• ベストアンサー
  • 困ってます

民法 時効取得

民法を勉強しています。 よく土地の時効取得の話が出てくるのですが、現実に土地を時効取得するなんてよくあることなのでしょうか? とくに悪意で20年も占有するとかイメージがわかないのです。 例えば20年経って時効取得するとき、登記申請で取得原因が「時効取得」の場合、取得者ひとりで登記申請するのですよね? 20年占有していたというのは登記所にどのように証明するのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数49
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

時効取得を登記原因として共同申請で所有権移転登記がされることはほとんどありません。時効取得は主に判決やそれと同一視される和解調書などによってなされることが多いです。 実務では時効取得の起算日がいつになるのかが悩みの種となります。 なお、法務局の登記官は不動産の権利に関する登記申請に関しては形式的審査権限しかありませんので、登記申請の添付書類によってのみ判断することになり、実体的な審査をすることは認められていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうですよね。滅多にないですよね。本来の土地の所有者があっさり時効取得に納得して登記に応じるわけないですよね。 私も時効取得の起算日ってどうやって証明するのだろうと疑問でした。時効取得する人はどうやっていつから占有 していたかを証明するのでしょうか。新築の家でも建てて固定資産税を払っていたとかならわかりますが、他人の土地に新築の家を建てるのってリスキーですよね。 おっしゃる通り法務局は形式的審査権しかないわけなので、時効取得する人が司法書士をだませば、数年で時効取得もできてしまうのではないかと思いました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

時効取得する人が司法書士を騙せば、数年で時効取得もできてしまうのではないかとのお話ですが、司法書士はそんなに簡単に騙されません。 時効取得案件で司法書士に登記の依頼が来た場合は、判決や和解調書などを得たものしか原則として受任しません。 上記のケース以外では、理論的には、当事者双方の合意に基づいた時効取得というものも考えられますが、この場合の登記原因証明情報は司法書士の法律的判断と責任のもとに作成され、 虚偽の内容を記載することはできません。 また、この書類は時効取得により所有権を失う者の協力なしには作れず、当然に相手は同意するはずがありませんから、現実的にはこのようなケースは考えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど、司法書士のところへ行く前に、時効取得者が判決や和解調書をとるのですね。 判決、和解調書があれば、リスクなく儲かる案件ですね。

  • 回答No.2

昔はよくあったことです。 畑が近くでは有るけど、あちこちに飛び地的になってる時、お互いに「あんたのあそこの土地とうちのこっちの土地を交換して耕作しましょう!」って事で、何十年も続いた場合、悪意ではなく今になってお互いに裁判所を通じて法務局で登記してますね。 わたしの知人もその一人です。 確かに悪意の使用で我が物にした人も(使用者のものにされた人)を知ってます。県外に出てそこで所帯持って何十年も帰らず、お母さんの年忌で帰ったら、他人が家建てて住んでたとのこと。 今では、交通も便利になり、田舎に何十年も帰らないなんて事は無くなりましたけどね。 参考になれば嬉しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 田舎の畑などであれば想像できます。 田舎に何十年も帰らなかったら他人が使用していたというのも想像できます。 ただ、その他人は善意(もしくは悪意)でその土地を時効取得したとしても、所有権移転登記をどのようにするのかが気になります。その間土地の固定資産税は本来の所有者が支払っているわけですよね。 (因みに善意・悪意というのは法律用語の善意、悪意です。)

  • 回答No.1
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1849/9420)

裁判所で、認められなければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時効取得

    時効取得  不動産でも、  知らずに、10年以上使用占有していれば、  知っていても、20年以上使用占有していれば、  元の所有者Aに対して時効になり、使用占有していたBは、取得を主張できると言うことになっています。  しかし、元の所有者Aが、所有権を示す、公的な証拠を示して、所有権を主張されて使用占有している人Bが、不動産を返還する場合もあるでしょう。 ●(Q01) このように時効を経過しても、返還した場合は、時効取得は、無くなる事になるのでしょうか? ●(Q02) 元の所有者が、所有権を回復し何年か経過した後、以前の使用占有者Bが、所有権を譲ったもののよく考えて見たら、時効取得が成立するのだ。知らなかったのだ。  と言って、Bが、Aに対して所有権の回復を争い、所有権を回復獲得することが出来るのでしょうか?  一般には、第三者に対する所有権は、登記簿によって、所有者を明示しているので、いかに、Bが、時効取得したと主張しても、登記簿が、元の所有者Aのままであると、元の所有者が出てきたときには、争いになります。 ●(Q03) また、平穏無事に使用占有を継続していたかを公的に証明しなければならず、これの取得には、公的な証明を持って、登記も、時効取得の目的で、名義変更する必要があるのでしょうか? ●(Q04)つまり、20年で時効取得できると言っても現実には、登記によって、所有権を変更しない限り時効取得は、獲得できないと解釈すべきものなのでしょうか? ●(Q05)あるいは、登記の所有者と無関係に時効取得は、完成するのでしょうか?  時効取得といっても、他人の不動産だけを使用占有するのではなく、自分の不動産があり、それに隣接する他人の土地を使用占有する場合が多いです。 ●(Q06) 時効取得の時効取得の登記がないまま、使用占有していたBが、Aの不動産の使用占有を停止して、どこかに引越ししてしまった場合、他の不動産を購入して、転居し今は、空き家になってしまった場合、空き家になったことを知ったAは、所有権を回復して、使用占有を開始した場合、Bは、時効取得を主張できるのでしょうか? ●(Q07) 時効取得の時効取得の登記がないまま、Bが、以前、使用占有していた不動産は、Aが、回復し、使用占有していても、時効取得によって、Bのものであるから、使用占有するなと主張できるのでしょうか? ●(Q08) 時効取得の時効取得の登記がないので、Aは、Bに対して、不法な使用占有に対して、損害賠償と過去に逆戻った無断使用の地代などの使用料、損害金などを主張できるのでしょうか?  たとえ一つだけでも、お知りのことがありましたらよろしく教授方お願いします。  敬具

  • 時効取得の実際について知りたい。

    土地の時効取得について、民法を少々学んだだけですが善意の10年、悪意の20年の所有で時効取得する。少々おおざっぱではありますが、実際に時効取得で土地を取得して所有権の移転登記も終了したAさんがいると仮定した場合に所有権を得るまでどのような手続きを経てたどりつくものなのでしょうか?こんな疑問を提示されて全くこたえられませんでした。教えてください。

  • 時効取得について

    Aの土地を悪意のBが20年間勝手に占有して時効取得者となり、時効完成後AがCに土地を譲渡した場合、先に登記を得たほうが所有権を主張できるということになってますが、時効完成後AがCに譲り渡した後、Bの時効取得による所有権移転登記を求める給付判決は請求しても棄却されるから、結局、先も後も関係なく、Bは負けるということになる気がするのですが、間違ってるでしょうか?

  • 時効取得について

    今宅建の勉強(民法)をしています。 そこで疑問に思ったことが。 時効取得のところなんですが、下記の部分です。 所有の意思をもって平穏かつ公然に占有する 善意であれば10年で時効取得するわけですが、 実社会で、そもそもこんな取得方法で取得する人っているんでしょうか? 一体どういう状況が上記のような占有になるんでしょうか? 所有の意思を持っていても、 持ち主にすればそんな意思があるからって時効取得なんてされても困るだろうし、 というかその前に阻止するでしょうけど。 たとえばお互いが知らないから(じつは調べたら自分の土地ではなかったとか)こういうことが可能になるんですか? 民法を勉強してると、そんな人いるの?そんなことあるの?ってことがけっこうあって面白いです(笑)

  • 時効取得

    時効取得の基準がわからないので教えてくださいm(_ _)m 10年とか20年とか。 登記があったらとか、なかったらとか。 なんかあれば時効が中断するとか中断しないとか。 背信的悪意者だったらとか。 もうごちゃごちゃしすぎて理解できないのです。

  • 不動産の取得時効について

    このコーナーで僅少の他人の土地を占有している場合の時効取得の質問を良く見ますが、「善意10年、悪意20年の占有で所有権を時効取得できますよ、よって質問者様のものです」とかの民法の教科書どおりの回答を見ますが、不動産の場合、相手がいることでもあり、相手が時効取得を認めない場合、所有権確認訴訟を起こし、所有権界を確定しないといけない等、膨大な手間暇がかかり、およそ現実には無理なケースが多いと思って回答を読んでいますが、現実には、どうなんでしょう?

  • 共有地の時効取得について

    私の工場の土地がまったくの他人と共有地となっています。 共有地は時効取得できないと言われましたが、本当にできないんでしょうか? 生まれたときから当然のように使っていた工場の土地の1/2が、全くの他人の名義だと知ったのは、 父が他界し、その土地を相続して登記を変更したとき(平成10年)でした。 1/2は父名義、あとの1/2は昭和8年から登記の変更はなく、もちろんその方は亡くなっています。 私が家業を継ぐと決めて働き始めて40年以上たちます。 私が知っている上で、それ以前もその間も相手から何か言われたことはなく、 特に地代を払うこともなく、固定資産税も私が全て払って、現在に至っています。 平成10年に知った時、司法書士などに相談しましたが、「そのまま使っていたほうが面倒が起きない」と言われました。 相手の方は既に亡くなり、何十人も相続人がいると思われるとの事から、そう言われました。 しかしこのまま共有地のままにしておくことで不都合があり、何とかしたいと思っています。 そこで時効取得の話を聞きました。 10年もしくは20年占有していれば時効取得でき、裁判で確定判決が出れば、移転登記できるということです。 私が物心ついたときから工場はそこにありましたし、共有地だと知らなかったのは10年や20年ではありません。 早速司法書士に相談に行きましたが、共有地は賃貸契約しているから、時効取得できないと言われました。 しかし私は賃貸契約など交わしていませんし、父からも地代や賃貸の話も聞いていません。 よくわからず帰ってきてしまいましたが、こういった場合本当に時効取得はできないのでしょうか?

  • 相続人が被相続人の占有期間を承継して時効取得した場合について

    ちょっと迷っているので教えてください。 登場人物はA(土地の所有者)、B(占有者(現在は死亡))、C(Bの単独相続人)です。Aの土地をBとCで合わせて20年以上占有し続け、CがAに対して時効取得を主張する場合、登記原因証明情報に、BとCの関係を明らかにするための戸籍謄本の添付は必要になりますでしょうか。 ちなみに、Aはこの事実に反対しておらず、登記に応じてくれます。また、時効取得の条件は満たしているものとしてお考えいただければと思います。

  • 時効取得

    土地を時効取得によって取得した場合、一時所得の 対象になりますが、時効取得であれば一律に一時所得 となるのでしょうか? 例えば、登記上時効取得によるとあるが、過去の相続時の 手続きにおいて、何らかの形で課税上の清算が済んでいるとか。 すみません、事例がいまいち事例になっていないですが、 一律に一時所得にならないケースがあるのかという点について、 教えていただけますか?

  • 時効取得できるかどうか困っています

    父が占有している農地が来年国の買収にかかることになり、多額のお金が入ってくる予定なのですが、下記の点で困っています。誰か教えてください。 この土地は昭和5年に祖父がAさんから買い受けたもので、売渡証もあります。祖父はS50年になくなり、S18年から祖父の仕事を手伝っていた父がこの畑を今も耕しています。でも、この畑の登記名義人は父でも祖父でもAさんでもなく、近所に住んでいる遠い親戚のBさんです。BさんはS60年にこの土地の相続登記をしています。Bさんの父親が亡くなったのはS57年です。 以上の権利関係をふまえて、父はこの土地を60年近く占有しているので時効取得したいのですが、時効の起算日をBさんが相続登記をしたS60年以降にしないと、二重譲渡と同じ関係になるので、現在の登記名義人であるBさんの所有権を父に移転させることができないのではないかと思います。 父はこの土地が祖父名義になっていないことを知っていたので、占有の開始時は悪意です。 誰か、どうすればこの土地を父親の名義に変えられるか教えてください。