• ベストアンサー
  • 困ってます

φ8H7/リーマ加工 加工径拡大

・被削材:SS400 ・φ8H7 0~+0.015 ・貫通アナ 深サ25 加工手順 センタアナ加工→φ7.8ドリル→φ8マシンリーマ リーマ加工条件 S160 F30 リーマの振れ 0.01程度 上記のような条件でリーマ加工をしてみたのですが、 実際に加工できたものはφ8.02~φ8.03の間になってしまいます。 こちらの過去ログや書籍等を読んでみて、 リーマの振れが一番の原因かな?と思っているのですが、 毎回振れを0に出すのは厳しいように感じているのですが、 0にするのが普通なんでしょうか? リーマの前にエンドミルも考えられるのかもしれませんが、 φ8に対して深さが25あるので、それもどうかなと考えてるのですが、、、 当方、リーマ加工については全く無知な為、 原因が何か、対策はどうしたらいいのか、図りかねています。 何でも良いので、アドバイスをいただければ参考にさせて頂きたいので、 皆さんよろしくお願いします。 下穴加工径はφ7.81~φ7.83ぐらいです。 加工手順 センタアナ加工→φ7.8ドリル→面取り→φ8マシンリーマ 面取りが書き忘れていました。申し訳ないです。 工具屋と話をしたら、ハンドリーマを薦められましたが、 どうなんでしょうか? ボール盤などで、やるのであればわかるのですが、、 マシニングでハンドリーマを使うことはあるものなんでしょうか? 0.01の振れとはマシニングに取り付けた際の振れです。 なかなか振れがこれ以上よくならないのですが、 そこで追加でお聞きしたいのですが、 皆さんはテーパーシャンクとストレートシャンクのものは どう使い分けてらっしゃいますか? 状況に応じた使い分けがあるとか、 それともなにかしらの個人的好みとかでしょうか? 皆さんアドバイスありがとうございました。 遅くなりましたが、結果報告させていただきます。 一応ですが、交差内になんとか寸法をおさめることが出来ました。 最終的な手順は以下の通りです。 ・センタ →φ7.4超硬ドリル →φ6.5エンドミルでφ7.8に円弧 →φ7.8ドリル →面取り →φ8ハンドリーマ(FPツール) 岡崎のハンドリーマや日研のブローチリーマ等のリーマの種類を変えたり、 穴あけの各種手順を変えて、色々試してみたのですが、 結果としてどうしてもそれらでは交差内に入りませんでした。 どうも、刃物の取り付け精度があまり良くないので、 それが主な原因だろうとは思いますし、 機械そのものの精度検査も最近はしていない為、 機械の精度の信頼性も疑問符が付きます。 その為、今のところキッチリとした結論を出せたわけではありませんので、 上記方法も付け焼刃的、あるいは偶発的な面が強いかも。 これから、色々と調べていきたいと思いますので、 またこちらで質問させていただくこともあるかと思いますが、 その時はまたよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

マシニングセンタ-で加工されているとのことですが、 >リーマの振れ 0.01程度   ↑とはリ-マ自体の振れですか?   それともマシニングに取り付けたときの振れですか? どちらにしましても、主軸の振れも影響してきますので一度テストバ-で主軸の振れを確認しておく必要もありますね。 また、リ-マは加工仕上がり寸法の前後(±)でお持ちになる方がよいのではないでしょか。 それと、ハンドリ-マですが導入部が長いだけで、マシニングには使えないなんてことありません。殆どがストレ-トシャンクですし十分使用可能です。 リ-マの工具メ-カ-カタログにトラブルの対処法が載っていますので、そちらを参照されることをお勧めします。 個人的見解ですが、どの位置で振れを測定されたのか解りませんが、主軸の振れは間違いなく起こります。新品でもあります。精度成績表ご覧になれば解るかと思います。これにホルダ-→工具の順で誤差が累積されますので。単純に振れで大きくなっているとするならば、日○工作所のゼロフィットホルダ-なんてどうでしょうか?他にも振れ取りホルダ-あったような気がしますが・・・。また、テ-パ-シャンクはマシニングには使いません。と言いますのも、工具メ-カ-の殆どがストレ-トシャンク用工具になっているからです。これはマシニング・ホルダ-の精度が上がってきていることにも関係ありますね。特に良く使用される工具なんかはどうでしょうか?ストレ-トが殆どではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

0.01の振れはマシニングに取り付けたときの振れです。 >どちらにしましても、主軸の振れも影響してきますので一度テストバ-で主軸の振れを確認しておく必要もありますね。 その必要はあるかもしれませんね。 なんとか色々試しているのですが、 振れがなかなか思うような数値におさまらないので、 どうしたものかと、思案しているところです。 >それと、ハンドリ-マですが導入部が長いだけで、マシニングには使えないなんてことありません。殆どがストレ-トシャンクですし十分使用可能です。 なるほど、ハンドリーマでも使い方次第という事でしょうか。 >リ-マの工具メ-カ-カタログにトラブルの対処法が載っていますので、そちらを参照されることをお勧めします。 その関連は一通り見たつもりなんですが、、 まだ、これが原因だという事まで、突き詰められなくて、 実際に何が一番の問題か色々やってみます。 ありがとうございます。 >どの位置で振れを測定されたのか解りませんが リーマの先端部です。 >主軸の振れは間違いなく起こります。 なるほど、ごもっともです。 うーん、ホルダーとまでなると、高い買い物ですね。 次に買うときには十分検討したいと思います。 >テ-パ-シャンクはマシニングには使いません。 そうなんですか? 確かに、弊社にある刃物はストレートが多いのですが、 テーパーシャンクもあるにはあるんです。 (一番最初に試した、マシンリーマはテーパーシャンクのものでしました) カタログにもテーパーのものもあるし、同業の知り合いの方には テーパーしか使わない方もいたんで、、、

その他の回答 (11)

  • 回答No.12
noname#230359
noname#230359

眠り人間です。 リーマー直径をマイクロで確認してはどうでしょうか。8.02ぐらい有れば 加工穴径と一致しますよね。マシンリーマーとはチャッキングリーマーの 事だと思いますが8ミリといっても直径が大きいときがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ご指摘どおり、リーマの直径には注意したいと思います。

  • 回答No.11
noname#230359
noname#230359

ドリル→リーマーの順に加工ですとドリルで加工した穴の状態が影響してきますね。 また、その精度ですと片側0.1のリーマー加工代は多いかな?と感じます。 やはり一番は一工程増えますが、ドリル→バイト→リーマーが良いと思われます。 当方ではその加工ですと ?Φ7.9ドリル ?Φ8.0超硬バイト(2枚刃) ?リーマー通し の感じで加工しています。 今の超硬バイトは振れを出しておけば、穴精度が-0.01位で仕上がります。 その0.01の加工代をリーマーでさらい加工する感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 超硬バイトということはボーリングの事ですよね。 実は弊社、熟練工がやめてしまったせいもあり、 ボーリングの技術がまだ確立しておらず、 そちらも勉強していかないといかない状況です。 なんとか、そちらも勉強していきたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.10
noname#230359
noname#230359

リーマの振れでマシンに付けて0.01は大きいですね φ8ならこの半分にはしないと 傷、汚れなどの確認が必要なのは 各接面ですね 1.リーマのシャンクと相手 2.ホルダーと主軸テーパー シャンクはテーパーでもストレートでも1.2.がOKであれば出るはずです ハンドリーマをマシンで使うことですが φ8が手持ちが無くて加工数が少なく わざわざ買う必要が有るときには 使えます その程度です ”対策として”ってところに引っかかりました 0.01の振れと加工精度(幅)の結果は合っています SS400の穴あけで後の工程に影響出るほど加工硬化はでません センターもみ付け不要 下穴の倒れ防止 速度アップなど 様々な効果があります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>リーマの振れでマシンに付けて0.01は大きいですね やはり、そうですか。。 一応、それぞれの傷や汚れに関しても 注意してやっているつもりなのですが、なかなか思うような数値がでません。 コレット等、一部使ってるものが古いものもあるので、 この際新しいものに買い換える事も考えてます。 >SS400の穴あけで後の工程に影響出るほど加工硬化はでません この辺はやはり、各社が蓄積している情報等にも関係するところでしょうか。 自分でも皆さんの意見を参考に、 出来るものから色々試していきたいと思います。 最終的には自分でやってみないと分からないので、 情報感謝しております。

  • 回答No.9
noname#230359
noname#230359

追記に対してですが、 別段、呼び名が「ハンドリーマ」だからって、手作業専用という訳ではないので、 マシニングや旋盤で使う事も、あります. 先端のテーパ部が長いので、貫通穴では治具やテーブルとの干渉を心配する必要がありますが、 そういうのがクリアできれば、マシニングでは使わないという事もないです. なお、以前の回答の中で下穴に「超硬」という案がありましたが、 量産の場合には、リーマの刃持ちが著しく悪くなる事もある様なので気を付けて下さい. 超硬ドリルはハイスドリルよりも内面の加工硬化が大きいので、 後からタップやリーマが入る場合には使用を避ける人も少なくありません. また、振れに関しては、機械本体の精度的なものであれば、 イスカルの「GYRO」ホルダーなどで補正する事もできます. GYROほど大げさなものでなくても、リーマ用のいわゆる「軸方向フロート機能付き」のホルダなら、 フロートのためのガタが作用して、加工時にリーマの振れを吸収できる可能性もあります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足説明ありがとうございます。 >別段、呼び名が「ハンドリーマ」だからって、手作業専用という訳ではない わかりました。『ハンドリーマ』という名前からマシニングで使うと聞く時はいつも疑問に思ってたもので、 今回の件で、すっきりしました。 >超硬ドリルはハイスドリルよりも内面の加工硬化が大きい なるほど、今回は量産というわけではないのですが、 十分頭においておきます。 >また、振れに関しては、機械本体の精度的なものであれば、 ホルダーでも色々あるようですね。 自分でも情報収集して勉強したいと思います。

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

私は、ハンドリーマ(ハイス)で貫通穴の加工は仕上げます。SS400φ8H7貫通板厚25mmでしたら以下の条件で加工しております。 1.センター穴φ3 2.下穴ハイスドリルφ7.8貫通 3.エンドミル(ハイス)2枚刃(荒取り用) φ8 貫通 4.ハンドリーマ(ハイス)S300F30 以上で仕上がり径がφ8.00ピンゲージ入りφ8.01入らない。面粗さは良好です。但しリーマの振れは0.005以下。 ポイントは3のφ8のエンドミルで中仕上げです。これはドリル穴を真直ぐにあける為、片肉0.01~0.03程度残こす為。エンドミルは刃長が短い場合は板厚以上に刃長をキープする。(ニガシ入れる) 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ほんと、色々な方法があるんですね。 勉強になります。 もう少し、悩みながらも色々試してみます。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

ウチだと センタードリル無し 1.下穴 φ7.9超硬ドリル 振れ、倒れ防止のために可能な限り短い物 2.リーマ φ8.00 勿論”主軸に付けての”芯振れ可能な限り少なく クーラントは出来れば油性水溶性なら10倍以下 ハンドはマシン用と違って先端に案内のためのテーパーが付いている ので機械加工には向かない工具やは勘違いかな?  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 他社さんの方法は千差万別でどれも参考になりますので、 非常にありがたいです。 やはり、下穴や振れの問題は大きそうですね。 十分考慮したいと思います。 >ハンドはマシン用と違って先端に案内のためのテーパーが付いている ので機械加工には向かない工具やは勘違いかな? やはり、そうでしたか。 工具屋にも確認してみます。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

SSはリーマの寸法がばらつくので、3枚刃のドリルで加工したことがあります。 結果は良好でした。 φ5H8ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >SSはリーマの寸法がばらつくので、3枚刃のドリルで加工したことがあります。 そうなんですか? 一つの方法として、頭に入れておきます。 リーマで仕上げるしか、頭になかったもので。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

おはようございます。 通り穴との事ですが、入り口と出口で同じ径ですか?入り口が大きいのであれば過去の投稿でもありましたが面取りも有効かと思います。それと下穴管理も重要です。(2)の方と同じ)弊社では振れを0.005?を限度としています。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >入り口と出口で同じ径ですか? 今計ってみましたが、ほぼ同じ径であいています。 面取りも書き忘れていましたが、下穴の開けた後に面取りもしています。 >振れを0.005?を限度としています。 なるほど。参考になります。 振れを無くすのが良いとは分かってたんですけど、 実際どこまで許容できるのか全然分からなかったんで、 非常に助かります。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

>センタアナ加工→φ7.8ドリル これで穴径がどうなってるか確認を要します。 いきなり下穴径狙いのドリル加工は、穴径が拡がることがあります。 振れは、マシンリーマよりもチャッキングリーマのほうが、柔軟性があって、その影響が出にくくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >いきなり下穴径狙いのドリル加工は、穴径が拡がることがあります。 下穴径ですが、φ7.81~φ7.83ぐらいにあいてたので、 大丈夫と判断したんですが、いかがでしょうか。 >チャッキングリーマのほうが、柔軟性があって、その影響が出にくくなります。 わかりました。 買い替えの際は参考に致します。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

日研のブローチリーマがお勧めです。 実は、日研のNCセンサーリーマがもっと良いのですが、高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 買い替えの際に、候補として考えさせていただきます。

関連するQ&A

  • リーマ下穴加工の切削条件

    リーマ加工をする際に、最終値よりΦ0.2ほど小さいHSSエンドミルで加工した後にリーマを通すのですが、このときのエンドミルの切削条件ってどう設定していますか?自分はHSSドリルの8割の条件で加工していますがうまくいかないことが時々あります。意見を伺いたいです。 加工手順はΦ8.0を例にすると、Φ3.0センタードリル・Φ7.0HSSドリル・Φ7.8HSSエンドミル・Φ8.0HSSリーマです。 すみません。大切なところが抜けていました。 エンドミルを使う理由は位置精度の為です。穴間ピッチが3000?でも交差が±0.05?の加工するため、穴位置の矯正のためにエンドミルを使っています。ドリルのみだと0.1?ぐらいずれた事があるようなので。 まず加工条件ですが、ドリルでΦ8を例にすると鉄でS800、F130、切り込み2.0?で加工をしています(およそ0.1?/rev、20.0m/min)。エンドミルはS650、F120、切り込み2.0?です。SS400板厚30.0?、深さ20.0?止まり穴です。 不具合の内容ですが、鉄でもアルミでもエンドミルが擦れてしまい食い込みが出来、リーマを通すと径が0.02?ぐらい大きくなってしまうことがあります。また、回転を落とすと今度は削れずに抉ってしまいました。

  • アルミリーマ加工

    アルミ鋳物のφ8以下のリーマ加工で困っています。特にφ4G7(+0.005から+0.020)の精度が出ません。(径が小さくなる) φ4G7の加工工程は-0.5のドリル→-0.2のエンドミル→4.01リーマです。 リーマは超硬のストレートであんない無し(先端にC2有り)を使用しており、切削油は水溶性です。加工条件はS900 F150ほどです。 以前はハイスのリーマを使って精度が安定しない為、超硬リーマを試みたんですがやはりうまくいきません。 振れは先端で0.01、口元0.005です。 4.02のリーマも試みたんですが、大きくなってしまいます。後は加工条件が悪いのでしょうか? どうか宜しくお願いします。 http://www.gld.mmtr.or.jp/~tkyk/

  • 長穴リーマ加工について

     MC横フライス盤 にて ドリル 24・5 で 全長155ミリ(間欠85ミリ)両端幅35ミリを 明け リーマ25.0 通します。 穴の 明け口は 精度良く 加工されますが 出口の穴 精度0.2芯振れします 何か 良い方法 はないでしょうか。  20ミリのエンドミルで 円弧 加工も しましたが 出口にて 芯振れが 発生します。  よろしくおねがいします。

  • H7公差の穴加工

    素人ですがよろしくお願いします。 H7公差の穴加工の際、 MCを使いドリルで下穴あけた後にエンドミルで突く (φ15H7のときは14.5キリの後、15.0エンドミルで突きG82で 2秒停止) ラジアルボール盤を使いドリルで下穴開けた後、リーマーでさらう。 (φ15H7のときは14.8キリの後、15.0のリーマーでさらう)  上の2つの加工について意見をお願いします。 会社によってはリーマーをMCやフライスのみで用い、ラジアルでは使わないところがあると聞きました。エンドミルをリーマーがわりに用いることは多いのか。精度面についてはどうか。少し不安な点があるので、皆様の意見を伺いたく思います。宜しくお願いします。

  • マシンリーマでの加工ノウハウ

    こんにちは。 初めて、質問させていただきます 使用機械は、縦型マシニングセンターにて、 H7精度の穴加工(主に20φ以下)で、精度が出なくて困っています。 披削材はSUS304板材厚み20 穴形状はφ12H7貫通 加工手順は、スポットドリルでφ5程度モミツケ φ11.5ドリルにて貫通穴加工 φ11.8二枚刃にて貫通穴加工(穴位置修正とリーマ代の適正化の為) φ12マシンリーマ(コバルトハイス、MT2、ネジレ刃、S130、F30、 穴底からR点への戻し送りF100、水溶性切削液使用、MTAホルダーにて保持 、振れ精度、口元5ミクロン先端10ミクロンです) 加工後シリンダゲージと栓ゲージにて、穴径測定すると0.025大きくなってしまいます。(ちなみに交差は0+0.018です) 作業方法は間違っていないと思うのですが、 ピン穴加工に、詳しい方が、いらっしゃいましたら、アドバイス頂けましたら 幸いでございます。 宜しくお願いいたします。

  • マシニング アルミ合金Mg-Si系への穴加工

    マシニングでアルミ合金Mg-Si系へ穴加工で質問です。 BT30番のマシニング 外部給油(オイルホール無し) アルミ用ハイスドリル を使用して ①φ2(0/+0.09)深さ5 ②φ4H10(0/+0.048) 深さ9.5 の穴を一発加工したいのですが、どのドリルを選定したらいいかわかりません。 ナチを例にとると、DLCハイスドリルはマイナス公差で仕上がっている為、Φ2.0だと小 φ2.1だと大(⇦と創造) φ4も同 と思われます。 どんなドリルを選定すればいいでしょうか? それともφ2.0 φ4.0 ドリル(マイナス公差)で穴をあけて、引き続きマシニングにハンドリーマを取り付けてリーマ加工した方がいいのでしょうか? *マシニングでリーマ加工をしたことがないので、リーマ使用を推奨される場合はリーマについても教えてください。

  • ドリルの加工径が大きくなってしまいます。

    こんばんは。 私の職場でドリルで空けた穴が大きくなってしまうという問題が発生しました。 詳細 マシニングセンタにてΦ14程度のドリル加工したところ穴径が0.5mm程度大きくなったものをそのまま焼き入れに出しました。その後、仕上げ工程にて穴を仕上げようとした際ドリルの加工面が取りきれなかったという問題です。 その他に一般公差を外してしまうくらい穴径が大きくなることがたまに発生していました。 加工時の主軸の振れは0.1mm以内でBT50のホルダーを使用しています。 ドリルは三菱マテリアルのハイス綱、テーパーシャンクドリルを使用しドリルの前にはΦ3のセンタードリルにて5mm加工しています。 ドリルの再研は手研ぎにて行っています。 このことを受け、現在ドリルの研ぎ方を今一度練習しているのですがそれでも最大で0.2mm程度は大きくなってしまいます。 皆様の会社ではドリル径が大きくなってしまうようなことはありますか? 穴径が大きくならないための解決法があるならぜひ教えてください。

  • 焼き入れ材に Φ6、Φ8 H7の止まり穴加工

      材質 DCMXの焼き入れたプレート(HRC60)に  Φ6H7 深さ15mm  Φ8H7 深さ20mm  の加工についてです。  Φ8は、焼き前に下穴Φ7をあけておき、Φ6の超硬エンドミルで輪郭加工 しようと思います。 またΦ6は 焼き前に下穴Φ5をあけておき、Φ4の超硬エンドミルでヘリカ ル加工しようと思います。  どちらもテーパーになるので苦手なのですが、とくにΦ6の方は時間もかか り精度が出しずらいので いいアドバイスが頂きたいです。  マシニングの最大回転数は、4500です。  あと、折れやすいと聞いているのですが 高硬度用リーマで加工されている 方がみえたら、教えて頂きたいです。   

  • 小径パイプ状の部品の面取加工

    径の小さいパイプ状の部品に面取り加工(内径側)をしたいのですが、どうやって加工しようか悩んでおります(いかんせん物が小さいので(--;))。 ・材質:真鍮 ・外径/内径:0.8/0.4mm(丸棒から削り出しでチャッキングの為に捨てボス?が付いてます) ・面取り角度:パイプ中心軸に対して20度程度 「テーパー状になったドリルなら加工できるかなぁ」と探してみましたが、テーパードリルで検索すると、テーパーシャンクドリルばかり出てきてしまいまして。 エンドミルならテーパーの物が見つかったのですが、エンドミルはドリルの様な使い方をしても良い物なのか分かりません(--;)。こういう場合はやはり市販の工具では加工は難しいのでしょうか? こういう加工を行う工具等御存じの方がいらっしゃいましたら教えてくださると助かります(個人で入手可能ならオーダーメイドでも結構です)。

  • ドリル加工での孔曲がり防止

    マシニングセンターでアルミ(純アルミに近くとても粘っこい)を加工していますが、リーマの下穴ドリルがどうしても曲がってしまい、リーマの精度がばらつきます。径はφ8ですが、下穴が曲がらない加工方法(条件)を教えて下さい。ちなみに現在使用しているのは、超硬のドリルで深さは30mm程度です。