕訳が分からず、WEB上でも科目的なものが見つけられなかったので 教えていただけると助かります。 完成基準の場合でたとえば、  発生時・・・外注費/未払金  100円        外注費/未払金   50円  完成時・・・売掛金/売上   200円 というのは、進行基準では、  発生時・・・外注費/未払金  100円        外注費/未払金   50円        売掛金/仕掛売上 200円  完成時・・・仕掛売上/売上  200円 で良いのでしょうか? そもそも「仕掛売上」って科目ありますか? また、労務費の仕訳がイマイチ分からないのですが、 労務費をプロジェクト別管理するというのは、毎月どのような仕訳になるのでしょうか? 漠然としてますが、例を挙げて説明していただけるとありがたいのですが・・・ 基本的なことで、恥ずかしいのですが、なにとぞ宜しくお願いします。

  • 製造原価について

    システムメーカの会社です。 お客からソフトウェアの作成と同時に海外の規格書(48冊:62万)を受注しました。 ソフト作成にかかる労務費や外注費は製造原価の3要素である「材料」「労務費」「経費」のいずれかに分類できるのですが、「規格書」をどの分類にすればよいか? 規格書は材料費でしょうか? 外注費でもないし。 「経費」の科目で「教育情報」という科目を使用しています。 (社内の書籍購入やセミナー参加などの 費用) この「教育情報」という科目で規格書を購入して、製造経費の直接費とすればよいのでしょうか? それとも材料費として購入すべきでしょうか?

  • なぜ製造原価報告書の製造間接費が予定配布額になるのか?

    【問題】 次に示す当社の製造原価報告書に基づいて、 答案用紙の総勘定元帳の( )内に適切な金額を記入しなさい。 なお、当社は実際原価計算を採用しているが、 直接材料費および直接労務費に関しては予定価格および予定賃率を用い、 製造間接費に関しては予定配布しているため、原価差異が発生している。 製造原価報告書ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 直接材料費 8,350,000 直接労務費 4,850,000 直接経費  1,170,000 製造間接費 5,830,000 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【回答】         製造間接費 ------------------------------------------------------ 間接材料費 1,000,000  / 予定配布額 (5,830,000) 間接労務費 2,000,000  /  原価差異 ( 170,000) 間接経費  3,000,000 ------------------------------------------------------          6,000,000       6,000,000 で何がわからないかと言うと なぜ製造原価報告書の製造間接費(5,830,000)が予定配布額(5,830,000)として製造間接費元帳へ転記されるのでしょうか? 仕訳としては 予定配布額5,830,000/製造間接費5,830,000になると思います。 製造原価報告書に記載されている数値は 予定価格ではなく実際に発生した価格ですよね? なぜ実際額が予定配布額と同じ金額になるのでしょうか? アドバイスをお願い致します。

  • 直接経費は製造原価報告書で出てくるの?

    工業簿記を学んでいて、製造原価報告書というものが出てきました。 原価を製造直接費と製造間接費に分けて記入する製造原価報告書で、 II.直接労務費   1.直接工賃金 III.製造間接費   1.間接材料費   2.間接労務費   3.間接経費 とわたしの使っているテキストでは続いていました。不思議なのは、 II.直接労務費   1.直接工賃金 III.直接経費   1.XXX IV.製造間接費   1.間接材料費 というように直接経費が出てこないことです。自分でも調べたのですが、事例として あげられているのは、直接経費が出てこないものばかりです。 そこで質問なのですが、製造原価報告書では直接経費は出てこないものなのでしょうか? また出てくるとしたら、上記のような書き方でいいのでしょうか?

  • 製造原価報告書に関する疑問

    製造原価報告書では、材料費・労務費・製造経費を加減したあと、当期総製造費用を出し、それから期首仕掛品棚卸高と期末仕掛品棚卸高を加減しますが、ふと、仕掛品そのものを製造する際に材料費も労務費も経費もかかっているわけで、これだと二重に計算しているのではないかという疑問が生まれました。この点はどのように考えればよろしいでしょうか。ずいぶん基本的な疑問ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。