• 締切済み
  • 困ってます

深穴加工の手順を教えてください

おはようございます 縦型マシニングセンターでの深穴加工の手順について教えてください 今日の作業でΦ4.5の深さ100mmの穴加工をしたのですが もみつけ Φ4.0ドリル(下穴)で深さ50mmまで加工 Φ4.5エンドミルで30mmまで加工 Φ4.5ドリルで50mmまで加工 Φ4.5ロングドリルで100mmまで加工 の手順で加工したのですが Φ4.0ドリル(下穴)で深さ30mmまで加工 Φ4.5エンドミルで30mmまで加工 の手順で加工しないとΦ4.0ドリル(下穴)が曲がって穴加工していた場合に Φ4.5のドリルが下穴に ならって曲がるのでは? と言う意見と Φ4.0ドリル(下穴)の加工深さまではΦ4.5エンドミルの穴に ならって まっすぐの穴が開くのでは? と言う意見が出たのですが お互いに意見に確信が無く うやむやになってしまいました 今後の深穴加工にも正しい加工をしたいです どうかよろしくお願いします

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ナチのAGロングドリルで、一発加工でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なお時間頂きありがとうございます ロングドリルで一発と目にしてビックリしてしまいました AGロングドリルは そんなに良い物なのか早速調べてみます 今後も加工内容に適したツールを教えてください どうもありがとうございました

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

被削材、穴の曲がりの許容値、粗度が不明ですね これによって方法は色々あると思います 場合によってはMC用ガンドリルが必要になってきます 質問の内容から推測して回答します まずエンドミルは不要ですφ4.5で30mmも入れると下穴にそって行きますので意味が薄いです それにエンドミルは求芯性はありませんのでこのような深い穴拡大には不向きだと思います 1.センタードリルモミツケ 小径ドリルの食いつきは表面粗度に影響されるので念には念を入れて 2.φ4.5 超硬 ドリルで30mm明ける 突き出し最小限 ミーリングホルダー  3.φ4.5ハイスドリルで60mm明ける 突き出し最小限 ミーリングホルダー  4.φ4.5ハイスドリルで80mm明ける 突き出し最小限 ミーリングホルダー  5.φ4.5ハイスドリルで100mm明ける 突き出し最小限 ミーリングホルダー  クーラントは油性の方が良いでしょう 水溶性なら濃いめ10%~ 一例です 参考までに

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なお時間頂きありがとうございます エンドミルは腰が強いと思い刃長の短い物のシャンクをΦ4.5以下に落とした物を使用したんですが 超硬ドリルの方が加工時間も短縮できそうですね 加工方法まで教えて頂きありがとうございます MC用ガンドリルは全く使用した事がないので早速調べてみます 今後Gallyさんの意見も参考して加工しますどうもありがとうございました

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

二つの意見のだけ比べると後の意見のが正しいと言えるのでは無いでしょうか。つまりφ4.0ドリル×30mm→φ4.5エンド×30mmのほうですね。 これは「やり方が正しい」という意味では無く、最初のφ4.0ドリルの影響をわずかながらでも、φ4.5ドリルが影響を受けるであろうという「考え方」が正しいという意味です。 実際はどうでしたか? おそらくさほど気にするほどでも無かったのではないでしょうか? 二つの意見が決着つかないということは、それを裏付ける結果が出なかったということですよね?特に失敗もしなかったのでしょう。 私的には、φ4.5のエンドを30mmってほうがよほど困難な気がしますが・・・。 私が同じ加工をするなら、そこまでは気を使わず、 もみつけ無しでOSGφ4.5EXゴールドドリルショート等の直進性が高く短いドリルを最初に入れます。送りは少し遅めで深さ10mm~15mm程度でしょうか。 その後φ4.5の普通?のドリルを50mmほど。(溝長によります) そして最後にφ4.5ロングドリルです。 ロングといっても無駄に長い分は切断しちゃいます。 どれほどの精度が必要かは知りませんが、 センターもみつけ→φ4.5ドリル50mm→φ4.5ロングドリル100mm でも、それなりに真っ直ぐいくような気もします。 そのような加工は日ごろしますが、正確に測ったわけではないので推測ということでお願いします。 参考になることを祈っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なお時間頂きありがとうございます まーぼーさんの言う通りで 今まで深穴加工をしてきて トラブルはなかったので問題は無かったんですが 同じ社内で同じツールを使用して二通りの加工方法は 良くないと思い投稿してみました Φ4.0の影響を受けてしまうのはまずいですよね… 加工方法まで教えて頂きありがとうございます エンドミルは刃長の短い物のシャンクをΦ4.5以下に落とした物を使用したんですが 今後まーぼーさんの意見も参考して加工します どうもありがとうございました

関連するQ&A

  • 斜面への穴加工。

    斜面への穴加工をします。 使用工具:611きり 材料硬度:40±3HRC 使用機械:立型マシニングセンタ(BT40) 斜面角度:約30度 加工肉厚:3.5mm程度 穴の拡大は0.5mmまでOK 穴の曲がりは、0.20.3程度 このように加工したいのですが、 お勧めの加工方法、工具などがありましたら、 ご指導願います。 ドリル加工ではなく、エンドミルによる、 コンタリング、ヘリカル加工も考えています。 コンタリングではなくエンドミルによる、 ランピング、ヘリカル加工でした。

  • ダイス鋼の穴加工に適したマシニングセンター

    現状ラジアルボール盤にて加工しているSKD11の穴加工をマシニングセンター化したいと考えています。 既存マシニングセンター(立型BT50)で超硬ドリル、スロアウェイドリルのテストカットを行ったのですが軸芯給油装置が無い為に工具の 切削長が著しく劣ります。 皆様はどの様なマシニングで鋼材の穴加工をされていますか? また、下記条件に合うマシニングセンターはどんなものがあるでしょうか? ●センタースルーで切削油が出る ●使用ドリルは最大Φ27迄で加工深さ4D迄 ●熱処理前のSKD11迄、加工可能であれば良い ●鋼材最大サイズは250*200*200mm ●穴加工以外の機能は必要としない 以上、御指導願います。

  • フライスやマシニングでの止まりの長穴加工について

    フライスやマシニングで深さが5とかの止まりの長穴を加工する手順が分からなくて質問させていただきます。 このような場合ドリルでキリ穴を開けてから加工するのが一般的だと思うのですが、とまりの場合ドリルの先端が邪魔なのでそこまで穴を開けられないですし、エンドミルで穴あけしてもエンドミルが折れそうではないですか? ましてや、ステンレスとかだとこの加工のやり方がすごく気になります。 よろしくお願い致します! (最先端の技術は置いといて欲しいです。ヘリカル加工や底面が平らなドリルなど)

  • 細穴加工について教えてください。

    外形φ12、長さ41mmのSCM435の材料に両端よりφ0.8mmのドリルで下穴加工(貫通)を行います。 というのも内径の仕上げをワイヤーカットにて行うため下穴の処理として行うためです。 ※仕上がり径がφ1.2±0.01 下穴はφ0.8mmのドリルで両端からつなぎ貫通 そこで質問です。 私は以下の加工内容で実施しましたがなぜかドリルが斜めになるのです。 4回に一回くらいはまともに突けますがどうしても穴が貫通しないのです。 穴が貫通しないことにはワイヤーカット加工も出来ないので間違いがわかる方や、何か良い案があればご指導お願いします。 ※因みに旋盤のMAX回転数はS3500 ※センタードリルはアルプスの芯高調整コレットにて把握 ※φ0.8キリはユキワのコレットチャックで把握 ?端面加工 ?センタードリル (ポインティングドリル) φ1.5mmを0.4mm突く (先端90度) ※回転数S3500 送り0.01 ?ドリル (ハイス) φ0.8mmを21mm突く (先端118度) ※3回に分けて21mm突く ?1回目 3mm ?2回目 10mm ?3回目 21mm ※回転数S3500 切り込み幅0.5mm 引き抜き0まで 送り0.008 材料に対してドリル材質が悪いとか、条件が違うとかでも良いのでわかる方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

  • 小径の深穴加工について

    いつもお世話になります。 φ2.5mmの穴を深さ170mmほどの長さで加工する量産品の加工を検討して います。穴は2個あり交角60°で交差します。 現状ではマシニングにてあけていますが、数量が増えるため小径の深穴加工に適し た機械を探しています。被削材はA5052です。 穴の曲がりは170mmで0.2mm程度ならOKです。(エアー穴) 現在はセンターモミツケ、2.0ドリル、2.5mmエンドミルにて深さ5mmま で加工し、曲がらないようにして残りをドリルにて加工しております。 モミツケなしでスピンドルスルーにてガンドリルで加工できるのならそれがベスト なのですが・・・。 既製品のマシンもしくはこの手の機械の製造が得意なメーカーさんを教えてください。 よろしくお願い致します。

  • キリ穴の加工不良

    厚さ10mmのアルミをセンター穴加工後に、ドリリングサイクルで、φ9ドリル(一般公差の中級)にて、図面寸法φ9貫通(一般公差φ9の中級)の箇所を加工したとこる、穴がφ9.5になり公差外れとなりました。この時、加工者は新品のドリルを使用していて、加工後にドリル先端を見てみるとシンニングの逃がしが十分でない形状になっていたため、加工中にドリルの振れが大きくなり、穴が大きくなったのだろうと言いました。これって本当ですか?シンニングはどのような役割があるのでしょうか? また穴が大きくなった原因として、2番の逃がし角度が小さいためかったためとも言ってます。これも原因のひとつになるのでしょうか? またこのようなドリルを使用するときは、センタ穴加工だけでなく、下穴加工をしてから、加工するとよいと言われましたが本当ですか?是非とも経験者の方の意見をお伺いしたく、よろしくお願いします。

  • 完全止まり穴のリーマ加工

    始めて止まりのリーマ加工をやります。 S45C t15mm 500x500 の材料に深さ12mm(有効12mm 貫通不可) 6パイ H7 の穴をあけます。 センター>5パイのドリル>5.5パイのENDMILL>5.8パイのENDMILL>6パイリーマ このような加工方法なのですが、リーマはどのようなものを使えばいいのですか? 回転と送り、下穴は深くしないとだめなのでしょうか?以上よろしくお願いします。

  • H7公差の穴加工

    素人ですがよろしくお願いします。 H7公差の穴加工の際、 MCを使いドリルで下穴あけた後にエンドミルで突く (φ15H7のときは14.5キリの後、15.0エンドミルで突きG82で 2秒停止) ラジアルボール盤を使いドリルで下穴開けた後、リーマーでさらう。 (φ15H7のときは14.8キリの後、15.0のリーマーでさらう)  上の2つの加工について意見をお願いします。 会社によってはリーマーをMCやフライスのみで用い、ラジアルでは使わないところがあると聞きました。エンドミルをリーマーがわりに用いることは多いのか。精度面についてはどうか。少し不安な点があるので、皆様の意見を伺いたく思います。宜しくお願いします。

  • 13Φ深穴加工について

    いつもこのサイトで勉強させていただいております。 今回、中ロット量産品を受注することが出来たのですが、旋盤のみの仕事内容が、+フライス加工となりとまどっております。 内容としましては、□124(S45C)に13Φの深さ77.5貫通、4箇所ドリル加工です。 当方は、旋盤屋なのでどうしてもかなり深く感じ、不安になってます。 メーカー案内には、同径ショートドリルで通り穴をあけた後に、ロングドリルでのステップ加工との記載ですが、やはりそういった手順を踏まなくてはいけないのでしょうか? ドリルの選定、加工方法(送り、回転数等、手順)をご指導していただければ幸いです。 補足 BT40の2011年度マシニングセンター所有 外部給油 超鋼ドリルを購入予定 LOT500/月、数年継続予定 よろしくお願いします。

  • テーパーエンドミル穴加工条件

    お世話になります。初めてご質問致します。テーパーエンドミルを使って、テーパー穴加工をしておりますが、どうしてもビビリがでてしまい困っております。加工条件を教えて頂きたいのですが、よろしく御願い致します。使用エンドミルは0.5×2.0×10° 材質SUS303 深さ2.1ミリ です。テーパー穴は100ヶ所あり、止り穴です。φ0.5のドリルで下穴を開けてから加工しております。