• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

前置詞句は名詞になるか

前置詞句について質問です。 前置詞の目的語は基本的に名詞ですよね。 ということは、前置詞の目的語が前置詞句である場合、たとえば She came from behind the building. という文のbehind the buildingは名詞として働いている事になります。 ということは、 名詞はもちろん主語になれますから In the room was clean. (←倒置構文ではない) (彼の部屋の中は綺麗だった。) という文も、文法的にはOKとなるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数284
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

とにかく,in(at)/to 的な意味は自動的に含まれても,from の意味は出ない。 from は例外と考えるべきで,いろんな前置詞で二重なんてできない。 それに,before/after/sice/till なんかはもともと前置詞で, 接続詞用法も確立していきました。 of/from/by/with/in/on/at のようにまったく接続詞としては使えないものもある。 だから by the time SV として接続詞代わりとするということになるわけです。 こういう前置詞としても接続詞としても使えるものとそうでないものを区別する。 さらに,前置詞としても副詞としても使えるものとそうでないものがある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

http://www.englishforums.com/English/PrepositionAfterPrepositionPhrase/wwbmh/post.htm に前置詞が二重に使われている形について議論されています。議論は2ページに渡っていてやたら長いのですが、最初の方にある次の説明が分かり易いと思います。 つまり例えば under the bed というとき前置詞 under の後にある目的語 the bed は(the は名詞などではありませんが)2ワードで「入れ子構造の名詞」として扱われます。nested nown phrase と呼ばれます。同様に from under the bed というとき前置詞 from の後にある under the bed は3ワードで「入れ子の名詞」として扱われていると考えます。 http://www.chemistrydaily.com/chemistry/Preposition には前置詞の後に来る句は必ずしも名詞とは限らないという記述を行っています。これも面白い考え方ですね。例えば I opened the door before he walked in で前置詞 before の後には he walked in という「文章」が来ています。 英語って深いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

from behind ~ from among ~ など,from は例外的です。 here/there も副詞ですが, from here, from there と言えます。 というのも,昔は「ここへ」を表す副詞と「ここから」を表す副詞と 別にあったのですが,今では here は「ここで」という静止,「ここへ」という移動 を表し,「ここから」という副詞はなくなりました。 そこで「ここから」を表そうと思うと,from here とするしかありません。 日本語だと「へ」という助詞の助けを借りるので, 「ここ」+「へ」あるいは「から」ということになるのですが, 英語では here でそういう分割はできません。 I「私は」,me「私を」,じゃあ「私」は? これなんかも日本語で考えるからです。 ということで,behind ~というのは「~の裏で」という静止が普通, 動詞と組み合わせて「~に後ろへ」ということにはなっても, 「~の後ろから」という意味を表そうと思うと,「から」の from が必要で, from behind ~とするしかないわけです。 だから,日本人的には from の後の behind は「後ろ」という名詞と思ってもいいですが, behind の後に「~の後ろ」にあたる単語がくるので,やはり前置詞としか言いようがないです。 from here/there という表現に限って,日本の英和辞典では here/there を名詞としていますが,これも日本人的発想であって, 英語圏ではあくまでも副詞とします。 だから,倒置でもない限り,前置詞句が主語になる,そういう意味で「名詞」 ということはあり得ません。 あるいは "In the room" と引用符にして,何かセリフであったり,タイトルであったり する場合も例外です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

文法的にNGです 綺麗だった、と言いたいのなら The room was clean です。 「彼の部屋の中は綺麗だった。」は His room was clean となるでしょう。 insideを使うなら Inside of the roomになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

from は前置詞が続く特殊な前置詞との説明がされることがあります。 from under the tree from before we arrived 例文の in は品詞として考える前に不要ですね。部屋の外はもはや部屋ではありませんので、in を使う必然性がありません。それでも「中は」と言いたいのなら、inside を使うといいでしょう。 しかし例文にあまり違和感がないのは、英語が一つの単語を複数の品詞で使うことが多いという特質によると思います。いわゆる「感覚」で伝え合っているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 名詞句か前置詞句か

    To collect stamps is my hobby. このto collect stampsはto不定詞の名詞句ですよね? collectが目的語stampsを取っているという理解であってますか? そして、toは前置詞で前置詞が作る句なので前置詞句であるという理解であっていますか? もしそうだとすると、これは前置詞句なのか名詞句なのかto不定詞なのかどれなんでしょうか?

  • 前置詞句と不定詞の名詞的用法について

    二つほど質問があるのですが… 1.前置詞句が文全体を修飾する例はどんなものがありますか? 2.名詞は 主語、目的語、補語、同格になると予備校で教わったのですが、不定詞の名詞的用法の同格の例がわかりません。どんなものがあるでしょうか? 説明がいたらず、分かりにくい点があるかと思いますが、よろしくお願いします。

  • 前置詞句が名詞相当語句?

     『徹底例解 ロイヤル英文法』(改訂新版)の20ページ目に次のような文が載っています。  Through the wood is the nearest way.  From childhood to manhood is a tedious period. 「Through the wood」や「From childhood to manhood 」は前置詞句です。前置詞句は名詞句とはなりません。つまり、名詞相当となれないのに主語となっています。同文法書を調べまわりましたが、この2つの句が、何故主語となれるのか私にはわかりません。例外的にそうなるのなら、これは例外的なものだと書かれてあればよいのにと思います。  一体これは、どのようなことなのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 前置詞の目的語

    前置詞の目的語は高校では名詞又は名詞相当句であると習いました。がある文法書を見ると、形容詞や副詞も前置詞の目的語となると書かれています。これは形容詞や副詞を名詞的なものとして使い、前置詞の目的語としているという解釈で宜しいのでしょうか? つまり基本的には前置詞の目的語として名詞がくるのかということです。

  • 前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない?

    前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない? 授業中、長文で出てきた ”it should be looked upon primarily as threats to human welfare" という文について、先生が「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」と言いました。 look upon は5文型を取り、この文は5文型の受動態だから"as threats~" を前置詞+名詞でつくる形容詞句と見れる。だから"as threats~"にprimarilyをかけられるということはわかります。 しかし私はこの文解釈がイマイチ納得できません。 私は、筆者はこの文で、 「人間の幸せを脅かすものは色々あるが、これ(it)はそれらのなかで人間の幸せを脅かすものとして真っ先に見下されるべきだ」 ということを伝えたいのだと思います。 先生の考え方だと"as threats ~" が形容詞句だから「it はOをCの状態だと」直訳すると「"it"は主に人間の幸せに脅迫的であると見下されるべきだ」になると思うんですが、私は "as threas~"を前置詞句が作る形容詞句とは考えず、『as は ”look upon"に慣用的につき、「~として」と訳す、動詞に付随して存在する(名詞とくっついて形容詞句を作らない)前置詞であり、この文章の補語は"threats~welfare"、primarilyはlook upon にかかっていて、「これは人間の幸せを脅かすものとして何よりもまず見下されるべき」とした方が自然。』と思うのです。英文構造を日本語訳文もとに行っている感じがしてナンセンスだとは思うのですが・・・・。 長々と書きましたが、質問事項は ☆この文解釈は間違っていますか?  ・前置詞+名詞を切り離して形容詞句とも副詞句ともしない、とするのは駄目でしょうか。それと も,前置詞+名詞は形容詞句化副詞句にしかならないのでしょうか。(前置詞の後ろには基本的に名詞がくる ということは知っています)   ・この場合、primarilyはどこにかかると考えるのが普通なのですか? ☆また、この look upon O as C や think of O as C、impose A on B や rob A of B のように目的語や補語の後に特定の前置詞がくる3文型や5文型の動詞では、前置詞以下は何とされているのですか? なるべく多くの方の意見を聞きたいので、一つだけでも分かったことがあれば是非お聞かせください。 長々と分かりにくい文章に付き合ってくださってありがとうございました。

  • 名詞+前置詞句が主語のとき、前置詞句だけ後置可能?

    ..., from which the difficulty will become apparent of providing any exact definition of it that covers all usage.(whichとitは文脈上、それぞれthe course of history of social justice, social justiceを指していると思われる) という文で、 (from)whichは関係代名詞のいわゆる非制限用法で、 the difficultyが主語、 becomeが動詞、 apparentが補語だと思うのですが、 そのあとのof以下の前置詞句が、文の中でどのような働きをしているか分からず、うまく訳出できません。 of以下がthe difficultyを修飾していると<仮定>すれば、 「社会正義(という概念)の歴史的経緯からすると、あらゆる慣習を含むそれ(社会正義)について、正確に定義するのが困難であることがはっきりするだろう。」 というような訳になりそうですが、上述の<仮定>は合っていますか。 it to構文や、it that構文など、長い主語をまるごと後置することができるのは知っていますが、前置詞句だけを後置することも文法上可能なのですか。

  • 前置詞つきの句の名詞的用法について

    前置詞つきの句の名詞的用法では前置詞句は主語や補語になっても目的語にはならないのでしょうか? 目的語にもなるのならできれば例文もお願いします The best way to see many places is on a bike.補語として働いている場合 Across the field is the nearest way.主語として働いている場合

  • 英文の主語の発見と前置詞句の訳し方。

    英文の主語となる名詞の前に 前置詞句が左につきまくってる場合の前置詞句と 主語の切れ目の見極め方がわかりません。 というのは、前置詞自体が名詞と結合するから どこまでが前置詞句で どこからが名詞(のカタマリ)かわからないからです。 あと、前置詞自体の意味がたくさんありすぎて どう訳していいのかわかりません。 これらの質問にどうか答えをご教授ください。

  • 英文の主語の発見と前置詞句の訳し方。

    当方大学入試受験生で英語を勉強中です。 英文の主語となる名詞の前に 前置詞句が左につきまくってる場合の前置詞句と 主語の切れ目の見極め方がわかりません。 というのは、前置詞自体が名詞と結合するから どこまでが前置詞句で どこからが名詞(のカタマリ)かわからないからです。 あと、前置詞自体の意味がたくさんありすぎて どう訳していいのかわかりません。 これらの質問にどうか答えをご教授ください。

  • 前置詞+意味上の主語+動名詞

    Some illnesses are caused through people not using medicines properly. のthroght以降の文法がよくわからないのですが、 前置詞の後に、意味上の主語+動名詞+目的語が来ていると考えてよいでしょうか? 前置詞の後は名詞が来ると思うのですが、 これは文法的にはどのようになっているのでしょうか?