• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

前置詞つきの句の名詞的用法について

前置詞つきの句の名詞的用法では前置詞句は主語や補語になっても目的語にはならないのでしょうか? 目的語にもなるのならできれば例文もお願いします The best way to see many places is on a bike.補語として働いている場合 Across the field is the nearest way.主語として働いている場合

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数11
  • 閲覧数673
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10

 「前置詞句は目的語にはならない」と主張された方からのご意見をお待ちしているのですが、どうやら反論は出てこないようですね。  旗色が悪くなると自分の主張を放置状態にしておくことは決して好ましいことではないと思いますが、不承不承ながらでも、まあ納得されたことを表しているのだと理解しておきます。  ところで、「前置詞句」が「目的語」の働きをしている最新の使用例をご紹介しておきましょう。最近の欧州の経済危機を巡る記事の中の英文です。 http://www.thenewage.co.za/33238-9-53-EU_banks_to_be_given_until_June_to_build_up_capital  European banks will be given UNTIL JUNE to strengthen their capital reserves to shield themselves from losses on loans to troubled eurozone states, a draft European Union summit declaration showed on Wednesday.  「European Banks」が主語、「will be given」が動詞、「until June」が目的語だと解釈するしかありません。「give」という動詞は目的語を伴う「他動詞」としてしか用いられないからです。  「欧州の銀行は~するのに(2012年の)7月まで(の猶予期間を)与えられるだろう。」と訳すことができます。英文の構造としては受動態で「SVO」という文型を持っており、「until June」という「前置詞が導く句」が「nominal(=名詞相当語句)」の働きをしていると考えるのが妥当でしょう。  もうご質問に対する最終的な結論が出ていると言っても良いでしょう。  「前置詞が導く句」は、「主語」や「補語」になることがあるだけでなく「動詞(または前置詞)の目的語の働き」をすることもあるということです。  ご参考になれば・・・。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

その他の回答 (10)

  • 回答No.11

>「欧州の銀行は~するのに(2012年の)7月まで(の猶予期間を)与えられるだろう。」と訳すことができます。  「until June」は「6月まで」でした。「欧州の銀行が~するのは(2012年の)6月まで(の期間を)猶予されることだろう。」という訳が良いですね。  ネットで検索してみると、上記のような英文の他に「SVOO」という文型のまま(=能動態のまま)で「give」が用いられている英文も多いようです。その場合の「until ...」が果たしている役割は「direct object(=直接目的語)」としてのものです。 (1) I'll give you until Wednesday midnight to get everything done and that's final. http://www.eigoden.co.jp/listening/woman/W060619.shtml (2) Most medical schools will give you until May 15th to withdraw from their entering class without losing your refund. http://www.brown.edu/Administration/Dean_of_the_College/hco/applicants/decisions.shtml  例えば、以前ご紹介した「I must clean under the bed.」という英文であれば、「under the bed」の部分を「M(=修飾語:場所を表す副詞句)」だと考える人もいるかもしれません。  ただ「I must clean under the bed.」という英文を「SV(M)」の文型だと考えると「ベッドの下で、掃除する」という状況になり少々奇異な感じを受けますので、やはり「ベッドの下(の部分)を掃除する」という状況を想定して「SVO」と考える方が自然だと思います。  しかし、それでも「under the bed」は「M(修飾語:場所を表す副詞句」だという(間違った)主張をする人がいても不思議ではありません。「clean」という動詞は「目的語」を伴わない「自動詞」として用いられることも多いからです。  しかし、「give you until ...」という形の場合には話が異なります。「until ...」以下を「(時間を表す)副詞句」と理解するわけにはいきません。確かに「give」にも「clean」と同じように「自動詞」としての用法はあります。  しかし、ひとたび「give」の後に「人」を表す語(句)が続いた場合には、「give」は「他動詞」として用いられていることになります。そして、「give」という動詞が「他動詞」で用いられた場合には、「人」だけを目的語にとることはありません。  「give」の後に「IO(=間接目的語)」である「人」があれば、その後に必ず「DO(=直接目的語)」である「物(または時間など)」を表す語(句)が存在しなければなりません。  簡単に言えば、「人に与える」と言う場合には必ず、その「人」に与える「物(または時間)」が存在するということです。  すなわち、「give」という動詞は「SVO(=物)」という文型になることはあっても、決して「SVO(=人)」という文型になることはないということです。「人」を表す場合には、必ず「SVO(=人)O(物)」という文型にしなければなりません。  その場合の「物(または時間)にあたるものが、ご紹介した英文の中では「until ...」という部分です。これを文法的に「DO(=直接目的語)」と呼びます。そして「目的語」の働きをするものを「nominal(=名詞相当語句)」と呼ぶわけです。  英語を学習する場合には、基本的には相手が伝えようとしている「内容」が理解できれば十分だと思います。しかし、人によっては、または場合によっては、文法的に正確な分析や理解を必要とすることもあると思います。  今回のご質問は、かなり難易度の高いものです。高校レベルの参考書には「主語」や「目的語」になるものは「名詞」や「代名詞」、「不定詞」、「動名詞」、「節」などしか書かれていないと思います。しかし、実際の英語は、もっと複雑で自由な用いられ方をされます。今回の「前置詞句」の用いられ方はそのひとつです。  改めて確認しておきます。今回のご質問者の疑問に対しては、「前置詞句が『動詞などの目的語』として用いられるケースは確かにある。」とお答えせざるを得ません。  ご参考になれば・・・。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

>前置詞つきの句の名詞的用法では前置詞句は主語や補語になっても目的語にはならないのでしょうか?  ご質問者には前回までの回答で十分ご理解いただいたのではないかと思いますが、異なった考えを持っておられる他の回答者のために「前置詞句」について述べられた下記のサイトを紹介しておきましょう。 http://understandinggrammar.com/sentence-components/phrases/ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   A. Prepositional Phrases Prepositional phrases open with a preposition and ends with a noun or pronoun (the object of the preposition). A prepositional phrase functions as a multiword adjective phrase (adjectival) or adverb phrase (adverbial or adverbial phrase). A prepositional phrase may also function as a nominal (words or phrases that act like nouns, but are not nouns). (中略) 【A prepositional phrase as a nominal】 (1) Behind the shed needs mowing. (The prepositional phrase is a nominal and the subject of the sentence) (2) The most magical time of night is after midnight. (The prepositional phrase is a nominal and the subject complement of the sentence) (3) We must clean under the bed. (The prepositional phrase is a nominal and the direct object of the sentence) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ちなみに「nominal」とは「名詞相当語句」のことです。紹介したサイトの最後に、『「nominal」には、動名詞が導く句・不定詞が導く句・名詞節などともに「prepositional phrases(=前置詞句)」が含まれる』と(英文で)書かれています。  また、親切なことに、わざわざ(1)の「Behind the shed」は「the subject(=主語) of the sentence」、(2)の「after midnight」は「the subject complement(=主格補語) of the sentence」、(3)の「under the bed」は「the direct object(=直接目的語) of the sentence」と書かれています。  これこそ、ご質問者がお求めになっているお答えではないかと思います。  文法的な分析にどこまで正確さを求めるのかという問題はあるのですが、日本人が陥ってしまいがたいな余計な日本語的解釈を入れずに純粋に英文として考えれば、このような理解に到達することは自然なことです。  高校で学ぶ程度のことであれば参考書や辞書で書かれていることをもとに詳しく説明できるけれどもレベルが少々高度なものになってくると自分の感覚や単なる推測に依存しているために太刀打ちできなくなってしまうことが日本人にはありがちです。  日本語的な思考による憶測ではなく英文そのもので考えるようにすると、私たち日本人の英語を学習するレベルが一段と上がるのではないかと思います。  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

>前置詞つきの句の名詞的用法では前置詞句は主語や補語になっても目的語にはならないのでしょうか?  「前置詞の目的語」についてなら、下記のサイトが参考になるのではないでしょうか。 http://www.diamond.co.jp/_itempdf/0201_biz/98074-8.pdf#search='前置詞句 目的語' ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  前置詞の目的語はこの4つが基本ですが、次のように形容詞、副詞、前置詞句を目的語にとることもあります。(中略) (3) 前置詞句 A mouse appeared from behind the desk. (ネズミが机の後ろから現れた) (中略) 2 前置詞句は形容詞句、副詞句、名詞句になる  このように、前置詞句は形容詞句・副詞句になりますが、さらに名詞句になることもあります。この場合、多くは次の例文のように、主語としての働きをします。 Between eight and ten will be good for me. =From eight to ten will be good for me. (8時から10時までが私には都合がよい) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    英語をいちいち日本語で考えてしまう習慣のある人は「Fron eight to ten」の前に「名詞的な語句」を補わなければ気が済まないのでしょうが、英語で考える人にとっては「From eight to ten」で主語(=名詞句)の働きをしていると感じられるでしょう。  「We had till dawn.」も同じですね。つい日本語で考えてしまい「時間」という言葉を補わなければ意味が取れない人はいるものです。  英語で考えれば「have till dawn」で十分意味が通じますし、もし文型にこだわるのならば「目的語」としか感じられないでしょう。紹介したいくつかの例文を見れば、一般的な用法であることが分かるはずなのですが、自分が知らないことは認めたくない人はいるものです。  著名な大学教授である安藤貞雄さんも、その著作の中で「You have till ten tonight.」というスチーブンソンの書いた「宝島」の中に出てくる英文に触れて「till ten」を「前置詞が導く句」が「動詞の目的語」になる例として紹介しています。巷の自称専門家などよりも信頼性がはるかに高い分析だと考えて良いでしょう。  「前置詞句」が補語の働きをする例としては、ご質問の中でお示しの「Across the field is the nearest way.」の主語と補語を逆にした英文である「The nearest way is across the field.」で十分です。  これについても、日本語で考えるタイプの人は「across the field」の前に何かを補わなければ気が済まないかもしれませんが、「across the field」のままで「補語」の働き、すなわち「名詞句」の働きをしていると考えて構わないでしょう。  英文は、内容を鑑賞するときだけでなく(やむを得ず)文法的な解釈をしなければならないときも、英文のままで理解することが大切です。日本語的感覚で余計な概念を加えると正確な理解を妨げてしまう恐れがあるものです。  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

"The Cambridge Grammar of The English Language" (Huddleston and Pullum) の647ページに、主語と目的語の例として以下が掲載されています。 ii-a,b,c は the area や some time を付加して解釈できると述べていますが、これらは前置詞句として説明されています。 i a. Under the mat is the place where we used to leave the key for the boys. b. Under the mat isn't a very sensible place to leave the key. c. Before the end of the week would suit me better. d. Will at the week-end suffice, or do you need it sooner than that? ii a. We must prevent under the desk from getting too untidy. b. We asked where to put it, and the man recommended just above the front door. c. They won't consider after Christmas, of course, to be soon enough.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

もっと,一般的な話をしないと。 have till ... ですか。 「までを持つ」のじゃなく,「までの時間を持つ」 「まで」というそのものは持てません。 time など,名詞が省略されているだけです。 send for ~「~を呼びにやる」なんかも同じです。 send の自動詞用法などと逃げてもいいですが, 実質は send の目的語が省略されていると考えられます。 for ~が目的語とはまず考えにくいけど, till ~はなんとなく目的語っぽく感じられる, その程度です。 前置詞+名詞で「名詞」的な補語になる例は見つかりましたか? それとも,of great importance のようなのも「名詞」的でいいのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 省略されていると考えると英語はわかりやすいですね 後、前置詞句は省略と考える場合と名詞句として考える場合と参考書によっても様々ですね

  • 回答No.5

>(6) You have till ten tonight.  これは、「have till ~ (to ...)」という形で「(・・・するには)~まである。」という表現です。  「have」という他動詞の後に置かれているために「till ~」という前置詞句は「目的語」としての機能を果たしているとしか考えられません。  古くは「Stevenson」の「Treasure Island」の中で用いられていることで有名な表現です。現代でも様々な状況で用いられています。 (A) Canadian embassies have till Sept. 15 to hang the Queen's portrait http://www.theglobeandmail.com/news/politics/hang-the-queen-by-end-of-week-tories-tell-embassies/article2156792/ (B) High School Teens Have Till Oct. 31, 2011, to Submit Applications for 2012 Disney’s Dreamers Academy with Steve Harvey and Essence Magazine http://wdwnews.com/releases/2011/10/07/high-school-teens-have-till-oct-31-2011-to-submit-applications-for-2012-disneys-dreamers-academy-with-steve-harvey-and-essence-magazine/ (C) Students have till March 2 to apply for Cal Grants http://www.sacbee.com/2011/01/22/3343225/students-have-till-march-2-to.html  「Treasure Island」の中の(6)の英文のように不定詞が続かない例も結構あります。  映画「ロード・オブ・ザ・リング」の中でアラルゴンがセデオン王に「We have till dawn. Then we must ride.(「夜明けまで待とう。それから出発だ。)」という場面があります。  最初の英文は「SVO」という文型で、「till dawn」という「前置詞(が導く)句」は「名詞句」の働きをしています。  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 「前置詞句」と呼ばれるものが、【機能的】に「名詞句」として働くという考え方と省略されているだけという考え方があるんですね >「have till ~ (to ...)」という形で「(・・・するには)~まである。」という表現です こんな表現あるんですね 関連リンクもありがとうございます

  • 回答No.4

be of great importance be of no use こういう of ~は形容詞的であって,名詞ではありません。 補語というのは名詞もありますが,基本は形容詞です。 別に基本でない方もあるわけですが, こういう前置詞句が補語になるのは形容詞的であって,名詞的ではありません。 他に前置詞+名詞で目的語になっているようなものも, 前に名詞が省略されていると考えるべきもので,前置詞句自体が目的語にはなりません。 Among them was the man ... こういう表現を日本語の「彼らの間には」になぞらえて主語と説明することも可能です。 英語国民の間でも,主語が先頭というイメージは強く, There is ~構文で there が主語という人もいます。 ただ,実際には be の後にくるものが主語として間違いではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます >be of great importance be of no use こういう of ~は形容詞的であって,名詞ではありません。 of great importance=great important,of no use=uselessって感じですね >Among them was the man ... これは実際はAmong themは主語ではなく倒置が起きており the man が主語でThe man~was ..among them.となるということでしょうか?

  • 回答No.3

 訂正があります。失礼しました。 >構造的に「前置詞句」と呼ばれるものが、構造的に「名詞句」となることは決して珍しいことではありません。  → 構造的に「前置詞句」と呼ばれるものが、【機能的】に「名詞句」となることは決して珍しいことではありません。 >構造的に「名詞句」とされるものは、「主語」、「補語」、「目的語」の中のいずれにもなり得るということです。  → 【機能的】に「名詞句」とされるものは、「主語」、「補語」、「目的語」の中のいずれにもなり得るということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 高校くらいまでの学校文法では、「前置詞が導く句」が「主語」、「補語」、「目的語」になるということを意識することはないだろうと思います。  しかし、専門的に言えば、そのようなケースは多々見受けられると言わねばまりません。構造的に「前置詞句」と呼ばれるものが、構造的に「名詞句」となることは決して珍しいことではありません。  構造的に「名詞句」とされるものは、「主語」、「補語」、「目的語」の中のいずれにもなり得るということです。 【主語になる場合】 (1) Over the fence is out. (2) Around eight o'clock suits you? (3) Would after four be a good time to meet? 【補語になる場合】 (4) This typewriter is of no use to me. (5) This machine is out of order. 【動詞の目的語になる場合】 (6) You have till ten tonight.   「今夜10時まで待ってやる。」 【前置詞の目的語になる場合】 (7) He took a box from under the desk.   「彼は机の下から箱を取り出した。」  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>前置詞つきの句の名詞的用法 そういうのはないですね。 The best way to see many places is on a bike. は ... is the way (done) on a bike のように,前に名詞が省略されているだけ。 Across the field is the nearest way. は倒置であって,実際の主語は the nearest way 前置詞句が名詞になることはないので, 目的語にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前置詞句と不定詞の名詞的用法について

    二つほど質問があるのですが… 1.前置詞句が文全体を修飾する例はどんなものがありますか? 2.名詞は 主語、目的語、補語、同格になると予備校で教わったのですが、不定詞の名詞的用法の同格の例がわかりません。どんなものがあるでしょうか? 説明がいたらず、分かりにくい点があるかと思いますが、よろしくお願いします。

  • 前置詞句が名詞相当語句?

     『徹底例解 ロイヤル英文法』(改訂新版)の20ページ目に次のような文が載っています。  Through the wood is the nearest way.  From childhood to manhood is a tedious period. 「Through the wood」や「From childhood to manhood 」は前置詞句です。前置詞句は名詞句とはなりません。つまり、名詞相当となれないのに主語となっています。同文法書を調べまわりましたが、この2つの句が、何故主語となれるのか私にはわかりません。例外的にそうなるのなら、これは例外的なものだと書かれてあればよいのにと思います。  一体これは、どのようなことなのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 前置詞句は名詞になるか

    前置詞句について質問です。 前置詞の目的語は基本的に名詞ですよね。 ということは、前置詞の目的語が前置詞句である場合、たとえば She came from behind the building. という文のbehind the buildingは名詞として働いている事になります。 ということは、 名詞はもちろん主語になれますから In the room was clean. (←倒置構文ではない) (彼の部屋の中は綺麗だった。) という文も、文法的にはOKとなるのでしょうか?

  • 名詞句か前置詞句か

    To collect stamps is my hobby. このto collect stampsはto不定詞の名詞句ですよね? collectが目的語stampsを取っているという理解であってますか? そして、toは前置詞で前置詞が作る句なので前置詞句であるという理解であっていますか? もしそうだとすると、これは前置詞句なのか名詞句なのかto不定詞なのかどれなんでしょうか?

  • 前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

    私は以前、東大の英文科出身の方から、 「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」 と習いました。 その後、知人から 「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」 との話を聞きました。 私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。 しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。 「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

  • 前置詞+名詞 形容詞句?副詞句?

    The computer room is on the third floor of our school. コンピュータールームは学校の3階にある。 解説に、この文の"is on the ~"の前置詞onが導く句は、 形容詞句であり、 補語となっている。 と書かれていましたが 、 私には"I'm here."のように副詞であり、修飾語のように思えます。 なぜ形容詞句で補語なのでしょうか。 どなたかご教授ください。

  • 英文法で従属句というのもありますか?

    For adventure seekers, there are many activities to keep you busy. For(前置詞) adventure(名詞) seekers(名詞), there are(V) many(形容詞) activities(名詞)(S) to keep you busy(to+不定詞、形容詞的用法)C. 上の英文について1つでもいいので教えて下さい 1,この文は、単文のSVCの第2文型ですか? 2,For adventure seekers前置詞+名詞の前置詞句で副詞的用法ですか? 3,名詞が形容詞の役割をして後ろの名詞を修飾するのは、名詞の形容詞的用法という理解であってますか? 4,このto keep you busyはto不定詞の形容詞的用法で、名詞句かつ主語のmany activitiesを修飾していますか? 5,このkeepは原形不定詞で他動詞でyouを目的語にとり、第5文型の目的語Oと目的格補語のCをとる動詞ですか? 6,従属節というのはありますが、従属句というのもありますか?

  • 第五文型と前置詞句について

    先日、次のような英文を見つけました。 (1):I found the vending machine out of order. これは (2):The vending machine is out of order. を応用したもののようです。 out ofは群前置詞なので、out of orderは(慣用表現ではありますが)1つの前置詞句になっています。私は今まで(2)のout of orderはShe is in the room.のin the roomのような副詞句として働いていて、The vending machine is(=SV:その自動販売機は存在している)out of order(=副:故障中で)⇒「その自動販売機は故障中である」なのだと考えていました。しかしそうすると(1)についてout of orderをどう扱ったらよいのか悩んでしまいます。 まず、「前置詞句は形容詞句となることはあっても補語にはなることができない」と聞いていたので(of 抽象名詞の件は後述します)、(1)においてout of orderは文の要素になり得ず、形容詞句としてthe vending machineにかかっているのかと考えました。すると(1)は「私はその故障中の自動販売機を見つけた」という意味になります。しかしながら、そうだとすると(2)でもout of orederが形容詞句だということになり、結局前置詞句が補語だということになってしまいます(もしかしてout of orderが副詞句にも形容詞句にもなりうるなんてことがあるのでしょうか)。 どちらにせよout of orderが補語となるのであれば、foundがあることだしout of orderを目的格補語とみて「私はその自販機が故障中だとわかった」とするのが自然だと思います。 ところで、前置詞句が補語になるかどうか、といえば、「of 抽象名詞」がありますよね。 It is of no importance. に見られるような「of 抽象名詞」は前置詞句が補語となりうる唯一の例だと思っているのですが、違うのでしょうか。 out ofもofの仲間なので「out of 抽象名詞」が補語になることもある、ということでしょうか(そうするとorderは抽象名詞といえるのか、という疑問が浮かびます)。それとも「of 抽象名詞」以外にも補語になる前置詞句は色々あって、out of orderもそのひとつ、ということでしょうか(そうすると他にはどんな例があるのでしょうか)。 (ところで先ほどのIt is of no importance.についても(1)のようにI found it of no importance.となりうるのでしょうか。こういう文に出会ったことはないと思うのですが・・・) 別の考え方をすると、第五文型について、「OとCの間にbe動詞を入れたときにO be Cが文として成立する」という定義を聞いたことがありますが(これだとO=Cの場合もOとCに主語・述語の関係があるS V O to doやS V O doingの場合もカバーできるようです)、この定義を用いれば(2)の文章が成立している以上、out of orderが副詞句であるという最初の見解のまま、(1)を第五文型の文として解釈することができますが、そもそも第五文型で副詞句が補語になるなんてことがありうるのでしょうか。この考え方だと、 I found her in the room. も「彼女が部屋の中にいることがわかった」なのか「部屋の中で彼女を見つけた」なのかわからなくなってしまいます。この文でも(1)の文でも前置詞句の前にbeを挟めば問題ないと思うのですが・・・。(1)でI founf the vending machine be out of order.としたら変でしょうか。 長々とすみません。要するに(1)(と(2))の文章の文法的解釈と、前置詞句が補語となるのかについて詳しく伺いたいと思った次第なのです。 考えれば考えるほどこんがらがってしまうので、皆さんの力をお借りしたいと思います。よろしくお願いします。

  • Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

    She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

  • 名詞+前置詞句が主語のとき、前置詞句だけ後置可能?

    ..., from which the difficulty will become apparent of providing any exact definition of it that covers all usage.(whichとitは文脈上、それぞれthe course of history of social justice, social justiceを指していると思われる) という文で、 (from)whichは関係代名詞のいわゆる非制限用法で、 the difficultyが主語、 becomeが動詞、 apparentが補語だと思うのですが、 そのあとのof以下の前置詞句が、文の中でどのような働きをしているか分からず、うまく訳出できません。 of以下がthe difficultyを修飾していると<仮定>すれば、 「社会正義(という概念)の歴史的経緯からすると、あらゆる慣習を含むそれ(社会正義)について、正確に定義するのが困難であることがはっきりするだろう。」 というような訳になりそうですが、上述の<仮定>は合っていますか。 it to構文や、it that構文など、長い主語をまるごと後置することができるのは知っていますが、前置詞句だけを後置することも文法上可能なのですか。