• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

旧試験制度での合格者が新試験制度の同カテゴリ試験を受けるメリット

  • 質問No.5621887
  • 閲覧数49
  • ありがとう数13
  • 回答数2

お礼率 84% (11/13)

情報処理技術者試験について質問です。

この春の試験を受けようと考えております。

私は旧試験制度で「ソフトウェア開発技術者」を合格しているのですが、新試験制度では「応用情報技術者」と名称が変更になったと認識しております。
(範囲も少し広くなったとか・・・)

この場合、旧試験で「ソフ開」を合格している者が「応用・・」を受けるメリットはあるのでしょうか?
上位の資格を受けたほうがいいのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (118/274)

2006年に情報セキュリティアドミニストレータ、
2007年にテクニカルエンジニア情報セキュリティに合格し、
2010年春情報セキュリティスペシャリストを目指しています。

理由は、
技術や状況は変化するので、昔の合格歴は年とともに危殆化するから
(31字)
です。暗号技術と同じです。
自分では「自己更新」と呼んでいますし、それは必要だと思います。

今回新問に取り組んでみて、新しいセキュリティ技術、マネジメント論が
ずいぶんでてきて、過去の合格歴の効力は薄れてきていることを実感して
います。もちろん根本的な考え方はあまりかわらないのですが。

また、2006年にはテレワーク(在宅勤務含む)、後年にはフリー
アドレスとシングルサインオンの同時進行など、ワークスタイルが
変われば新しいセキュリティマネジメントが必要になります。

そういう意味では意味があるかどうかよりも、もうすこしシビアで、
「受けなければ昔の合格の社会的効力は低下する」
と考えています。
お礼コメント
k-s1h9u8n3

お礼率 84% (11/13)

やはり技術の進歩に伴って出題範囲も広くなっているようですね。
参考にさせていただきました。

ご回答ありがとうございます。
投稿日時:2010/02/09 10:46

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (1797/4530)

変更内容がよく解らない人には、「新しい技術に対応できている」「試験がまぐれで合格したのではなかった」と思わせる事ができます(実態がどうかは関係ない)。

私も2種→基本、1種→応用情報とアップデートしましたよ。

あとは、何かしら合格する事での達成感を得られるというものですね。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ