• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

宅建-借地権?賃貸借?

独学で宅建を勉強しているのですが、 賃貸借と借地権のところ(借地借家関連)が未だによくわかりません。 契約の期間についてなんですけど、 ■A:賃貸借………20年が限度 ■B:借地権………30年以上(これだけは権利?) ■C:建物賃貸借…1年以上(定めた場合) と書いてあるのですが、 (Q1) Aの賃貸借っていうのは、 例えばマンションの1室を借りる期間が…ってことですよね?? (Q2) 借地権っていうのは建物所有の目的の権利(地上権・土地賃借権) を有する契約が30年以上ってことですか? (★Q3) この建物賃貸借と賃貸借との区別が一番分かりにくいんですが、 賃貸借は20年が限度なのに、建物賃貸借は20年以上でも契約可能… これってどういうコトなんでしょう>< 普通にアパート等の建物を借りる場合は建物賃貸借に当てはまって、 建物以外のものは20年の期間が限度ってことですか?? それとも、アパート等の部屋はただの賃貸借で20年が限度、 建物全部の場合は建物賃貸借で20年以上でもOKってことですか? 分かる方がいましたら教えてくださいmmお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数250
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、民法と借地借家法は 民法が一般原則を定めていて 借地借家法が特別法の関係になります。 (Q1) Aの賃貸借っていうのは、マンションに限られず賃貸借一般のことをさしてると思います。 その場合は ・最長期間が20年(604条) ・最短期間が制限なし ・期限を定めない場合は解約の申し入れが~(617条) となりますが、 上の3つの場合がゴチャゴチャになっているようです。 マンションになると建物になるので 借地借家法(借家の条項)適用になります。 (逆に、たしか駐車場を借りる場合は民法の適用になったと思います) (★Q3) そうしますと、借地借家法(借家の条項)適用になりますので 原則 ・最長期間が制限なし ・最短期間が制限なし ・期限を定めない場合(一年未満を含む)は6ヶ月の猶予、正当事由~ つまり 『賃貸借は20年が限度なのに、建物賃貸借は20年以上でも契約可能』になります。 これは国が建物関係の賃貸借は 借主の生活の基盤に大きな影響を与えるから特別に契約期間を延長しようということで、借地借家法が制定されました。 (ちなみに借地借家法は大家にとって酷な場合もあるので 定期借地や借家・事業目的~でさらに修正されてます。)←例外 (Q2) 借地権っていうのはいろんな意味で使われますが 建物所有目的の場合の借地権っていうのは借地借家法の借地権です。 (駐車場目的ための借地権は(地上権・土地賃借権)民法一般の借地権です)乱暴な言い方ですが… 原則 ・最長期間が制限なし ・最短期間が30年 ・期限を定めない場合30年になります。 よって 建物所有の目的の(借地借家法の借地権) 契約は30年以上の期間を定めなくてはなりません。 ___________________ 普通にアパート等の建物を借りる場合は借地借家法の適用になり期間に制限なく 建物所有目的の土地の場合は大家からは最低30年は土地を返してとは言えません。 建物+建物所有目的の土地以外のものは20年の期間が限度です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい説明ありがとうございました! 自分の中でのなぞが解けました。感謝です><

関連するQ&A

  • 賃貸借の権利

    賃貸マンション、アパートの賃貸借契約の場合、建物賃借権だけが発生しますが、(←勘違いしてるかも)一軒家の賃貸借契約の場合、借地権と建物賃借権の両方が発生するのでしょうか?契約に寄って違って借地権+建物賃借権又は、建物賃借権だけか、のどちらかを選択することになってるのでしょうか

  • 借地権について

    初歩的な質問なのですが、借地権は土地賃貸借契約書でどのような文言で有効になるのですか。 賃貸借の期間が20年(もしくは30年)とだけ定められていれば、よいのでしょうか。

  • 路線価図の借地権割合について。

    現在借地上に自己の住居を所有しております。(土地に賃借権・地上権の登記はしておりません。建物の所有権登記のみです。)地主から借地を買取りたいのですが(1)適正価格の決め方について。路線価図の上部に「借地権の割合○○%」とありますが、例えば借地価格が1000万円の場合、借地権の割合が60%とするとあと400万円を地主に払えば売ってもらえるという考え方は根拠になりえますでしょうか?(2)路線価図の上部にある「借地権の割合○○%」の「借地権」とは借地契約後何年位経過すれば主張できるものなのでしょうか?(借地契約後数年で所有権の○○%を主張できる訳ないですものね。)または賃借権・地上権の登記をしておかないと主張できないものなのでしょうか?お願いします。

  • 借地権について。

    借地権について教えて下さい。 私の場合の借地権は、建物の所有を目的とする地上権ではなく土地の賃借権です。 この借地に家を建てて住んでいますが、当該土地が地盤沈下してきており、家屋に歪みが生じております。 このようなケースでは、借地権者・借地権設定者はそれぞれどのような対応をすべきなのでしょうか?特に費用面で気になります。(判例や通説では) 家屋の歪みに対する補強や、地盤沈下防止策など。 御願いします。

  • 【宅建】借地権の譲渡、転貸について

    宅建勉強中(超初心者)のものです。 とても初心者じみた質問で恐縮ですが、ご教示願います。 Aが所有する土地にBが借地権(賃借権)を設定したとします。Aは借地権設定者で、Bは借地権者ですね。Bはその土地上に建物を建造したとします。 その後Cが建物をBから購入した場合、CはBから土地借地権の譲渡、転貸を受ける際Aの承諾が必要だという記載が参考書にありました。 ここでCがBから借地権の譲渡、転貸を受けなければならないのはなぜなんでしょうか。 これは必須事項なんでしょうか? またAが譲渡、転貸を承諾しない場合、Cは建物買取請求権を行使して、Bから購入した建物をAに押し売りできるともありました。この制度があるのはなぜなんでしょう。 Cとしてはやっと手に入れた建物を、Aが承諾しないからとはいえ手放したくはないはずです。確かに当該土地について、地主はA、借地権はBが持っていて、その上の建物の所有者はCという状態はぱっと見ても不自然な気はしますが、Cのように建物を所有するという場合、必ず土地に関する何らかの権利が必要だということなのでしょうか。 お分かりになる方、ご教示下さい。 前提事項が足りない場合、補足させて頂きます。

  • 借地権の譲渡にあたって名義書替料

    借地権の譲渡にあたって名義書替料が必要になるのは、賃借権の場合だけで、地上権の場合には不要と考えてよいのでしょうか?

  • 借家人による借地権の登記

     通常、借家人は建物の賃借権を有するのみで、賃貸人が借地権を保持していると思いますが、敢えて借家人が借地権を取得して登記することは可能でしょうか?  区分建物の賃借人が、敷地権の賃借権を取得して登記できると聞いたものですから。  借家人が借地権を取得することができれば、その地位はすこぶる安泰ですね。

  • 借地権の買い取りについて教えてください。

    私の父の代から土地を貸していました。借地人Aさんは昭和61年に住宅を建て、父は年間固定資産税の3倍程度の地代をもらっていました。契約書は無く口約束でした その後、平成5年に不動産業者を仲介にして30年の不動産賃貸借契約書を作成しました。借地権の権利金などは貰っていません。土地価格は約1千万円です。 借地人Aさんは最近になり、引っ越すので建物を賃貸にしたいと言ってきました。 賃貸にするくらいなら、地主の私としては建物を買い取りたいと伝えたところ、「建物価格250万、借地権600万」と言われ驚いています。 昭和61年から受け取った地代は合計で400万なのに、そこから固定資産税も払っているのに借地権600万とは納得がいきません。 私の選択として、30年の賃貸借契約を満了まで継続するつもりでいますが、平成35年に借地権を買い取る必要があるのでしょうか?

  • 借地権なしの借地契約で建物買取請求

    「借地権・地上権を認めない」と契約した借地に、建物を建てて住んでいます。 建物の所有者は(親から相続した)私になっており、借地料は15年遅延なく払っています。 親が交わした契約書では、賃貸借期間は平成5年~平成10年までの5年間となっており、 その後の更新手続きは行っていません。 現在地主さんより土地を売っていただこうと思っていますが、もし「売らない」と言われた場合、 建物の明け渡しを前提に「建物買取請求」をする事は可能でしょうか? いろいろ調べている段階ですが「借地権・地上権を認めない」という借地契約のケースがないので 質問させていただきました。

  • 旧法借地権を今新しく契約

    旧法借地権での土地賃貸借契約を、 今現在あらたに結ぶことに違法性は無いのでしょうか? (ネットを見る限り旧法の方が、賃借人が保護されているような内容なので 不動産屋さんのすすめ通り、その内容で契約したいのですが・・・) 郊外の田舎の土地ですが ・契約時に地代以外(一年分)の費用は無し ・契約期間30年、更新可、更新料無し ・返還時(更新時期途中、満了いずれでも)は更地戻し ・保証金無し ・書き換え料、各改築、増築に承諾料なし、移転料も無し ・純粋に地代を年ごとに地主に払うだけ という契約を結ぼうとしていますが、これは旧法でしょうか新法にあたるのでしょうか? また、賃貸契約を結んでいるだけで、借地権を有していると考えてよいのでしょうか? (地主の承諾が得られて、借地権を売る??というような場合、 自分が借地権を有している証明は「賃貸借契約書」のみということかどうか) 売却の時には (1)建物を撤去して、更地の状態で第三者に任意の価格で売却 (2)建物をそのままにして、第三者に建物+借地権という形で売却 などは可能なのでしょうか? それとも、保証金も承諾料も更新料も無しの、シンプルな賃貸借では ただ土地を地主さんに返す(賃借契約を解除する)のみになるのでしょうか? また、30年契約を途中で解約した場合にも(年単位の支払いは返還されないようですが) 特に残存期間の地代の請求などもされないようなのですがこれも一般的なのでしょうか? 分からないことだらけで恐縮ですが、 詳しい方よろしくお願いします。