• ベストアンサー
  • 困ってます

借地権は誰にありますか?

借地に住む妻と結婚し、借地で義父らと同居していました。義父が亡くなるのと契約更新時期がほぼ重なり私は地主に更新料を払い新居の建築を認めてもらいました。建物は私名義で登記しております。借地権自体の登記はありません。 借地権は相続の対象であることはわかります。本来なら妻が義父から相続するものと思いますがこの場合は借地権は私にあると判断していいのでしょうか?そうであるならば妻の借地権はどうなったのでしょうか? 私なりに考えると「義父が持っていた借地権は、私から地主に更新料を払うタイミングで私に移転した。よって妻には借地権は相続されていない」と思えます。 如何でしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数346
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • kamaryu
  • ベストアンサー率35% (147/419)

義父の死亡→子(貴方の妻)が家と借地権を相続→更新料は借地権者の配偶者が支払う 更新料を支払ったとしても新たな借地契約が締結されていなければ貴方の妻が借地権者であることには変わりません。 妻の借地に夫が家を建てたと言う事です。 もし離婚等で所有権をはっきりさせる必要が有るなら、このケースでは地主の承諾の元で借地権を妻から買取る必要が有ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど相続ですものね。離婚の予定はありませんが、妻の借地権の権限の元で私が家屋を所有しているということになりますか。 更新料も自宅も私が払ったんですが仕方ないでしょうか? ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 借地権の更新について

     先日、友人が借地権の更新をむかえました。  今度の更新で、借地権者と借地上の建物所有名義人が変わってしまいました。(相続等の関係で)  判例によると、こういったケースで、地主が借地を売ると、立ち退かなければならなくなると聞いた事があるのですが、どうしたら、良いのでしょうか。  やはり、名義を同一にするしかないでしょうか。    また、借地権の登記をしたら良いとも聞いた事があるのですが賃借権の登記をする場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。  宜しくお願いします

  • 借地権売買時における借地更新料の扱い

    25年満期の借地権の上に自宅を建て、現在家族が住んでおりますが、定年(2年後)後は田舎生活をするためにこの借地権を売却してどこか郊外に一戸建てを購入しようと考えております。 さて、そのようにする場合の借地権の売却時期なのですが、借地契約更新前に売却すべでしょうか。 更新時期も2年後です。つまり契約更新まで2年間しかないのですが、これは借地権の売買価格には影響しないのでしょうか。 更新時にはおおむね借地権価格の5%程度の更新料が必要との地主側の不動産屋は言っております。 借地権価格は約3000万円との見積もりがありますがそうすると更新料に150万円要することになり、更新前後で借地権売買価格が変わらないのであれば、更新前に売却すべきかとも考えますが、どうするのが有利なのかわかりません。 どなたかお教えいただければ幸いです。

  • 借地権って地主に売れるのですか?

    私の家は、地元の地主から土地を借りて、そこに家を建てて住んでいます。 借地権の契約もあり、自宅も登記されています。 更新は2年前にしたばかりであと18年あります。 こんな契約途中ですが、、この借地権を地主さんに売ることができるのでしょうか? いろいろ調べてみると、「地主さんへ借地権を売ることができる」と知りました。 これは誰でもできるのでしょうか? 地主さんが応じないとだめなんでしょうか? そもそも、地主さんの土地なのに、なぜ借地権を売ることができるのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

順番からして(新築するより)先に義父さんがお亡くなりになっている以上は 相続が先ということになります。 ですから奥様に相続されずに自分に移転したと 決めつけるのはまずいように思います。 地主さんが、領収書を自分宛てに切ったことのみを 根拠に借地権者は自分になったとするのも どこまで効力があるか疑問です。 新築する建物は自分名義で登記します、ですから 借地権者は自分が継承します、とはっきりと 話をしたならともかく、領収書だけで 自分が継承者だとの主張は、地主さんからすれば だまし討ちみたいなことをやりやがって、と 怒るかもしれません。 地主さんにしてみれば、相続人である娘(質問主さんの妻)の 連れ合いとして手続きをかわりにやっただけの人、という 認識である可能性がないとは言えません。 そもそも義父さんの相続人は奥様のみなのでしょうか? 借地権者が自分であるとはっきりさせなければならない 事情があるのであれば、 この件については、このような無料匿名の回答を 根拠にしないで、有料でも責任のある弁護士さん等に きちんと相談されたほうがよいと思います。 このような場所で誘導尋問的に自分に都合のよい回答を 引き出したとしても、地主さんに対しては 何の効力もないことですから・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

時系列から整理しておくと以下の通りですね。なお妻に兄弟はいません。 義父死去→妻が建物相続→私が更新料払う→私が建物新築 当然地主は義父が死去したことは知っていますし、私と妻とで相談したうえで地主にお金を払って新築の許可を求めたことも承知しています。 ただし上記の通りだからと言って、借地権は妻にあるか私にあるのかは判然としないということですね? 今回は対地主というよりも私自身の地位の確認を論理的に確かめたいための質問です。時が来れば弁護士に相談するかもしれませんが。 ありがとうございます。

  • 回答No.5

建物所有者が質問者さんなのですから、地主と建物所有者間の借地権者は質問者さんです。 しかし、借地権の権利の移転がどのようにされたのかというのと、更新(契約の継続)という行為によって新築されているという事は、以前の義父の契約を引き継いでいたということですから、正確に記せば、義父から奥さんへ相続→質問者さんへ贈与という解釈になるでしょう。 義父が死亡時には、質問者さんへの贈与の意思がわからないわけですから、借地権を相続財産と見なせば、そのような捉え方をするしかないのでは? 借地権は登記がない以上、見えない権利ですから(外部からはわからない)義父から奥さんそして質問者さんへの相続や贈与の手続きを省いただけす。 建物を新築する時点で、新たに権利金等差し入れしておらずに、更新しているのですから、義父の借地権が消滅し、新たに質問者さんが地主と1から借地権の契約をしたことにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今思うと払ったお金は「更新料」なのか「新築承諾料」なのか曖昧です。契約書は作らなかったのですが「名義変更料」的な性格もあります。 しかしいずれの場合も借地権者は私らしいので、そう理解して行動することにします。 ありがとうございます。

  • 回答No.4

登記がされていないとのことなので,その借地権は賃借権だと思われます。 賃借権は債権です。賃借権に譲渡,転貸ができる旨の特約がない限り, 地主の承諾を得ずに借地権者を変更することはできません。 ということで,現在の借地契約がどうなっているかです。 地主があなたを借地権者として契約したのであれば,その更新の際に, 借地権が義父からあなたへの譲渡を地主が認めたのかもしれませんし, 更新と称しながら新たな借地契約を締結したものかもしれません。 ただ前者の場合には,借地権という資産的価値のある権利が, 義父(の相続人)からあなたへ無償譲渡があったと見ることができます。 この点で,贈与として扱われる可能性が否定できません。 後者ならば譲渡ではありませんので贈与と判断されることはないでしょうが, 借地契約の終了時に返還される保証金等があるような場合には, その返還を受ける権利を有するのは義父の相続人です。 もしも地主の認識が義父との間の借地契約であった場合には, 現在の借地権者は義父の相続人であるということになります。 この場合,更新時の手続きをあなたとしていたことについては, あなたを義父(の相続人)の代理人として見ていたものであり, あなたに借地権が譲渡または転貸されることを承諾したものであると 解することもできるでしょう。 なんにしても借地契約の当事者を確認する必要があります。 更新の契約書を確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

新築家屋承諾時の契約書は作りませんでした。周りの借地人も同様だったようです。よって義父を借地人とした原契約しかありません。ただし地主が発行した私宛の領収書はあります。 >あなたを義父(の相続人)の代理人として見ていたものであり, >あなたに借地権が譲渡または転貸されることを承諾したもの >であると解することもできるでしょう。 譲渡でも転貸でも私が借地人(または借地権の行使者)であることに違いはないと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

借地権は個人に付いているのではなく、建物の所有者に付いているのです。借地権が空中権と言われる所以で、土地に付いては居ないので建物登記しかできません。 義父の死亡で古家を妻が相続することになるのですが、妻が建物登記をしなかったので相続していません。義父の借地権のままであって、古家を解体した時点で義父の借地権は消滅したのです。 解体の前に夫の貴方が地主と交渉して更新料を支払った。地主の了解なく借地に新築は出来ないのです。したがって、正確には更新料ではなく、新たな借地権の購入と考えられます。家を新築することの了解を貴方が得たことで、新築建物の所有者になれたのです。夫の貴方が借地権の保有者です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

論理構成がしっかりしていて納得のいく回答です。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • mac1963
  • ベストアンサー率27% (841/3023)

誰がお金を払ったかではなく誰と契約したのかが重要

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実は文書は取り交わしていませんが、その時の証拠はあります。 ありがとうございます。

  • 回答No.1

地主との契約が、あなたであればあなただと思います。 借地権が相続された後で、契約の更新がなされたのであれば、奥さんでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今思うと払ったお金は更新料とも新築の承諾料ともとれる性質でした。一番最初の契約では地主の承諾なしに賃借人の変更はできないと書いてありますので私は承諾を得たことになります。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 借地権の一時金

    借地に築40年の戸建があり、縁あって建物を譲り受けることになりました。 借地権が切れている状況で、私が新規で借地契約を結ぶのですが、一時金の概算の算出方法を教えてください。 路線価格は175D、土地65m2で、20年前の更新料は65万円でした。 地主は20年契約(旧借地法)で一時金800万円くらいと言っていますが、これは妥当な額なのでしょうか?

  • 借地権の譲渡について教えて下さい

    親戚の者が悩んでおりますので、お聞きしたいのですが、兄から妹に借地権を譲渡したい場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。 以下に詳細を述べさせて頂きますので、御教授下さい。 *その土地は、地主の方から信用借りで、親が50年以上借りていた。 *親が亡くなり、借地権と建物(親が建てた物)を兄が相続した。 →この間書類は交わされていない。 *兄は、必要が無くなったので、借地権と建物を妹に譲りたい。 *建物の査定は0で、妹は譲られた後、建物は処分する。 *兄に妻、子供は居らず、相続人は妹のみ。 以上です。 建物は処分するのですから、借地権のみの譲渡になりますよね?借地権のみでも、贈与になり、税金が発生するのでしょうか? 地主の方と、書類は交わされていないので、報告、手続きはどうすればよいのでしょうか。 妹が一番心配しているのは「地主の方に幾らか支払うべきなのか」ということなのですが、こちらのカテゴリーを閲覧したところ、それは必要がなさそうなのですが、私の認識に間違いはありませんでしょうか? 初めて質問いたしますので、要領を得なくて文も長くなり、申し訳ないのですが、宜しくお願いします。

  • 借地権・借地権割合

    質問が3つあります。 その1 時価および路線価が1億円の土地を借りて、そこに時価2000万円の建物を建てているとします。 相続によりこの借地および建物を相続する場合、借地権割合が60%だとすると、当該相続財産の価値は8000万円ということになるのでしょうか? その2 その1の借地を「地主」の都合で返すことにした場合、借地権を買い取ってもらうことは出来ますか? その場合、路線価における借地権割合を基準として6000万円で買い取ってもらえると考えてよいのでしょうか? その3 その2の場合において、「借主」の都合で土地を返す場合、借地権を買い取ってもらうことは出来ますか? その場合でも、路線価における借地権割合を基準として6000万円で買い取ってもらえると考えてよいのでしょうか? お詳しい方、よろしくお願いします。

  • 土地賃貸借契約が終了する場合の借地権は・・。

    はじめまして。 貸地を所有しています。約1年後に、20年目の契約更新を迎えるため、私は更新したいので、自宅建物を所有する借地人さんと1回目の話し合いをしました。その結果、借地人さん本人が高齢であること、更新料も高額であることから、息子さんと話し合って方針を決めたいとのことでした。 選択肢として、   ・契約更新をする、・立ち退き移転する、・借地半分を返還する、等を挙げていました。 立ち退くにしろ、一部を返還されるにしても、借地契約が解除される場合、借地人都合でも地主に借地権の買取義務はあるのでしょうか。私はあくまで契約更新を望んでいますし、現金を持っていないので心配になっています。書類上で契約を終了させられるでしょうか。 建物買取請求は、地主は拒否できないと聞いたことがありますが、契約書には、「借地人は契約終了時には、更地にして返還する」と明記されています。更地返還を要求できるのでしょうか。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 借地権の名義人は、登記の所有者と同一人物?

    父が亡くなりました。父の住んでいた自宅は借地権のついた土地で、 父が建物の登記上の名義人であり、かつ地主との賃貸借契約の名義人でした。 父の死後、母と長男である私と妹の3人が相続人となるのですが、 借地権を誰が相続するか全員悩んでいます。 法定相続で母50%、私と妹で25%づつにしようかと思うのですが、そうなると借地権もその割合で3名で相続することになります。 たとえば、この場合、登記上の所有者移転を母と私と妹の3名にし、地主との土地賃貸借契約の名義人をわたし1人にすることは可能なのでしょうか? それとも、建物の登記上の名義人と、借地権の土地賃貸借契約の名義人が同じ人物でないといけないのでしょうか? 地代の支払いなどの面で、地主との契約は私一人が名義人となった方がいいと判断したからです。 よろしくお願いします。

  • 家の建物は借地権があるかどうか

    お父さんは40年前に買った建物なのでお父さんが15年前になくなりました。主人がこの建物を継承しました。数年前に地主は変わって、最近新地主がこの建物に借地権がないと言われてとても困っています。お父さん生前いろいろな書類もなくして証明できるものが見つけられなかった。また、この建物はすでに登記があり、今まで供託金も払っています、我が家も通常に住んでいます。 借地借家法にの第10条(借地権の対抗力等) "借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる。”により、我が家は借地権があることで証明できるでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 借地権の更新料

    借地権の更新料についてです。  現在の借地は1955年ごろ借りました。何回かの更新手続きを経て現在も地主より借りています。この度家のリフォームをしましたので、今後も駆り続けるつもりです。  そこで、更新料のことでお聞きしたいです。  先日、母親(80歳)が「50年が経過したのだから、今後は更新料はいらない。地代だけ払えばいい。」といいました。このことについてどうなのでしょうか。不動産関係の知識がありませんので教えてください。  よろしくお願いいたします。

  • 借地権付建物の遺贈について

    母が所有している借地権付建物があり、母が亡くなり相続人が建物を相続する場合は、借地権も相続され相続人が借地権を取得すると聞いたのですが、遺言書を作成して相続権のない叔母に建物を遺贈する場合、売買と同じように地主の承諾がなければ叔母は借地権を取得することができないのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 借地権を返還することはできますか?

    親から借地権のある土地と建物を相続することになりました。 親は最近亡くなったのですが、2年前に20年間の契約更新をしたばかりです。 このまま、わたしが相続し名義を変更すると、あと18年間は毎月賃料を払いながら土地を借りることができます。 ところが、、わたしは正直この土地は不要なのです。 立地のいい場所ではないし、単なる住宅地だし、まわりの住民たちにも知られすぎており、この街には住みたくありません。 できれば、土地を地主に返して手放したいのですが、簡単にそういうことはできるのでしょうか? 質問としては、 1)地主との契約更新後、2年で契約を破棄することはできますか?なにか違約金など取られてしまうのでしょうか? 2)土地を返還する際は更地に戻すと言われてますが、建物を壊して土地を更地にするのにどのくらい費用がかかるのでしょうか? 3)上記以外で費用がかからずに、土地を手放す方法はないのでしょうか?

  • 借地料(借地権)について

    借地をして家を建てて住んでいます。 私の建物が建っている借地の一部が道路用地になります。 地主との権利配分の確認書に基づき、借地権の権利消滅に関する契約と物件移転補償契約を締結しました。地主との土地の売買契約も同時に締結されたと思います。 建物を解体するまでの間も、地主が今までどおりの額で借地料を要求してきました。 道路用地になる部分の所有権は地主から公共団体に移転していると聞きましたので、この場合の地主に支払う借地料は、残地部分のみの借地料を支払えばよいと私は考えます。 本当に今まで支払っていた額を支払わなければならないのでしょうか?地主は何の根拠をもって、今までの額を要求できるのでしょうか?

専門家に質問してみよう