• 締切済み
  • 困ってます

研磨加工のスクラッチ傷

耐熱合金をハイレシプロ研削盤で加工を行っています。 加工後スクラッチ傷やビビリ痕が発生する度に加工条件を 見直しているのですが、良くはなるのですが完全に 解決するまでには至っていません。 砥石の仕様及び加工条件等の助言を頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。

noname#242105
noname#242105

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数541
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

ビビりとスクラッチは別問題ですね スクラッチはマグネットセパレーターで取れない脱落した砥粒がほとんどです フィルタリングの見直しが必要です ビビリは切削条件だけでなく砥石の種類、クーラント等で試すしかないです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 研磨傷を出さずに加工する方法お教え下さい!

    平面研削盤で軟らかい金属を加工すると砥石の滑落で製品の長手方向に傷が入ります、 傷が入らない加工法お教え下さい。 他社で聞いた話では 砥石にロウを塗ると良いと聞きましたが試してはいません。 良い方法有りましたら是非お教え下さい。

  • 研削加工の傷等の名称について

    仕事で研削加工をしているのですが、クラック、スクラッチ、スパークアウトなど聞くんですが他には何の傷の名称があるのか知りたいです。 研削してる方々は当たり前に言うのですが、いまいち意味とかもわからず、研削加工始めたばっかで聞きにくくこちらで質問致しました。かなり大雑把な質問ですいません。

  • マシニングセンターで研磨加工は可能?

    お世話になっております。 マシニングセンター砥石を付けて研削加工って可能なんでしょうか。 昔そんな加工をしているという噂を聞いた記憶があるんですが、聞き違いかも知れませんが・・・ ネットで検索するとマシニングセンターのグライディング仕様というのが有りますが、それの事だったんでしょうか。 そもそもグライディング仕様と一般の仕様のマシニングセンターってどう違うのでしょう? ちょっと文面がバラバラになりましたがご教示お願いいたします。 ※機械の導入を検討していますが何台もは無理の為、1台で何役もこなせるような機械を検討しています。

  • 回答No.2
  • okvaio
  • ベストアンサー率29% (1175/3940)

>スクラッチ傷やビビリ痕が発生する 研削加工ではつきものですね。 こう言った技術的な問題は、過去の経験から購入している砥石メーカー や、研削盤メーカーに問い合わせるとヒントが出てくるかもしれません。 加工条件もあるかもしれませんが、砥石自体の問題もあります。 また、研削油(加工液)の仕様や不純物の除去、砥石カバー内側の清掃 など、確認すると良いかもしれません。 その他、加工条件は、回転数や送り速度もありますが、砥石の仕様や 仕上げ加工までの工程も分らないと答えようがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1491/5377)

これ加工技術ノーハウの問題ですから、会社と職人の技術力ですから他の人には教えられません。 相談したいのであれば先輩や研削盤製造会社にお願いしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルマイト後の研磨条件教えてください!

    硬質アルマイト処理が施された後(40μ程度)の部品に研磨加工する仕事が発生しました。設備は既存のセンターレス研削盤を使用する事を考えておりますが、研削砥石及び研削油に関しましては全く分かりません 誰か分かる方がいれば最適の砥石と研削油についてアドバイスがいただけないでしょうか?困っています。

  • 研磨のケレ傷

    円筒研削加工時にケレを取り付けて加工した時、傷等が付きます。 ケレ取り付き位置はキー溝部です。 傷が付きにくいケレ、又は他の方法があれば教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • スクラッチ傷がなくなりません

    スクラッチ傷がなくなりません。 研削条件、砥石の仕様も自分なりに変えてみました。 ワークは、 寸法:φ150×330 外径 材質:SNCM447 硬度:HRC40 面粗度:Rmax1.6S程度 砥石の仕様は、32A 80J 8 V ドレスは、0.005を2回と0.003を4回。ゼロ切り込みなし。速度は350mm/min 研削条件は、 仕上げ工程の取しろ:0.02 ワーク回転数:35 トラバース速度:400mm/min 切り込み量:片側0.004ずつ。最後は0.002ずつ。 こんな感じです。どこを変えると効果がありそうでしょうか? すぐに結果は出ませんが、よろしくお願いします。

  • ガラスに発生したスクラッチの評価手法

    現在、石英ガラスの研削加工において、スクラッチの発生が問題となっております。現在のスクラッチの確認方法としては、?投光器を用いた目視確認、?目視確認したものをマイクロスコープで撮影、というように、目視に頼っているのが現状であり、能率が悪く困っております。 ガラス表面で発生したスクラッチをある程度の範囲(□100?程度)で撮影し、スクラッチの大きさや個数を評価できるような装置があればと思っているのですが、そのような装置はあるのでしょうか。 ワークサイズが大きい(マスク材です)ため、難しいのかとは思っておりますが、ご存知の方、ご教示願います。 スクラッチに関して補足します。 鏡面研削段階でのスクラッチのため、投光器を用いなければ、目視することができません。大きさは1?以下です。

  • 円筒研削においてのスクラッチ防止策について

    STAVAXやNAK80などの材質を円筒研削で加工を行い、その後に鏡面に近い段階まで 磨くのですが、どうしても円筒研削の際のスクラッチが原因で磨きにかかる時間、 形状精度の保持が困難です。平均的な面粗さはRmax1.0前後は出てるのですが、深い傷が数箇所についてしまいます。何かよい対処の方法を教えてください。

  • ミクロンセンタ-レス研磨機 真円度不良5角形 

    ワークの5角形真円度不良で困っています。 研削条件が 60、80番の混粒砥石 加工物Φ11.06~Φ11.08 取り代方肉 0.008~0.023 砥石回転数1250rpm調整車砥石100rpm 日に30000万こ加工して全部真円不良ではなく中に50本前後5角形不良がでており非常に困っております。 良品ですと2μ程度の真円ですが5角形ですと10~40μ程の物が発生しています。 ブレードの交換などで発生工数は現象した様に思えましたが。 未だに発生しています。 まだまだセンターレス研磨機の加工技術が未熟のためご指導アドバイスいただけましたら幸いです。

  • アルミの研磨について。

    アルミの研磨について質問させて下さい。 アルミを平面研削盤で研磨加工するのですが、 みなさんはどういった砥石の種類を使っておられるのですか? アルミの研磨加工は経験がないもので。 宜しくお願い致します。

  • セラミックスの生加工

    セラミックスの生加工ですが、加工性が悪いものがあり苦労しています。 今まで切削加工でしたが、超硬・ダイヤ等色々試しましたがいずれも刃持ちがとても悪く、またカケがでやすいです。 なので円筒研削機にてドライにて研削加工するのはどうかと考えました。 (加工負荷を抑えられれば解決できるかもしれないと考えたため) この場合の ・加工条件 ・そういったことをしているメーカー・文献 ・適する砥石について(材質や粗さ?) ・その他何か情報があれば 研削だと目詰まりしそうと懸念しております。 粉が舞う等は設備対応で解決を検討してます。 以上、何か情報お持ちの方、ご助言いただけないでしょうか。 特定の材質を加工する際に上記症状がでます。 加工タイミングは材料成形後です。 ブロックや丸棒を加工する(NCやMC)際の問題です。 カケが出るのはワークの方で、工具の抜けの際に端が欠けてしまうイメージです。 持ちが悪いと感じるのは常時でして、切削性が落ちる≒加工負荷大→端面の欠けが出やすい?と考えています。 新品工具でもすぐにカケが出るほど切れなくなります。 バインダー成分の調整などもありますが、まずは加工方法の検討をしようと思いました。 判りづらい文章ご容赦ください。 度々追記申し訳ありません。 欠けと申し上げましたが、その他に表面にむしれのような症状が切削面に出ます。 加えて切削性が悪化したときに見られる光沢も切削面に出ます。 これらは欠けと同等のタイミングで発生します。 アルミナなどの成形体と比較すると同様の条件では圧倒的に早い段階で上記症状が発生するのが悩みです。 対象の材質は大変申し訳ありませんが申し上げられません。 >岩魚内様 >カケは削り手順の工夫で抑えられ、殆ど加工屋だけで済む分野。 加工方法による対処もしておりますが、これ以上はできないのではないかという位置から、加工方法を切り替えてはという発想になりました。 研削は切削よりも研削量を少なく設定すれば負荷が小さいと思いましたが、 それでも逆に高くなるものでしょうか。 また切削時のニチャ付きがある場合(粉はけが悪いと?)どのような不具合が考えられますか? >ohkawa様 成形体はCIP成形した圧粉体です。

  • センタレス加工の件で。

    センタレス加工(プランジ加工)の件でお聞きしたいことがあります。ブレードの上にワークを乗せた時にワークは調整砥石との接触によって回転するものなのでしょうか?社内でφ14前後のワークをセンタレス加工で行うテストをしましたがワークは回転せずに研削砥石が接触してからワークが回転している状況のようです。一応研削されて真円度も悪くはないのですが、これで正常なのか気になりまして質問させて頂きました。もし調整砥石に接触した場合に回転するのが当たり前ならどこをどのように調整(調整砥石の仕様?ブレードの仕様?)すればよいかなどご教授ください。ブレードは超硬。角度30℃。ワーク材質ハイス熱処理品。φ14長さ100。

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします