-PR-
締切済み

借地権の更新について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.55589
  • 閲覧数112
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 59% (13/22)

 先日、友人が借地権の更新をむかえました。
 今度の更新で、借地権者と借地上の建物所有名義人が変わってしまいました。(相続等の関係で)
 判例によると、こういったケースで、地主が借地を売ると、立ち退かなければならなくなると聞いた事があるのですが、どうしたら、良いのでしょうか。
 やはり、名義を同一にするしかないでしょうか。
 
 また、借地権の登記をしたら良いとも聞いた事があるのですが賃借権の登記をする場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 宜しくお願いします
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

質問者に1つ助言 地上権というのを忘れないで下さい。 借地権は取得 更新した場合は正当な理由なく立ち退かせることはできません。 相続の関係なら、その書類を提示して名義を合わせればいいんです。 登記は借地権の金額で変わるので判りませんよ。
質問者に1つ助言
地上権というのを忘れないで下さい。
借地権は取得 更新した場合は正当な理由なく立ち退かせることはできません。
相続の関係なら、その書類を提示して名義を合わせればいいんです。
登記は借地権の金額で変わるので判りませんよ。
関連するQ&A


  • 回答No.1

>今度の更新で、借地権者と借地上の建物所有名義人が変わってしまいました。(相続等の関係で) この意味がよくわからないのですが,借地権と借地上の建物を相続した人が異なるという意味なのでしょうか? そうなると旧建物保護法1条,現借地借家法10条の対抗要件を欠き,新所有者に借地権を対抗できないこともあり得ますね。 但し,明け渡し請求が権利濫用となることもありますから,必ずということではありません。 ...続きを読む
>今度の更新で、借地権者と借地上の建物所有名義人が変わってしまいました。(相続等の関係で)
この意味がよくわからないのですが,借地権と借地上の建物を相続した人が異なるという意味なのでしょうか?

そうなると旧建物保護法1条,現借地借家法10条の対抗要件を欠き,新所有者に借地権を対抗できないこともあり得ますね。

但し,明け渡し請求が権利濫用となることもありますから,必ずということではありません。

借地権の登記をするには,費用以前に地主も登記することに同意してくれることが必要です。費用以前にこちらが大丈夫なんでしょうか?
補足コメント
biglily

お礼率 59% (13/22)

さっそく、ご回答頂きありがとうございます。

>今度の更新で、借地権者と借地上の建物所有名義人が変わってしまいました。(相続等の関係で)
この意味がよくわからないのですが,借地権と借地上の建物を相続した人が異なるという意味なの
でしょうか?

 変な文章ですいません。少し、複雑なんですが、結局のところ
借地権と借地上の建物を相続した人が異なるという意味で間違いはありません。

 登記に地主の同意が必要という事は知っていました。説明不足で申し訳ありません。
ただ、ネット上を調べても、借地権の登記の費用がわからなかったもんで。
 ちなみに、土地は、東京区内、40坪といったところです。
投稿日時 - 2001-03-24 17:53:05
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ