• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

23年度 宅建試験の問題について。

1. 問題40 37条書面って「文書作成費」ってもらえますか? 2. 問題34 37条書面の交付は主任者じゃなくてもいいですが、作成も? 3. 問題34 賃借の媒介で抵当権に基づく登記について35条および37条に記載しなければならないですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1172
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1. 問題40 37条書面って「文書作成費」ってもらえますか?    >>手数料の範囲で作成しなければなりませんので作成費用はもらえません。 2. 問題34 37条書面の交付は主任者じゃなくてもいいですが、作成も?    >>37条書面は宅建業者が交付するものです。作成者は誰でも良いのですが主任者の署名捺印が必要。    ちなみに35条書面と37条書面の主任者が異なっても問題ありませんし専任である必要もありません。 3. 問題34 賃借の媒介で抵当権に基づく登記について35条および37条に記載しなければならないですか?    >>抵当権の登記については賃貸であっても説明が必要です。しかし37条書面には記載する必要はない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【宅建過去問】抵当権について

    平成20年度の宅建過去問(問4) http://tokagekyo.7777.net/echo_t1/2004.html について、以下の点がよく理解できないため教えていただけないでしょうか。 宜しくお願いします。 (1)抵当権が実行されても、物上代位はできるが賃貸借契約は解除できない (2)抵当権と賃借権の優劣は、どちらが先に対抗要件を備えたかで決まる。 とあるので、(2)によれば抵当権設定登記後の賃借権は対抗できないと読み取れるのですが、 (1)では賃貸借契約が解除できないとされており、抵当権設定登記後にもかかわらず賃借権(賃貸借契約)を対抗できている・・・ と思うので、いまいち理解できません。

  • 抵当権と賃借権と敷金

    こんにちは。 「抵当権の登記」がされた後に「賃借権の登記(又は建物引渡し)」がなされていれば、抵当権が優先し、賃借権は負けてしまいます。 この場合、抵当権の実行により、抵当権に遅れる賃借権は消滅するので、賃借人は競落人に対して敷金の返還を求めることができないのでしょうか。 なお、単なる売買であれば、敷金は承継されるという判例があったと思います。

  • 宅建

    下記の問題の意味が理解できません。 解説も下につけてますが Bは AとCに交付することは わかりますが AはCに交付が? Aは Bに代理してもらってるのに 交付するんでしょうか? そうなると Cには 2通売契が あることになりますよね? そんなの おかしいですよね?と 悩んでいます。 一応 売契の交付義務が AとBにあるんだよー 連名で 交付するんだよーと とどめておいてみましたが どうもしっくりきません。 問題じたいが まちがってるのでしょうか? それぞれ交付しなければならないとういう文句に引っかかってます。 お解りになる方がいらっしゃいましたらお願いします。 参考URL http://tokagekyo.7777.net/coolecho/gy-35-ans4.html 1.「宅地建物取引業者A所有の建物を宅地建物取引業者Bの代理により、Cが 購入することとなった場合、37条の書面を、BはAとCに、AはCにそれぞれ交 付しなければならない。」 【正解:○】 「37条書面」は誰に交付するのか…  ア.“自ら”売主・交換する場合は「相手方」に交付する  イ.当事者を“代理・媒介”した場合は「両当事者」に交付する 本問については、Bはイに該当するので、売主Aと買主Cの「両当事者」交付 し、Aはアに該当します。  宅建業者A〔売主〕代理を依頼  |  宅建業者B――C〔買主〕  (代理人) A…“自ら”売主・交換する場合は「相手方」に交付する。AはCに交付。 B…当事者を“代理・媒介”した場合は「両当事者」に交付する。    Bは、A、Cに交付。 <さらに詳しく> 実務とのギャップを少し埋めてみましょう。 上記解説のアのように、“自ら”売主・交換する場合は37条書面を「相手方」 に交付することとなっていますが、実務では37条書面を2通作成し、売主・買主 もしくは交換の当事者双方がそれぞれ1通保管することが一般的です。 しかし、「業法」上では、売主である業者の手もとに1通残しておく義務はあ りません。ただ、万が一のトラブルの際の証拠として残しているに過ぎないので す。ですから、契約内容を単に保存するためだけであるのであれば、「相手方」 に交付する37条書面のコピーを売主である業者が手もとに残しておけばそれで事 足りるわけです。

  • 抵当権者の同意により賃借権に対抗力を与える制度について

    抵当権設定登記以後に設定された賃借権について、抵当権者の同意のもとに、賃借権が抵当権に対抗で抵当権が実行きるものとする制度について。 (1)抵当権の実行を行う場合、 不動産の競売以外の方法はあるのでしょうか? (2)賃借人が抵当権者に対抗できる要件として、 「その賃借権が正式に登記されていること」という項目がありますが、 これは賃貸人と賃借人双方が同意の上に賃借物件に 賃借権の登記を行うということでよろしいですか? 実際に賃借権の登記まで行っている実例は少ないと思われますが、 実情はどうなのでしょうか? 以上、ご返答よろしくお願いします。

  • 宅建勉強中。実務ではどうなっているか知りたい。

    宅建の勉強をしてて実務ではどうなっているのか?等、疑問に思ったことが数点ありまして、参考書に書いてないので質問させていただきます。 よろしくお願いします。 質問(1) 売主(貸主)と媒介契約をした宅建業者が自ら買主(借主)になる場合、媒介手数料は売主(借主)から徴収できるものなのでしょうか? 質問(2) 重要事項説明は売主側(貸主側)と買主(借主)側それぞれに仲介業者がついていた場合、両方の業者の主任者が記名押印と説明する義務がありますが、実務上はどちら側が書面を作成し、説明を行うものなのでしょうか? 質問(3) いわゆる37条書面は、売主側(貸主側)と買主(借主)側のどちらにも交付しなければなりませんが、それぞれに仲介業者がついていた場合、どちらが作成し、交付するものなのでしょうか? 以上、実務を知っている方、お願いします!

  • 宅建の問題ですが教えてください

    平成20 【問4】 Aは、Bから借り入れた2,000万円の担保として抵当権が設定されている 甲建物を所有しており、抵当権設定の後である平成20年4月1日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建物に住んでいるが、 賃借権の登記はされていない。この場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の 規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。 (肢4) Aが借入金の返済のために甲建物をFに任意に売却してFが新たな所有者      となった場合であっても、Cは、FはAC間の賃貸借契約を承継したとして、      Fに対して甲建物を賃借する権利があると主張      することができる。  この選択肢で 解答 解説をみると、この問題は借地借家法ということで、  ”賃借権が登記されていなくても,建物の賃貸借では引渡し,土地の賃貸借(借地借家法10条) では借地上の建物の登記〔建物の表示登記,建物の所有権保存登記・所有権移転登記〕があれば 新所有者に対して賃借権の対抗力があるとしました。” となって ’○’なのですが、これは民法の賃借契約でなく借地借家法の問題 だとなぜわかるのでしょうか?  問題には一時使用かどうかは書いていませんし 建物の賃借契約(民法)もあるはずですが? 権利の問題で、”民法及び借地借家法の規定によれば”という問題で ’一時使用’ ’一時使用でない’ と明記していない問題がよくありますが 賃借契約か借地借家法かをどう区別すればよいのでしょうか? 私の質問は間違っていますでしょうか? お願いいたします。

  • 抵当権者の同意の登記とは同意書のことですか

    すみません、抵当権に関する質問です。 具体例から書くと、既に抵当権のかかった建物を賃借した場合、賃借権を登記すれば、競売にかけられても、賃借権の登記があるから追い出されずにすみませすよね。 それと、抵当権者の同意制度(変な制度ですが)の要件としては、賃借権を登記した上で、同意の登記をする、とありますが、抵当権者の同意を得て、同意書にサインして、その書類を公文書として登記するというイメージでよいでしょうか。 そもそも、抵当権者から事前の打ち合わせの同意があれば、同意書を登記をしなくても、抵当権者が競売にかけなければ済む話だと思いますが。 アドバイス、宜しくお願いします。

  • 土地登記簿の記載について

    土地登記簿上の抵当権の記載についてお尋ねします。 一度抵当権を設定すると、抵当権を外した場合でも抵当権を設定した旨の記載は残るのでしょうか?それとも抵当権の設定を外した時点で、登記簿上もきれいになるのでしょうか。基礎的な質問ですがよろしくお願い致します。

  • 民法について詳しい方お願いします。

    抵当権の同意を得た賃貸借について、賃借人は賃貸借の登記に加えて全ての抵当権者の同意の登記があれば競売の際に現れた買受人に対抗することができるそうですが、そもそも競売にかけなければいい話だと思うんですけどその辺どういう仕組みになっているんでしょうか?

  • 宅建権利関係 不動産登記法について

    不動産登記法について教えてくださいませ。 (問題) Aが所有する建物についての登記に関する次の記述 のうち、不動産登記法の規定によれば、正しいもの はどれか。 (問1) Aがその建物にDのために抵当権を設定してその登記をした後に その建物がEの放火によって全焼した場合、抵当権の登記を抹消 した後でなければAはその建物の滅失の登記を申請することは できない。 (回答) 誤り。     建物が滅失すれば所有権も抵当権も自動的に消滅する。だから 抵当権の登記を抹消するまでもなく建物の滅失の登記を申請 できる。 ********************************************************* 上記の問題は過去問から抜粋してきたものなんですが その問いの回答がよく分からなかったので質問させていただきました。 <疑問点>    焼失したら所有権も抵当権も自動的に消滅するの? 焼失してもDの抵当権は(AがEに賠償請求した場合) Aが有する損害賠償請求権の上に形を変えて生き残る、 つまり物上代位性ではないのか?     なので自動的に消滅しないのでは? てな感じなんですけど。。。 どなたか教えてくださいませm( __ __ )m