解決済み

借地契約

  • すぐに回答を!
  • 質問No.347736
  • 閲覧数112
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (1/239)

相続により、借地上にある、居住用の木造建物を取得したが、当該建物に居住していた、被相続人(父)が死亡後は1年ほど、空家状態にある。相続人は居住する予定はなく、貸家として活用を図りたいが、地主との関係など、法律的な問題点や留意すべき事項があれれば、ご教示をいただきたい。尚、被相続人は、借地契約書は取り交わしていないと思われる。又相続したことを相続人に対しては、地主には通知はしていない。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (702/2850)

父が借地していたのは、「自分の居住用」であり、そのまま住むなら、借地の権利も相続できる(書面がなくても、同じ借地条件で)。
借家として貸すのはまったく別問題になるので、新たに地主と借家目的の貸地契約を結ぶ必要がある。この場合、父と同等条件でなく、地代のアップを覚悟すること(ただし近隣相場)。
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ