• 締切済み
  • 暇なときにでも

大手の銀行(特に4大メガバンク)はペイオフで大丈夫?

就職活動中で、金融系を志望していて、業界研究をしたりしているのですが、「ペイオフ」について疑問に思ったことがあります。 それは、大手銀行の業務は、小口よりも大口相手のホールセール業務が主だと思います。んで、もう「ペイオフ」で、預金の分散化が始まりますよね? それにより、大口預金者も例外なく、分散して預金したりするじゃないですか。グループ化して巨大化することは、より大口相手に特化している感じがして、巨大化することは、逆にペイオフの痛みが増すような気がするのですけど違うのですか? わかる人に詳しく教えて頂きたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数577
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
  • yohsshi
  • ベストアンサー率55% (369/665)

>大手銀行の業務は、小口よりも大口相手のホールセール業務が主だと思います これは違うと思います。勿論、ホールも行っていますが、リテールがむしろメインになっていると思います。この点が外資系の投資銀行とは異なる点です。 (ホールのみならば、店舗は必要ないですよね。コスト負担が増すだけですから) >巨大化することは、逆にペイオフの痛みが増すような気がするのですけど違うのですか? 巨大化することで全国を網羅する支店網を構築すれば、今まで取引のない人間からも預金を集めることができます。 つまり、自行の大口預金者の預金は流出しますが、他行の大口預金者の預金を取り込むことでその埋め合わせができると思います。この点で割を食うのは地域的に限定されている地銀の方ではないかと思います。 >大手の銀行(特に4大メガバンク)はペイオフで大丈夫? ペイオフよりも不良債権が増大してBIS規制8%を維持できるかどうかの方が遥かに心配だと思います。これを下回った時にペイオフによるメルトダウンが発生するというシナリオもないわけではないと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

関連するQ&A

  • ペイオフ対策について・・・

    素人の考えだとは思うのですが、 預金保険で保護される金融機関(銀行・信金・信組・労金など又は商工中金・郵便局)に ペイオフで保護される預金(定期・当座・普通など) として1000万円ずつ分散預金をすれば、日本には数百の金融機関が存在する以上、ペイオフ解禁の心配をしなくても良いのでしょうか。 1億円の資産を有する場合、10行に分散して預金を預ければ良いのでしょうか。

  • 今後ペイオフってありうると思いますか?

    今後ペイオフってありうると思いますか? 数年前、 ペイオフ制度が導入されました。 これって金融機関が破綻したら預金が1000万以上ある場合、 決済用預金にしてなければ、1000万までしか保護されないってことですよね。 (もっとも一つの銀行に1000万以上もあずけるほど、もってませんが。苦笑) 大手銀行が破綻することはないでしょうが、小さい銀行は今後気になります。 この不景気に金融機関が破綻したら日本の経済は混乱するのではないでしょうか? (あと質問主旨がそれて恐縮ですが、) 今年、TVの特集でどこの銀行員かわかりませんが、 「電車の定期代を節約するために自転車通勤に変えた」って話題放映してて 「銀行の経営状態も危なくなってるんだろうか」と心配に思ったことがあります。 電車の定期代は普通どこの企業でも常識的な額なら社員に支給しましよね? また、銀行(勤めている会社)から定期代をもらってるのに 定期を買わずに自転車に乗って、その定期代をその人の生活費のあててるとしたら これも疑問ですが? 話が戻って、この頃、普段取引していない銀行の支店が勧誘電話をかけてきます。 普段取引してる支店からの電話ならいいんんですが。 やはり金融機関も経営が不安定になってて このまま不景気が続くと破綻してペイオフになったら国民の生活は混乱すると思いますが。

  • 金融業会の業界紙&業界誌

    当方金融系ITエンジニアです。 金融系(主に証券系)のホールセール向け業務知識に詳しくなりたいため業界紙、業界誌を探しています。 ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
  • Eivis
  • ベストアンサー率29% (1122/3749)

 ペイオフはヒトゴトではありません。。。しかも私はメガバンクの一つには漠然とした不安を感じています! 凡そ銀行などに興味のない人間にも火の粉が降りかかるような事態になってきたというのは如何に銀行がいい加減ででたらめな 経営センスの人間が経営を続けていたかという事をハッキリさせただけでしょう。 石原都知事は都の預金を20数行から10行減らし17銀行にまとめるとか...それでも破綻すれば「都知事の責任追求?」 銀行業以外は割が合いませんな、今時...バカバカしい話です。 4大メガバンクに限らず日本の銀行のどこがよいかで週刊誌まで取り上げていますが、自己資本比率が半分でよい一部の 地方銀行と、都市銀行ではたった一行NYに上場している三菱東京しかそこそこ安心?とは云えないでしょう。。。 なぜなら曲がりなりにも情報公開の面で、他の日本の銀行より開かれているからこそニューヨーク市場に参入できたわけで 今のところ他の銀行にそのようなことが出来るのか???と問えば皆、口をつぐむでしょう! このところ都合の悪いことには口をつぐむのが一部日本人に流行っているようですが「ペイオフで大丈夫?」と聞かれれば あえて4大のうちの一つは好ましくないと大声で言って置きましょう...なぜならハッキリモノを云う人がいなさ過ぎるので。 三つの巨大銀行(実質4大銀行)が、お互いいつでもまた別れられるような体制で、半分及び腰で集合体銀行をなしていると言えば 神代の時代を髣髴とさせる豊葦原の「○○○」の國の銀行集団・・・この辺の痛みが増したら最悪でしょう。 中でもその一行はかつて日産、そごうに社長、役員を送り込み銀行ぐるみ「タカリ行為」をした国益に反する旧半国策銀行でした。 本来一早く退場すべき銀行を?当局が残そうとしているからこそ今日の混乱が見られる訳で、落とし穴はこの辺にあると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

  • 回答No.1
  • HAL007
  • ベストアンサー率29% (1751/5869)

最近の傾向では大手4行の預金量が増えています。 一般に大きな銀行が潰れる訳がないと言う理由だと思います。 ホールセールと言っても預金にはあまり当てはまらないです。 (ホールセール専業銀行は日本にはないのでは??) 預金の調達でコストを下げるには個人の普通預金をいかに多く集めるかが 大銀行の命題と言う点は変化していないはず!! 金融系の就職を希望しているようですが志望理由に安定性があるとすれば それは頭の中から抹殺しないと、将来しっぺ返しを受けるように思います。 これからの人は終身雇用制など絵に描いた餅でしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あろがとうございます 大変良く分かりました

関連するQ&A

  • 就職・銀行について

    僕は金融業界に興味があり、特に法人営業、信託に興味があります。でも実際の業務はどうなのでしょうか?働いてみないとわかりません。内定もらっても喜べません。 あと、エントリーシートが上手く書けません。自己PRと志望動機、学生時代に力を入れたこと等が上手く繋がるようにできないのですがやっぱりこれは練習あるのみですよね?

  • 60万の預金は全額引き出せる?

    まもなく解禁されるペイオフですが、素朴な疑問です 金融期間が破綻した場合、60万までしか一度に引き出す事ができなくなる可能性が 高いとの噂ですが では預金を一行につき60万ずつ分散させた場合について 破綻した銀行の60万は全額引き出せるのでしょうか? どうぞお教え下さい お願いします

  • 銀行と証券会社

     まだまだ勉強不足なのですが、金融業界の規制緩和によって銀行と証券会社の仕事の垣根もなくなりつつあります。そのなかで、銀行の仕事の中心は預金・融資業務で証券会社の中心業務は投資などになると思うのですが、仕事内容としては具体的にどういう違いがあるのでしょうか?

  • 転職で業界研究するのに便利なサイトって?

    この度、転職しようと思って活動することにしました。 業界研究や会社研究は、自分でもなんとかいろいろHPを探してしているのですが、私が見たい・調べたいサイトが出てこないのです。 調べたいのは、その会社の業界の位置づけやお客様の口コミなど。 私が今考えているのは、金融業界(銀行・損保・生保・カード)です。志望動機や面接に向けての準備をしたいのですが、なかなか探せません。 ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください!

  • 就職での業界対策

    今大学三年で、これから就職活動をはじめようと思っています。今現在としては、いろいろ業界研究などをしている段階です。 だんだんと自分の志望する業界が定まってきましたが、一つに絞らないでいくつかの業界を受けることになりそうです。しかし、そうしますと業界対策が多くなってきます。業界研究では勉強になるし良いのですが、専門的なことまで聞かれるとしたら困ってしまいます。  そこで、新卒の採用試験ではどの程度の専門的なことが出題されるのでしょうか?例えば、旅行業界などでは世界の通貨や地名や時差計算、観光地の知識など突っ込んだところも出る。金融業界ならば為替や減価償却の計算だとか簿記の知識だとかそういった専門知識が問われる。マスコミでしたら時事問題だとかは出るのは当然でしょうかね。などなどです。 なんとも初歩的で漠然とした質問で申し訳ないのですがお答え頂けると助かります。

  • セミナー不参加(金融一般職)は選考に不利?

    こんにちは。現在就職活動中の大学4年生の女子です。 今までメーカーの総合職を中心に選考を受けていたのですが、見事に全滅してしまいました。 やはり今の時代女子で総合職は厳しいのかなと思い、今から金融業界の一般職に目を向けようと思っています。 しかし私は最初からメーカーを志望していたので、金融業界のセミナーには一度も参加したことがありません。業界研究もこれから、という程です。 そこで質問なのですが、やはり銀行等(特にメガバンク)の一般職を受けるのに、セミナー不参加というのは不利になるのでしょうか?企業研究は今からOB訪問をして、何とか挽回しようと思っているのですが… また、面接等で「何故セミナーに参加していないのか」と聞かれた際、最初は総合職志望だったからと正直に答えても良いのでしょうか。 詳しい方、回答をお願いします。

  • 外国の預金保険制度について

    我が国では今月から「ペイオフ解禁」ということで、金融機関が破綻した際に保護される(全額戻ってくる)預金の限度額が1000万円となりました(ただし、流動性預金については、引続き1年間全額保護、また、例外として預金保険法第102条がある)。 それとの関連で、海外の預金保険制度について興味をもって調べており、 例えば、保護される預金の限度額について、 アメリカ:10万ドル、 イギリス:2000ポンドまで全額、2000~35000ポンドは9割、 フランス:7万ユーロ? 韓国:昨年1月に「ペイオフ解禁」、5000万ウォン。但し、流動性預金は3年間全額保護、 等のことがわかりました。 上記以外の国々でも預金保険制度のある国はあるでしょうし、上記の国においてももっと色々な仕組みもあるのかも知れませんが、(断片的な情報は多々あっても)詳しくはわかりません。 外国の預金保険制度についてご存知でしたら、御教示ください。

  • 銀行と信託銀行の違い

    銀行と信託銀行の違い 銀行と信託銀行の違いについて、小さな質問が3つあります。(わかる質問にだけ答えて頂いても構いません) 1) 銀行(普通銀行)は銀行業務を、信託銀行は「銀行業務+信託業務」を行えると複数のサイトで習いました。しかし、「信託銀行は銀行業務も出来る」のでしたら、たとえば「三菱東京UFJ銀行」を「三菱東京信託銀行」に吸収して、一つの金融機関にした方が経営の合理化というか、効率が良くないですか?殆どのメガバンクグループは普通銀行と信託銀行を分けていますが、なぜでしょうか? と言いますのも、ここ10数年の間に次々と銀行が統合し、メガバンクが誕生したのは、銀行が不良債権などを何とか処理する為に『経営の合理化』を図った結果の一つだと聞いています。しかし、それなら「普通銀行と信託銀行を統合したら、より一層『経営の合理化』が図れるのではないか?」と考えてしまいます。 2) 信託銀行は普通銀行と違い貸付信託が出来ると、複数のソースで読みました。ただ、貸付信託とは「受託者たる信託銀行が多数の委託者から金銭を集め,主として貸付や手形割引の方法で企業に長期資金として供給し,利益を委託者に分配する制度」(goo国語辞典)です。委託者(預金者)から集めたお金を企業に長期的に貸付や手形割引の方法で供給し、利益を委託者に(利息と言う形で)分配するのは普通銀行もやってませんか?というか、それは普通銀行の主業務のような・・・ 3) q532030の回答内で「信託とは、お金などの財産を託して運用・管理を任せるということです。所有権は信託銀行に移りますので、そこが預金などとことなります。」「通常の銀行と異なり信託銀行は富裕層を対象にしてます。」とあります。しかし、最近の信託銀行は”富裕層らしい額”を預け入れなくとも口座維持手数料などが掛からない場合が多く、また「所有権は信託銀行に移る」といっても、信託銀行での預金は元本保証な上、ビッグも貸付信託もペイオフ対象だったりで、預金者に取っては普通銀行との違いが無い気がします。法規上・書類上は所有権が信託銀行に移るとしても、普通の預金者にとっては実質普通銀行と違いがないので、これは事実上の形式論だと考えてもよろしいでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 預金や資産運用のこと。

    夫が会社を経営していて、経理をしています。 経理は未経験でしたが、雇っていた方が色々あってやめたので、 今度は信用できる人にという事で、 家族である私が経理を受け持ちました。 今まで関わっていなかった時にはわからなかったのですが、 夫が経営者で同じ仕事をするリスクを考えて、 お金をなるべくためて、保険等も整備しました。 そして、会社も家庭もある程度お金がたまりましたが、 各種銀行から預金額が多いこともあり、 金融商品を勧められたり、投資の話しが来たりもあって、 今までは、ハイリスクをおかしたくないので すべて断っていましたが、 ペイオフのことや、今後事業拡大でお金もかかるので、 資産運用なども視野に入れたいと思いました。 とりあえず、預金は1000万までで分散させることを考えていますが、 他にはどのように対策を考えるのが良いでしょう。 一概に言えないとは思うので、 役立つ書籍などを教えてください。

  • 【長文】アドバイスいただけますか?2社で迷っております。

    以前にも、転職について一度、投稿させていただきましたが、再度力を貸していただければと思います。 現在は、私は20代後半、男です。 現在2社から内定をいただいており、どちらも自分としてはかなり志望度の高い会社です。 会社Aは、有名外資コンサルで募集は金融コンサルということになっています。年収480万です。仕事内容は、金融機関に向けてのIT導入がメインになるとのこと。最初はシステム開発の現場から入ります。 会社Bは、金融の中でもさらに業界に特化したアウトソーシング、コンサルで、自分はその業界の仕事をしたいと思っています。年収は400万スタートです。仕事内容は、その業界の企業に対してのITを核としたコンサルなのですが、自分はシステムではなく営業の方が適性があると判断され、 セールスなども含めて、企業への提案業務をしてほしいといわれました。かつてシステム開発以外にも、この業界の事業会社にいたことも評価されたのだと思います。 将来的には業務よりの仕事をしたいですが、 もう少しITスキルを高める必要があると思っていました。 しかし、社長の話だと自分の特化した分野に早いうちから全力で力をフォーカスするのが良い!といわれました。 ITスキルが不十分なうちにシステム現場を離れることに対しての ご意見もいただければ嬉しいです。 現在のところ私が各社に感じているメリット、デメリットは次のとおり です。 【Aのメリット】 ・給料が相対的に良い。 ・有名ということもあり、世間体が良いのでは?という部分が正直ある。 【Aのデメリット】 ・金融という分野ではあるが、さまざまな会社をみることができる反面、 自分のやりたい業界(金融の中でも)の仕事が将来的にできるかは不明 【Bのメリット】 ・自分のやりたい業界の企業が顧客であり、より専門性を高めることが可能 ・小規模であるために、上役との距離が近く、より上位の仕事を学べるチャンスがある可能性が高い 【Bのデメリット】 ・相対的に給料が低い(将来的にもAよりは低いと思われる) 将来のビジョンから逆算して決めればよい!との観点から考えると、 Bの業界の企業を相手にコンサルティングをしていきたいと考えておりますので、おのずとBということになります。 しかしながら、8割程度でBに傾いてはいますが、いまひとつ決めかねております。私の見落としている視点、または新たな気づきを与えていただけるご意見がありましたらぜひ、ご教授いただけますでしょうか。 お時間がありましたら、お付き合いいただければと思います。 よろしくお願いいたします。