• 締切済み
  • 困ってます

借地権なしの借地契約で建物買取請求

「借地権・地上権を認めない」と契約した借地に、建物を建てて住んでいます。 建物の所有者は(親から相続した)私になっており、借地料は15年遅延なく払っています。 親が交わした契約書では、賃貸借期間は平成5年~平成10年までの5年間となっており、 その後の更新手続きは行っていません。 現在地主さんより土地を売っていただこうと思っていますが、もし「売らない」と言われた場合、 建物の明け渡しを前提に「建物買取請求」をする事は可能でしょうか? いろいろ調べている段階ですが「借地権・地上権を認めない」という借地契約のケースがないので 質問させていただきました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1587
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • mnb098
  • ベストアンサー率54% (376/693)

平成4年8月1日から施行された「借地借家法」では、借地期間は30年とされます。 それより短く契約しても無効とされます。 「借地権・地上権を認めない」と契約したのは、おそらく今回のように売買の話が出たときに「借地権割合」が仮に50%として値引きを言い出さないように、当事者同士で決めたことでしょう。 「借地と空家」を相続しました。とありますが、借地権は自動的に相続されるものとされていますので、地主さんに通知するだけですね。 更新手続きについては借地契約に5年ごとに更新するとか書かれていないですか。 また、建物の価値はまだあるとしても、借地を返却する場合のとりきめは書かれていませんか。 更地にして返すとか、建物の買取請求はしないとか、話し合いで決めるとか。 要は相続した人が、この建物を以降どうしたいのかを、地主さんと話し合いすることですね。そこに誰か身内が住むのか、建物の耐用期間まで賃貸してもいいのか、土地を適価で買って所有していくのか、選択肢はいろいろあるでしょう。 親と地主の人間関係もあったはずなので、そこを無視して法律と権利の主張をしては、ぶち壊しとなる事もありますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

現在建物のローンがまだ残っており、当然それも私が相続したので、現実的には 私(と、私の家族)が住みたいと思っています。 ただ、今まで払ってきた地代が非常に高く、16年ですでに相場の売買価格の8割程度に 達しているので、地主に「売っていただきたい」と持ちかけたのが、今回の話の始まりです。 その時その地主に「今は土地が下がっているから売りたくない」とハッキリ言われ、正直困惑しました。 要するに、土地の値段が上がるまで今の高い地代を払い続け、上がったらその時の時価で買わな ければならないという状況です。 親が合意して払っていた地代なので事を荒立てたくはないのですが、折り合いがつかない可能性も ありそうなので、第3者に契約内容を精査してもらい判断したいと思います。 貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 建物買取請求権

    借地借家法上では借地人に建物買取請求権がありますが、一方地上権の場合 地主に地上物買取請求権があります。では建物所有目的の地上権の場合、 期間満了時は借り主・貸し主双方とも買取請求権を有するのでしょうか。 また単なる土地賃貸借で土地上に、建物でない地上物(そんなのがあるのか よくわかりませんが…)が設置されたようなケースで、期間満了時の 買取請求権について、民法上の規定や判例はあるのでしょうか。

  • 建物買取請求権について教えてください

    建物買取請求権について教えてください。地主と借地人間で賃貸借契約の期間中に借地人から契約を解除したい旨があった場合でも、建物買取請求権を借地人が行使した場合には地主は応じなければならないのでしょうか?また建物があまりに高額(マンション等)で地主側に買い取るだけの資力がない場合でも買い取りに応じなければならないのでしょうか?

  • 借地人からの建物買取請求

    地主です。 借地人から もうこの家はいらないから、 建物を買い取れ!って言われました。 借地人とは旧法での契約で、 まだ契約期間内です。 契約期間内でも その買取請求には応じなければならないのでしょうか?

  • 回答No.2

確認すべきは、まず建物買取請求権があるということだけで、例えば契約を更新するのは構わないが、土地は売らないよという話では、権利の行使は難しいですよ。契約期間についても齟齬がある可能性も否定できないので、下手すると合意解約になりかねません。 大切なのは、一人合点されずに、まず地主の意向を確認することから始められたほうがいいということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに契約書の一言一句、素人が思い込みで判断するのは危険ですね。 ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

16年になりますので、特段の事情がない限り、 借地権が発生しています。 特段の事情 借地料が相場に比べて極端に安価、道路予定地など

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。 専門家の方に「借地権が発生している」と、お聞きできたのはとても心強いです。 その建物にはもともと親しか住んでおらず、その親が最近亡くなったので「借地と空家」を 相続しました。 家の事はあまり関与していなかったので分からなかったのですが、地代を調べたら固定資産税の 約18倍の金額を16年間払っていた事が分かりました。 ですので、相場よりはかなり上回っていると思うのですが、この場合、地主さんが要求する 売買代金から「借地権割合」(路線価では50%)分を差し引いてもらうことは間違ってないでしょうか? 甘えてしまって申し訳ありませんが、もしお知恵をお借りできればありがたいです。

関連するQ&A

  • 借地人から解約を申し出た場合の建物買取請求権

    これから30年で土地を貸して、借地人(企業)が建物を建てることとしています。 契約書では、契約期間満了後に、双方のいずれかの解約申し出がない場合はさらに10年継続するとうたっています。 契約書には、契約期間が終了した場合に借地人の費用で原状回復するとうたってあっても、借地借家法16条によればこれは無効であり、それどころか建物買取請求権により、地主がお金を支払って買い取らないといけないということを聞きました。 そこでお尋ねしたいのですが、借地人から解約したいとの申し出により解約する場合についても、この建物買取請求権を行使できるのでしょうか。 もし、それが可能であるなら、あくどい企業であれば、ものすごく高価な建物を建てておいて、契約満了で出ていきますと言って、地主に買い取りを請求し、買い取れないなら、代わりに土地をいただくということも可能になってしまうと思うのですが、どうでしょうか。

  • 借地人からの契約解除の申し出の場合の建物買取請求権

    これから30年で土地を貸して、借地人(企業)が建物を建てることとしています。 契約書では、契約期間満了後に、双方のいずれかの解約申し出がない場合はさらに10年継続するとうたっています。 契約書には、契約期間が終了した場合に借地人の費用で原状回復するとうたってあっても、借地借家法16条によればこれは無効であり、それどころか建物買取請求権により、地主がお金を支払って買い取らないといけないということを聞きました。 そこでお尋ねしたいのですが、借地人から解約したいとの申し出により解約する場合についても、この建物買取請求権を行使できるのでしょうか。 もし、それが可能であるなら、あくどい企業であれば、ものすごく高価な建物を建てておいて、契約満了で出ていきますと言って、地主に買い取りを請求し、買い取れないなら、代わりに土地をいただくということも可能になってしまうと思うのですが、どうでしょうか。

  • 10年間と定めた借地契約満了時の建物買取請求

    私の父があるパチンコ店に10年間の期間で普通借地権契約を結びましたが、後数年で期間が満了します。期間満了による建物買取請求をされた場合、借地権の存続期間30年以上ということを主張して拒絶してもよいのでしょうか?また、今後において契約書の契約期間は、そのままにしておいてよいのでしょうか?おしえてください。

  • 借地上家屋の建物買取請求権について

     私が親から相続した借地上の家屋に住んでいた親戚が亡くなりました。 (私は他に自宅を所有しているため、親戚を住まわせていました。) (親戚は家族は無く、一人きりでした。) 家屋の名義、借地人も私ですが、当該家屋を今後使用する予定はなく、 借地契約を終了させよう(更新しない)と考えています。 この場合、地主さんに対する建物買取請求権は行使できるのでしょうか?  家屋の固定資産税、地代は全て自分名義の銀行口座から支払っています。

  • 借り主都合での建物買取請求権

    旧借地法下での借地契約で、借地上に借主所有の建物が建っている場合ですが、「借主側からの都合で契約解除をしたいと申し入れた」場合、地主に対する建物買取請求権は適用されるのでしょうか? (1)一度契約更新され、その後再び更新時期がやってきた時に、借り主側からもう借りたくないとして更新をしない旨申し入れた場合 (2)契約期間の途中でもう借りたくないので、契約解除をしたいと申し入れた場合 この二つのケースについて、どのように扱われるのでしょうか? ちなみに原契約書では更地に戻して返還する旨は記されていません。 建物買取請求権に関する特約も記されていません。 あと、契約更新時期が来ているのにそれを知らずに放置していた場合でも、そのまま地代を払っていた場合には、それは自動的に更新したと看做されるのですか?遡って解除することなどは出来ないのでしょうか?

  • 路線価図の借地権割合について。

    現在借地上に自己の住居を所有しております。(土地に賃借権・地上権の登記はしておりません。建物の所有権登記のみです。)地主から借地を買取りたいのですが(1)適正価格の決め方について。路線価図の上部に「借地権の割合○○%」とありますが、例えば借地価格が1000万円の場合、借地権の割合が60%とするとあと400万円を地主に払えば売ってもらえるという考え方は根拠になりえますでしょうか?(2)路線価図の上部にある「借地権の割合○○%」の「借地権」とは借地契約後何年位経過すれば主張できるものなのでしょうか?(借地契約後数年で所有権の○○%を主張できる訳ないですものね。)または賃借権・地上権の登記をしておかないと主張できないものなのでしょうか?お願いします。

  • 借地権の保護について

    旧借地権者はどこまで保護されるものでしょうか?  借地上の建物が老朽化していることを理由に地主が契約解除を求め、買取り拒否や、譲渡・改築を承諾しない場合、裁判所が地主に代って許可を与えるとあります。この場合、借地人の居住用ならば理解できるのですが、アパートなどの収益物件の場合も同様に保護されるのでしょうか?  借地権は地上権とは異なり、建物を有効利用するためのもの付随的なものであるならば、その建物が朽廃し、全く利用されていないにも拘わらず裁判所が代わって譲渡、再建築などの許可を出すことがあるのでしょうか? これが認められれば、契約の条項など無意味なものになってしまいますが...。

  • 借地契約終了時の原状回復条項と建物買取請求権

    いつもお世話になっております。今日は、借地契約(旧法)終了時の、原状回復条項と建物買取請求権の関係についてアドバイスを希望します。 私(地主)が賃貸している借地契約(旧法)には、契約満了時に、借地人がその土地を原状回復し返還する旨の条項が記載されております。 ところが、旧法4条第2項(?)には、建物買取請求権のことが明記されています。そこで、満了時には、どちらの主張が優先されるのか悩んでおります。 ぜひとも、皆様のアドバイスをよろしくお願いします。

  • 借地権の買い取りについて教えてください。

    私の父の代から土地を貸していました。借地人Aさんは昭和61年に住宅を建て、父は年間固定資産税の3倍程度の地代をもらっていました。契約書は無く口約束でした その後、平成5年に不動産業者を仲介にして30年の不動産賃貸借契約書を作成しました。借地権の権利金などは貰っていません。土地価格は約1千万円です。 借地人Aさんは最近になり、引っ越すので建物を賃貸にしたいと言ってきました。 賃貸にするくらいなら、地主の私としては建物を買い取りたいと伝えたところ、「建物価格250万、借地権600万」と言われ驚いています。 昭和61年から受け取った地代は合計で400万なのに、そこから固定資産税も払っているのに借地権600万とは納得がいきません。 私の選択として、30年の賃貸借契約を満了まで継続するつもりでいますが、平成35年に借地権を買い取る必要があるのでしょうか?

  • 宅建-借地権?賃貸借?

    独学で宅建を勉強しているのですが、 賃貸借と借地権のところ(借地借家関連)が未だによくわかりません。 契約の期間についてなんですけど、 ■A:賃貸借………20年が限度 ■B:借地権………30年以上(これだけは権利?) ■C:建物賃貸借…1年以上(定めた場合) と書いてあるのですが、 (Q1) Aの賃貸借っていうのは、 例えばマンションの1室を借りる期間が…ってことですよね?? (Q2) 借地権っていうのは建物所有の目的の権利(地上権・土地賃借権) を有する契約が30年以上ってことですか? (★Q3) この建物賃貸借と賃貸借との区別が一番分かりにくいんですが、 賃貸借は20年が限度なのに、建物賃貸借は20年以上でも契約可能… これってどういうコトなんでしょう>< 普通にアパート等の建物を借りる場合は建物賃貸借に当てはまって、 建物以外のものは20年の期間が限度ってことですか?? それとも、アパート等の部屋はただの賃貸借で20年が限度、 建物全部の場合は建物賃貸借で20年以上でもOKってことですか? 分かる方がいましたら教えてくださいmmお願いします!